• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

オームの法則を教える回路

オームの法則を教える場合、電源、抵抗負荷と電流計だけのおなじみの回路図があります。 でもこれだけでは電流計の振れだけなのでLEDを接続して輝度の違いや色の変化で印象が残ると思うのです。 厳密にはLEDも負荷であるためその損失分まで考慮した説明が必要ですが教育用では電流計の存在は考えていません。 制限抵抗とLEDでV=IRを教える場合、どのように説明すべきでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数234
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • TTak
  • ベストアンサー率52% (206/389)

要は、LEDの光具合(明るい~暗い)を電流の強弱として認識させ、教えることができるか?ということですね? これは、教える対象によって変わってくるとは思いますが、中学校理科でしたら、E-抵抗-LEDの直列回路にて、抵抗値を変えることにより電流値が変わり輝度が変わることを解説してはいかがでしょう。 なお、LEDの特性にもよりますが、順方向電流値が0付近でなければ、輝度と電流値はほぼ比例すると考えられます。 固定抵抗-LEDの直列回路と、可変抵抗(目盛り付き)-LEDの直列回路にて双方のLEDの輝度を見た目で比較させる方法か、 実験前に電流別の輝度を暗室で写真撮影(例えば、円形に等間隔線を描いた用紙を使って・同じカメラで同じ露出時間)しておいて、どこまで照射しているか(どの線まで見えるか)という定量的な比較媒体を作っておき、それを実験(暗箱内で点灯させて見せる)で判定させるなどの方法が考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 >円形に等間隔線 視野角に影響されますがよいアイデアですね。参考にさせて頂きます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率27% (1537/5554)

印象に残ることは良いことですが 電流に比例した輝度や色と言うのは技術的な問題となって非常に難しくなります。 人間の感覚は対数的な変化を認識できますが数値的な変化を正しく認識できません。 例えば明るさが1から2になったことは良くわかりますが5から6になったことはかすかにしかわかりません。 電流計はその点、原理的に簡単で正しく認識できるものです。 子供たちに正しい知識を持ってもらうためには電流計をわかりやすく説明して 使用することが将来技術者となる見込みを奪わないことになると思います。 ちなみに私は長年電気、機械関係の仕事をしてきました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

「電流計の存在を考えていない」という表現がまずかったようですね。 「書籍に出てくる測定回路が電流計を入れているのにその分は考慮せず抵抗だけを負荷としている場合がある」の意味だったのです。 回路上は当然電流計を見ながらの実験になります。 私は教育専任者ではありませんが 機械系の学生を対象とした電気概論ということで実質2時間で済む内容を考えています。

関連するQ&A

  • オームの法則?

    LEDを使用するための回路を設計していますが、何Ωの抵抗を入れれば良いのか?で悩んでいます。 電源が12V、LEDの定格電力が3Vです。LEDに流れる電流が25mAの場合、電源とLEDの間に入れる抵抗は何Ωになるのでしょうか? 私なりの考えでは、電圧差が9Vあるのでオームの法則ではありませんが、E=R×Iに従い、E=9V、I=25mAでR=9/25*1000=約380Ωになるのでは?と思っているのですが、それで回路を組んでみると、LED周辺からうっすらと煙が立ち上ってきてしまいます。 私の考え、間違っているのでしょうか? どうか、皆様、ご指導よろしくお願いします。

  • オームの法則

    電気初心者ですが質問お願い致します。 オームの法則ですが、電圧が同じで抵抗が大きくなれば、電流が少なくなると思うのですが、例えば小さいモーターやヒーターよりも負荷の大きい物を使うと電流は多くなります、そのとき抵抗は小さくなっていると考えていいのでしょうか?。 負荷が大きい物を使うと電流が多くかかるのは分かるのですが、 抵抗もその分多くかかる感じがするのですが?。

  • オームの法則

    オームの法則についての実験で抵抗を2つ使い、直列、並列それぞれ回路を作りました。 そこで分からないことが2つありました。 1、抵抗の実験値(テスターを使用しての値)と理論値(カラーコードの値)の誤差の要因を調べるように言われました。   特に、メーターの内部抵抗について考えて答える というものです。 2、負荷抵抗に流れる電流の値が小さいほど、オームの法則が成り立つ理由を考えよ。  この2つについて解説、解答いただけないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 回路の問題です

