解決済み

あいまいな用語の定義について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.296978
  • 閲覧数211
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 81% (221/270)

統計資料の評価には、極少数、少数、多数、大多数、圧倒的など、あいまいで、分析者の主観に左右される言葉が多くあります。
この度資料の評価を書いているのですが、表現は何が適切か迷っています。
統計用語や、常識から何パーセントで線引きできるのか(少数は10%-20%を指すなど)、それを明確に示したホームページ等紹介いただけませんか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

 それらの言葉は、線引きできない場合に使用するのが適切です。
 「常識から」ということであれば、そのような定義を行うことじたい、あまり常識的(つまり一般的)とはいえません。

 たとえば、「今年の河川に含有される○○物質の量は2%とごくわずかであった」という表現があります。
 このとき、「ごくわずか」は「今年の100分の2%」を示すものではありません。「例年の統計と比較してどれくらいか」を表すための「ごくわずか」です。

 つまり、「今年の河川に含有される○○物質の量は2%であった」では、その2%が標準的なのか桁外れな数値なのか、読者に伝わらないがゆえに、補足としてそういった表現が使われているわけです。

 ですので、専門家に見せるための統計資料であれば、そういった表現は極力さけるべきです。
 しかし一般人が読むのであれば、「読者にイメージさせるための表現」として、適所に入れるべきでしょう。
お礼コメント
hima3

お礼率 81% (221/270)

うーん、難しいなあ。
確かにナンセンスなのかも知れません。統計資料には使わない、のが適切なのでしょうね。
ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-06-22 21:49:05
感謝経済、優待交換9月20日スタート
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