• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

英語以外の外国語は習得が難しい?

英語以外の外国語は習得が難しい? こんにちは。このカテには英語以外の外国語を学習された方も多いかと思います。英語以外の外国語を学ぶ時は初めてではないので、英語学習の経験から外国語を覚える要領もつかんでいるし、例えば スペイン語なんかは 英語の知識が大いに助けになるので習得が早いように思えます。しかし、ほとんどの場合、英語とスペイン語の力には格段の差があるのが普通です。一番大きな理由は学習時間の量にあると考えられます。確かにそうなんですが、少し補足して考える必要があると思います。 先ず、英語以外の外国語の場合、初級レベルに関しては上達が早くとも、これ以上はなかなか進歩しないことが多いようです。これは、結局は学習時間の量に帰結するかもしれませんが、日常生活においては、英語以外の外国語は英語に比べて格段に接する機会が少なく、2ヶ国語を平行して学習したとしても よほど意識しない限り、英語の方に力を置くからだと思います。 そこで、英語以外の外国語を英語と同等かそれ以上習得された方に質問です。どのようにして、英語以外の外国語を習得されましたか? 英語との関わりも含めて体験談をお伺いしたいと思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数401
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#125540
noname#125540

こんにちは。 ご自身はフランス語がおできになるのではなかったでしたっけ。違いましたかしら。 私はスペイン語を4-5年習いましたが、大学だとかでなく、普通の町の語学教室でした。 後でNOVAだとか英語教室も行ったことがありますが、それより先にスペイン語教室に行きました。 当時はスペイン語力のほうが高いか、英語と同等ぐらいでした。 その後はあまりスペイン語を勉強せず、英語を勉強したので今はスペイン語より英語のレベルのほうが高いのですが、これは意識して英語を選んだためです。 スペイン語学習のほうにもっと力を入れていれば、英語力のほうが高いということは無かっただろうと思います。英語だから、英語以外だからということでなくて、「自分がどちららを重視したか」です。 最近またスペイン語をやり直していますが、かなり忘れてしまったのでアクセント記号がどこだったかとか活用形とか、大変です(^^; よく英語の知識がないと他の外国語を覚えにくいというアドバイスも見かけるのですが、スペイン語を勉強した時点では英語の文法知識はろくにありませんでした。もちろん現在形、過去形、未来形、現在完了などは一応分かっていましたが、自動詞・他動詞は最近分かるようになったので、今スペイン語の辞書を見直していて、やっと〔他〕〔自〕の文字があったことに気づいたという次第です。 私は生活上も仕事上も英語が必要ということはほとんどないので、英語もスペイン語も同じような距離感です。まあ確かに米軍ラジオを聞けるというのはあるんですが・・・・・スペイン語のAMラジオ放送はありませんので。 >英語学習の経験から外国語を覚える要領もつかんでいるし 私は逆にスペイン語学習の経験から外国語を覚える要領を掴んだ気がします。高校時代、英文法に興味が持てなかったし必要性も分からなかったのですが、後でスペイン語を勉強から文法の利用方法を理解しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >ご自身はフランス語がおできになるのではなかったでしたっけ。違いましたかしら。 はい、フランス語の方が得意です。 >英語だから、英語以外だからということでなくて、「自分がどちららを重視したか」です。 ですから理由はどうであれ、2ヶ国語を学習した場合、質問でも書いたように 大半の人は英語に力を置くということです。そして、gallinaさんもご多分に漏れず、英語を重視されたわけですね。 英語と英語以外の外国語の大きな違いは、英語は誰でも学校で習いますが、英語以外の外国語の場合は「選択」の要素が強いことです。ですから、gallinaさんが英語以外の外国語を学ぶにしても、スペイン語の他にも、フランス語、中国語、韓国語などの選択肢があり、その中でもスペイン語に最も惹かれたわけですよね。ですから、スペイン語は自分で選んだ外国語という意識があったはずです。しかし、それでも結局は スペイン語は英語ほど魅力がなかったわけですよね。一方、#1さんの場合は 英語よりもドイツ語が好きだったということが伺われます。 >私は生活上も仕事上も英語が必要ということはほとんどないので、英語もスペイン語も同じような距離感です。 普通に生活している分には、英語の方が圧倒的に触れる機会が多いはずです。

