• ベストアンサー
  • 困ってます

べた基礎スラブと立上り基礎の接合部分の防水について

私は現在、都内に2×4の3階建て戸建住宅を某ハウスメーカーにて新築中の者です。現在基礎工事がほぼ完了し、これから土台(404)の据付けに入る段階ですが、基礎部分の防水について心配な点がありますので詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか。 週末に現場を確認したところ、基礎の内側部分に雨水が深さ1cm程溜まっており、その水が、べた基礎スラブ面と立上り基礎(GLからH=300)との継目部分から外側へ浸み出しているのが3箇所確認できました。基礎の外側は、その濡れている部分以外は全て乾いた状態でした。さらに、その染み出ている部分には、型枠の際のセパレートの金具と思われるものが錆びた状態で顔を覗かせてました。この点をジー○ホームに確認した所、「内側から外へ漏れたとしても、外側から内側へ雨水が浸入することはありえない。施工の許容範囲であり問題ない。セパレート金具は錆びても躯体に影響を与えるものではない」ときっぱり否定され、「長期的に鉄筋の錆びを早めることにならないか」との私の質問に対しても、この程度では全く問題ないとの回答でした。ただここは地盤面が周辺より若干低く、私としては心配なため、暫らく施工を見合わせるよう指示を出しております。このHメーカーの主張は本当に正しいのでしょうか。どなたかアドバイスただけたら幸いです。ちなみに、べた基礎スラブ面はGL+50mm、基礎立上り天端の巾は16mm、高さは300mm、タテ筋は、D10が200ピッチで入ってます。コンクリ2度打ちの際のレイタンスの除去等は行ってないそうです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4597
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

鋼製型枠を使用する場合はいつも問題になります。 外部の床(土間)面が打ち継ぎ面より50mmぐらい低いのであれば水は入りにくいと思われます。 しかし打ち継ぎ面より高くなる場合は水が入ってくるでしょう。その様な事が考えられるのであれば対策をしないといけないでしょう。 外部の床が高くなる場合は基礎に接する様に溝を作り 溝の底が打ち継ぎ面より下になるようにする必要があります。溝より外は土留めをして土を盛ればよいです。 また根本的に防水する事も考えられます。 方法として、セパレートの金具をサンダーなどで切り飛ばし、地下室などで使う強力な防水材を塗ってから、その上にモルタルなどの仕上げをするなどが考えられます(点状)。この方法は私も行ったことがあります。理想は、打ち継ぎ面の止水を行って、その上で上記の処理をするなど2重、3重の対策を本来なら採るべきでしょう。 継ぎ面の止水はされていない様なので打ち継ぎ面全て(線状)に防水処理をしたほうが良いでしょう。 この問題を無視してしまう施工者もいるようですが、重要な問題です。 「城東テクノ」と言う会社のサイトの一口メモと言うコーナーにもこの問題が取り上げられています。(登録しないと見れないかもしれません。) 外部床面が高くならないようにするのが一番簡単な対処方法だと思います。その場合も玄関や勝手口部分は問題になりやすいですが、庇を付ける等して水を寄せ付けないようにするのも方法です。勝手口などの外部踏み石は建物と踏み石の間に数センチの隙間を開けるのも方法です。溝のかわりになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。さっそくハウスメーカーと相談したところ、無償で防水モルタルという方法で基礎底盤と立上り部の打接ぎ部分を防水処理してもらう方向になりました。

関連するQ&A

  • 基礎に埋め込まれている金具について

    木造軸組・2階建のベタ基礎なのですが、立上り基礎の根本の外側と内側に、金具がかなりの個数で、ある程度の間隔をおいて埋め込まれています。 外側は山形?、内側はL字型です。 おそらく、立上り基礎の鉄枠を固定する物なのではないかと思いますが、これはこのまま放置しておくものなのでしょうか。 とはいっても、コンクリートに埋め込まれているので、今から取り除くことは大変だと思いますが・・・。 ベースと立上り基礎の連結部分ですので、サビたりして、強度が落ちるのではないかと心配になります。

