• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

有機溶媒

仕事の研究で毎日大量の有機溶媒を扱っています。クロロホルム、メタノール、アセトンなどが主です。最初は注意してゴム手袋をしたり、ドラフトを使ったりしてたのですが、だんだんなあなあになってしまって、今では手に触れてもあまり気にしないようになってしまい、ドラフトもほとんど使っていません。これって危険でしょうか。吸うのよりも皮膚からの吸収のほうが危険と聞いた事もあるのですが・・・。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1031
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • sgomu
  • ベストアンサー率46% (26/56)

体によくはないでしょうね。 ただ、私もほとんど素手で扱っています。 いちおう健康診断で血液検査をしているので、MSDSで危険性を見て、それほど危険でないと判断したものは特に気にせず使っています。 慢性的な蓄積で死期が早まるのが嫌なら、ちゃんと保護具をしたほうがいいでしょうね。 私は人間いつかはいずれ死ぬと思って気にしていません。 ただ、会社の立場としては労災になったら大変なので、会社に迷惑をかけたくなければきちんと保護具をすることをお勧めします。 他人に迷惑をかけないように、ドラフトぐらいは使ったほうがいいかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 有機溶媒を非常によく使う研究室に配属されました。

    有機溶媒を非常によく使う研究室に配属されました。 そこでは、定規を使うことが意外と多く自分専用の定規を買いました。 しばらく使っていると有機溶媒(主にクロロホルム、メタノール)でメモリが剥がれてしまいました。 有機溶媒でもメモリや本体が解けない定規を探しています。 ご存知であれば教えてください。お願いします。

  • 少量のミネラルオイルを何らかの有機溶媒で溶かしたい

    現在、少量のミネラルオイルを有機溶媒の中に溶かそうと考えています。 最初は根拠なく適当に選出したアセトン内に溶かそうとしたのですが、アセトン内にミネラルオイルを溶かすことは出来ませんでした。 何の有機溶媒ならミネラルオイルを溶かすことが可能でしょうか? また、この場合どう考えればどの有機溶媒なら溶かすことが可能と推測できるのか、その考え方も教えていただけると幸いです。 どうぞよろしくお願いします。

  • 有機溶媒相互の溶解性

    4本の試験管にクロロホルム、ジエチルエーテル、アセトン、酢酸エチルを約2mlずつとり、それぞれにメタノール約1mlを加えた後振り混ぜて放置したところすべて溶解しました。溶媒の溶解性は極性溶媒同士、無極性溶媒同士が混じり合うのに、なぜ極性溶媒であるメタノールに無極性溶媒であるクロロホルム、ジエチルエーテル、酢酸エチルは溶けたのでしょうか?ちなみにこの3つは極性溶媒である水には溶けませんでした。これだと矛盾してしまいすよね?? ご回答よろしくお願いします。

  • 卵黄の有機溶媒による脂質の抽出

    卵黄に有機溶媒(クロロホルムとメタノール混液)を加えた後生じた不溶物は何か教えてください!!

  • 有機溶媒を使った器具の洗浄方法

    初歩的な質問をします。どうぞよろしくお願いします。 有機溶媒を実験で使用した後の器具の洗浄方法がわかりません。 ドラフト内で揮発させた後、アルカリ洗剤を少し濃い目に使って 洗ったりしていますが、 一度、きちんとした洗浄方法を知っておきたいと思いました。 溶媒の種類はベンゼン、ジエチルエーテル、石油エーテル、アセトン、 メタノールなどです。 容器はほとんどガラス容器ばかりですが、薬品耐性処理してある内蓋 のついたフタです。 どうぞよろしくお願いします。

  • 真空屋のアセトン使用法

    以前、化学の分野で 「アセトンを布手袋で使用して大丈夫でしょうか  染みるので手に悪影響はないでしょうか    」 という質問をしてみたところ、お叱りを受けた覚えがあります。 (有機溶媒を布手袋で扱うとは何事だ! みたいに) 真空関係で研究している方は、どのようにアセトンを扱っておられるのでしょうか? アセトンでリークチェックする事からも考えると、 ドラフトで扱ってる所は少ないのでしょうか?

  • 高分子 PMMAを溶かす溶媒

    PMMAのチップをクロロホルムやジクロロメタン以外で一度溶かしてから固めたいのですが、その際に使用する溶媒で何か良いものがあればお教えください。 上記のほかアセトン、メタノール、エタノールでは実験済みです。

  • TLCによるカフェインの分離について

    質問点 ・カフェインをうまく分離するため、酢酸エチル, ヘキサン, アセトン, クロロホルム, メタノールのうち2つ選んで混ぜるのですが、どれを混ぜれば実験はうまくいきますか? ・混ぜる溶媒の種類,混合率とRf値との関係は、どのような関係が成り立っているのでしょうか?  いま、実験でカフェインをTLCにより分離する,確認するということをする予定なのですが、予習をしていてわからないことがあったので、今回質問させていただきました。  この実習では、展開に使う展開溶媒を作る際、酢酸エチル, ヘキサン, アセトン, クロロホルム, メタノールの中から2つ選び、2つを混合する割合を自分たちで決めるという操作があります。ちなみに自分なりに調べてみた所、「混ぜる有機溶媒の量について、極性の強い有機溶媒<極性の弱い有機溶媒 になるように混ぜるとよい」ということが分かりました。また、上で挙げた有機溶媒の極性の強弱は、 (シクロ)ヘキサン<クロロホルム<酢酸エチル<アセトン<メタノールだそうです。  ということは、例えば「メタノール:クロロホルム = 1:10」や「酢酸エチル:アセトン = 7:3」のような割合で混ぜたものを展開溶媒として用いれば、実験はうまくいくということでしょうか。  わかる方は、回答の程よろしくお願いします。 ※ 実習後、担当の先生にも質問する予定なので、「先生に質問すればよい」という回答は御遠慮ください。  

  • 適した溶媒を考える問題について

    4択の問題です。 トルエンの紫外吸収スペクトルを測定する場合、最も適した溶媒はどれか。 シクロヘキサン、クロロホルム、アセトン、酢酸エチル 答えはシクロヘキサンです。 どうしてシクロヘキサンが最も適当で、その他は不適当なのでしょうか。 解説を含めてご教授お願いします。

  • 薄層クロマトグラフィーの展開溶媒について。

    学校での有機化学実験で、 サリチル酸からサリチル酸メチルとアセチルサリチル酸を合成して、サリチル酸(標準溶液)・アセチルサリチル酸・サリチル酸メチルそれぞれをスポットし クロロホルム:メタノール=9:1(CM溶媒)と クロロホルム:メタノール:酢酸=94:5:1(CMA溶媒)で展開しました。 この物質と溶媒がどのような関係で分離されているのかが分かりません。 ベンゼン環以外の-OH,-COOH,-OCOCH3,-COOCH3の違いなのでしょうか? また、この場合なぜ展開溶液にメタノールや酢酸を用いるのでしょうか? 文献やインターネットで探してみたものの、見つからなくて、考えてもどうも答えが見えてこないので・・・。 もし良かったら答えてください。よろしくお願いします。