関連するQ&A

  • 第2外国語の学習法

    こんにちは。日本では外国語と言えば、英語が別格的な地位を占めていて、英語以外の外国語の履修者は英語よりもずっと少なく、習っても身に付かない人が多いんじゃないでしょうか? 第2外国語は英語の知識や学習経験が活かせるので、最初のうちは上達が早いでしょうけど、日常生活では接する機会も英語よりも格段に少なくたちまち忘れてしまいがちですよね。 このカテゴリーでも精力的に回答されていて、スペイン語も学習されている方も 英語はまずまずのレベルでも、スペイン語はなかなか初級の域を出ず、英語とスペイン語の実力には格段の差があるようです。 そこで初歩的な質問ですが、英語もある程度できて、第2外国語が英語と同等かそれ以上できる方に質問ですが、英語以外の外国語も基本的には英語の学習と同じだと思いますが、どのような学習をしてきたでしょうか? また、英語の学習とどのように両立してきたんでしょうか? 英語と関連付けされたりしてきたんでしょうか?

  • 英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である?

    英語はネイティブから習うのが効果的である ? 困り度: 暇なときにでも こんにちは。NHK出版 大津由紀雄著の「 英語学習7つの誤解」という本の中で 次の7つの項目が挙げられていますが、今回は「6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 」について考えてみようと思います。 1.英語学習に英文法は不要である 2.英語学習は早く始めるほどよい 3.留学すれば英語は確実に身につく 4.英語学習は母語を身につけるのと同じ手順で進めるのが効果的である 5.英語はネイティブから習うのが効果的である 6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 7.英語学習には理想的な、万人に通用する科学的方法がある 日本では英語は外国語の中でも特に別格的な地位にありますが、日本でも認知度の高い他の外国語と難易度を比べるとどうでしょう? 英語はフランス語やドイツ語に比べると文法もシンプルですし、日本語は英語からの夥しい借用語があるおかげで単語も覚えやすく忘れにくいものが多いです。例えば、英語の beefはどんなに英語学習のブランクがあっても決して忘れないような単語ですが、ロシア語の говядинаなんかは覚えにくいし、覚えても忘れやすいです。 また、中国語は文法は英語よりは若干易しいものの、発音は英語よりも難しいです。韓国語は日本語と似ていると言われていますが、最初にハングルを覚えなければなりません。 そこで質問ですが、英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語であるとは言えるでしょうか?

  • 英語以外の外国語は単に好きだけではモノにならない。

    英語以外の外国語は単に好きだけではモノにならない。 こんにちは。毎度つまらない質問です。このカテには英語以外の外国語を勉強されている方も多いかと思います。しかし、大半の人は英語の方が好きだと思いますし、英語以外の外国語の方が好きだとしても ほとんどは実利的な理由から 英語に力を入れて勉強している人が多いかと思います。例えば、英語とスペイン語ではスペイン語の方が好きでも、学習条件や環境などの理由も伴って、英語よりもスペイン語が得意だという人は少数だと思われます。 そこで英語以外の外国語を英語と同じかそれ以上習得された方に質問です。 (1)英語ともう一つの外国語は それぞれいつ頃から学習されましたか? (2)一時期、英語をそっちのけで英語以外の外国語に専念した時期がありましたか? または、時間的にどのよう両立して学習しましたか? (3)英語以外の外国語は、英語に比べて接する機会がぐっと少ないですが、どのようにしてその外国語に多く接する努力をしましたか? (4)英語と英語以外の外国語を関連付けたり比較したりしましたか? (5)英語以外の外国語は単なる「好き」ではなかなか趣味のレベルを超えませんが、それなりに使いこなせるレベルまで学習を続けられた理由は何ですか

