• 締切済み
  • すぐに回答を!

有機溶媒について

有機溶媒と言ってもいろいろありますが、溶媒抽出を行なう際、どういう理由で溶媒の種類を選択すれば、いいのかわかりません。  今現在は、クロロホルムとベンゼンを1:1で混ぜたものを使って実験しています。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数3650
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#62864

水層との2層系で抽出するのであれば、水と混ざらない有機溶媒を使用する必要があります。すなわち、メタノール、エタノール、アセトンなどは除外されます。 その上で、抽出したいものをよく溶かす溶媒を選びます。基本的には、極性物質の抽出には極性の大きい溶媒、非極性物質には極性の小さい溶媒を選択します。ベンゼンは極性に小さい部類の溶媒でしょうし、クロロホルムはやや大きい部類の溶媒といえるでしょう。しかし、通常、必要以上に神経質になる必要はないと思います。実験の意図が分からないので、軽々しく判断はできませんが、クロロホルムとベンゼンを1:1で混ぜるような細かいことが要求されるのは極めて特殊な場合でしょうね。通常、そこまでのことはしません。 また、ベンゼンやクロロホルムは毒性が強いのであまり使わない方が良い溶媒です。特に、最近ではベンゼンを使うことはほとんどないはずです。できれば別の溶媒に変更すべきです。 極性、非極性の判断には有機化学の知識や経験が必要です。大雑把にいえば、非極性基と極性基のバランスを考慮することになりますが、簡単に説明できることではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。助かりました。

関連するQ&A

  • 溶媒抽出

     未知試料混合物を溶媒分画によって酸性、中性、塩基性物質に分画する実験を行いました。初めに、HClで抽出して、そこで得られた水層(1)をpH12に調整してから、クロロホルムで抽出して、有機層(2)(塩基性区)を得ました。また、初めにHClで抽出したときの有機層(1)をNaHCO3で抽出して、水層(3)と有機層(3)(中性区)を得ました。さらに水層(3)をpH2に調節してから、酢酸エチルで抽出し、有機層(4)(酸性区)を得ました。  質問は、溶媒をクロロホルムと酢酸エチルの2種類使った理由はどうしてでしょうか。同じものを使ってはいけないのでしょうか。比重のことや、pHのことなどをあれこれ考えてみましたが、どうしてもわかりません。  

  • 有機溶媒とプラスチック

    脂質の実験はこれから始める学生です。脂質実験は全く初心者です。クロロホルムやヘキサンを使わなくては行けないのですが、チューブなどに使われているポリスチレンやポリプロピレンはクロロホルムやヘキサンに溶けますか?これらの有機溶媒は扱ったことが無いのでご教示お願いいたします。

  • 食品と有機溶媒

    HPLCで分取した化合物が食品に使えるかどうかを調べています。 今のところ分かっているのは、使える有機溶媒と使えない有機溶媒(ベンゼンのように発癌性のあるもの等)があることと、使える有機溶媒については、残留基準値が設定されていることです。 言い方を変えますと、残留基準値をクリアしていれば、有機溶媒抽出物は食品や薬品に使えるのかどうか?ということになりますでしょうか。 可否と論拠 (できれば引用サイト)を教えていただると嬉しいです。 皆様よろしくお願いします。

  • 回答No.1
noname#44752

高校ぐらいのときに「似たもの同士はよく溶ける」と習いませんでしたか?自然界はおもしろくできていて、有機溶剤には有機物が無機溶剤には無機物がよく溶けます。典型的なのが水ークロロホルムです。あなたのご質問はクロロホルムーベンゼンですね。何を溶媒抽出するのかわかりませんが、ベンゼンは亀の甲を持つ有機物を選択的に溶かし込み、それ以外はクロロホルムに溶けます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。助かりました。

