• ベストアンサー
  • 困ってます

中3英語 関係代名詞がわかりません・・・

もうすぐ期末テストなのですが、関係代名詞がよくわかりません・・・。 This is the desk that my father gave to me. という文章では This is the desk と、主語と述語が最初に来て、 my father gave to me と、修飾語が後ろに来ていますが、 The book that I bought yesterday was interesting. という文章では The book と、主語が最初で I bought yesterday の修飾語が真ん中、そして was interesting と述語が最後に来ています。 この違いはどうしてなんでしょうか? 私の勘違いで変な質問だったらすみません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数115
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • gldfish
  • ベストアンサー率41% (2895/6955)

難しく考えずに。こう考えてください。 関係代名詞that以下の文は、その前の「名詞」を説明する説明書きみたいなものです。 This is the desk (that my father gave to me). 「これは机です。(その机というのは、父が私にくれたものなのですが。)」 ・・・これを一文にまとめて、 「これは、父が私にくれた机です。」 The book (that I bought yesterday) was interesting. 「その本(これは私が昨日買ったものなのですが)は面白かった。」 ・・・これを一文にまとめて、 「昨日買った本は面白かった。」 この2つの文の違いは、説明したい名詞のすぐ後に、that節(要するにその名詞の説明)を置いている、ただそれだけの違いです。 ただ、これは余談ですが、 The book was interesting that I bought yesterday. なんて言い方もあったりします。前に出てきた名詞を、文の最後で長々と説明する感じでしょうか。 でも混乱する元なのでこれは中学英語では覚えなくていいですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! that以下は「名詞」を説明すればいいんですね! 助かりました!!

関連するQ&A

  • 関係代名詞の時制の一致

    関係代名詞の時制の一致について質問です. 「わたしは夏目漱石が書いた本を買った.」は (1)I bought a book that Natsume Soseki wrote. (2)I bought a book that Natsume Soseki had written. のどちらしょうか? また「Books that Natsume Soseki wrote was interesting.」は (3)夏目漱石が書く本は面白かった. (4)夏目漱石が書いた本は面白かった. のどちらでしょうか?

  • 形容詞節(接続詞)について教えてください

    どなたか、形容詞節(接続詞)について教えてください。 本で例文として、「The book I read yeasterday was interesting..」(昨日私が読んだ本は面白かった)とかかれていました。 そこで質問ですが、下記の文章だとぜんぜん違う意味になってしまうのでしょうか? 「I read the book yesterday was interesting.」 「Yesterday I read the book was interesting.」 基本的なをきいて申し訳ありませんが、説明していただけると大変助かります。 よろしくお願いいたします。

  • 関係代名詞

    関係代名詞で主格のthatとwhich、thatとwhoはお互いに交換して書くことはできるんですか?例えば: The dog which is running over there is Kumi's. =The dog that is running over there is Kumi's. ってなることはできますか? 後、主格、目的格のwho,that,whichはどうやって使い分ければいいでしょうか? 後テストでこんな一文発見しました: Thw boy that they saw last night is Tom. The place which they visited yesterday is a museum. なぜwasではなくisを使うのでしょうか?過去形の文だがこの場合isは使っていいと習った覚えがありませんが...これは許されるのでしょうか? 他の本ではこんな文: The book I read yesterday was very interesting. ここではwasが使えて、何故前の文は使えないのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

こちらの勘違いかも知れませんが、あなたの質問の主旨が分かるような気がしましたので、 ふと思いつきでコメントします; 次のように考えて(感じて)読んで見てはいかがでしょうか? 1.そもそも関係代名詞って?  日本語でも、次のように言うことがありますよね?  ・・・ 「その鉛筆、机の上にあるやつ、取ってくれない?」  ・・・ 「あの女の人、昨日テニスクラブで会ったんだけどさ、ずっとアフリカに住んでいたんだって。」 2.関係代名詞の気分  上記と同じく、最初に話題になるモノや人を言ってから、あとから追っかけて説明するときに、  いちいち、話題のモノや人を繰り返しません。 分かりきっているからです。  ・・・日本語で言えば、「それでそいつはね」・・・というつなぎの言葉が、関係代名詞を使う気分です。 3.日本語との対比 (英語と同じ)   ここで、ご質問に戻ると、英文/和文はそれぞれ以下の通りになりますね。   1) this is the desk that ・・・ 2つの文を連結する       「これがその机です」、「(それでそいつを(=それを))、父が私に買ってくれたんです。」   2) the book that ・・・  文の主語を、続けて補足説明する       「この本は(それでそいつを、私が買ったんだけれど)」、面白いよ。  1)は2つの文章。    1番目の文章の主語(desk)を、2番目の文章が補足説明する。   2)は、1つの文章。   「この本は・・・」と言い出してから、その主語(book)を自分が買った…と補足説明している。  ◆ここで使われる関係代名詞は、2つとも目的格の関係代名詞ですが、   ・・・、それでそいつは(そいつを)・・・と、言いたい時に使っていると気分を同じくすれば、   主格でも同じように日本語に置き換えられる。   日本語と英語に文の作り方に違いはないと言う事が分かると思います。 (この説明が、余計に混乱させてしまったら、失礼。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明をありがとうございます! これで期末テスト頑張れます!

