• 締切済み
  • 困ってます

習得しやすい言語

外国語を習得したいと考えているのですが、どの言語が日本人にとって習得しやすいでしょうか? とりあえず思いつくものをあげていただけると助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数24
  • 閲覧数675
  • ありがとう数42

みんなの回答

  • 回答No.24

習得のしやすさとは2種類あります。 ・日本語と言語が似ている ・幼少期に一度学習経験が有る 日本語と言語が比較的似ているのは韓国語です。 しかし、韓国語を習得しても現状日本国内では職には生かせません。 そこで幼少期に一度学習経験があり、世界的にはそこまで難しくない英語はどうでしょうか。 日本人であれば最低6年間(中学校・高校)はどのような人でも 基礎を積んでいます。 そして、もしTOEICなどビジネス英語の資格を取れば 就職にも生かす事が出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 言語学と外国語の習得

    言語学の勉強は外国語の習得に役立ちますか。

  • 外国人の言語習得法

    外国人の方はどのように勉強して言語を習得しているのでしょうか??ふと疑問に思いました。日本人も英語を勉強しますが習得できている人は少ないように思います。外国人の方でとても流暢に日本語をしゃべっている方を見て,文法が難しいと言われる日本語を日本人よりもきれいに使っているなぁと感じました。外国人の言語習得法を聞くことによって英語の習得に応用したいと思います。知っている方いらっしゃったら教えていただきたいです。

  • 子供の第1言語と第2言語の習得過程

    外国語のテキストを読んでいるのですが、今一はっきりしません。 子供の第1言語と第2言語の習得過程の共通点(或いは違い)って あるんでしょうか。 一般的に第1言語を習得する環境は第2言語を習得する環境と違うと 思うんですよね。例えば親は第2言語を話さない、とか十分なイン プットが普段の生活から得られない、とか、ですね。 また第1言語の文法構造が第2言語の文法構造と相反する、と言う事 もあると思うんですよ。 テキストではこれらは似ている、と言っているのですが、じゃあ、 どこが、という説明がはっきりしなくて困っています。 分かる方、どうかよろしくお願いいたします。

  • 回答No.23

日本人にとて習得しやすい言語、残念ながらないです。どの言語も難しいです、英語が一番身近だが、上達は難しい、一番上達するのは韓国語だと思われます。語順、文法が似ているのでたぶん本気に勉強すれば英語のスキルを抜くでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.22
noname#111031
noname#111031

エスペラントは敢えて除外します。それは所謂諸国語と違って、何処の国でも生活用語では無いからです。 1.英語でしょう。 易しいかどうかは考えないで、学べる場、思慮、   参考書など格段に多いことが、他の言葉とは違いすぎます。 2.本当のところは、私はどの言葉でも、ほぼ同じくらいの努力で   同じ程度に覚えられると思っています。しかし、どうも、相性も   あるように感じています。人称により動詞の変化で、フランス    語を投げ出しましたが、ドイツ語では何とか云十年となく付き合っ  ています。スペイン語やイタリア語などより、オランダ語やデンマ  ーク語などのゲルマン系に親しみを感じます。必ずしも、学習で   身に付いたのではありませんが、ちゃんと習うのならこれらの方を   選ぶだろうと言うことですが。 何語でもよいから、自分が興味を持った地域、文化などに関連のある 言葉を学ぶのが一番よいでしょう。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.21

小説を読んだり、文通相手を訪ねて外国旅行をしたり、という水準を目標として言語学習をされるとしたら、最小限、必要な単語数としては、 英語:約5000語 ドイツ語:約4000語 イタリア語:約3000語 エスペラント語:約800語 といったところでしょう。エスペラントが抜群に少なくて済むのは、「造語法」が発達していて、1語が平均で5~10倍に増殖して使える(熟達度により倍率は変化する)から、暗記必要語数が少なくて済むためです。 既に英語を相当勉強した方(大学受験生で3000語くらいマスター済みか)ならば、あと2000語くらい上積みすればいいわけです。さらに語学系の大卒なら4000語くらいマスターしてるでしょうから、あと1000語くらい上積みすればいいわけで、エスペラントを初歩から学習するのに比べても、易しさは五分五分くらいでしょう。 ただ会話は、単語数だけではありません。発音が問題です。英語のように発音が千変万化する言語は、聞き取りが難しい。(何回聞いても判らない英語を、読んだら、なーんだこんな簡単なことか!という経験ありませんか) ドイツ語やイタリア語は、書いた通りに近い読み方なので、「意味が判らなくても書き取りができる」。さらにインドネシア語やエスペラント語は、ほとんど1字1音ですから読むのと聞くのとの差が、非常に縮まります。 エスペラント語は易しい言語のモデルですから、味見(800語ほどの学習)してみても損はないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.20