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

自分は、英語の他にカタルーニャ語とスペイン語それと少しですがフランス語が話せます。(カタルーニャ語はほぼネイティブ並み。その次にスペイン語。)またいつの日かスウェーデンの大学に入学したいので、スウェーデン語も勉強中です。(もともと趣味のひとつに各国語比較が自分にはあります。) ですのでできるだけお力になれるように回答いたします。 まず、率直に言いますが、外国語習得は英語も含めて反復運動(繰り返し身につけること。)です。 ですので本来は英語であれ質問者様が挙げたスペイン語であれ、根気良く勉強することです。 自分は外国語習得のときにその日にあったことなどを日記にして外国語(英語とカタルーニャ語とスペイン語で。)で書いたりして覚えた単語を忘れないよう何度も読み返したり。発音練習もかねて、声に出して読んだりしました。 そのほかにも、スペイン語の勉強の時には英語と比較してやってました。確かに質問者様の言うとおり英語と似ている単語が結構あります。(もともと英語もスペイン語も同じインドヨーロッパ語族に属するのでどちらも親戚みたいなものです。)でもだからといってすべて似ているわけではなく異なるところも多いです。(スペイン語は歴史的にアラビア人に支配されていたのでイスラム文化の影響が濃いです。) ですので自分はスペイン語は、とにかく慣れる事に重点を置いて勉強しました。 例えば、基本文法をある程度勉強した後わからない単語があっても原文を読んだり(最初は比較的簡単な文章から。慣れたらもうちょっと難しい文や長文など。)していました。読むことは語学学習の上で結構重要です。外国語を読んで理解できるようになると、書く力や慣れたら話すこともできるようになります。 (もちろん人によってかかる時間は変わりますが。)自分は英語も習得したかったので、スペイン語の単語でわからないものがあったら日本語の意味を調べるのみならず英語での意味も英和(もしくは西英)辞典で調べていました。最初は日本語でしかその単語の意味が理解できなかったけど、今は英語やスペイン語でもすぐ理解できるようになりました。前に書いたように繰り返し覚えた賜物だと思っています。 今はインターネットのウィキぺディアなど無料で読めるものが結構あるので、英語でもスペイン語でも読むのに慣れることができます。スペイン語を覚えられたので、他のラテン系言語も話せなくとも読んで理解できるようになりました。(実はフランス語もカタルーニャ語やスペイン語(特にカタルーニャ語)のおかげで少し話せるようになりました。)  読む書くなどはいいとしても話す聞くになると事情が異なります。 やはり、聞く(特に聞く)話すになると人との付き合いに大いに関係があります。 そこで、このふたつを身に付けるには現地に行くことです(スペイン語の場合は、スペインもしくは中南米のスペイン語圏へ。) 自分の場合はスペインのマラガという町に、留学(一年間)しました。 実は自分はスペイン人(実際はカタルーニャ人)と日本人のハーフなのです。小さい時からカタルーニャ語に慣れしたしならざるおえなかったので、カタルーニャ語がネイティブに準ずるくらい話せるので、スペイン語の理解も結構早かったです。 とと、留学体験のことを言いますが、最初自分も苦労しました。ホームステイの家族のスペイン語が聞き取れないこともあったのでスペイン語で、英語を話せますかとたずねたら、ステイ先の夫婦両方とも英語が話せるので英語を交えながらスペイン語で話しました。留学するなら英語も少しできるようになった方が有利です。北ヨーロッパやオランダなどの人達ほどではないけどヨーロッパには(中南米なども)英語を話せる人が結構います。ですから恥ずかしがらずに自分の意思を一生懸命英語を交えながらでもいいので、話すことです。国は違えども同じ人だから真剣に耳を傾けてくれます。 留学中自分は聞き取れないこととかがあったら、スペイン語で自分が聞き取れないことがあったら、質問したり会話の返答をするときは簡単な英語で話してください、そしてわかるようになったらスペイン語でゆっくり話してくださいと紙に書いて見せました。そしたら理解してくれて、徐々にスペイン語になれてきました。それと語学学校のクラスメイトとは、スペイン語だけではなく、英語も使って話しました。留学中は日本語も含めて語学をフルに活用しました。今は日本にいますがいろんな言葉を読んでいます。 それと、留学できるお金がなかったら、話す聞くはインターネットのYou Tubeで動画を見ればリスニングの練習代わりもできます。話すは大学の公開講座などでネイティブの先生などと外国語で話すなどで鍛えられます。 でもやっぱり、留学が一番良いです。 (カタルーニャはバルセロナ周辺です。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

