• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

言語学と外国語の習得

言語学の勉強は外国語の習得に役立ちますか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数302
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

「外国語の習得」が、どの程度のレベルを想定しているのかによります。 その国の一般人くらいのレベルということであれば、役には立たないと思います。 言語学を勉強するくらいなら、他のことを勉強した方が習得には有効でしょう。 その外国語の研究をしたいということで、ある程度の語学力があり、それ以上を求めるときに必要になると思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 言語学について

    私は今年入学した 外国語大学のロシア語学科の学生です。 ロシア語をメインに言語学をに学び、言語学者になりたいと考えています。 そこで質問なのですが、 1、言語学に対し造詣の深められる書籍はありますか? 2、言語学を極めるために 大学院に進学したいのですが  どこが一番いいでしょうか?(海外も含めて) 3、言語学とは違うけれど 言語学を学ぶのに必要な基礎知識ってどんなのがありますか? (たとえば私は宗教も勉強しようと思ってます。) どれでもいいので回答よろしくお願いします。 なお、言語学の中にさらに枝分かれしていろいろな分野があるのは承知ですがそこまで細かくはまだ決めていません。

  • 第2外国語はどれが簡単ですか?

    経済学部に進むことになりました。 そこで第2外国語をどれにしようか迷っています <フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国語> この中から選べます。 どの言語も特に興味はないですし、そもそも第2外国語なんてかなり頑張らないと大学在学中に習得できるものでもないし、実際英語の方が将来役に立つ可能性はずっと高いですから、習得するほど頑張る気はないんです。第2外国語の勉強するヒマがあるくらいなら英語の勉強をした方が良いと思っていますし。 ですから、第2外国語の単位のこととかで困ったりしたくないんです。 できれば簡単なものがやりたいんですが、どれが簡単ですか?

  • 「外国語を外国語のまま理解する」感覚とは?

    こんにちは。 外国語をネイティブ並に、ほとんど「外国語」という認識すら持たずに使いこなせるような方に、外国語を理解・使用する感覚について質問します。 (以下、[ネイティブ言語]と[習得外国語]という用語で説明させてください。) (1)インプット(読む聞く)の場合、[習得外国語]を頭の中で[ネイティブ言語]に変換して理解しておられるのでしょうか? 逆に、アウトプット(書く話す)の場合は、[ネイティブ言語]を[習得外国語]に変換してからアウトプットしておられるのでしょうか? (2)[習得外国語]をある程度成長してから学校での勉強等を通じて習得した人と、誕生時または幼少時から生活の中で習得した人([ネイティブ言語]と[習得外国語]の区別が曖昧な場合)では、感覚は違うと思われますか? (3)日本語と英語だと、文法や単語などかなり離れた言語のように思われます。逆に、英語や仏語や独語などは系統的に近い言語のように思います。 そこで、[ネイティブ言語]と[習得外国語]が英語と日本語だと理解するのにワンクッションの変換が必要だけど、英語と仏語なら変換不要、ということはありますでしょうか? (4)2つ以上の言語感覚は、常にスイッチオンの状態なのでしょうか?それとも、どれか1つだけがオンでその他はオフなのでしょうか? (例えば、[ネイティブ言語]で会話中に、不意に[習得外国語]で話しかけられたとき、きちんと理解できるか) 「外国語を外国語のまま理解する」感覚とは一体どんなものなのか、教えていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

役に立たなくはないと思います。 ある言語に関わる言語学が日本の大学の大学院や研究室で学問として成立していれば、 現代語法のほか、簡単に言えば口語と文語の違い、現代用語と古典用語の違い、 同じ語系の多言語との相関性など、学んでもその言語を習得するのに不利にはならないでしょう。 ただ「外国語の習得」が最終目的ですよね? そこまでしなくても良いと思ういくつか理由があります。 最も基本的な物は、あくまでも言語学は学習対象の言語がある程度できることが 前提になっていると思います。言語学を学校や研究所で専攻したいなら、 ある程度その言語ができるようにならないと入試に受からないのでは。 適当にその手の大学院や研究所の入試要項を見てください 2つ目は言語学が研究対象としているような言語は、世界のメジャーな言語がメインで (もちろん比較的利用人口が少ない語学も研究対象になるでしょうけど その手の言語は研究材料に乏しかったり、文法的に整備されていないのでは) 限られていると思うのが、学ぼうとする言語がそこに入ってますか? 入っていても、そこまで勉強する必要がありますか? 日本語で例えれば与謝野晶子訳の源氏物語(口語じゃないですよ)を読める程度の 日本語の外国語版を習得する意図がありますか?ということです 3つ目は、独学で勉強するのであれば、最初から普通にその言語の現代語を 勉強した方が手っ取り早いと思うことです。 日本で入門編から上級編まで日本語の教材が揃っている外国語は、 英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、中国語、 朝鮮語位だと思いますけど、そのあたりの言語なら普通に勉強できます。 大学や専門学校、語学学校でその言語のコースもあるでしょう。 アルファベットや漢字を使わない言語も沢山あるので、 まず文字から覚えないといけない可能性もありですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 外国語の習得

    何か外国語を習得したいと思っています。 ただ他の言葉を話してみたいという浅はかな理由ですが。。 Q1:英語、日本語以外で勉強のしやすい言語はないでしょうか Q2:その言語のよい学習方法は? よろしくお願いします。

  • 関西外国語大学の外国語学部と国際言語学部のちがいを教えていただきたいで

    関西外国語大学の外国語学部と国際言語学部のちがいを教えていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

  • 英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である?

