• ベストアンサー
  • 困ってます

微分方程式の問題ですが・・・

y´´-3y´+y=e^x cosx という微分方程式をy=e^x (Acosx+Bsinx)の形で求めよという問題ですが、同次方程式の解と特殊解の解を求めればいいと思うのですが、 特性方程式λ^2 -3λ+1=0で解きます。解の公式で解くとλ=3±√5/2という解がでたのですがあっているのでしょうか?もしあっているとしたら基本解は実数解になるのですが、y=e^x (Acosx+Bsinx)の形で求めよという問ですので基本階は共役複素数解にならないといけないですよね?僕はどこを間違えているのでしょうか?教えてください

noname#75441

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数94
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • guuman
  • ベストアンサー率30% (100/331)

y=e^x(-cosx/3-sinx/6) を微分方程式に代入して検算せよ その検算式を補足に書け もし微分方程式を満たさなかったらやり直せ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 微分方程式の解き方を教えてください

    y''+y=1/cosx という微分方程式の同次方程式y''+y=0の一般解は y=Acosx+Bsinx (A,Bは任意定数) ですが、特殊解の解き方が分かりません。  もし(右辺)=cosxなら逆演算子を使ってすぐに解けるのですが、(右辺)=1/cosxとなると分かりません。ご存知の方、お手数ですが教えてください。よろしくお願いします。 ※ y''=d^2y/dx^2

  • 微分方程式

    微分方程式の特殊解のおき方がわかりません y"+y=secx 同時微分方程式を解くと y=c1cosx+c2sinx となるところまでできるのですが ここから y(x)=Acosx+Bsinx とおいて計算してもうまくいきません お願いします

  • 微分方程式

    問題を解いていて少し疑問に思ったので質問させてください。 u=u(t)を未知関数として A(du/dt) + B*u = E*sin(ωt) について、一般解を求め、その後初期条件u(0)=u0のもとで解け。 ただし、A,B,E,ωは正定数とする。 上記のような問題なんですけど、これは一階微分方程式ですよね? 一般解は、二階微分方程式では特性方程式によって求めた基本解と、未定係数法で求めた特殊解を重ね合わせて作るという印象があります。 このような一階微分方程式の場合はどのように解けばいいですか? 二階の時と同じように解いてよいならば、特性方程式の解から基本解を作る時など、二階微分方程式の時と同じようにやってよいものか疑問です。 特殊解も未定係数法もつかってよいのでしょうか。 詳しい方いましたら教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • guuman
  • ベストアンサー率30% (100/331)

一般解は要求されていないちゅうに y=e^x (Acosx+Bsinx) の形の特解を求める問題だ やり直し

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当にバカですね僕は・・・ y=e^x(-cosx/3-sinx/6)でいいのでしょうか?

  • 回答No.2
  • guuman
  • ベストアンサー率30% (100/331)

問題の出し仕方が悪いな A,Bを実数とし y=e^x (Acosx+Bsinx) が y´´-3y´+y=e^x cosx を満たすときA,Bを求めよ とでもするべきだな 代入すれば一発だろう 答えと過程を補足に書け

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

ところで, 特殊解は求まってますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

計算間違いはあるかもしれませんが、 特殊解v(x)=e^x (Acosx+Bsinx) v´(x)=e^x {(-A+B)sinx+(A+B)cosx} v´´(x)=e^x (-2sinA+2Bcosx) なのでこれをv´´-3v´+vに代入すると、 A=-1/3 B=-1/6 という解が得られました。 なので一般解はy=C1e^3+√5x/2 +C2e^3-√5x/2 +e^x (-1/3cosx-1/6sinx) という解になったのですがどうでしょうか?

