• 締切済み
  • 困ってます

関係代名詞の解釈

中学生の子供に関係代名詞について聞かれて少し困っております。 一般的には学校ではこのように教わると思います。 " This is the book. I bought it yesterday. 文頭にwhichを持ってきて itを消して1つの文につなげると、次のような文になります。 This is the book which I bought yesterday. " 子供はこの程度の文は読めるんですが、ここではwhichがboughtの目的語でありながら、bookを指しているという論理がいまいち掴めていないようです。どなたか、上手く説明できる人はおりますか? 少々専門的になっても構いませんので、英語の参考書には書いていないような斬新な回答をお待ちしております。

noname#47281

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数140
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5
  • ydna
  • ベストアンサー率63% (179/281)

which = 「どれ」、who = 「だれ」、that 「それ/その人」  まず、上のような意味が基本であることを分かってもらいましょう。次に、いわゆる順行訳を組み合わせます。(他の単語ではなく)その関係詞をなぜ使うのか理解してもらうことを目標として説明します。  通例、直接疑問文で、疑問詞が文頭で使われる疑問文は、話し手(speaker) が「だれ」、「なに」、「どれ」かが分かっていません。つまり、自分が分からないからその疑問詞を使って疑問文を作るわけです。 疑問詞の時 話し手が分からない時 =  分からない部分を前に出し wh- に代え、疑問文の形にする。 You have ... in your hand. ... you have in your hand. What do you have in your hand?  ところが、関係詞の場合、話者が先行詞の詳細を”文”で説明するのですから、話者はその先行詞が、「だれ」か、「どれ」かは、ある程度説明できるくらいに知っています。ポイントは、聞き手(listener)が知らないということです。だから、who, which を使うのです。  もうひとつのポイントは、聞き手に尋ねているわけではない(そう、話し手が説明するのですから)ということです。だから、関係詞節内は、疑問文の形にはなりません。 関係詞の時 聞き手が分からない時(話し手が説明する時) = 重なる部分を前に出し、wh- に代えるだけ。(簡単!) This is the book. --- 1 I bought the book(=it) yesterday. --- 2 先行詞と同じ内容部分を前に出します。先行詞の直後に置く。 This is the book the book I bought yesterday. --- 3 (あくまでも途中で通例、正しい文ではない。) the book が重なるので、2つめを代名詞に変える。 This is the book which I bought yesterday. --- 4 これは本だよ、(世の中にはいろいろな本があるけど)”どれかというと”私が昨日買った”本”。 日本語と比べると前置修飾と後置修飾の違いが面白いかもしれません。 これは本です。 私が昨日"この本"を買いました。 日本語では、重なる部分(=この本)を後ろに出し、重なる名詞の前に置く。 これは、私が昨日買ったこの本 本です。 後ろに出した重なる部分は”代名詞に代えずに、省略”する。 これは、私が昨日買った本です。 関係詞 which ”どれかというと” ...(説明)...”(先行詞の名詞)”という意味です。先行詞の名詞の意味を兼ね備えています。 関係詞 who "誰かというと" ... (説明)..."(先行詞の名詞)"という意味です。 The girl who wrote this letter lives in Hawaii. 少女 (世の中にはいろいろな少女がいるけど)”だれかというと” この手紙を書いた"少女”は、住んでいる、ハワイに。 関係詞 that "それ/その人 つまり" ... (説明)..."(先行詞の名詞)"という意味です。 The girl that wrote this letter lives in Hawaii. 少女 "その人、つまり" この手紙を書いた"少女” は、住んでいる、ハワイに。 以上,基本の説明です。関係詞節は、形容詞節ですが、実はこの方法を発展させると、関係副詞の他、wh- 節の名詞節、副詞節などの説明が可能です。また、関係詞what には先行詞がないことの説明も、疑問詞の what, which の違いを組み合わせて説明が可能になります。スペースの関係でとりあえずここまでとさせて頂きます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 なるほど。It's a decent answer. 疑問詞と関係詞関係の理解にも繋がりますね。