英語だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.19

 少なくとも私の場合はエスペラント。1か月集中して独習しただけで、たいていの文書は読めるようになり、1年後には何人も文通友達(郵便)がいて、メールを毎日交換する友達もいました。  ここまでのレベルなら、エスペラントが断然有利でしょうが、その先はどの言語でも同じことではないかと思います。自分の考えていることや気持ちを言葉に表すことは、日本語でも難しいのですから。  当然のことですが、言葉を使うには、自分が伝えたいことがあること、相手の人の住んでいる地域の歴史や文化を理解すること、などが必要だろうと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.18
  • rukuku
  • ベストアンサー率42% (401/933)

>外国語を習得したいと考えているのですが、どの言語が日本人にとって習得しやすいでしょうか? とりあえず「どれでも」、というなら英語です。 それよりも、その外国語を学ぶための動機が必要です。 勉強し始めた頃は、分からないことの連続です。それでも、3ヶ月たって、半年たってとしていくうちに少しずつ分かってきます。 その3ヶ月から半年を乗り越えられなければ、どの外国語であっても習得できません。 「勉強しても分からない」を乗り越えられるための動機が必要です。 あと、文法は、最初から勉強しない方がいいと思います。最初は全く頭に入りませんから挫折の原因になります。 短いフレーズをたくさん覚えることでその言葉になれてから文法を勉強すると、すんなりと分かるようになります。 私の場合は、タガログ(フィリピノ)語でした。 理由は単純、フィリピン人の友人ができたから。 単純な動機ですが、覚えたことからすぐに試してみる相手がいるから励みになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.17
  • ponto
  • ベストアンサー率23% (7/30)

 「習得のしやすさ」だけで学ぶ言語を決めるのですか? なにか別の基準があってよい気がするのですが…。でもまぁ,人それぞれの考え方もあるでしょうし,「選び方」をとやかく言うのはやめて,「習得しやすさ」について書きます。  私自身は,日本語が一番得意で,英語とエスペラントはそれなりに使いこなせて,韓国語,その他主要ヨーロッパ語は少しかじった程度です。この知識を元に,外国語としては英語だけを義務教育などで学んだごく一般的な日本人を前提に考えてみると,「習得しやすい言語」は,「エスペラント」,「韓国語」といったところだと思います。  エスペラントは,ヨーロッパ語を元に文法を整理して不規則性を取り去っているので各種ヨーロッパ語に比べれば断然学びやすいです。発音もイタリア語,スペイン語に非常に近くて英語よりずっとやさしいです。韓国語は(ハンガリー語も)日本語に近い(語順が同じな)ので,日本人には学びやすいと思います。韓国語には難しい発音もありますが,英語に比べればましと思います。  なお,相対的にこちらの言語のほうが「習得しやすい」とは言えても,この言語は「やさしい」とは言えないですね。何語を学ぶにしても,それなりの努力が必要です。「やさしさ」だけで学ぶ言語を選ぶと,やっぱり「難しかった」と感じて結局ものにできないと思います(「選び方」をとやかく言ってしまった (^_^; )。

参考URL:
http://www2s.biglobe.ne.jp/~jei/esperanto.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.16