関連するQ&A

  • 微分方程式の問題です。

    微分方程式の特性方程式による解法についてですが、重根λsをもつとき、基本解系にte^(tλs)が含まれるのはなぜですか? 代入したら成り立つからというのではなく、どういう理論で出てきたのか知りたいです。 もしかしたら、先人が目の子で探したのかもしれませんが・・・

  • 微分方程式

    y1(x),y2(x)が2階線形微分方程式 y''+p(x)*y'+q(x)*y=0の基本解ならば、 a^2≠1とするとき y1(x)+a*y2(x),a*y1(x)+y2(x) もこの微分方程式の基本解となることを証明したいのですが、どうすればいいのか分かりません どなたかお願いします。

  • 微分方程式

    微分方程式の勉強をしているのですが、 本の微分方程式を解く例題で y''-2y'+y=xe^x 特性方程式s^2-2s+1=0は2重解s=1をもつ。これより補助方程式の一般解は y=e^x(Ax+B) である。 与方程式の右辺を微分して生ずる関数は、xe^x,e^xであるが、これらは 上の一般解に含まれている。このような場合特殊解を求めるために、xe^xに特性方程式の解1の重複度2だけxをかけて、 y1=ax^3e^xとおくと y1'=a(x^3*e^x+3x^2*e^x),y1''=a(x^3*e^x+6x^2*e^x+6xe^x) これらを与方程式に代入すると6axe^x=xe^xよりa=1/6 よってy=e^x(Ax+B+x^3/6) とあるのですが、上文にある重複度っていうのがわかりません。 例えば、特性方程式の解が2±i(虚数解)で、これより 補助方程式の一般解はy=e^(2x)(Asinx+Bcosx) 与方程式の右辺がe^(2x)のときの重複度はどうやって考えれば いいでしょうか?

  • 定数係数線形微分方程式で右辺がsin、cosの場合

     定数係数線形微分方程式で右辺がsin、cosの場合、その特性方程式の解が実数の場合には、yo = Asin(ax+b)+Bcos(ax+b)の形の特殊解があり、虚数解iaをm重根もつ場合には、yo = x^m{ Asin(ax+b)+Bcos(ax+b) }の形の特殊解があることは理解できました。  もし、特性方程式が3次以上でその解が実数と虚数解の両方を持つ場合には、その特殊解はどのような形になるのでしょうか?  例えば、 y'''-y''+y-1=3sin(2x+1) の場合、その特性方程式は (t-1)(t^2+1)=0 から t= 1,±i となると思います。この場合の特殊解はどのような形になるのでしょうか?アドバイスいただければと思います。宜しくお願い致します。

  • 2階の非同時線形微分方程式の特殊解

    2階非同時線形微分方程式を解いているのですが、わからない点があるため教えてください。一般解はわかるのですが、特殊解が答と一致しません。どこが間違っているか教えてください。 問1 y''+y'-6y=10e^(2x) 特殊解を求めると y0=ae^(2x)とおくと y0'=2ae^(2x) y0''=4ae^(2x) よって、4ae^(2x)+2ae^(2x)-6(ae^(2x))=10e^(2x) となり、左辺が0になってしまうのですが、どこを直せばいいでしょうか。 答では2xe^2xが特殊解になっています。 問2 y''+y'=x+2 特殊解を求めると y0=ax+b とおくと y0'=a y0''=0 よって、a=x+2 となり、y0=x^2+2xとなったのですが、答えではy0=(1/2)x^2+xとなっています。どこが間違えているか教えてください。 問3 y''+y=5e^xcosx 特殊解を求めると、 y0=e^x(acos+bsinx) y0'=e^x(-asinx+bcosx) y0''=e^x(-acosx-bsinx) よって、 e^x(-acosx-bsinx)+e^x(acos+bsinx)=5e^xcosx となり、問1同様左辺が0になってしまいます。 答では特殊解はe^x(cosx+2sinx)となっています。 問題が多くて申し訳ありませんが、回答お願いします。

  • 微分方程式の問題なのですが

    こんばんわ。 微分方程式の問題なのですが 以下の微分方程式を解き、解を実数で表せる場合すべて実数で表せという問題です。 (1)y''-y=0 (2)y''+4y=0 わかる方いらっしゃったら教えてください。

  • 2階線形微分方程式

    質問なんですが。 微分方程式で y''-2y'+y=(e^x)cosx という問題があるんですが この特殊解を求めるときに y=a(e^x){cosx+(i)sinx} とおいて、これを微分方程式に代入すれば 特殊解がy=-(e^x)cosx となるとなっているのですが。 y=a(e^x){cosx+(i)sinx} とおくというのがよく分かりません。 なんでiがでてくるのかとかも…。 僕は最初 y=a(e^x)cosx+b(e^x)sinxとおいて計算していました。 質問がわかりにくかったらすいません。

