• ベストアンサー
  • 困ってます

1、布基礎とフーチングの違い

1、布基礎とフーチングの違い 2、べた基礎とスラブの違い がわかりません また、基礎は地盤面から何センチあればよいのでしょうか? 1、建築基準法 2、そのほかの法律 よろしくお願いいたします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数52055
  • ありがとう数32

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

勘違いするような説明を受けたのですか? フーチングは布基礎の一部を指し スラブはベタ基礎の一部を差します 布基礎は簡単にいうと逆T字の形状です。底の部分に当たる一の字型の部分をフーチングと呼びます。 フーチング部分は地盤に埋め込まれる部分である為、地上に現れません。 フーチングは厚み150mm、幅450mm(平屋300以上)が一般的です。 立上り部=逆T字のIの字型の部分は、厚み150mm(法律上120mm以上)が一般的です。 布基礎の埋め込み深さは通常240mm以上ですが、寒冷地は凍結深度を基準に決定されます。 ベタ基礎のスラブ(底盤)とは、建物全体に水平面にコンクリートを打設したもので厚みは150mm(シングル配筋)、200mm(ダブル配筋)が一般的です。スラブの天面の高さは地盤面より50mm程高く設定します。 雨水などが基礎内部(床下)に流入しないようにするためです。 立上り部は布基礎と同様と考えても良いでしょう。 ベタ基礎の埋め込み深さは120mm以上ですが、寒冷地は凍結深度を基準に決定されます。 基礎の立上り天面の高さ(地盤面からの垂直距離)は法規上300mm以上です。 ベタ基礎で300mm高の場合は、基礎に埋め込むアンカーボルトの埋め込み深さは何とか確保できますが、ホールダウン用アンカーボルトの埋め込み深さが不足します。 埋め込み深さが不足すると、ボルトのコンクリートの付着力が基準に満たない為、地震暴風で建物に水平方向の力が加わった時、柱に引抜力が作用します。 この柱の引抜力に抵抗する為に、基礎に埋設したホールダウン用アンカーボルトで柱を緊結するのです。 このことを考慮するとベタ基礎でスラブと立上部を打継工法とする場合は、私達は基礎高を450mmとしています。 最低でも400mmは確保しましょう。 400mmも450mmも型枠も同じ、手間も同じ、コンクリート量が若干違う程度でコスト的には変わりません。 剛性が向上し、湿気から遠ざかったことで劣化の軽減もメリットとして挙げられます。 ついでに、布基礎とベタ基礎も1割程度しかコストに差はないです。 1割高でメリットや性能がそれ以上期待できるので、現在ではベタ基礎が主流となっています。 逆に、基礎の性能や構造体の耐久性向上よりも、基礎高を低くすることが重要な場合は、一定以上の防湿処理等を施した場合には300mm以上としなくても良いという規定があるので、建築士と相談してその規定を利用する方法もあります。 この程度で参考になりましたか? 詳しく説明が聞きたい場合は書籍を紹介します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 大変参考になりました。

質問者からの補足

大変参考になりました。 できれば書籍もご紹介いただきたいです。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 布基礎orべた基礎はどこで判断するのでしょうか?

    最近はべた基礎が標準的ですが、地盤調査をした後どこで べた基礎 布基礎 を判断するのでしょうか?

  • 布基礎と独立基礎?