  • 回答No.4
noname#125540
noname#125540

>やっぱりここなんですね。ただ、趣味レベルで何となく好きだけではモチベーションの維持が難しいんですよね。そして、ここが英語以外の難しさの一つかもしれません。 旅行レベルの「英会話」習得にもモチベーション維持が出来ない人が世の中の大半でしょう。英語だって何となくの人が多いですよ。 私の場合は別にスペイン語学習のモチベーション維持が出来なかったわけではありません。 優先度の問題です。 (挫折したのは英語の翻訳学習です) 2つの言語を一度に同じだけの分量で学習できないタイプの人間なので、区切らないとできないんですよ。だからあえて意識的に切り替えて、しばらくの間は英語を優先していただけです。 現代社会では英語がメジャーで汎用性があって、仕事でも使う可能性が一番高いので、結局英語を優先する人が多いのでしょう。 18世紀ヨーロッパの貴族だったらフランス語をやったし、それ以前はラテン語だったし、時代ごとにメジャーな言語が多く習われるのは世の理ですから。 英語以外の外国語は習得が難しいかどうかは、言語によると思います。 NHK語学講座にあるような日本でメジャーな言語ならやりようがあると思いますが、たとえばパシュトゥン語、ウルドゥ語などだと日本ではマイナーなため、もっと困難でしょう。 あとは本人のニーズ次第かと。 しかし「各自の中でのレベル比較」でなくて、上級レベルの話をなさりたいようですね。お邪魔しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もありがとうございます。 >優先度の問題です。 ですから、結局は gallinaさんは趣味より実利を重視されたわけですね。これはあくまで価値観の問題なので、このことに関して 私は何ら口を挟むつもりはありませんが、質問でも書いたように、gallinaのようなタイプの人の方が多数派だと思いますので、私としては 英語以外の外国語を英語以上にマスターされた方からご意見をお伺いしたいと思っておりました。 一つ言えるのは、外国語は独学では習得が難しいし、英語以外の外国語は学習しても、英語と同等かそれ以上のレベルまで持って行くのは容易ではないということですね。 私の場合は先にフランス語を習得しましたので、英語をやり直した時も、普通の人の半分以下の努力で2倍以上の上達が可能になりました。私の大学の知人でも英語を専攻した人は第2外国語も中途半端な人が大部分ですが、英語以外の外国語を専攻した人は大抵 英語もかなり出来る人が多いです。 >18世紀ヨーロッパの貴族だったらフランス語をやったし、それ以前はラテン語だったし、時代ごとにメジャーな言語が多く習われるのは世の理ですから。 22世紀はひょっとしてスペイン語が英語よりもメジャーになるかもしれませんが、それまで生きられませんよね。 >しかし「各自の中でのレベル比較」でなくて、上級レベルの話をなさりたいようですね。お邪魔しました。 一応は、「各自の中でのレベル比較」なんですが、上級レベルの話になったようですね。

  • 回答No.3
noname#125540
noname#125540

No.2です。 >しかし、それでも結局は スペイン語は英語ほど魅力がなかったわけですよね。一方、#1さんの場合は 英語よりもドイツ語が好きだったということが伺われます。 好きかどうかなら、恐らく私はスペイン語のほうが好きです。 翻訳勉強をしようと思ったんですよ。 途中までやってみたら難しかったので挫折というか休止というかしていますが、仕事で使えるというと英語のほうが圧倒的にニーズが高いですよね。実利的な理由です。 英語も好きは好きですけれども、スペイン語より英語が好きなわけではありません。 まあ結局今も別に仕事で使ってないので、実利も何もないですけどね(^^;; 海外旅行で便利ぐらいのものです。後は海外ニュースを読んだり、読書をしたり・・・・。 スペイン語を勉強した理由はツアーでなくスペイン旅行したかったからと、音の響きがかっこよかったからでして、目指していた語学レベルが低かったんです。旅行でサバイバルできれば目標達成だったので。 もう少しマシなレベルにしようかとまた思っておりますが・・・・。 >普通に生活している分には、英語の方が圧倒的に触れる機会が多いはずです。 わたくしの場合は、カタカナ語・和製英語・一部のコンピュータ用語ぐらいですよ。一般人ですから。ほとんどEngrishの世界です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >途中までやってみたら難しかったので挫折というか休止というかしていますが、仕事で使えるというと英語のほうが圧倒的にニーズが高いですよね。実利的な理由です。 やっぱりここなんですね。ただ、趣味レベルで何となく好きだけではモチベーションの維持が難しいんですよね。そして、ここが英語以外の難しさの一つかもしれません。 >一般人ですから。ほとんどEngrishの世界です。 いや、それでも英語に親しむ切っ掛けにはなります。これは大きいと思います。

