• ベストアンサー
  • 困ってます

薬草の販売に資格はいりますか?

薬草を使用して作る手作り化粧品素材のキットを販売しようと考えています。 薬草の販売に関して販売の許可等は必要になるのでしょうか? 薬事法なども調べてみたのですが、薬草のことが詳しく書いてありません。 もちろん、服用目的での販売は考えておりません。 ネットでの販売を考えております。 ご存知の方が見えましたらアドバイスをいただきたいと思い質問させていただきました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2651
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • mackid
  • ベストアンサー率33% (2688/8094)

成分として医薬品に相当するものが入っていれば、それなりの許可が必要だと思いますが、そうなると恐らく個人レベルでは無理ではないかと。 一応医薬品となる成分とそうでない成分のリストを挙げておきます。 http://www.pref.osaka.jp/yakumu/ryutsu/kensyoku/moppara160401.pdf http://www.pref.osaka.jp/yakumu/ryutsu/kensyoku/hiiyakuhin160401.pdf ただし、キットということは使用者が自分の裁量で配合比を変えたり他のものを自由に追加できるわけですから、微量なら大丈夫だが大量になると、というようなものや、他の物との化学反応によって毒性を発生するものなども検討する必要もあると思います。また、販売側が想定していなくても素材を飲用に使用される場合があるわけで、これについても無視はできないでしょう。 アイデアは非常におもしろいと思いますが、よほど安全と判明しているものだけで構成しないと実現は無理かも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 詳しい資料でとても参考になりました。やはり、薬草となると取り扱いが難しくなりますね。 今は自分で作っているだけなので、化学反応のことなども調べてみる必要がありますね。 もう少し薬草や手作りのものについてmackidさんのご意見を参考に勉強してみようと思います。 せっかく素晴らしい効果があるので、いつかは販売できるように努力していきたいと思います。 貴重なご意見ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 先日、私の友人のところに、ネットでも有名な手作り化粧品の会社から、営業

    先日、私の友人のところに、ネットでも有名な手作り化粧品の会社から、営業電話がありました。 手作り化粧品キットを作って、販売しませんか?というものでした。 私も彼女も自宅で、アロマ教室をしています。 以前、フローラルウォーターの手作り化粧水のキットを作って販売しようとして、薬事課へ問い合わせに行きました。 一定の製品が出来上がるように、原料をお客様に選択の余地がなく、セット販売し、化粧品と思わせるような売り方は薬事法違反になるといわれました。 そのため、作成キットを作るのをやめました。 しかし、原料の配合量すら、「測らなくても、そのまま作成できます」と宣伝しているのに、薬事法違反に、ならないのでしょうか? オリジナルの作成キットを作ってくれるといっていましたが、それは、万が一、薬事法違反となった際、私たちが、オーダーで発注し、無許可で化粧品を作成して売ったことにするためなんでしょうか? 雑貨と言って売れば、大丈夫かのように言われましたが、私たちが以前、薬事課で説明されたのとは、大きく違うような気がします。 薬事法の解釈の仕方が変わったのでしょうか? どなたかご存知なら、教えていただけませんか?

  • 手作り化粧品の販売について

    こんにちは。 初めて相談させていただきます。 私は手作り化粧品や手作り石鹸を作るのがとても好きで、これをネットを通じて販売できたら、と思うようになりました。 これって、薬事法とか食品管理法とかに引っかかってしまうのでしょうか。 法律のことが全然わからないので、ぜひ教えてください。 よろしくお願いします。

  • 薬草を栽培し販売

    身内が癌に罹患し、癌に効く薬も予防する薬も無いことを知りました。 そのことで漢方や薬草に興味を持ち、自家用として栽培しています。 栽培することで色んな薬草があることを知りました。 そこで、これをネットで販売することはできないか? と考えています。 たとえばドクダミなどを栽培し販売した場合に規制する法律はありますか? (薬事法など) なお、このような質問はどのカテゴリーに質問するべきでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • sionn123
  • ベストアンサー率53% (1910/3592)