    英語はネイティブから習うのが効果的である ? 困り度: 暇なときにでも こんにちは。NHK出版 大津由紀雄著の「 英語学習7つの誤解」という本の中で 次の7つの項目が挙げられていますが、今回は「6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 」について考えてみようと思います。 1.英語学習に英文法は不要である 2.英語学習は早く始めるほどよい 3.留学すれば英語は確実に身につく 4.英語学習は母語を身につけるのと同じ手順で進めるのが効果的である 5.英語はネイティブから習うのが効果的である 6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 7.英語学習には理想的な、万人に通用する科学的方法がある 日本では英語は外国語の中でも特に別格的な地位にありますが、日本でも認知度の高い他の外国語と難易度を比べるとどうでしょう? 英語はフランス語やドイツ語に比べると文法もシンプルですし、日本語は英語からの夥しい借用語があるおかげで単語も覚えやすく忘れにくいものが多いです。例えば、英語の beefはどんなに英語学習のブランクがあっても決して忘れないような単語ですが、ロシア語の говядинаなんかは覚えにくいし、覚えても忘れやすいです。 また、中国語は文法は英語よりは若干易しいものの、発音は英語よりも難しいです。韓国語は日本語と似ていると言われていますが、最初にハングルを覚えなければなりません。 そこで質問ですが、英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語であるとは言えるでしょうか?

  • 外国語を習得する上で犠牲にしたもの

    外国語の習得は個人差が非常に大きいですね。まあ、 外国語が苦手な人でも だれでも 試験とかもあり、1時期は一生懸命勉強しますよね。 そこで質問です。日本では英語が第1外国語ですね。それで 英語をスラスラ覚えられて 余裕のある方が 英語以外の第2外国語も習得されるケースが多いかと思います。外国語って 習得に個人差が非常に大きいですが、 どんなに天才でも一朝一夕で覚えられるものではないと思います。それで、外国語を2ヶ国語以上習得された方は それなりに努力されていると思われますし、それなりに相当な時間と努力を費やしているはずです。そして、周りの人たちが普通に享受している何かを犠牲にしていると思います。 私の例では部活動です。英語は小学3年生から始め、 フランス語は中2から始めました。お陰で 英語もフランス語もそれなりに身につけましたが、中学、高校と 思いっきりスポーツに青春を燃やした思い出は皆無です。 質問の趣旨がはっきりしないかもしれませんが、外国語を習得する上で 得たものも大きいでしょうけど、 何か 犠牲にしたもの、ゲットし損なったものなど、気付いたことを教えてください。

  • 言語学についてお聞きします

    言語学で日常生活や第二言語習得に役立つ分野は何でしょうか? またバイリンガルについて学べば、子供をバイリンガルにすることは できますか?

  • 外国人の言語習得法

    外国人の方はどのように勉強して言語を習得しているのでしょうか??ふと疑問に思いました。日本人も英語を勉強しますが習得できている人は少ないように思います。外国人の方でとても流暢に日本語をしゃべっている方を見て,文法が難しいと言われる日本語を日本人よりもきれいに使っているなぁと感じました。外国人の言語習得法を聞くことによって英語の習得に応用したいと思います。知っている方いらっしゃったら教えていただきたいです。

  • 習得しやすい言語

    外国語を習得したいと考えているのですが、どの言語が日本人にとって習得しやすいでしょうか? とりあえず思いつくものをあげていただけると助かります。

  • 外国語を習得するにあたって

    大学のとき、英語が第一外国語で、ドイツ語が第二外国語だったのですが、 何ヶ国語も習得する際に、あるポイント例えば男性名詞や女性名詞があるとか、 形容詞、副詞、名詞になるとこれがくっついてくるとかありますよね。 どういう勉強法をとれば一番早く覚えられるんでしょう? あるとこを把握してしまえば楽に覚えられる気はするのですが。。。 よろしくおねがいします。

  • 第2外国語の選択にあたって

    大学では第2外国語を選択して勉強しますよね。 私の行く大学では朝鮮語、中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語からの選択(第5希望まで選ばなければならないのですが)なのですが、どういったものが習得しやすいのでしょうか? 私は英語も全くできないので、外国語というもの自体習得しにくいというイメージがかなりあるんです。 それで、できるだけ習得しやすい言語を選びたいと思っています。 一般的に言われていることでも構いませんので、何か知っている方がいましたら教えてください。

  • 外国語を「習得する」「習得した」とは?

    ここのカテで、「○○語を習得するには」とか「○○語を習得した」という表現をしばしばみかけます。 私は外国語学習者ですが、言葉を学ぶということはいつまでたっても学び続けることであり、母語(「母語を習得した」とは言いませんが)でさえ、日々新しい発見の連続です。 私は完ぺき主義ではありませんが、外国語学習において「習得した」というレベルはないと思っています。 ひとくちに「習得した」といっても、人によって ・読み書きに不自由しない ・会話に不自由しない ・流暢ではないが意思疎通は出来る ・読み書き、会話の両方に不自由しない ・ある分野でのみ、読み書き・会話ができる ・学校で習う範囲、教養として知っている ・難しいことはわからないが、勘を頼りになんとなく使える など、様々なレベル・技量が想定されていると思いますが、外国語を「習得した」と言えるのはどういったレベル・技量だと思いますか。 決まった答えはないと思うので、みなさんのご意見をお聞かせください。