  • 回答No.1
  • wy1
  • ベストアンサー率23% (331/1391)

英語が中学、高校で唯一と言ってよい学習外国語であり、検定教科書も現在は英語しか存在しません。参考書も他の外国語と比較して云十倍もありますね。従って現在の日本において非常に学びやすい状況にあることは間違いありません。従って、英語が本当に学ぶのが容易だと勘違いされていると思っています。 ドイツ語を学んだのは大学に入学してからですが、一週間に12時限(ドイツ人が4時限)2年間遣りました。その後、2年間は専門課程でドイツ語に毎日触れていました。その時期には英語は全く学んだりしてはいませんでした。卒業後は英語を仕事で実践で学習し直すことになりました。暫くの期間はドイツ語のほうがかなりの程度英語より使えたと思います。その後40年近く英語とは離れることは無かったのですが、ドイツ語も個人的に手紙を書いたり本を読んだりしてできる限りドイツ語の水準を保つ努力をした積りでしたが、現在、英語とドイツ語とどちらが出来るかはよく分りませんが、喋るのはドイツ語の方が気が楽です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >従って現在の日本において非常に学びやすい状況にあることは間違いありません。従って、英語が本当に学ぶのが容易だと勘違いされていると思っています。 英語一つを取っても昔に比べたら今は格段に学習環境に恵まれていますよね。しかし、だからと言って ラクして英語は習得できるものでもないし、それなりの苦労は必要です。しかし、アクセスのしにくさが学習を難しくしている点は否めませんよね。例えば オランダ語ですが、文法的にはドイツ語よりも簡単になっていますが、非常に学びにくい外国語ですね。

関連するQ&A

  • 外国語の単語の習得のしかた

    こちらでは英語以外に複数の外国語を習得した方が多いようなのでそういう方にお聞きしたいと思います。 私は、英語以外の外国語を必須ではありませんが、学べば業務上プラスになることが分かっている状況にいます。ただ、必須ではない以上、よほどモチベーションを維持しつづけない限り、身につかないとは思っています。 新しい外国語を学ぶうえで文法や音声について新たに学び直すのはしかたないことだとは思いますが、膨大な量の単語を初歩の初歩から覚えるのは気が遠くなってしまいます。みなさんは単語をどのように覚えていかれたのでしょうか。また、どの程度の量(習得語彙数と勉強時間)で新しい外国語が使い物になると実感したでしょうか。 英語とはちがって、日常生活で接する機会の少ないその他外国語については、単純な単語でさえ、一から覚える必要があると思います。まさに中学英語をやり直す以上の覚悟で学習しないといけないと思いますが、いかがでしょうか。 英語の語彙を習得するためには、単語帳を使うやりかたと、多くの文章に接することで実際に使われている中で覚えていくのが用法も覚えられるし記憶に残りやすい、という説があります。 初期の何もない段階では、受験勉強をする要領である程度の基本単語の詰め込みは必須とは思いますが、何か読む始めるための基本単語はどの程度の量が必要でしょうか。 * 『外国語』と一般化していますが、スペイン語やフランス語などと置き換えていただいてかまいません。

  • 英語以外の外国語を習得するのに、何時間(何ヶ月)かかりますか?

    英語以外の外国語をマスターした。もしくは外国語学習に詳しい方に質問です。 学習する外国語により、習得するのに時間の差があるかもしれませんが。 単・熟語、2000語彙ぐらい、と高校卒業までに習う英語の文法 程度で、外国語の日常会話レベルの会話を取得するのに、何時間 もしくは、何ヶ月ぐらいかかるでしょうか?