関連するQ&A

  • 有機合成に使う有機溶媒に関して

    一般的に有機合成に使う有機溶媒に関してですが 無極性溶媒(例えばクロロホルムなど)よりも極性溶媒(DMF、アセトニトリルなど)の方が反応が進みにくいといった傾向はあるのでしょうか? もしそうなのであればその理屈まで教えてくださるとありがたいです。 お願いします。

  • 有機溶媒について

    パラフィンを溶かす有機溶媒として、室温普通何を使いますか。n-ヘキサンを使ってから、室温状態でパラフィンが溶けなかった。パラフィンがアルミナ造粒の時に使われた。最後、パラフィンを溶かさなければならない。しかし、有機溶媒の中、水がない必要はあります。クロロホルムがもう試しました。だめです。灰分が残られないように、他の何かを使ったらよろしいでしょうか。皆様、教えていただけませんか。

  • 有機溶媒での抽出法

    水に溶解している物質を有機溶媒で抽出する時、少量の有機溶媒で数回行なう方が効率がよいと習いました。 水-有機溶媒間の分配係数が0.5とし、水1L中に溶けている10gの物質を有機溶媒1Lで抽出する時、1L×1回、0.25L×4回の場合それぞれの総抽出量を求めたいのですが、どのようにすればよいのでしょうか?できれば詳しくお願いします。

  • 有機溶媒を非常によく使う研究室に配属されました。

    有機溶媒を非常によく使う研究室に配属されました。 そこでは、定規を使うことが意外と多く自分専用の定規を買いました。 しばらく使っていると有機溶媒(主にクロロホルム、メタノール)でメモリが剥がれてしまいました。 有機溶媒でもメモリや本体が解けない定規を探しています。 ご存知であれば教えてください。お願いします。

  • 溶媒抽出に使う溶媒の選択について

    錯体や有機物を抽出するときに、ヘキサンやトルエンなどの溶媒を用いるようですが、どの溶媒を使うのかは何を基準に決めるのでしょうか?PCB(ポリクロロビフェニル)を抽出するときにはヘキサンを使うのですが、トルエンやジクロロメタン、クロロホルム、では抽出できないのでしょうか?私は無機化学系にいたので有機系のことはさっぱりわかりません。どなたか教えてください★

  • 安息香酸の抽出

    安息香酸を抽出する時の溶媒についての質問です。 実験の時はベンゼンを用いて抽出しましたが、ベンゼンよりも効果的に抽出できる 溶媒はあるのでしょうか? (有機化合物は有機溶媒に溶けるからトルエンなどでも良いのだろうか?) ベンゼンよりも効果的に、という部分が良く分かりません。

  • 有機溶媒の抽出について

    有機溶媒の抽出を行うのですが、水層から10mlの有機層を抽出しようとするとき、一度に10mlの有機層を抽出するのと、2mlの有機層を5回抽出するのとどちらの抽出率がどの程度高くなるでしょうか。

  • 有機溶媒

    仕事の研究で毎日大量の有機溶媒を扱っています。クロロホルム、メタノール、アセトンなどが主です。最初は注意してゴム手袋をしたり、ドラフトを使ったりしてたのですが、だんだんなあなあになってしまって、今では手に触れてもあまり気にしないようになってしまい、ドラフトもほとんど使っていません。これって危険でしょうか。吸うのよりも皮膚からの吸収のほうが危険と聞いた事もあるのですが・・・。

  • 抽出を行った後の有機溶媒の処理

    有機溶媒を用いて抽出を行っている研究室は多いと思うのですが、抽出した溶液を濃縮した際にでてくる廃液はどうしているのでしょうか?抽出液を濃縮した際にでてくる有機溶媒は捨ててしまうのでしょうか?それとも再利用するのでしょうか?

  • サンプルから有機溶媒を除去する方法

    有機溶媒を用いて、天然物から抽出を行っています。この抽出液をエバポレーターを使って濃縮しているのですが、完全に有機溶媒が除去されていない気がします。有機溶媒を完全に除去するにはどうすればよいでしょうか?