• 締切済み
  • すぐに回答を!

溶媒抽出

 未知試料混合物を溶媒分画によって酸性、中性、塩基性物質に分画する実験を行いました。初めに、HClで抽出して、そこで得られた水層(1)をpH12に調整してから、クロロホルムで抽出して、有機層(2)(塩基性区)を得ました。また、初めにHClで抽出したときの有機層(1)をNaHCO3で抽出して、水層(3)と有機層(3)(中性区)を得ました。さらに水層(3)をpH2に調節してから、酢酸エチルで抽出し、有機層(4)(酸性区)を得ました。  質問は、溶媒をクロロホルムと酢酸エチルの2種類使った理由はどうしてでしょうか。同じものを使ってはいけないのでしょうか。比重のことや、pHのことなどをあれこれ考えてみましたが、どうしてもわかりません。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1684
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#21649

>という反応でしょうか?? だからこれは前半の内容。 後半は、H+やOH-が某所にアタックして(アルカンだから).+Iとか-Iで電子が動いて.β位ので親密度が変化する(ここまでは有機合成あたりの先頭にのっているはず。言葉では説明富農)と.ブーメラン(高校の生物の教科書のどこかにアミノ酸のとうでんてんの話しが載っているはず。SP2を構造をフリーハンドで描くとブーメラン(物によっては尻尾付)ができるから)の電子密度を考えで.電磁気力の効果をみれば....。 この電子の動きとSP2ブーメランの電子運の雰囲気をつかめないと.水系のかるぼんさん-アミン-こうさん・こうえんきの反応のイメージがつかめないのです。 イメージがつかめてくるとフリデルクラフトとかルイスさんとかの反応がわかってくるし.アミノ酸・核酸・ペプチト゜の水系のイメージがつかめてきます。 雰囲気からペプチドの内容かな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もお答えくださってありがとうございます。 まだまだ全然答えが見えてこないのですが、もう少し有機の本をあさってみます…

関連するQ&A

  • 溶媒分配

    油とスクロースの混合物を溶媒分配すると 酢酸エチル( )と水( )。 カルボン酸とアミンの混合物を溶媒分配すると pH10の緩衝液( )と酢酸エチル( )。 さらに、pH10の緩衝液をpH3にすると、pH3の水相( )と酢酸エチル( )。 括弧内に分配される物質を教えてください。 多分、中性物質、酸性物質、塩基性物質のなかから選ぶのだと思います

  • 溶媒抽出に使う溶媒の選択について

    錯体や有機物を抽出するときに、ヘキサンやトルエンなどの溶媒を用いるようですが、どの溶媒を使うのかは何を基準に決めるのでしょうか?PCB(ポリクロロビフェニル)を抽出するときにはヘキサンを使うのですが、トルエンやジクロロメタン、クロロホルム、では抽出できないのでしょうか?私は無機化学系にいたので有機系のことはさっぱりわかりません。どなたか教えてください★

  • 有機溶媒での抽出法

    水に溶解している物質を有機溶媒で抽出する時、少量の有機溶媒で数回行なう方が効率がよいと習いました。 水-有機溶媒間の分配係数が0.5とし、水1L中に溶けている10gの物質を有機溶媒1Lで抽出する時、1L×1回、0.25L×4回の場合それぞれの総抽出量を求めたいのですが、どのようにすればよいのでしょうか?できれば詳しくお願いします。

  • 回答No.2
noname#21649

>違うでしょうか?? 実験条件(音頭・濃度・触媒(きしつを含む))とハロゲン化物の反応に必要な活性化エネルギーをケルビンで比較してみれば見当つくでしょう。Cal(J)からケルビンへの換算(気体定数)はわかりますね。逆にケルビンからCalに換算しても見当つくでしょう。 >有機層が欲しいのだか 有機反応系でNa+とH+と.多いのが=C=OのSP2こんせいきどうの反応系を思い出せば雰囲気がつかめるでしょう。 >ということですね♪ 他に忘れている内容があるはず。思い出せば後半の答え ヒントとしては. 茨城県八郷町地磁気研究所とJR常磐線。 β位。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >他に忘れている内容があるはず。 自信はないのですが、OHがC=OのCを攻撃して、-O-C2H5が外れて…という反応でしょうか?? 勉強不足で質問してばかりですみません。

  • 回答No.1
noname#21649

サクエチはエステル.クロロホルムはハロゲン化物。 ここまでかけば答えはわかるでしょゥ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 えっと、酢エチはエステルだから、NaOHとケン化してしまうということですね♪クロロホルムについては、塩酸とは反応しないのではないかと思ったのですが、違うでしょうか??有機層が欲しいのだから、下層に来るクロロホルムを用いれば楽なのに…と考えたのですが。。