 tennohahaさん こんばんは  薬局を経営している薬剤師です。  薬草と安易に言ってもセンナやアロエ(もちろん部位や植物の種類にもよりますが・・・)等の医薬品に該当する物と日本茶等の茶葉(これを薬草と言う人は少ないと思いますが、カフェイン等が含まれていて薬草と言えます。)等の医薬品に該当しない物とが有ります。医薬品に該当するものは、医薬品を販売出来る資格(現状では薬局・一般販売業・薬種商販売業の許可を持っている人)以外販売する事が出来ません。医薬品に該当しない物は、誰でも販売する事が可能です。以上が薬草の販売に付いてです。  では医薬品に該当しない薬草を使った化粧品のキットに付いてですが、まずは化粧品に付いて説明しましょう。どう言う目的の化粧品を作るキットを販売するつもりなのか解りませんが、化粧品を作る上で一般的に必要な成分として「エタノール」が有ります。「エタノール」とは平たく言うとアルコールの事で、薬草の中の成分を抽出したり肌に対して殺菌消毒効果を目的として使う成分です。アルコールなら何でも良いのであれば、焼酎でも日本酒でも良い事になります。しかしそう言う飲料用のアルコールは、、物によっては臭いが有ったり肌に付けたら若干べたついたり(物によってはそのべたつきが取れ難いものもあるそうです。)して、出来上がりの使用感は良くないです。したがって使う「エタノール」としては、消毒用のアルコールか無水アルコールを使うのがベストです。この消毒用アルコールや無水アルコールは医薬品です。  後一般的な化粧品には防腐剤として「パラベン」が使われている事が多いです。これは肌に対しての刺激が少ないと言う意味で汎用されている防腐剤なんです。(人によってはパラベンで接触性皮膚炎を起す方もいますけど・・・)それと「薬事法」では、化粧品は原則として未開封で3年間の品質保証期間が必要なため、防腐剤は使わざるを得ないのです。(キットの場合は出来上がり製品を売るわけではないので、これに該当しないと思いますけど、詳しくはそこまで調べた事が無いので解りません。)キットに防腐剤を入れないと販売できないかに付いては、「作った後10日~1週間以内に使い切る事」と言う但し書きを入れれば、問題は無いと思います。  2000年4月以前は、化粧品には「表示指定成分」が有りました。これは「ごくまれにアレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性のある成分」であり、「表示指定成分」が配合されている化粧品は「表示指定成分」の表示が無いと販売出来ませんでした。2000年4月以降は「全成分表示」が義務付けられています。(これもキットの場合該当するかどうか解りません。)  「キットの場合該当するかどうか解らない」と記載したのは、薬事法では化粧品を作るキットについての記載が無く、キットを化粧品とするか化粧品にならないかが解らないからです。もしキットを含めて化粧品と言う判断なら、全成分表示しないと販売してはならないと言う事ですから、tennohahaさんに出来ますか???キットが薬事法で言う所の化粧品に該当するかどうかは、保健所に確認を取るしかないと思います。  この様な難しい話は置いといて、「キット」と言う言葉から私の感じる事は「キットの内容以外に何も買わないで目的の物を作る事が出来る」です。(もちろん、ラジオ等の工作キットで工作するための道具を別途買わないとならないのは別問題として・・・)その感覚からすると、キット内容に「消毒用アルコール」や「無水アルコール」等医薬品に当る物でも必要な物は全て入ってないとならないと言う事になります。つまり薬草が幾等非医薬品であったとしても、医薬品を販売する事になります。方法としては、「別途消毒用のアルコールや無水アルコールを買って作って下さい」と言う事で医薬品を販売しないで済む方法も考えられますが、それでは不親切で誰が買うでしょうか???と私は思います。  以上より、医薬品を販売して良い資格を持った方で無いと「薬草を使用して作る手作り化粧品素材のキット」は販売出来ない事になります。  色々書きましたが、何かの参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

sionn123さん こんばんは。 詳しいご説明ありがとうございます。 sionn123さんの仰る通り、何か一つでもかけているものの販売は難しいと思いました。 アルコールなどについては使用しないで作っているので、必要ないと考えているのですが、もう少し検討してみる必要がありますね。 衛生面でも必要になる場合がありますので。。。。 化粧品のキットが薬事法での化粧品に該当するのかどうかという所から調べてみることにします。 専門家の方からご意見いただけて、とても参考になりました。 ご丁寧なご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 手作り化粧水用具と薬事法

    ●完成品の化粧水ではなく、ユーザーが自分で手作りするための化粧水用の材料、用具をキットで販売する場合、薬事法は適用されるのでしょうか。表示関連は薬事法を遵守しなければいけないと思いますが、化粧品製造販売の免許が必要になるのかが解りません。よろしくご教授お願いします。

  • 楽天での化粧品の販売について

    現在、楽天市場で出店中なのですが、新たに「化粧品」の取り扱いを考えております。 しかし、現在の取扱商品はまったく違うジャンル(家電系を販売)で良く分からないので質問します。 化粧品を取り扱うのに、薬事法などの知識は必要かとは思いますが、他に資格や許可など必要なものはありますか? 当方、まったく薬事法などの知識や販売の経験はございません。(スタッフ含め) ネットの卸売サイトで仕入れたものを販売をしようというわけです。 資格などなくても出来ますか? また、楽天で出来なければヤフーでも考えていますが、こちらの場合はどうでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 中古(使用済み)化粧品の販売について