  • 配筋終了後の砕石地業の手直しについてお伺いします

    今配筋がすでに終わっいる状態で、自分で調べていたら、砕石地業の天面と設計GLの距離が平均で2センチくらい足りないことが分かりました。 今の状態でスラブ天端の位置を図面通りにコンクリを打つとスラブ天端側の鉄筋のかぶり厚さが1~2センチ確保出来ないことが分かりました。その事を、現場管理者に話して調べてもっらた結果、砕石地業の厚さが2センチ厚いからだと言われました。対処方法として、基礎低盤部からのかぶり厚さのが7から8センチあるので、スペーサーを1センチ下げて、更にスラブ天端を1センチ上げて被りを確保すると言われました。現状ではスラブ天端から立上り天端の寸法は34.5センチなのですが、床下にもぐるかもしれないことを考えると、あまり狭くしたくないです。スラブ天端を上げるなら立上りも同じだけ上げて34.5センチを確保したかったのですが、 現場管理者(設計者も同じ人)に斜線の高さの建築基準法にひっかかる、ギリギリの設計なので立上りは1センチもあげられないとのことでした。それならば、 防湿シートを切って、配筋ピッチ(20センチピッチ)の間から厚い分の砕石を人力で取り除いて転圧用の工具を使って手動で転圧していき、本来の図面通りの厚さに手直ししていくしかないと言われ、そちらの方法をとることにしました。実際に目の前で一部のところで実際に手直しするとこを見せてもらいましたが、せっかくはってある防湿シートを切り、綺麗に転圧してある砕石を取り除いていく作業を見ていて、配筋のされたままの手直しでは、ちゃんと転圧等の手直しが出来るか心配です。今ならまだ、最初の対処法を取れるのでどちらが良いか迷っています。 助言を宜しくお願いします。

  • 基礎の打継ぎ部の止水用コーキングについて

    昨日、スラブと立上りの基礎(ベタ基礎)の打設が終わったところです。 基礎形状は逆T型でスラブはフーチングと同レベルです。 スラブ面が地盤面よりも600mm程下がった位置(凍結深度)にあるので、止水板の設置をしてあります。 そこでスラブと立上りの打継ぎ部分の外周部土側に「コーキング」を施工すると止水が万全になると聞いたのですが、これは一般的な樹脂製のコーキングの事なのでしょうか? それとも埋め戻されて地盤内に入る部分なので、専用の物があるのでしょうか? それともモルタルの事なのですか? 樹脂製の場合、シロアリにやられたりしたりしないのか疑問があります。 実際に施工した状態を見た事がありませんので、教えて下さい。 よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • qtjps
  • ベストアンサー率14% (19/135)

セパレの高さが+10ぐらいの所だと微妙かも 高さ次第とコンクリの打ち方次第と思いますが 金属とコンクリの接地面から内部に伝わる可能性はある。 実際床下もぐるとシミが多々ある。(水の後) 3箇所の通り道は気になるけどね・・水抜き穴ではないよね? 基礎の仕方次第ですけど。 欠陥ってことではないですね。 壁際に間違っても囲って植木などで土盛らないようにね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。欠陥って事は無いみたいですが、3箇所の漏水部分はいずれも錆びたセパレート金具付近からです。理想形はやはり水が抜けない事だそうですが・・。