    布基礎と独立基礎? 農村地帯の広めの土地に戸建住宅を計画しています。 現在のところ、木造平屋建て、高床式、切り妻屋根の軽量屋根材葺きで、ウワモノ重量を軽量化し、ローコストで耐震性を確保する計画です。 この上物に対する基礎としては、「コンクリートから人間へ」という時代に、べた基礎で大量のコンクリートを流し込むのは気に入りませんので、上物と同様、軽量化、ダイエットし、大地への負荷を軽減し、資源を節約し、耐震性を確保したいと考えています。(できれば私の予算も削減したい!) そこで、布基礎か独立基礎かの選択となるのですが、建築数年後の床下乾燥に期待して高床式を採用するわけですから、布基礎の立ち上り部(GL+450mmぐらい)が床下通風をじゃまするのが気に入りません。 かといって、人通口のように、布基礎でありながら基礎の一部をカットしてしまう神経も理解できません。 「傾斜地に建っている別荘」などに使われている独立基礎は平地の平屋住宅では使えないのでしょうか? ボイド管で柱の数だけ独立基礎を立て、その上に柱直建てができないかと考えています。 そこで、木造住宅の基礎の専門家に質問です。 1.平地の平屋建てに独立基礎が使われていない理由は何でしょうか? (「基礎屋さんの売り上げ確保」って答えは無しですよっ!) 2.軽量住宅の基礎に独立フーチング基礎を使う場合の注意事項は何でしょうか? 3.土台無しの木造建築の建築確認を取るにはどうしたらよいでしょうか? 4.「傾斜地に建っている別荘」は次回の大地震の際に崩壊するのでしょうか? 追加の質問ですが、 5.梅雨時に工事されたべた基礎で、そのべた基礎に覆われた土中の水分は、その後、乾燥期になってもべた基礎の下や、防湿シートの下でウジウジしているのでしょうか?

  • 布基礎の設計について

    ある木造ツーバイフォー構造の基礎伏図を見て不思議なところがあるのですが布基礎のフーチングがドア開口の下で途切れています。 床まである壁の下だけにフーチングがある状態です。 基礎形状が途切れ途切れで非常に複雑です。 途切れているどころか部分的に独立基礎のような部分もあります。 単純に考えてドア開口の下もフーチングがつながっていた方が強固になると思うのですが。形状的にもスッキリするし。 私も構造は専門外ですが、こんな基礎伏図は初めて見たので凄く違和感があります。 コンクリートや鉄筋をケチるためですかね? ツーバイフォーだから壁だけ支えればいいという考え方? こんな布基礎ありですか? わかりにくい文章ですみません。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • 5235
  • ベストアンサー率47% (9/19)

布基礎は別名連続フーチング基礎とも言います。一般に低層住宅に用いられる事が多いです。違いと聞かれますと少し困ります。独立フーチング基礎というものもありますし、建物を支える四角形の板状のものの呼び名だと思います(連続フーチング基礎であれば、フーチングが連続したものと解釈できます)。 べた基礎はスラブ(床版)を直接地面に置く基礎形式で、布基礎に比べ不同沈下の恐れが少ないため、最近は住宅でも良く見られます。スラブ(床版)は一般にRC造の床の事を言います。スラブのような床版を基礎に用いたのが、べた基礎だと思います。 基礎の構造的技術基準は基準法施行令38条に規定され、H12年建設省告示1347号に具体的内容(床版の厚さ、根入れ深さ、立ち上がりなど)が記載されています。 べた基礎であれば、立ち上がり部分の高さ30cm以上、立ち上がりの厚さ12cm以上、基礎底版の厚さ12cm以上、根入れ深さ12cm以上などの規定があります。 布基礎であれば、立ち上がり30cm以上、立ち上がり厚さ12cm以上、基礎底版の厚さ15cm以上、根いれ深さ24cm以上、です。 他にも鉄筋径や、配筋間隔の規定もされています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 参考になりました。

関連するQ&A

  • 布基礎とべた基礎

    いつもお世話になっています。べた基礎と思っていた基礎が布基礎ではないかとシロアリ駆除の業者に言われたのです、自分で確認したいと思うのですが、素人がみても判るのものなのででしょうか?判るものでしたら、確認のポイントを教えてください、よろしくお願いします。

  • ベタ基礎と布基礎 どちらがいいの?

    地盤によってベタ基礎が合うとか、布基礎が合うとかあると思いますが、最近のハウスメーカーの傾向をみると、どのようなハウスメーカーでもベタ基礎で施工しているように思うのですが、本当のところどうなのでしょうか? 私の知り合いの人が言うには、ベタ基礎の施工は簡単で、布基礎の施工は技術がないと難しいとのことでした。そのようなことがあってベタ基礎が増えているのでしょうか? また、ベタ基礎のほうがシロアリ対策としては、有効なような気がします。もっとも布基礎でもアリダンシートというのを敷いて、シロアリ対策は大丈夫とのことのようですが、本当のところどうなのでしょうか?   どうかわかる方がいたら教えてください。  よろしくお願いします。

  • 新築時の基礎

    いつもお世話になっております。 やっと工務店と契約できそうなのですが、住宅基礎の問題ななのですが工務店は布基礎標準にての感じなのですが(地盤調査で問題なければ) 私は問題がなくてもあってもべた基礎を考えておりましたが地盤調査後問題が無い場合は工務店の言う様に布基礎でも良いのでしょうか? 私自身は詳しくわかりませんが、今までHMとお話してきた過程でべた基礎が一般的と思い込んでいる為。ご指導お願い致します。

  • ミサワって布基礎?