  • 回答No.3

関係代名詞は「名詞に説明をくっつける」ので、名詞がある場所であるならば、関係代名詞がくっついてくる可能性があります。 ですから、修飾語が最後に来たり、修飾語が真ん中に来たりします。 繰り返しですが、関係代名詞(修飾語)は名詞の場所に限定されるということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりやすい説明をありがとうございました!

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

どっちも 「修飾する語句と修飾される語句がとなりあってる」 という点で同じでしょ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 関係代名詞の解釈

    中学生の子供に関係代名詞について聞かれて少し困っております。 一般的には学校ではこのように教わると思います。 " This is the book. I bought it yesterday. 文頭にwhichを持ってきて itを消して1つの文につなげると、次のような文になります。 This is the book which I bought yesterday. " 子供はこの程度の文は読めるんですが、ここではwhichがboughtの目的語でありながら、bookを指しているという論理がいまいち掴めていないようです。どなたか、上手く説明できる人はおりますか? 少々専門的になっても構いませんので、英語の参考書には書いていないような斬新な回答をお待ちしております。

  • 関係代名詞の考え方

    関係代名詞は中学で習う英文法でも日本語にない観念だけに少し難しい部類に入ると思います。日本での一般的な教え方は次のようにりますよね。 " This is the book. I bought it yesterday. 文頭にwhichを持ってきて itを消して1つの文につなげると、次のような文になります。 This is the book which I bought yesterday. " そこで質問ですが、他にはどのような解釈法が可能でしょうか? ちょっと意地悪な質問かもしれませんが、お付き合いいただければ幸いです。

  • 接触節と〔目的格の〕関係代名詞

    中学校3年生に家庭教師として英語を教えています。 (1)This is the book I bought yesterday. (2)This is the book [which/that] I bought yesterday. この2つの文について、教科書では、(1)は接触節、(2)は〔目的格の〕関係代名詞として説明しています。言ってることはわかるのですが、この2つ、違いはなんでしょうか?接触節と〔目的格の〕関係代名詞の根本的な違いはなんですか?(2)の[which/that]は省略可能ですが、その場合、接触節になるのか、〔目的格の〕関係代名詞になるのかは、どう説明すればわかりやすいでしょうか?言葉足らずで上手く説明できませんが、よろしくお願いします。

  •  以下の英語の書き換え問題でわからない点があります。

     以下の英語の書き換え問題でわからない点があります。   The book was very interesting to me .  → I ( ) the book interesting. で、答えはfoundなんですが、thought などの他の動詞はなぜ不適切なんでしょうか。     

  • 英語の関係代名詞について

    英語が堪能な方教えて下さい。 関係代名詞で間にwhichなどが入りますが、文頭の次に入るときと文章の中間に入るときがありますが違いはなんでしょうか? 私は瞬間英作文をしていますが、いつも訳すときに迷ってしまいます。 教えて下さいお願いします。 例 (文の中間) Do you know the song (which) she sings every day. (文頭の次) The movie (which) I saw last night was very interesting.

  • 関係代名詞の教え方(高校1年生)について

    こんにちは。 今回、教育実習で高校1年生を担当しているのですが、 ちょうど関係代名詞や分詞による後置修飾の分野が扱われるのですが、 一体、今の高校生が中学生のときにどれくらいのことが教えられているのか分からなくて、どう教えたらいいのかとても困っています。 よくある一般的な感じですと、 関係代名詞は2文を1文にする働きがあるとか言って (目的語につく関係代名詞の例を主に用いて)同じ意味を表す名詞の一方をwhichに変えて、もう一方にくっつけると言う感じで教えると思うのですが、 He knows the girl. I met her yesterday. the girl = her herをwhomとして He knows the girl whom I met yesterday.の感じです。 でも、私個人としては正直そんな風に考えたことがなくて、 関係詞は、体言止めのようなものを作ると考えてしまうのです。 例えば、I bought a book yesterday.教科書とかだと、分かりやすくするために、よくカッコをつけたりするので、そのことを考えて、 (1)体言止めにしたい文を( )でくくり (The boy bought a book yesterday.) それと同時に和訳で通常の文になることを確認 (2)( )の中で、名詞(代名詞以外)の部分を前に出す a.体言止めにしたい部分が目的語a bookなら a book (which the boy bought yesterday)  和訳で体言止めになっていることを確認 b.体言止めにしたいところが主語the boyなら the boy (which bought a book yesterday) 和訳で体言止めになっていることを確認 (3)それを主語or目的語などに当てはめる こんな感じでwhichは体言止めのサインだと考えてしまうんです。英作文とかでわざわざ2文を1文にしようとは私は思わないので、文がどうこうというよりは句レベルで考えてしまうのです。でも、のちのちの英作文のことを考えれば句レベルで考えた方が楽だと思うのですが…。(わざわざ2文を書いた後で1文にしないと思わないし、話すときだって2文を頭の中で考えるなんてしないと思うし…。) (そもそもこの考え方は文法書的にはなしだと思うのでいけないのは重々承知ですが、)やはり自己流は教育上よろしくないのでしょうか? 自分は分かり、関係代名詞にある程度慣れている高校生に試しに聞いた感じでは理解してくれましたが、初見の人が見た場合、果たして分かるのかと思い不安なので、無難な感じで行けば学校的には問題ないと思いますが…。 何を言いたいのかよく分からなくなって来てしまいましたが、なるべく親切な感じで分かりやすく理解してもらいたいので、ずっと考えてしまっています。何かアドバイスがあれば頂きたいです。宜しくお願いいたします。