  • 回答No.2

問題なしと私は考えます。 ・セパ穴処理 セパ穴処理はモルタル等で巾木を仕上げるのであれば、特別な処理は必要ないです。 ・錆の進行が早まる? 錆の進行は気にする必要はないです。金具の錆を気にするくらいなら、かぶりが十分取れているか、念入りに検査するほうが大切です。(打設後ではできませんけども) ・水の浸入について 常時水を張るわけではないので、気にする必要はありません。スラブ(土間だと思いますが)の水たまりを雑巾なりで処理し、乾燥させたのち、施工すればよいかと思います。床板張る前に土間部の乾燥を確認することで事足ります。 ・地盤高さの心配に関して 地盤が若干低いということですが、土間に水が進入するほどの水が外部にあれば、まず間違いなく床下浸水しますから。ですので、地盤の低さで心配であるなら、フロアレベルを上げることでしか解消はされないと考えます。 最後に誠実に回答を業者がしているので、それに対して信頼してあげてはいかがですか。信頼関係が家造りには欠かせません。回答もせず、のらりくらりする監督さんよりはよっぽどよいかと思います。信じてあげたらいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですよね。私も業者との信頼関係が一番大事だと思っているのですが、ここまで来るのに4回も大きなトラブルがあったので疑心暗鬼になってしまっています。そのトラブルは、私が指摘して初めて分かった業者のミスや嘘なんです。契約解除も考えましたが係争も面倒くさいし工期もあるし騙し騙しここまで来たというのが本音です。

  • 回答No.1

セパの穴埋め処理及びレイタンス処理を行わないと、その部分が水の通り道となります。 手抜き工事とは言いませんが、この業者は結構いい加減ですね。今から、防水処理をしてもらってはどうですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。業者曰く「レイタンス処理なんて初めて聞いた、そんな方法どこもやってないですよ。」でした。 相談の結果、何とかモルタル防水処理で対処してもらうことになりました。

関連するQ&A

  • 基礎部分の断熱施工方法は?

    いつもお世話になってるものです。 いい加減な施工管理、仕事、こちら提示した補償内容には応じたもののその後の改善されない不誠実な対応などに心休まる日がありません・・ 情けなくお恥ずかしい話しですが、本当に日々我が家では建築のことで主人と喧嘩ばかりで疲れています。 今回、また問題がありまして、皆様から良きアドバイス頂きたく質問させてもらいました。 在来工法で北側一階部分基礎から8cmしかない設計です。 その部分は西の端から順にファミリー玄関→一階トイレ(その横通路)→家事室→浴室で東の端となります。 浴室は別として、これらゾーンの基礎部分も家の内側となるのですが、 基礎部分には断熱材入れてないので(グラスウール50を重ねて二枚) このままでは基礎部分に結露してくるよと別の友人の建築士から教えてもらい、今、どう断熱するか設計士と検討中です。友人が実際施工したやり方である基礎の外側に発砲スチロールみたいな断熱材?で施工するのはシロアリの被害が考えられるからしたくなかったから基礎の断熱は考えてなかったと設計士は言ってます。 FRPを基礎の外側に施工しようか言ってきましたが、それがいいのかどうかも分からないので是非ご意見お願いできますか・ 何か良い方法はないでしょうか?

  • 基礎の防水について

    基礎の防水について教えていただきたい箇所が2か所あります。 1つ目は基礎スラブと基礎立ち上りの打ち継ぎ部の防水について 2つ目は基礎立ち上り部天面と土台との隙間の防水についてです。 以前にもここで「新築中の床下にカビ」で 質問をさせていただいているのですが この部分からの雨水侵入により床下にカビがはえてしまい 今回この部分の防水処理をしてもらうことになりました。 基礎の構造はベタ基礎で床下換気口なしです。 1つ目の部分は水抜き穴とセパレーターの隙間部分に防水モルタルを つめてポリマーセメント系塗膜防水材というものが打ち継ぎ部 の上下5センチ程度基礎の外周に塗布されてあります。 素人目にはこれで防水できてるの?という感じなのですが、 この方法での耐久性はどんなものでしょうか? 一般的にこの部分に防水をする場合このような方法が最適なので しょうか?とう質問です。 2つ目の部分はこれからの施工なのですが現状はパッキンがなく 基礎上部に直接土台が置いてある状態で基礎と土台の隙間を 防水するというものです。コンクリートの基礎と木部の土台の 防水として最適な防水の方法はどんなものがあるのでしょうか? という質問です。 ご教授宜しくお願い致します。

