• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

べた基礎のスラブの配筋

3階戸建で べた基礎(スラブは短辺、長辺ともD10@200 ダブル) なんですが、公庫基準(?)ではスラブの配筋についてD13とされていますよね? 構造計算書でD10@200ダブルで計算済であるのですが これは中間検査時(配筋検査)問題ないのですか?もちろん設計図面も計算書にあわせてD10で書かれていて、確認は通っています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4640
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

所員さん?監理建築士さんには聞けないのでしょうか・・ 仰るリンク先のp19ご覧下さい >べた基礎の基礎スラブの断面寸法、配筋及び基礎の立上り壁の配筋は 原則として構造計算により決める。 ただし、設計条件範囲が同等であれば、 構造計算の結果が示されている表2.1.3のべた基礎配筋表によることができる だそうです ご心配なら審査機関にご確認されては如何でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

また、読み落としてましたね・・・すみません。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 床スラブの配筋

    四辺固定のスラブのダブル筋の場合、もち網配置にしないのは何故でしょう。 発生する応力の関係上、両端部は主に上端筋、中央部は主に下端筋に意識して配筋する必要があることは理解しております。それ以外の部分は圧縮力がかかるので配筋は必要最低限にしているんでしょうが、かえって施工の手間がかかり比例して費用も割増になるような気がします。 上下、中央周辺とも全て同じD13-@200 などで施工すれと何か問題でもあるのでしょうか?

  • 木造の基礎大丈夫かな?

    木造2階建ての、基礎ですが、耐圧版の厚さは15cmで、べた基礎です。 ヒール基礎では、ありません。 地盤は、杭工事がしてあります。 また、すてコンと道路のL型の高さが同じです。 鉄筋ですが、立ち上がり、耐圧盤共に、D10@300で、シングルです。 友人に聞くと、スラブはD13で200ピッチが普通だと言われました。また、今年の10月からは、スラブは10@300では検査も通らないのではないかと言われました。 スラブ10@300で、強度は大丈夫でしょうか? 法的には問題ないのでしょうか? 施工会社は、問題ないと言っています。 また、今は、検査が通り、今年の10月からは通らないのでしょうか? とても心配です。 近くに別の建築屋さんの新築現場があちらこちらにあるのですが、すべて地盤は、杭工事がしてあり、べた基礎で、耐圧盤、立ち上がり共に、D13で@150~@200でした。スラブがダブルの所もありました。 同じ木造2階建で、私の所は、立ち上がり、スラブ共に、D10で@300。 比べると、とても心配です。

  • 瑕疵担保のおける基礎配筋について

    瑕疵担保責任保険の基礎配筋について質問です。 弊社の地域は積雪200cmの区域で雪下ろしを条件に150cmまで低減でき、 この場合、木造2階建ての住宅で、まもりすまい設計基準のスパン表より 軽い住宅の短辺3.0以下の条件でスラブ厚150 D13@200シングルの配筋となるのですが、 同じ地域に建設した とある個人工務店の配筋はD10@300シングルで検査を通った との話を聞きました。 地耐力などから構造計算してもここまでの鉄筋にはならないでしょうし、不思議でならないです。 この個人工務店は、実際に検査は受けていないのかもしれませんが、どなたかこのような配筋にできる方法を知っていらっしゃる方、ご教授お願いいたします

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#107982
noname#107982

公庫基準で注文してるなら文句言ってください。 そもそも契約書の材料のサイズと有ってないのなら問題です。 強度でてるのでしょうが?契約は守れですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

設計審査通ってる図面に沿って施工されてれば 問題無いデス 本来設計者か監理者に問い合わせできれば良いんでしょうが。。 あ 公庫の仕様書あるんですよね? よく読んで見てください 構造計算による事って書いてありませんか? 仕様規定(仕様書)に基くか 性能規定(計算書)に基くかだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

あぁぁぁ・・・ べた基礎の寸法及び配筋については(中略)構造計算により決定すること・・・書いてありました。(公庫仕様書) あ、しかし 【性能保証住宅標準仕様】というものに寸法、配筋の仕様がでてるんです。 ・その中に示していない部位等については公庫仕様書を参考に・・・と。 http://www.ajs-kyogikai.org/tech/pdf/hyouzyunn-siyou.pdf p22に。 これには構造計算による。とは書いてないですが。。。 しかもネットで調べてみるとべた基礎の参考図がほとんどD13。 心配です。。。