    よくオークションで、中古(開封済み/使用済み)の化粧品をみかけますが、 薬事法に引っかからないのでしょうか? 個人間の取引なら問題がないって事ですか? 中古のお化粧品を買い取って販売しようと考えています。 薬事法について調べてみましたが、 ハッキリとした答えが出てこないので、 詳しい方いらっしゃいましたら、教えてください。宜しくお願い致します。

  • 未使用/中古品の化粧品を販売してもよいか?

    オークションで未使用品、中古(開封済み/使用済み)の化粧品を個人が出品 しているのを見かけますが、薬事法で許されている行為なのでしょうか? 中古のお化粧品を買い取って販売しようと考えています。(ショップとして) 薬事法について調べてみましたが、 ハッキリとした答えが出てこないので、 詳しい方いらっしゃいましたら、教えてください。宜しくお願い致します。

  • 海外からの化粧品販売は薬事法違反?

    薬事法に詳しい方、教えて下さい。 私は海外在住で、日本向けに現地の化粧品を売るネットショップをしています。 その化粧品は、日本でも売られています。 私のネットショップは、日本に拠点はありません。 前に、薬事法上問題が無いかを厚生労働省に確認したら、日本で化粧品を受け取るのが個人輸入者なら、個人輸入者向けに海外から化粧品を販売・輸出するのは問題ないとのことでした。 ところが先日、住んだことも無いある県の薬務課から、「海外からの販売でも薬事法違反。改善せよ。」との連絡が来ました。 厚生労働省とその県の言ってる事が違うので、困ってます。 以下について教えて下さい。 1.海外から日本に化粧品を販売・輸出するのは薬事法違反ですか? 2.「改善せよ。」というのは、具体的に何をすれば良いんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 石鹸を雑貨として輸入できる?

    外国製の石鹸の輸入販売は薬事法の規制対象となり、許可が必要と教えていただきましたが、化粧品としての石鹸ではなく、キッチンソープなど体に使用することを目的としない石鹸として(日用品雑貨?)、輸入することができるのでしょうか?つまり、化粧品の輸入販売許可を取得しないで石鹸を輸入販売するにはどうすればよいのでしょうか?

  • 手作り化粧品と薬事法について

     アロマテラピーが好きで、石けんや化粧品を手作りしている者です。  手作り化粧品の本に載っている、たとえばハンドクリームなどのレシピには、「これはプレゼントに喜ばれます」と書いてあったりします。一方、アロマテラピーの学習書には、「(自分で作成したスキンケア品を)むやみに販売またはプレゼントをした場合、薬事法などに違反する恐れがある」とあります。  そこで質問なのですが、手作りのスキンケアグッズを人に「プレゼント」して薬事法に違反する場合とは、具体的にどんな場合でしょうか。自分の肌に一番合うものを目指して作っているので、人に販売するつもりは毛頭ないし、プレゼントもする予定はないのですが、一応知っておきたいです。  インターネットで薬事法を読んだのですが、今ひとつよくわかりません。おわかりになる方、教えていただけたらうれしいです。

  • マッサージオイルは化粧品?

    マッサージオイル、ボディースクラブを輸入販売したいと考えているのですが、可能でしょうか? 薬事法により化粧品を輸入販売するには許可が必要だということはわかり、許可の申請は現状無理なのですが、これらは化粧品の部類に入るのでしょうか? 教えてください。お願いします。

  • 輸入販売について

    個人輸入して販売できるものを教えてください。 医薬品や化粧品は薬事法にふれるようですが、 アロマオイルなどの雑貨の場合はどうなのでしょうか? 販売できるものと販売する合法的な方法を教えてください。

  • 薬事法について 化粧品輸入販売

    海外で購入した石鹸やボディ製品(乳液、入浴剤など)をネット販売したいと思っているのですが、化粧品としてではなく雑貨扱いにすれば薬事法には違反しないのでしょうか? (効果効能を記載しない、使用法は購入者に任せますということにして) 輸入したものについて販売するには許可が必要というのは少し調べてわかったのですが、雑貨はこれに該当しないのでしょうか? (上記の通り化粧雑貨として分類できる場合) それとも販売目的で海外から持ち帰る場合、化粧品であれ雑貨であれ輸入の許可は必要なのでしょうか? 詳しいかたがいらっしゃいましたらアドバイスお願いいたします。