  • 新築中の基礎部分の水溜りと床下断熱材の施工方法

    はじめまして。 教えて下さい。一週間ほど前に上棟したのですが、立ち会えなかった為(上棟式は別の日に行いました)気になって風呂部分の基礎から中を覗いてみたところ二つほど気になるところを見つけました。 上棟の前日に床をはってしまった為確認できなかったのですが、基礎の中に水溜りがみうけられます。基礎はべた基礎で一階床部分は風呂の場所を除いて床がはられているので全ては確認できませんでしたが、目で見える範囲で二箇所大きな水溜りがあります。ほっといて問題無いものでしょうか? もう一点も床下を覗いていて気づいたのですが、床下断熱材が釘の上にのっている状態で施工されています。根太のような木に釘が打ってあってその上に断熱材がのっている感じです。これも不安なのですが、施工方法として問題無いのでしょうか?以上、二点になってしまいますが、教えて下さい。

  • アンカーボルトの傾きとコンクリ被り厚について

    現在、都内に2×4の3階建てを新築中の者です。 基礎のアンカーボルトの傾き等について、詳しい方がいらっしゃいましたらおしえてください。 基礎工事が終わった段階で現場を確認しにいったところ、立上り基礎のアンカーボルト(A-40)が約35本中14本が傾いたままになっており、そのうち5本は角度にして15度近くも傾いており、どのアンカーボルトも立上り基礎(幅16mm)のほぼセンターに固定されていました。 ハウスメーカーに確認したところ、この後、土台(404)の据付けの為に傾いたアンカーボルトを垂直に曲げるとの事でした。アンカーボルトは、コンクリを流し込んだ後すぐに手作業で埋めたが、中心部に鉄筋が入っている為このように斜めになるのは仕方ないとの事でした。そこで、私は次の2点が構造上不安になった為業者に質問したところ、いずれも経験則上、施工の許容範囲であり構造的に何ら問題無いとの返答でしたが、さしたる根拠も無く、私としては不安です。心配な点とは、(1)アンカーボルトを垂直に約15度曲げる事により設計上の強度が落ちないのか。(2)約250mm埋め込まれたボルト部分の先端はコンクリの被り厚が10~20mmになるが安全上問題ないのか。(錆びの早期化とか)という点です。 ちなみに立上り基礎の高さはGL+300mm、べた基礎底盤からは250mmです。 この点、業者の主張を信じて良いのでしょうか。どなたかアドバイスいただけたら幸いです。

  • コンクリートのスランプ値は通常どの位でしょうか?

    建築基礎(戸建)の基礎コンクリート(スラブ)はスランプ値8で施工出来ないのでしょうか? 建築のコンクリートは15・18のスランプ値が多いようですが、基礎コンクリート(立上り等)ではスランプ値を小さくしても施工出来るのでは無いでしょうか? コンクリートに詳しい方、ご回答お願いいたします。

  • テラス土間と基礎天端の高低差

    基礎立ち上げは、GLから+400mmあるのですが、テラス土間がGLから+360mmあり、テラス土間と基礎天端の高低差が40mmになっています。(建物はL字型をしており、L字の5m、8mがテラス土間です。また、床下は基礎パッキンで外気で換気しています。) テラス土間と基礎天端までの高低差が40mmと少ないため、テラス土間の基礎に面した部分に水溝として幅150mmx深さ100mm程度の溝をL字の5m、8mに設けてあります。 この場合、降雨時に風でテラスを逆流し基礎パッキンから雨水が基礎内部へ侵入してくるようなことはありますでしょうか? また基礎高さの考え方についてですが、テラス土間を設けた場合のGL±0はテラス土間になるのでしょうか?(テラス土間がGL±0の場合、基礎高はGL+40mmとなるのでしょうか?)