    ミサワホームって、布基礎が多いんでしょうか?

  • ランマー等で布基礎が不同沈下しないか心配なのですが

    何時もお世話になります 補強コンクリートブロック造2F建物のリフォームで 既存の布基礎にベタ基礎を補強追加するときに、地業はどうなるでしょうか? ランマー等で布基礎が不同沈下しないか心配なのですが、 基礎立ち上がり際-フーチング上部など問題無いですか? 転圧方法どうしてるのでしょうか? 6畳位です (ハツリ機のランマーは持っているのですが、たこでは) よろしくお願いします

  • 布基礎の下部にフーチング部がない+水たまり問題

    自分で自宅リフォーム中です。  床下を点検したところ、 なんと、布基礎にフーチング部がありません。  そこで、自分で補強することにしました。 幸い、車庫をつくるために、床下が1500mm程度あり、作業は半素人でも できそうです。 自分で考えた手順 1)布基礎のしたを掘る 2)掘った部分をつき固める 3)型枠をつくる 4)ビニールシートを敷く(防水のため) 5)グリ石を入れる 6)鉄筋、ワイヤーメッシュを入れる 7)コンクリートを流し込む 8)養生をする 問題は、布基礎の下を掘ったところ、 水が、出てきて、基礎の下端から20cmのところあたりが、 水面になってしまいます。 くみ出しても、10分もするとたまります。  つき固める作業は、水をくみ出しながらの 困難なものになりそうです。 セメントには、防水剤(マノール)を入れようと思います。  河川敷を固めるコンクリートのようなものが いいように思うのですが、、、  アドバイスよろしくお願いします。

  • 布基礎とべた基礎

    どういう時に布基礎という区分けなどはあるのでしょうか?どちらが地震に強いのでしょうか?コストはどちらが高いですか?

  • 柱状改良する場合、基礎は布基礎?ベタ基礎?

    木造2階建の住宅の新築にあたり、柱状改良による地盤改良をする予定です。 この場合、建物の基礎は布基礎とベタ基礎のどちらが良いのでしょうか? 表層改良なら荷重を全体で支えるベタ基礎が良いのでしょうが、柱状改良なら荷重を柱部分の基礎で支えるので布基礎で十分のような気がします。 また、ベタ基礎だと全面に配筋しコンクリートを打つので重量が増えるし、杭の本数も増えコストアップにつながるのではないでしょうか? 木造2階建で1階の床面積が17坪ですが、ベタ基礎から布基礎に変更すると、どれくらい建築費が安くなりますか?

  • べた基礎と法律

    布基礎で木造住宅を従来工法で建てたいのですが、 うわさで、現在(H17)に新築する住宅の基礎は 「べた基礎」「土間コン」 でなければ建築基準法に反すると聞きました。 これは本当でしょうか?

  • diy 布基礎のアンカーボルト

    お世話になります。 DIYで3坪のガレージを作ろうと思います。 布基礎とし、下部より 砕石10cm、生コン10cm、重量ブロック(布基礎に2cm埋め込み)、重量ブロック2段目、4×4土台としています。 台風等の対策として、アンカーボルトを布基礎横筋部より土台まで立ち上げた方がいいと思うのですが(550mmのアンカーボルト使用)、ブログ等を散見すると そこまで長いアンカーボルトを使っていないように見受けます。 また、ブロック1段目と2段目の間には、横筋を入れた方がよいのでしょうか? 上記2点、どんなものなのでしょうか? 鉄筋は2ブロックごとに布基礎より重量ブロック2段目上面まで入れます。 宜しくお願い致します。