  • 第3外国語

    この質問は過去の質問と重複している部分もありますが、私なりの視点から考えて皆さんのご意見を伺おうと思います。 私は英語とフランス語は習得しまして、その他の外国語も何ヶ国語か齧りました。第2外国語で皆さんが最も勧められているのは中国語ですね。フランス語をご存知の方も多いようですが、スペイン語もお勧めの第2外国語として人気が高いようです。つい最近にも 第2外国語として中国語かスペイン語かを迷っておられる方の質問がありました。 私も中国語にチャレンジしようかと考えております。 でも、スペイン語も侮れないです。 私の今の状況でしたら スペイン語の方が 入りやすく上達も早いと思っております。難易度的には中国語とロシア語が同じくらいでしょうか。 そこで 中国語、スペイン語、ロシア語を学習されている方に質問なんですが、その言葉を学習して 特に難しかったこと、魅力、意外なメリットなど 何でも結構ですので 回答をいただければ幸いです。参考にしたいと思います。

  • 英語以外の外国語を学ぶ意味

    私は英語と中国語、スペイン語を学習した経験があります。 英語は現在進行形で学習していて母語の6割くらいの意思伝達能力程度、中国語は長年受身で学習してきたので、平均的日本人学生の英語能力くらいかと思います(要するに基本的なことはわかるけど、実際街で中国語で話しかけられてもすぐに答えることができない感じ)。スペイン語においては1年半ほどラジオ講座で学習しただけなので、初歩的な知識がある程度で、まったく使えません。 誰でも外国語を真剣に学んだ経験のある人ならわかると思いますが、外国語の習得には時間がかかります。そしていくら時間をかけて学習をしても、それが使えるレベルにまで上達しなくては「時間の無駄」と言えるのかも知れません。 しかし、私は学習すること自体が好きだったりします。こうなると完全なる自己満足かと思います。昨日英会話の先生に「英語以外に外国語はできる?」と聞かれて、中国語の話をすると、「中国には英語圏よりも多くの英語を話す国民がいる。英語が話せれば中国語など習う必要はない」と言われました。 私が中国語を学びたいと思うのは、中国語の音が好きだから同じような音が出せるようになりたい願望からだと思います。スペイン語においても同じような魅力を感じて学習を始めました。 自己満足でなら人生の時間を削って(費やして)英語以外の外国語を学ぶことも意義があるでしょう。でも、「英語ができたら必要なくない?」という意識で見たら、英語以外の言葉を学ぶ意味って無駄ってなってしまうものなのでしょうか? 個人の価値観の違いと言えばそうかと思いますが、英語以外の外国語を学習されている方はこの話に対してどのように感じるか、率直に教えてください。

  • 第2外国語は身に付かない

    第2外国語は身に付かない こんにちは、このカテには英語だけでなく他の外国語も学習された方が多いかと思います。 英語以外の外国語を学ぶ場合、初めての外国語ではないので、外国語を覚える要領もつかんでいるでしょうし、また、特にフランス語やドイツ語などは英語の知識が大きな助けになります。ですから、初級レベルまでは英語に比べ、かなり短期間で習得できます。しかし、実生活では英語以外の外国語は英語に比べ接する機会が少ないので 英語はそこそこ出来ても、英語以外の外国語は中途半端なレベルで終わりがちです。 そこで、英語以外の外国語を英語と同等かそれ以上習得された方に質問です。英語以外の外国語はいつごろから学習されて、英語との係わりも含めてどのように学習されてきましたでしょうか?

  • 英語圏の人にとって最も習得しやすい外国語

    日本人にとって最も習得しやすい外国語は韓国語だと思います。それでは、英語圏に人たちにとっては何語が最も習得しやすいでしょうか? 英語圏ではスペイン語とフランス語が最もメジャーですが、あの複雑な動詞の活用を覚えるのには苦労するらしいですね。ドイツ語は英語と同じゲルマン系の言語でありながら フランス語やスペイン語より若干難しいらしいそうです。私の推測ではオランダ語かスウェーデン語あたりだと思うんですが。 それともう一つ質問ですが、日本人にとっても英語圏に人たちにとっても同じくらい難しい言語は何語だと思いますか?