関連するQ&A

  • 関係代名詞の考え方

    関係代名詞は中学で習う英文法でも日本語にない観念だけに少し難しい部類に入ると思います。日本での一般的な教え方は次のようにりますよね。 " This is the book. I bought it yesterday. 文頭にwhichを持ってきて itを消して1つの文につなげると、次のような文になります。 This is the book which I bought yesterday. " そこで質問ですが、他にはどのような解釈法が可能でしょうか? ちょっと意地悪な質問かもしれませんが、お付き合いいただければ幸いです。

  • 接触節と〔目的格の〕関係代名詞

    中学校3年生に家庭教師として英語を教えています。 (1)This is the book I bought yesterday. (2)This is the book [which/that] I bought yesterday. この2つの文について、教科書では、(1)は接触節、(2)は〔目的格の〕関係代名詞として説明しています。言ってることはわかるのですが、この2つ、違いはなんでしょうか?接触節と〔目的格の〕関係代名詞の根本的な違いはなんですか?(2)の[which/that]は省略可能ですが、その場合、接触節になるのか、〔目的格の〕関係代名詞になるのかは、どう説明すればわかりやすいでしょうか?言葉足らずで上手く説明できませんが、よろしくお願いします。

  • 関係代名詞と後置修飾

    関係代名詞の省略形の文 The bag (which) I bought yesterday is blue. という文と後置修飾の The bag I bought yesterday is blue. では違いはあるのでしょうか。関係代名詞を省略すると後置修飾の文になるのでしょうか?

  • 回答No.4

 「少々専門的になっても構いません」と言われても、、子供に理解できなければ意味がないんじゃないですか。そもそも、「which」というのは、「what」の形容詞であることを理解できないような人には、言語理論を詳しく書いてもむなしい気もします。  まあ、質問者が私の説明をかみ砕いて教えるのなら、ちょっと書いてみます。  「which」をそのまま理解するのでなく、それぞれの語幹に分解するのです。すなわち、  wh- i -ch  と分解するのです。「what」は、「that」と同じく、「未知のそれ」です。そして、「i」は、「it」の「i」と同じように、「目の前のもの、それ」を意味します。つまり、目の前に複数のものがあれば、「どっちなんだ?」と迷うように。。。  ですから、同じ「i」をつかったとあれば、「it」が「wh - i - ch」に変形し、前に置かれたとしても当然なことになるわけです。もともと同じ語ですから。さて、  「-ch」は、もともと「like」と同じで、「その時点のあり方、体」です。別の語では、「su-ch」にも見られるように、「そのような、そのもの」という意味があるのです。念のために書くと、「体」とは、「死に体」の「体」であって、具体的な、肉体的な身体のことではありません。国語辞典を見ていただけばわかるように、「その時点で、つまり、土俵際で、死んだようだ、そのように見える」という意味での「体」です。  ですから、「This is the book which I bought yesterday」での「which」とは、「目の前にある、本の『今の状態、状況』を述べるための品詞」であるといえるのです。ただの本だったら、本のまま(つまり、判断が下されていない状態の)ですが、「私が買った」という【新しい判断】を加えるために、「which I bought」という形容詞句を、名詞のbookの後ろに加える形で、述べているわけです。  「that」は、すでに知っている事柄だけ使い、「which」は、新しい判断を加える品詞であるといえましょう。ちょうど、既知の事柄だと、「that」をつかい、未知の事柄に対しては、「what」を使いますが、名詞の「book」につけるためには、「形容詞」である「which」を使うわけです。こんなことを書くと、「which」は、「関係代名詞」であって、形容詞でないとのたまう人が出てきそうですが、英語は、きちんと使いこなすことが大事であって、どんな文法用語を当てはめるかという些細なことにこだわらないことが重要ではないでしょうか。  あんまり細かく書いても理解してもらえないと困るので、この位にします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 morphologicalな方向に行きましたね。文を区切ったり繋げたりするのは、この場合は先行詞が文の最後にあるからいいものの、文の真ん中にあったりすると少し面倒になりますからね。最も、中学の英語では パズルみたいな問題を好んで出したりしますけどね。 破天荒な考え方ですが、関係代名詞は先に中国語を習うと少しは分かりやすいかもしれません。中国語で、「This is the book which I bought yesterday」は「這是我昨天買了的書」となり、英語よりは日本語に近い言い方になっています。そして、英語で関係代名詞は中国語では「的」で表わされるんです。しかし、これも現実的な説明でありませんからね。