    定格値500[μA],各枝路500[Ω]で構成されているT形回路(図1 参照)に3.0[V]の電圧を加えた場合,出力端子間に流れる電流 を電流計で測る場合,電流計の負荷効果による誤差3.0[%]以 下で測定するには,電流計の抵抗はどのように選ばなければな らないか。

  • 電気回路の問題を教えてください

    1.交流電圧源Es、交流電流源Is、抵抗R,R/2,r,及びインダクタンスLで構成した回路を図に示す。負荷で消費される電力が最大になるときのrとその電力を求めよ。 ただし、負荷を構成する2つの素子のうち抵抗のみ値を変化させることができるものとする。 電圧、電流はフェーザ表記されいて、Es=Eefe^j0°,Es=RIsの関係が成り立つっているものとする。Eefは起電力の実効値とする。 回路図URL:http://imgur.com/wvMzbDQ 2.直流電圧源E、スイッチS、抵抗R/2,r,及びインダクタンスLで構成した回路を図に示す。時刻t=0でスイッチSを閉じたとき、抵抗rに流れる瞬時電流ir(t)とインダクタンスに流れる瞬時電流iL(t)を求めよ。 回路図URL:http://imgur.com/gAqEwIa

  • モーターの電流値はオームの法則では得られない?

    こんにちは。 3相モーターの電流値は、 それにつながる負荷によって、 変わります。 (モーターというより、ポンプや、 ファンを想定しています。 流すものや、風量で、 電流値が変わる、ということです)。 しかし、オームの法則で 考えるなら、 I=V/√(Z^2*R^2)・・Zはインピーダンス、Rは抵抗 で、求められると思うのですが。 これで、Iが異なるとすれば、 V,Z,Rのうちどれかが、負荷に応じて、 異なってくる、ということに なると思います。 V、Rは一定と思われるので、 負荷に応じて、インピーダンスの 値が、異なってくる、と 考えていいのでしょうか。 どうしても、ひとつの機器(抵抗)に たいして、同じ電圧をかけているのに、 電流値が変わるということが、 オームの法則に矛盾しているようで、 納得できません。 何か、わかる人がいましたら、 よろしくお願いします。

  • オームの法則 測定に適した回路を作図せよ

    長さl[m],断面積S[m^2]の導体にかかる電圧V[V]と導体を流れる電流I[A]を測定して導体の抵抗R[Ω]を調べた。その結果、オームの法則I=V/Rが成り立つことが分かった。ここでは、抵抗のミクロな意味を理解しよう。 (1)測定適した回路を作図せよ。 という問題で画像のような答えになるのですがなぜこのような答えになるのか分かりやすく説明をお願いします。

  • 回路の問題です

    1.定格値500[μA],内部抵抗1[kΩ]の電流計を用い,定格電流を 1,3および10mAとする場合のそれぞれの分流器の抵抗値を求 めよ。また,エアトン分流器の場合,R1,R2及びR3の値を求めよ。 2.定格値500[μA],各枝路500[Ω]で構成されているT形回路(図1 参照)に3.0[V]の電圧を加えた場合,出力端子間に流れる電流 を電流計で測る場合,電流計の負荷効果による誤差3.0[%]以 下で測定するには,電流計の抵抗はどのように選ばなければな らないか。 ★解答がないのでよくわかっていない状態です。途中式と簡単な解説をお願いします

  • オームの法則

    いつも皆さんの問答を参考に考えさせていただいています。 今回はどうしても同じような回路を見つけることができず、質問させていただきます。よろしくお願いいたします。 1)抵抗R6にかかる電圧は? 2)抵抗R5にかかる電圧は? 3)電流計A2にかかる電流は? どのように並列、直列を考えたらよいのかわかりません。。。。

  • LEDを光らせるための定電流回路

    下記のページで、LEDを光らせる定電流回路を知りました。 http://www5b.biglobe.ne.jp/~YASUSI/gallery/electronics/051120/051120.htm LEDと同じラインに電流を決定するための負荷抵抗が入っています。 この抵抗は電位差が約0.6Vとなるため、例えばLEDと抵抗を直列に繋ぎ負荷抵抗に 2V加わるといった、より単純な回路と比べると無駄になる電力が少ないかと思います。 簡単な回路で、もっと無駄になる電力が少ない低電流回路があれば、 どなたか教えて頂けいただけませんでしょうか? 500mAくらい流すことを予定しており、無駄を減らしたいと考えています。