  • 関係代名詞

    関係代名詞の継続用法と限定用法についてですが、自信をもって区別することができません・・・。 わからないところは 限定用法では He married a woman who is working at bank. 継続用法では He married my sister ,who is working at bank この二つの違いは前者は限定していて、後者は補足説明していると某文法書に書いていたのですが、私が解釈したのは、 前者はwomanが話し手にはわかっていても聞き手にはわかっていないからそれを説明する必要がある。 後者はsisterはもはや話し手と聞き手には誰かわかっていてそれをより詳しく説明するために説明を付け加えている。 こんな理解でいいのでしょうか?限定と補足説明という言葉の本質がわからないので自信が持てません。 そして I bought the book which I bought yesterday. なのですが、後者は「the+名詞」を使って表現しています。 唯一のものには継続用法しか使えないということが書いていました。 しかし、「the+名詞」は唯一のものではないのでしょうか? 固有名詞などが唯一のものの一例として挙げられていたのですが、どこまでが唯一のものとみなせる境界線なのでしょうか。 どなたか解説お願いします。

  • 関係代名詞の省略

    過去ログでは2003年1月29日に関係代名詞の省略について質問がされていますが、1年半たって議論は進展したのか、皆さんの意見を幅広くお伺いしたく思います。 学校文法では「関係代名詞が目的格だと省略できて、主格だと省略できない」とされていますが、paniniXXさんの言うとおり、先行詞の後ろに関係詞節の主語に当たる名詞句が続いた場合には主格でも省略できます(there is構文を除いて)。また、関係詞節の主語の前に(文修飾などの)副詞が置かれ「先行詞+名詞句」の形が崩れると目的格の関係詞であっても省略できないと言われます。 私が興味を持つのは目的格の省略が不可の場合で、そもそも主語の前に副詞を置いた関係詞節が可能かどうかということです。私のインフォーマントはaを不可とし、bかcが正しいとしています。  a) The book which probably he bought yesterday is Harry Potter.  b) The book which he probably bought yesterday is Harry Potter.  c) The book he probably bought yesterday is Harry Potter. つまり、もともとaが不可であれば、(目的格の関係詞であるないに関わらず)whichを省略した文が正しい訳がありません。そこで皆さんにお聞きします。 (1)副詞が関係詞節の主語に先行する正しい文章の例をご存知ですか。 (2)「先行詞+名詞句」の場合に関係詞が省略されると言う規則に賛成    ですか。反対ですか。 (3)賛成の場合、所有格はどう説明しますか。 (4)関係詞節内で副詞が主語の前に来ないのは、ひとつには「話題化」の    問題があると考えているのですが、どうでしょうか。例えば      The book which yesterday he bought is Harry Potter.    とした場合、元のYesterday he bought it.と言う文章が、そもそも    話題化の規則に反しているので非文法的です。他に何か理由をご存知    ですか。

  • 関係代名詞 which, that

    お願いします。 適語をえらぶ問題です。 Yesterday Mary gave me a book the cover ( ) was blue. 1.which 2.of which 3.that 4.what what, of whichが入らないことはわかりますが、 thatとwhichのどちらが適語なのかわかりません。

  • 二重限定は関係代名詞以外では成り立たないんですか?

    例えば、the animals in Africa which are unique. のin Africa the country where various animals live which is wealthy in cacao beans のwhere various animals live the interesting person known by everyone whose name is Johnの のinterestingとknown by everyone などは二重限定の要素にはならないんですか? 言い方を変えると、何かによって修飾された範囲が丸ごと全部先行詞になるのか、ということです。 例:the animals in Africa which are uniqueならthe animals in Africaが丸ごと先行詞か否か