関連するQ&A

  • AGPC法の原理

    AGPC法でRNAを抽出する際に、RNAが水層に、DNAがフェノール層に移行する理由は一般的にリボースの-OH基に注目して述べられていますが、以下のような記述を見つけました。 「ただ、そのことは、RNA の方が DNA よりも親水性が強い ことを示してはいるものの、”酸性の条件下で” フェノール/クロロホルム抽出をしたときに DNA が有機溶媒層に行くことの説明としては不十分です。実際、中性でフェノール/クロロホルム抽出を行うと DNA は水溶液層に行きます。なぜ ”酸性” だと DNA が有機溶媒層に行って RNA が水溶液層に行くのか」 考えてみたのですが、他になにも思い当たりません。 教えてください。 またクロロホルムをなぜ添加するのかも教えていただければ助かります。

  • 有機溶媒の抽出について

    有機溶媒の抽出を行うのですが、水層から10mlの有機層を抽出しようとするとき、一度に10mlの有機層を抽出するのと、2mlの有機層を5回抽出するのとどちらの抽出率がどの程度高くなるでしょうか。

  • 有機溶媒について

    有機溶媒と言ってもいろいろありますが、溶媒抽出を行なう際、どういう理由で溶媒の種類を選択すれば、いいのかわかりません。  今現在は、クロロホルムとベンゼンを1:1で混ぜたものを使って実験しています。 よろしくお願いします。

  • 化合物の極性(酸性、塩基性)

    酢酸エチルで有機化合物を分離したさいに、有機溶媒層と、水層に化合物が溶け込んでいると思うのですが、この時水層には強い酸が溶け込んでおり、溶媒層には塩基性または水層に溶けた酸よりも弱い酸が溶け込んでいると考えています。 このそれぞれの化合物を薄層クロマトグラフィーで上げたところ、水層に溶け込んでるであろう酸性化合物の方が極性が高く出ました。これはなぜなんでしょうか?酸と塩基で極性が違うのはなぜなんでしょうか?

  • 溶媒抽出 予備平衡の意味

    溶媒抽出について勉強しています。 酸性水溶液中の金属イオンを有機相中に含まれる物質で抽出する際に、始めに金属を含まない酸性水溶液で予備平衡を行いました。 なぜはじめから金属イオンの方で振盪しないのですか?

  • 有機溶媒相互の溶解性

    4本の試験管にクロロホルム、ジエチルエーテル、アセトン、酢酸エチルを約2mlずつとり、それぞれにメタノール約1mlを加えた後振り混ぜて放置したところすべて溶解しました。溶媒の溶解性は極性溶媒同士、無極性溶媒同士が混じり合うのに、なぜ極性溶媒であるメタノールに無極性溶媒であるクロロホルム、ジエチルエーテル、酢酸エチルは溶けたのでしょうか?ちなみにこの3つは極性溶媒である水には溶けませんでした。これだと矛盾してしまいすよね?? ご回答よろしくお願いします。

  • RNA抽出

    初歩的な質問でお恥ずかしいですが、RNA抽出について教えてください。 RNAisoを使って抽出しているのですが、このRNAisoは一体何を含む試薬なのでしょうか? ホモジナイズした後にクロロホルムを加える意味はなんですか? 遠心すると、水層と有機層に分かれますよね。 でも、クロロホルムは有機層に含まれますよね?しかし、私はRNAisoはフェノールだと思っていたので、これも有機層に含まれますよね? すると、水層はいったいどこから現れたのか・・・考えていたらよく分からなくなってしまいました。 とりとめのない文章になってしまいましたが、 (1)クロロホルムの役割 (2)水層はどこからきたのか を教えてください。

  • 有機溶媒について

    パラフィンを溶かす有機溶媒として、室温普通何を使いますか。n-ヘキサンを使ってから、室温状態でパラフィンが溶けなかった。パラフィンがアルミナ造粒の時に使われた。最後、パラフィンを溶かさなければならない。しかし、有機溶媒の中、水がない必要はあります。クロロホルムがもう試しました。だめです。灰分が残られないように、他の何かを使ったらよろしいでしょうか。皆様、教えていただけませんか。

  • 酒石酸酸性下における抽出

    生体サンプルからの薬物抽出方法で 酒石酸酸性下において酢酸エチル抽出 と言う方法があるのですが、なぜ酒石酸で酸性にするのでしょうか? また、抽出した酢酸エチル層に酒石酸が混じると思うのですが、やはり酢酸エチル層を水またはPBSなどで洗うのが当たり前なのでしょうか?

  • 高沸点溶媒の取り除き方

    沸点180℃の溶媒(アセト酢酸エチル)を用いて有機合成反応を行いました。その後通常の後処理(水で希釈し有機溶媒で抽出)をしたのですが、水に溶けにくい溶媒なので一緒に抽出されてしまいました。ロータリーエバポレーターや真空ポンプでもとばすことができず、何度カラムをかけても生成物と溶媒の混合物となってしまい結晶化できません。真空蒸留…も考えたのですが、完全に取り除くことはできませんよね なにかよい方法があれば教えてください。お願いします。