やはり巷で言われているのは韓国語ではないでしょうか? まだ齧ったばかりなのですが、一見記号だらけで難解なイメージがありますが、実に理に適った実用的な体系をしている事に感心します。 下手に(無駄に?)活用する難解な欧語系より数段洗練されている感じがします。予想外でしたが。 確かに発音は母音で20以上もあり、5しかない日本人には戸惑う所ですが、表記文字と発音が一致するというが大きいです。これはスペイン語にも言える所ですが、例えば英語Aを必ずしも「エー」とは発音しないです。repairは「エー」,angry「ア」と千差万別に発音します。おまけにその根拠が良くわからないです(もしかしたら理由があるのかもしれません)。そういう観点からも英語至上主義な世の中ですが果たして、実用的な言語体系なのか?というのは疑問です。そして、英語は未知の単語に遭遇した時その都度発音記号を読まなければいけません。 私は、別に英語をある程度マスターしなければ他言語に手をつけるべきではないとは思いません。私もある程度英語を習得してから(英検準1~1程度)他言語と接触していますが、確かに西欧語は何かと英語と関連しているので、覚える補助にはなるかもしれませんが、例えばハングルは英語をマスターした人と全くの初歩の日本人が勉強してもそれ程の差は無い様に思います。 韓国語が簡単だというのは、単純に学びやすいからではないです。私達が日本人だから学びやすいのです。アメリカ人が韓国語を学んだらおそらく最も難関な言語の一つになるでしょう。 例えば、スマップの草薙君は韓国語を結構流暢に話しますが、それは韓国語と日本語はかなり共通点があるからです。仮に草薙君が英語で同じ事を挑戦しようなら、おそらくあれほど話すことはできないでしょう。 後は、単純に習得しやすいという安易な考えもモチベーションの維持は厳しいかもしれません。やはり、その国に対しての興味がある程度備わっていれば、多少難しい言語でも長続きすると思います。ただ、逆に習得しやすい言語故に、他言語の技術を簡単に伸ばす喜びを感じ=それがモチベーションとなる図式もありだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.15
noname#27172
noname#27172

英語をある程度マスターした前提で言えば、マイナーですが オランダ語やスウェーデン語は比較的易しいようです。発音の面で考えれば スペイン語やイタリア語が馴染みやすいですね。 私の場合は、外国語が最も簡単に感じたのはイタリア語ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • センスのいる言語と普通に習得できる言語

    日本語を母語とする人で、難しくて勉強してもたどたどしくて、センスの世界に入る言語って何でしょうか? 反対に外国語は難しいと考えているだけで、実はこの言語はセンスは関係なく、普通に習得できるという言語って何でしょうか? 言語習得には向き不向きがあるとはいいますが。(MLATなど) どの言語も勉強時間は必要かと思いますが、たとえばハングル語は日本語と似た語順で脳の使う部分が違うとも。 英語はどちらなんでしょうか? 参考に http://worldtravel.blog51.fc2.com/blog-entry-10.html (世界一周を目指すみかんの日常日記)

  • 英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である?

    英語はネイティブから習うのが効果的である ? 困り度: 暇なときにでも こんにちは。NHK出版 大津由紀雄著の「 英語学習7つの誤解」という本の中で 次の7つの項目が挙げられていますが、今回は「6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 」について考えてみようと思います。 1.英語学習に英文法は不要である 2.英語学習は早く始めるほどよい 3.留学すれば英語は確実に身につく 4.英語学習は母語を身につけるのと同じ手順で進めるのが効果的である 5.英語はネイティブから習うのが効果的である 6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 7.英語学習には理想的な、万人に通用する科学的方法がある 日本では英語は外国語の中でも特に別格的な地位にありますが、日本でも認知度の高い他の外国語と難易度を比べるとどうでしょう? 英語はフランス語やドイツ語に比べると文法もシンプルですし、日本語は英語からの夥しい借用語があるおかげで単語も覚えやすく忘れにくいものが多いです。例えば、英語の beefはどんなに英語学習のブランクがあっても決して忘れないような単語ですが、ロシア語の говядинаなんかは覚えにくいし、覚えても忘れやすいです。 また、中国語は文法は英語よりは若干易しいものの、発音は英語よりも難しいです。韓国語は日本語と似ていると言われていますが、最初にハングルを覚えなければなりません。 そこで質問ですが、英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語であるとは言えるでしょうか?