  • 日本人にとって最も習得しやすい外国語

    今まで似たような質問が何度かありましたが、私の意見も交えて書いてみますので、何カ国語か学習経験のある方にお尋ねします。 日本人にとって最も馴染みの深い外国語は言うまでもなく英語ですが、 日本人にとって英語は易しいとは言えませんよね。文法にしても発音にしても戸惑いの連続です。しかし、日本人にとって英語よりも習得しやすい外国語もあるはずですよね。 一つ目は韓国語ですが、文法は日本語と似ているので、語順で悩むことはありませんが、最初にハングルを覚えなければならないし、濃音や激音など日本語にはない発音のシステムがあります。 二つ目は中国語ですが、漢字を使っていて、文法も英語よりは若干簡単なので、日本人にとっては取りつきやすい感じがしますが、発音は英語よりも難しいですね。 三つ目はスペイン語やイタリア語ですが、発音は日本人にも親しみやすいですが、文法は英語よりも複雑ですね。 四つ目は、何だかんだ言っても、英語かな。日本語には英語からの外来語も多く、小さい頃から何かしら英語に断片的に触れる機会も多いので、これが大きなアドバンテージかなあとも思います。それに、英語が難しいと言っても、ロシア語やアラビア語に比べたら はるかに易しいはずです。 そこで質問ですが、総合的には何語が日本人には習得しやすいでしょうか? 特に、私が挙げた以外の外国語でも 比較的易しい外国語がありましたら教えてください。

  • 第2外国語はどれが簡単ですか?

    経済学部に進むことになりました。 そこで第2外国語をどれにしようか迷っています <フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国語> この中から選べます。 どの言語も特に興味はないですし、そもそも第2外国語なんてかなり頑張らないと大学在学中に習得できるものでもないし、実際英語の方が将来役に立つ可能性はずっと高いですから、習得するほど頑張る気はないんです。第2外国語の勉強するヒマがあるくらいなら英語の勉強をした方が良いと思っていますし。 ですから、第2外国語の単位のこととかで困ったりしたくないんです。 できれば簡単なものがやりたいんですが、どれが簡単ですか?

  • 外国語を「習得する」「習得した」とは?

    ここのカテで、「○○語を習得するには」とか「○○語を習得した」という表現をしばしばみかけます。 私は外国語学習者ですが、言葉を学ぶということはいつまでたっても学び続けることであり、母語(「母語を習得した」とは言いませんが)でさえ、日々新しい発見の連続です。 私は完ぺき主義ではありませんが、外国語学習において「習得した」というレベルはないと思っています。 ひとくちに「習得した」といっても、人によって ・読み書きに不自由しない ・会話に不自由しない ・流暢ではないが意思疎通は出来る ・読み書き、会話の両方に不自由しない ・ある分野でのみ、読み書き・会話ができる ・学校で習う範囲、教養として知っている ・難しいことはわからないが、勘を頼りになんとなく使える など、様々なレベル・技量が想定されていると思いますが、外国語を「習得した」と言えるのはどういったレベル・技量だと思いますか。 決まった答えはないと思うので、みなさんのご意見をお聞かせください。

  • 第2外国語は何がいい?

    今、第2外国語を学習しようと考えています。 英語は、過去にかなり勉強し、TOEICで870点を取ることができました。 が,英語ができる人はたくさんいますし、できれば英語をもっと磨きつつ、 もうひとつ何か習得できればと思っています。 そこで質問なのですが、今、勉強するのにいい外国語は何がありますか? スペイン語・ドイツ語・イタリア語などは需要も高いと思いますが、 できればちょっとめずらしい言葉を学んでみたいのです。 とはいえ、めずらしいだけであまり日本で必要性もない言葉もどうかと 思うので、仕事として考えたときに「そこそこ需要がありそうで」「学習している人が少ない言語」 だと、何が思い浮かびますか? たとえば「スウェーデン語」などどう思いますか?

専門家に質問してみよう