関連するQ&A

  • 鉄筋拾いの関数

    スラブ配筋拾いの関数を作りたいのですがどうしても関数が書けません。どなたか教えてください。 S 7000*5000  短辺 上 D10 @150      下 D13 @150   長辺 上 D10 @150      下 D10 @150 =IF(OR((E57="上"),(E57="下")),40*G57/1000,10*G57/1000)? 上筋定着 40d、下筋定着 10dかつ150以上←かつ・・・ の部分が・・・エクセルのエキスパートさんよろしくお願いいたします。

  • 4号住宅、瑕疵担保の基礎配筋について

    木造2階建住宅の瑕疵担保保険の検査があります。 4号で、一般地域です。 基礎配筋についてお伺いします。基礎の配筋は、瑕疵担保保険施工基準にのっとった配筋にしないといけないのでしょうか? それにのっとっていない場合、一般的な基礎配筋をしていれば検査のとき構造計算書など必要はないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • べた基礎スラブと立上り基礎の接合部分の防水について

    私は現在、都内に2×4の3階建て戸建住宅を某ハウスメーカーにて新築中の者です。現在基礎工事がほぼ完了し、これから土台(404)の据付けに入る段階ですが、基礎部分の防水について心配な点がありますので詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか。 週末に現場を確認したところ、基礎の内側部分に雨水が深さ1cm程溜まっており、その水が、べた基礎スラブ面と立上り基礎(GLからH=300)との継目部分から外側へ浸み出しているのが3箇所確認できました。基礎の外側は、その濡れている部分以外は全て乾いた状態でした。さらに、その染み出ている部分には、型枠の際のセパレートの金具と思われるものが錆びた状態で顔を覗かせてました。この点をジー○ホームに確認した所、「内側から外へ漏れたとしても、外側から内側へ雨水が浸入することはありえない。施工の許容範囲であり問題ない。セパレート金具は錆びても躯体に影響を与えるものではない」ときっぱり否定され、「長期的に鉄筋の錆びを早めることにならないか」との私の質問に対しても、この程度では全く問題ないとの回答でした。ただここは地盤面が周辺より若干低く、私としては心配なため、暫らく施工を見合わせるよう指示を出しております。このHメーカーの主張は本当に正しいのでしょうか。どなたかアドバイスただけたら幸いです。ちなみに、べた基礎スラブ面はGL+50mm、基礎立上り天端の巾は16mm、高さは300mm、タテ筋は、D10が200ピッチで入ってます。コンクリ2度打ちの際のレイタンスの除去等は行ってないそうです。

  • 建築・簡単な配筋計算

    簡単なRCスラブの配筋計算と単位の変換についてお教えください。 at=M/ft・j この式にて配筋を求めるのですが、今計算しているスラブの応力などを入力して 解を求めると、 at=0.139cm^2 この値は、単位あたりの必要断面積=スラブ1m巾内に必要な断面積?? しかしこれだと少なすぎるので、本を見て スラブ筋ピッチ=使用鉄筋断面積xft・j/M これで計算すると適正な値、【D13 @90程度】 という解が得られます。 しかし前者の式からどうやって考えたら後者の式の解に結びつくのか 考えても頭が悪いのでいまいち納得できる説明が出来ません。 どなたかご教授くださいませ。 ちなみに入力値は M=0.38KN・m j=14.0cm ft=196.7N/mm^2です。 また、単位の変換 1N・Mはなぜ 100N・cmと変換されるのか 数式上は解るのですが(1mは100cmだから)、これもいまいち納得のいく説明が自分で出来ません。 例えば1N/mm^2は100N/cm^2なのは、 1N/mm^2が10x10個集まっているから・・・などと納得しているのですが。このような説明が出来ないのです。 こちらも併せてお教えいただけると助かります。よろしくお願いします。

  • 構造図の基礎コンクリート、鉄筋配筋図の読み方

    構造図の屋上基礎図面(コンクリート基礎の断面図)で 「D13@100D.C(フック付)」との表記があるのですが、読み方と施工方法が分かりません・・。。 この D.Cというのはどのような意味なのでしょうか? (屋上に室外機を設置するため、新しくあご付の基礎を設置します。 図面上では、基礎の上端部分の配筋(あご付近)に記入があります) この場合・・ (1)フック付きのD13鉄筋を100ピッチで格子状に、且つダブル巻きで配筋をすることになるのでしょうか (2)フック付きのD13鉄筋を100ピッチで格子状に、ダブル配筋として上下に配筋することになるのでしょうか (立面の断面図には上筋しか書いてありません・・) 表記が基礎立ち上がり部分の「あご」の部分にこのように記入がある ので・・あご部分だけを指しているのかも分かりません。。 一般的には D.C とは なんと読みますか? また、その施工方法もご教示下さいませ。。

  • 梁のねじり補強筋って?