  • 回答No.3

This is the book which I bought yesterday. 制限用法の関係代名詞は後ろから前に訳せ、と教えられますが、慣れるまではそれにこだわらず前から順に考えてもいいと思います。私は制限用法の時でも、前から順に考えています。コツは関係代名詞を必ず先行詞に置き換えて考えることです。例文では which は目的格なので、「その本を」と訳します。 これがその本です。 その本を私は昨日買いました。 もし which が主格なら「その本は」と訳します。 who whose whom の場合も同じです。 This is the man whom I have wanted to see. この人がその男の人です。その人に私はずっと会いたいと思っていた。 この方法でまず理解してから、慣れてきたら日本の学校で教えているように考えてもいいと思います。私も英語を教えていますが、後ろから前に戻る方法はお勧め出来ません。そんなことをいちいちしていたら、リスニングの時に困ることになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ああ、順行訳ね、、、。どちらかと言うと、翻訳の初歩的なテクニックの一つですが、斬新とは言えないものの、使えますね。

  • 回答No.2

This is the {book which} I bought yesterday. のように、book whichを単位にします。 book = whichでwhichは通常の文にあったitをさしています。 つまり、book=which=itなわけです。 whichは省略ができると教えられているのはこのためです。 おそらく、bookがあるのになぜwhichがダブるのかが納得いか ないのだとおもいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

  • 回答No.1

I bought this book yesterday.ではどうでしょうか? 米国在住

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご苦労様でした。

関連するQ&A

  • 関係代名詞のwhichとwhatの使い分け

    関係代名詞のwhichとwhatはどのように使い分ければよいのでしょうか? 例えば、 This is an apple what I bought yesterday. と This is an apple which I bought yesterday. とでは違いがあるのでしょうか。

  • 前置詞+関係代名詞を返り読みせずに理解する方法

    前置詞+関係代名詞を返り読みせずに理解する方法 私は最近英語を勉強して、ある程度洋書(理工系の書物)が読めるようになりました。 とくに最近は英語を脳内で日本語に訳さずに、そのまま英語として理解できるようになってきたのですが、前置詞+関係代名詞という形の文が出てきてしまうと、どうしてもそこで引っかかってスムーズに読むことができません。 前置詞がつかない関係代名詞の場合、例えば次のような文を読む場合、 This is the book which I bought yesterday. 先頭から読んでいて、This is the bookは「これがその本です」と理解し、その次のwhichが出現すると「あ、次にどのような本かの説明が来るな」と頭を切り替え、I bought yesterdayで「その本は昨日買った本なのか」と納得します。このように頭を切り替えることで返り読みせずにそのまま理解できます。 ところが、以下のように前置詞+関係代名詞という形になっていると This is the pen with which he wrote the letter. This is the penまでは「これがそのペンです」と理解できるのですが、そのあとwith whichと続くと、頭をどう切り替えればいいのかわからず、結局何度も文を読んでしまいます。 よい頭の切り替え型があれば教えていただけますでしょうか。