  • 微分方程式なのですが・・・2

    いつもお世話になっております。今回の問題は・・・正直微分方程式には関係してない疑問なのかもしれませんが、わからなかったので質問させていただきました。 xy'+(1+x)y=e^x この問題の解答の途中でxに絶対値がついたのですが(積分したら対数になり、log|x|という形になったので)これの絶対値のはずし方がよくわかりません。よろしくお願いします。 以前この問題を質問させていただいた際、回答してくださった方が「左辺=0として基本解を求める」とおっしゃっていたのですが、私も見間違えでそのまま理解していたのですが、実は右辺にe^xがあり、それに触れていないので実際の答えとは違っていました。なので何度も申し訳ないのですが質問させていただきます。よろしくお願いします。

  • 微分方程式の一般解

    微分方程式の一般解を求める問題なのですが、どうしてもよく分かりません。 y'6+4y'2=40x^3  (ここで'○は微分の回数を示すとします。また、以下ではD=d/dxのことです) 同時方程式(D^6+4D^2)y=D^2(D^4+4)y=D^2{(D^2+2)^2-4D^2}y=D^2(D^2+2+2D)(D^2+2-2D)y=D^2{(D+1)^2+1}{(D-1)^2+1}y=0 の基本解は{1、x、e^(-x)cosx、e^(-x)sinx、e^xcosx、e^xsinx} 次に特殊解Y(x)を求める。 非同次項R(x)=40x^3は同時方程式40D^4y=0の解だから、 特殊解Y(x)の式Yは同時方程式 40D^4・D^2{(D+1)^2+1}{(D-1)^2+1}y=0の解である。 この基本解{1、x、x^2、x^3、x^4、x^5、e^(-x)cosx、e^(-x)sinx、e^xcosx、e^xsinx}から与式の基本解を除いたx^2、x^3、x^4、x^5の一次結合として Y(x)=Ax^2+Bx^+Cx^4+Dx^5とおく。 与式の左辺に代入… と続いていくのですが、どうにもしっくりきません。 答えも y=(20/3)x^3+c1+c2x+e^(x/√2){c3cos(x/√2)+c4sin(x/√2)}+e^(-x/√2){c5cos(x/√2)+c6sin(x/√2)} となり、私の解からでは到底結びつくとは思えないです。 気になるのが 「非同次項R(x)=40x^3は同時方程式40D^4y=0の解だから」 としていますが、本当にこれで良いのか自信もありません。 もし間違えていたら解説をお願いします。 また、他に違うというようなところがあったら指摘してください。 回答、よろしくお願いします。

  • 1階の線形微分方程式

    1階の線形微分方程式 次の微分方程式の解き方が分かりません。いちおう、自分でもやりましたが、答えを先生が教えてくれないので困っています。さらに(3)はさっぱりです。 (1)y'+2y=6e^x (2)y'+y=sinx (3)xy'-2y=x^3e^x (1),(2)の自分なりで解いてみた答え (1) λ+2=0 λ= -2 よってこの微分方程式の一般解は y1=Ce^-2x ここで、yp=k1*e^x とおいて、ypを微分方程式内に代入をすると、 yp'+2yp=k1*e^x+2k1*e^x=3k1*e^x=6e^x k1=2 y2=2e^x よって y=y1+y2=C*e^-2x+2e^x (2) λ+1=0 λ= -1 よって、求める一般解は y1=Ce^-x ここで、特殊解を考えると yp=L*sinx+M*cosx yp'=L*cosx-M*sinx これを微分方程式に代入して yp'+yp=(L*sinx+M*cosx)+(L*cosx-M*sinx)=(L-M)sinx+(L+M)cosx ここで、 L-M=1 L+M=0 これを解いて L=1/2,M=-1/2 y2=1/2*sinx-1/2*cosx よって、y=y1+y2=Ce^-x+1/2*sinx-1/2*cosx