    現在、確認申請で壁式鉄筋コンクリート造の車庫の構造計算をしています。シャッター側の壁梁が梁 BxH=150x500の単配筋となっています。開口巾は2500なのですが、スラブ厚が170となっているため、構造担当の建築主事に「スラブによる梁のねじれに対して検討して下さい。」と言われたのですが、どんな計算をし、またどのような補強をすればいいのか、分かりません。どなたか構造計算に詳しい方教えて下さい。因みにスラブ短辺端部のM=1.1t・mで、現在 主筋の上筋は2-13下筋は1-D13、STP-D10-200@ 腹筋1段D10です。

  • 木造の基礎大丈夫かな?

    木造2階建ての、基礎ですが、耐圧版の厚さは15cmで、ヒール基礎ではありません。 また、すてコンと道路のL型の高さが同じです。 スラブ鉄筋はD10@300で、シングルです。 立ち上がりの基礎は主筋D13が2本、あばら筋はD10@300です。 3尺の開口部付近には、1.5m位のD13が4本ありました。 友人に聞くと、スラブはD13で200ピッチが普通だと言われました。また、今年の10月からは、スラブは10@300では検査も通らないのではないかと言われました。 スラブ10@300で、強度は大丈夫でしょうか? 施工会社は、問題ないと言っています。 また、今は、検査が通り、今年の10月からは通らないのでしょうか? とても心配です。

  • 基礎 配筋

    基礎の配筋を確認したところ、給・排水配管に鉄筋が干渉する箇所があり、配管との干渉を避けるため、鉄筋(D13)が家の中間ぐらいから外側に向かって約100mm(外側の最大ズレ巾)ずれて斜めに組んである箇所があります。当然その部分については図面の200mmピッチは守れず、100mm+200mmで300mmになっています。若干鉄筋も曲がっているようにも見えます。個人的には鉄筋を斜めに組んで干渉を避けるのではなく給・排水配管と干渉しない箇所に鉄筋を追加したほうがいいと思うのですが、業者さんは問題ないと言うのです。本当に問題ないのでしょうか?

  • 基礎の鉄筋について

    戸建ての提案を2社から示していただいています その中で基礎に関する提案内容が A社(従来工法)  べた基礎  立ち上がり厚み 150mm  基礎パッキン工法  鉄筋 縦・横筋共D13 @150 B社(2×4工法)  べた基礎  基礎パッキン工法  シングル筋 D13 @150  厚み 150mm となっています。 この表記方法の違いによって基礎の強度の違いはあるのでしょうか? また、 A社の担当は、鉄筋を縦横共にD13を使っていることから 通常の基礎より頑丈に施工しているとの説明がありましたが 井形に鉄筋を組んでいくときに短辺と長辺で鉄筋の太さが違うことは ないと思っているのですが私の思い違いでしょうか?

  • 住宅の基礎について 

    初めて質問いたします、この度家を建て直す計画をしているのですが 相談したい内容ですが、以前有った家を壊し新しく家を建て替えるのですが、前面道路が傾斜が有り土地も傾斜しており、家を新しくする時は高い方に合わせて基礎を高くする予定です。そこで気になった事ですが 工務店の基礎図面によると今ある地盤から 1m60cmの基礎をする予定ですが(基礎の上まで) 鉄筋のピッチコンクリートの厚さが気になります。図面では立ち上りの幅150mm 鉄筋ピッチ D13 横 200ピッチ 縦D10 200ピッチ べた基礎なので 下の部分 厚さ150 D13 250ピッチとありますこのような基礎で問題は無いのでしょうか? 担当の方に尋ねると以前もこのような基礎をしたことが有るようですが 本当に大丈夫なのか気になります 地盤検査の結果 3t ?有るみたいです 当方初めての新築になり シビアになりすぎでしょうか? 宜しくお願いします。