  • 関係代名詞の教え方(高校1年生)について

    こんにちは。 今回、教育実習で高校1年生を担当しているのですが、 ちょうど関係代名詞や分詞による後置修飾の分野が扱われるのですが、 一体、今の高校生が中学生のときにどれくらいのことが教えられているのか分からなくて、どう教えたらいいのかとても困っています。 よくある一般的な感じですと、 関係代名詞は2文を1文にする働きがあるとか言って (目的語につく関係代名詞の例を主に用いて)同じ意味を表す名詞の一方をwhichに変えて、もう一方にくっつけると言う感じで教えると思うのですが、 He knows the girl. I met her yesterday. the girl = her herをwhomとして He knows the girl whom I met yesterday.の感じです。 でも、私個人としては正直そんな風に考えたことがなくて、 関係詞は、体言止めのようなものを作ると考えてしまうのです。 例えば、I bought a book yesterday.教科書とかだと、分かりやすくするために、よくカッコをつけたりするので、そのことを考えて、 (1)体言止めにしたい文を( )でくくり (The boy bought a book yesterday.) それと同時に和訳で通常の文になることを確認 (2)( )の中で、名詞(代名詞以外)の部分を前に出す a.体言止めにしたい部分が目的語a bookなら a book (which the boy bought yesterday)  和訳で体言止めになっていることを確認 b.体言止めにしたいところが主語the boyなら the boy (which bought a book yesterday) 和訳で体言止めになっていることを確認 (3)それを主語or目的語などに当てはめる こんな感じでwhichは体言止めのサインだと考えてしまうんです。英作文とかでわざわざ2文を1文にしようとは私は思わないので、文がどうこうというよりは句レベルで考えてしまうのです。でも、のちのちの英作文のことを考えれば句レベルで考えた方が楽だと思うのですが…。(わざわざ2文を書いた後で1文にしないと思わないし、話すときだって2文を頭の中で考えるなんてしないと思うし…。) (そもそもこの考え方は文法書的にはなしだと思うのでいけないのは重々承知ですが、)やはり自己流は教育上よろしくないのでしょうか? 自分は分かり、関係代名詞にある程度慣れている高校生に試しに聞いた感じでは理解してくれましたが、初見の人が見た場合、果たして分かるのかと思い不安なので、無難な感じで行けば学校的には問題ないと思いますが…。 何を言いたいのかよく分からなくなって来てしまいましたが、なるべく親切な感じで分かりやすく理解してもらいたいので、ずっと考えてしまっています。何かアドバイスがあれば頂きたいです。宜しくお願いいたします。

  • 関係代名詞を巡って

    高校生に英語を教えているんですが、実際には使われていても学校では不適切とされる表現がありますよね。これを教えていただきたく質問を出しました。 「私が昨日話した男の人は私のおじです。」と言う文は英語では“The man to whom I spoke is my uncle.”となるはずですが、普通は “The man who I spoke to yesterday is my uncle.”で whoはthatに置き換えることができ、更には省略も可能ですね。学校で間違いとされるのはどの表現でしょうか? それから、今度は先行詞が物の場合です。 「それを私が買った店は閉まっていた。」は“The shop from which I bought it has closed.”になりますが、同様に “The shop which I bought it from has closed.”更にはwhichを省略した “The shop I bought it from has closed.”はどうでしょうか? 次に関係代名詞というより疑問代名詞です。 「あなたは何を見ていますか?」という意味で “At what are you looking?”という文は逆に学校では不適切でしょうか? 最後に「窓が割れた家」というのは“The house the windows of which are broken”となりますが、whoseを使って“The house whose windows are broken”は間違い扱いされますよね。

  • 中3英語 関係代名詞がわかりません・・・

    もうすぐ期末テストなのですが、関係代名詞がよくわかりません・・・。 This is the desk that my father gave to me. という文章では This is the desk と、主語と述語が最初に来て、 my father gave to me と、修飾語が後ろに来ていますが、 The book that I bought yesterday was interesting. という文章では The book と、主語が最初で I bought yesterday の修飾語が真ん中、そして was interesting と述語が最後に来ています。 この違いはどうしてなんでしょうか? 私の勘違いで変な質問だったらすみません。