  • 外国語習得者の母国語発音について

    教育テレビで放送されている各種外国語学習番組の日本人の解説者の日本語の発音(発声)について疑問があります。 大抵の番組はその番組の目的である外国語を話す専門家(外人)とその言語に関する知識は素人並の日本人女性(グラビアアイドル?)が司会を担当し、随所で日本人のその外国語の専門家が解説を入れるスタイルだと思っているのですが、その解説を担当している日本人の日本語の発音がどうも気になるのです。 彼らの話す日本語は標準のものには聞こえません。 これは、日本人が外国語を習得する過程で、その当人が本能的に既成習得していたはずの日本語が変質してしまったということでしょうか? 私は全く言語に関する知識はないのですが、日本語はイントネーションが薄い(平坦な)言語だと思っています。反対に英語なんかはイントネーションが常に発生する言語だと感じています。 だから、英語を勉強した人はなんでもかんでもイントネーションを強調する癖みたいなものが染み付いてしまい、本来平坦であるはずの日本語でまでそれを発揮してしまうのだと考えています。 個人的なことなのですが、私はそんな平坦な日本語を愛しています。最近の若者たちはすでに平坦なスタイルを崩し、なにやら意味不明のイントネーションを使っていますが、それでも未だ多くの日本人は平坦な日本語を話してくれます。そういった人たちとの会話には何の根拠もなくじんわりと幸せが感じられます。 日本を内から揺さぶるような若者の文化は仕方ないとして、いわゆるグローバリゼーションの波というものによって、もし、日本語のスタイルが崩されようとしているならこれはなんだか我慢ならないことなのです。 異文化を学ぶということは必然的に自らの文化をそれと混ぜ合わせることになることはわかっています。しかし私は至極個人的な理由からそれを好みません。 外国語の習得によって母国語の能力は変化しますか?

  • 日本人が一番習得しやすい外国語

    こんにちは。似たような質問は既に何度かされていますが、私なりに論点を整理して質問を立てさせて頂きます。 ヨーロッパの人は外国語の習得が早いとよく聞きます。しかし、これは 母国語と外国語が近縁関係にあるのと、気軽に隣国と行き来したり出来るので、外国語を使う機会も多いからですよね。 しかし、日本人には外国語はどれも難しいものばかりです。それでも、日本人にも比較的習得しやすい外国語を挙げてみます。 (1)英語:日本語には夥しい英語からの借用語も入っていて 日常生活の所々入り込んでいるし、中学校から全員が習うので 親しみやすい外国語だとも言えます。また、フランス語やドイツ語よりも文法がシンプルですし、学習環境もダントツで恵まれています。(ですから、オランダ語やデンマーク語なんかは文法は英語のようにシンプルでドイツ語よりも簡単なのに、アクセスのしやすさが習得を困難にしています。) しかし、それでも、日本語とは全く系統の違う言語なので 日本人には 難しい部分も多いです。また、綴りと発音の大きな食い違いなどは他の外国語よりも大きいし、発音も容易ではありません。 (2)韓国語:日本語には近縁の言語がないと言われますが、その中でも 日本語と文法というかシンタックスの似ている言語と言えば韓国語が挙げられますね。このメリットは大きいですね。英語でさんざん悩まされた「返り読み」や「訳語の並び替え」と言った煩わしい作業の必要が殆どありません。また、日本語は韓国語と多くの漢語を共有していますが、これは 中国語とよりも共有率が高いそうです。そして、英語などからの外国語の多くも共有していて、中には和製英語が韓国語に輸入されたものもあるそうです。 しかし、韓国語には平音、激音、濃音という種類があり、これは日本語とも英語とも違うものです。そして何より、最初にハングルを覚える負担が大きいし、覚えても完全に慣れるには時間がかかるでしょう。 (3)中国語:漢字を使っているので日本人には親しみやすいと思います。簡体字と言っても 日本の略字や俗字と似たものも少なくなく、漢字で心配する必要はほとんどないと思います。また、文法も日本語とはかなり違うものの、英語よりはむしろ日本語に似ている部分もあるし、全体的には英語よりも簡単です。 しかし、中国語には声調もあるし、発音は英語よりも難しいです。特に耳で聞いて音から意味を認識するのは容易ではありません。例えば「チー」という音を聞いただけでは何が何だか分からなくなります。 (3)イタリア語∪スペイン語: 外国語の基本は音である原則に基づけば、イタリア語やスペイン語は日本人には比較的親しみやすいと思います。また、英語のような綴りと発音の不一致も少ないので、耳から単語を覚えてスペルを推察するのも英語よりもずっとやりやすいです。 しかし、イタリア語も日本語とはまるっきり系統の違う言語であり、文法は英語よりも複雑です。 (4)インドネシア語:文字は英語と同じアルファベットを使っているし、発音も文法も簡単だそうです。しかし、日本人には馴染みが薄いし、単語を覚えるのが大変そうです。 そこで質問です。これは人によっても違ってきますが、総合的に考えて 何語が日本人には習得しやすいと思いますか?