  • 住宅基礎の人通口について

    現在、一戸建ての建築中で、基礎の配筋作業をして頂いておりますが、 人通口部分の施工について疑問に思ったことがあり質問させて頂きます。 (1)基礎(べた基礎)形状について   一箇所の点検口から家全体の基礎内部を点検する計画  となっているため、基礎のあらゆるところに人通口があり、  基礎の立上り部は連続することなく全体的に半島形状と  なっています。   基礎内部を点検するとなるとこのような半島形状になるのは  やむをえないという気もしますが、全体的にこのような形状と  なっているのは通常の(特殊でない)状態でしょうか。 (2)人通口の幅について   施工状況を見ると人通口(開口)部で鉄筋の芯々が900mm程度  であり、コンクリート打設後で人通口幅が750mm程度になりそうです。  「性能保証機構標準仕様」や住宅金融支援機構の「木造住宅工事  仕様書」では人通口幅が600mm以下となっていますが、現状で  問題ないのでしょうか。 (3)人通口部の鉄筋補強について  上記仕様書をみると、人通口部は立上り端部及びスラブ筋の補強が 必要であると書いてあります。  現状では、立上り端部にL型の鉄筋を添えている程度ですが、 強度的に問題ないのでしょうか。 アドバイスの程、宜しくお願い致します。

  • 木造の基礎大丈夫かな?

    木造2階建ての、基礎ですが、耐圧版の厚さは15cmで、べた基礎です。 ヒール基礎では、ありません。 地盤は、杭工事がしてあります。 また、すてコンと道路のL型の高さが同じです。 鉄筋ですが、立ち上がり、耐圧盤共に、D10@300で、シングルです。 友人に聞くと、スラブはD13で200ピッチが普通だと言われました。また、今年の10月からは、スラブは10@300では検査も通らないのではないかと言われました。 スラブ10@300で、強度は大丈夫でしょうか? 法的には問題ないのでしょうか? 施工会社は、問題ないと言っています。 また、今は、検査が通り、今年の10月からは通らないのでしょうか? とても心配です。 近くに別の建築屋さんの新築現場があちらこちらにあるのですが、すべて地盤は、杭工事がしてあり、べた基礎で、耐圧盤、立ち上がり共に、D13で@150~@200でした。スラブがダブルの所もありました。 同じ木造2階建で、私の所は、立ち上がり、スラブ共に、D10で@300。 比べると、とても心配です。

  • べた基礎の立ち上がり

    現在べた基礎にて木造3階建てを建設中です。 この住宅を知り合いの建築士に見てもらったところ、 基礎の立ち上がりが低すぎると指摘されました。 施工業者や施工側の建築士は水も入ってこないし大丈夫と言いますが、 4方のうち側面に当たる南側がGLから10cm程度しかありません。 これは問題だと思うのですがいかがなものでしょうか? またこれに対する何か対策があるのでしょうか。

  • 生コン打設で「床と一体になった柱又は壁の打継目」

    生コン打設で「床と一体になった柱又は壁の打継目」の意味がよく解らなく質問します。 「床と一体になった柱又は壁の打継目」のやり方がよくこうなっています。 『受注者は、床組みと一体になった柱または壁の打継目を設ける場合には、床組みとの境の付近 に設けなければならない。スラブと一体となるハンチは、床組みと連続してコンクリートを打つ ものとする。張出し部分を持つ構造物の場合も、同様にして施工するものとする。』 これの意味が変で悩んでいます。 A「受注者は、床組みと一体になった柱または壁の打継目を設ける場合には、床組みとの境の付近 に設けなければならない。」ってことはこれハンチっぽいところのやや下に生コンの打継目を作るってことですよね。 B「スラブと一体となるハンチは、床組みと連続してコンクリートを打つものとする。」ってことはこれハンチとか気にせずに一気に打てってことですよね。 Aはハンチじゃないけどハンチぽいから打継目を作るのでしょうか?