  • 関係代名詞の省略

    過去ログでは2003年1月29日に関係代名詞の省略について質問がされていますが、1年半たって議論は進展したのか、皆さんの意見を幅広くお伺いしたく思います。 学校文法では「関係代名詞が目的格だと省略できて、主格だと省略できない」とされていますが、paniniXXさんの言うとおり、先行詞の後ろに関係詞節の主語に当たる名詞句が続いた場合には主格でも省略できます(there is構文を除いて)。また、関係詞節の主語の前に(文修飾などの)副詞が置かれ「先行詞+名詞句」の形が崩れると目的格の関係詞であっても省略できないと言われます。 私が興味を持つのは目的格の省略が不可の場合で、そもそも主語の前に副詞を置いた関係詞節が可能かどうかということです。私のインフォーマントはaを不可とし、bかcが正しいとしています。  a) The book which probably he bought yesterday is Harry Potter.  b) The book which he probably bought yesterday is Harry Potter.  c) The book he probably bought yesterday is Harry Potter. つまり、もともとaが不可であれば、(目的格の関係詞であるないに関わらず)whichを省略した文が正しい訳がありません。そこで皆さんにお聞きします。 (1)副詞が関係詞節の主語に先行する正しい文章の例をご存知ですか。 (2)「先行詞+名詞句」の場合に関係詞が省略されると言う規則に賛成    ですか。反対ですか。 (3)賛成の場合、所有格はどう説明しますか。 (4)関係詞節内で副詞が主語の前に来ないのは、ひとつには「話題化」の    問題があると考えているのですが、どうでしょうか。例えば      The book which yesterday he bought is Harry Potter.    とした場合、元のYesterday he bought it.と言う文章が、そもそも    話題化の規則に反しているので非文法的です。他に何か理由をご存知    ですか。

  • 代名詞と関係代名詞の違いについて

    大学受験用の文法問題を解いていて疑問に思ったことがあります。 解説にも書いていないので、ぜひ解説をお聞きしたいです。 This rose doesn't smell as sweet as ( ) I bought the other day. 選択肢: (1)the one (2)it (3)such (4)which という問題があり、解答は「(1)the one」でした。 ですが、(4)のwhichはなぜダメなのかが分かりません。 かっこの後ろの分もI bought と不完全文になっているので、whichでも いいのではないか?と思ったのですが、不可となる理由は何でしょうか?? あともう一つ、ずっと気になってたことがあり、ものすごく基本的なことで恐縮なのですが、 関係代名詞って形容詞節と名詞節とどちらでしょうか? ある参考書には形容詞節、別の参考書には名詞節と断言されていたのです・・・

  • 関係代名詞です  お願いします

    関係代名詞のところの問題です。 下の2文を1文にしなさい。 This is the book. I gave it to him. これを This is the book I gave to him. としたのですが。 問題集の回答は This is the book I gave him. と to がなくなっていました。 自分の回答ではダメなのかと、to が抜けた訳を教えてください。

  • 関係代名詞?

    基礎的質問ですみません。 This is a book I brought from home. は関係代名詞が省略されていると考えたらいいですか? よろしくお願いします。

  • 関係代名詞

    関係代名詞で主格のthatとwhich、thatとwhoはお互いに交換して書くことはできるんですか?例えば: The dog which is running over there is Kumi's. =The dog that is running over there is Kumi's. ってなることはできますか? 後、主格、目的格のwho,that,whichはどうやって使い分ければいいでしょうか? 後テストでこんな一文発見しました: Thw boy that they saw last night is Tom. The place which they visited yesterday is a museum. なぜwasではなくisを使うのでしょうか?過去形の文だがこの場合isは使っていいと習った覚えがありませんが...これは許されるのでしょうか? 他の本ではこんな文: The book I read yesterday was very interesting. ここではwasが使えて、何故前の文は使えないのでしょうか?