  • 英語圏の人にとって最も習得しやすい外国語

    日本人にとって最も習得しやすい外国語は韓国語だと思います。それでは、英語圏に人たちにとっては何語が最も習得しやすいでしょうか? 英語圏ではスペイン語とフランス語が最もメジャーですが、あの複雑な動詞の活用を覚えるのには苦労するらしいですね。ドイツ語は英語と同じゲルマン系の言語でありながら フランス語やスペイン語より若干難しいらしいそうです。私の推測ではオランダ語かスウェーデン語あたりだと思うんですが。 それともう一つ質問ですが、日本人にとっても英語圏に人たちにとっても同じくらい難しい言語は何語だと思いますか?

  • 日本人が習得しやすい言語

    日本人が0から独力で勉強し習得するにあたって、最も容易な言語はなんでしょうか?? また難しい言語はなんでしょうか?? 発音・発声は考えないものとします。 が、ご存知でしたら発音・発声についても教えて下さい。

  • 英語以外で習得すれば将来儲けられる言語は?

    英語以外の第二外国語で習得すると将来儲けられる言語は何ですか?

  • 言語が「できる」とは?

    前々から思っていたのですが、海外の方って外国語が少ししか話せなくても「できる」と言いませんか?日本人は謙遜してか、外国語ができる人でも、「できる」とはあまり言いませんよね。私も大学で外国語(英語と中国語)を学んでいて、英語は普通の人よりはできてるみたいですが、その「できる」レベルがよく分からないので、自信を持って「できる」とは言えません。TOEICや英検など、自分の言語能力が分かるテストを受けたこともありますが、あの「~できるレベル」という基準のようなものはアテになるのでしょうか? そこで質問ですが、言語が「できる」というレベルは一般的にどんなことができれば良いのでしょうか?またその感覚は、日本人と外国人だとどのように違いますか?

  • ヒッポファミリークラブの多言語習得のプロセスは?

    ヒッポは「赤ちゃんのように」と宣伝していますがよくわかりません。 母親役がいないのに本当にちゃんとした外国語(しかも多言語)が習得できますか? 脳科学者やアメリカの言語学者がなぜかよく出てきますが、日本語しかできない人が英語やハングル語、ベトナム語などを新たに習得するのに、何か関係があるのでしょうか。 (「なんとなく分かる」とか「聞いたことある音が増える」などというのはその言葉を使いこなせない人の感想に過ぎないので、科学的な説明をお願いします)

  • 短期間で複数の言語の日常会話程度習得した方に質問です。

    こんばんは^^;お世話になります。 短期間(3ヶ月~10ヶ月)ぐらいで、3ヶ国語以上の、外国語の日常会話程度を習得した方に質問です。 名前を忘れたのですが、以前、テレビである女優の方が6週間で1ヶ国語のペースで外国語(合計5ヶ国語ぐらい、主に、ヨーロッパの言語)の日常会話程度をマスターしたという話を聞いたのですが。 質問は以下の4つです。 1、短期間で日常会話程度の外国語を習得するコツ等、何かあるのでしょうか?(会話が出来ればよいので単語の綴りなどの暗記などは必要としていません。) 2、同時に3カ国ぐらいを学習しても、問題は無いでしょうか? (一般的には、一ヶ国語づつ習得する方が、効率的で良いと言われていますが・・・) 3、まず、何から、勉強を始めれば良いでしょうか?例えば、文法から、あるいは、文法無視して音読学習などから始める等。 4、日常会話が出来る程度の単語数はどれくらいでしょうか? ※補足。 文法が日本語と似ているという理由で、韓国語もしくは、トルコ語か あるいは、文法が日本人からすると、ちょと難しいかもしれないけど、実用を考えて、スペイン語やフランス語・ドイツ語・ロシア語・中国語の中から学習を始める3ヶ国語を決めたいと思っています。最近、仕事を辞めて、半年ぐらいは貯金を切り崩し暮らせるので、1日に勉強出来る時間は、多いかと思います。上記で書いた言語の中で3ヶ国語の学習を始めるとしたら、どの言語が良いかアドバイスあれば、よろしくお願いします^^;