• 締切済み
  • すぐに回答を!

増資 減資について

 恥ずかしい話ですが、銀行より融資の見合わせがありました。理由は繰越損失と債務超過によるものです。銀行からは 増資をして減資をすると繰越損失と債務超過は消え融資が再開できると言われました。どう言うことでしょうか? ちなみに資本金は500万 繰損3000万 債務超過2000万 私が会社に貸しているお金は5000万あります

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3050
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3
  • ctaka88
  • ベストアンサー率69% (308/442)

返済を求められていない社長個人からの借入金は、自己資本とみなすべきことと、金融庁からの指導があります。(「金融検査マニュアル別冊」下記URLからダウンロードできます。事例1がその例です) 新規取引は難しいかもしれませんが、従来からの取引銀行でご質問の状況であれば債務超過とは見られないと思います。 まず、金融検査マニュアルをしめして、5千万円は自己資本であることを主張してはいかがでしょうか。 増減資はその後に考えても良いと思います。

参考URL:
http://www.fsa.go.jp/policy/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

5月1日に会社法が施行されますから従来のように、会計上の繰越損失を消滅させることは株主の出資を原資とする資本取引によっては出来なくなります。減資した場合は、資本剰余金または資本準備金になるだけです。したがって、繰越損失(利益剰余金の赤字)は、そのままになります。 法人税申告書・別表7の繰越欠損金は、いくらありますか。そこまで会社に貸し付けてある分を免除すれば債務免除益で繰越損失を埋めることが出来ます。 借入金/債務免除益 ○○○

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

株主は自分と妻だけ・・・新会社法では繰損と債務超過は消せないのですか?別表の繰越欠損金は1000万円程度です、債務免除を出したら税金がかかるのではないでしょうか?

  • 回答No.1
noname#46899
noname#46899

資本金を減らすと減資差益が発生します。それを損失補てんに充てるということです。 今現在、資本金は500万円ですから仮に資本金を0にしても発生する減資差益は500万円にしかなりませんので、繰越損失を全部消すのであれば、いったん増資して3000万円以上にしてから3000万円の減資を行います。そうすれば3000万円の減資差益が生じますので、繰越欠損金が消えます。 増資には本来振込みが必要ですが、あなたが会社に貸しているお金を出資に充てれば振込みすることなく増資できます。ただしその貸付金の返済を受けることはできなくなります。 それでも、減資をしてもあなたが出資者であるということには変わりありませんので、将来会社が持ち直せば、配当金や清算金の形で取り戻せるでしょう。 以上、あくまで概略です。 詳しいことは司法書士さんなどの専門家に相談してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ありがとうございます よくわかりました。増資 減資はどの時期で行えばよいのでしょうか?決算時期の直前に増資 減資を行えばよいのでしょうか そうすれば今度の決算書はきれいになりますか 

関連するQ&A

  • 増資・減資について

    会社の債務超過6000万円を解消するため、増資減資を考えています。資本金1000万円では欠損填補ができないため、関連会社からの借入金6000万円を現物出資してから欠損填補をしたんと思います。そこで・・・ 1.増資してすぐに(債権者手続終了後)減資することはできますか? 2.この場合、株主は私一人ですが、手続終了は最短1ヶ月でできますでしょうか? 3.司法書士に手続をお願いした場合、報酬はいくらぐらいになるでしょうか?(現物出資の証明は友人の会計士に無償でお願いする予定です) 以上、よろしくお願い致します。

  • 減増資の疑問です、教えてください。

    今回会社の代表取締役が変更されるのですが 銀行融資を受けるにあたり銀行担当者から 前代表のうちに減資し 代表が変わったら増資、つまり減増資して 債務超過を消す様に言われました。 増資して負債が減るのはわかりますが、 その前に減資しておく理由がわかりません。 勉強不足すぎな私に理由を教えて頂けませんでしょうか。

  • 会社の増資・減資について

    小さな会社(資本金300万円)を経営している知り合いの話です。 わかりやすく箇条書きで質問させていただきます。 (1)会社に対する貸付が2,700万円あるが会社としては返済不可能。 (2)この貸付が残ったままだと、もしものことがあったときの息子に対する相続税が心配。 (3)貸付分と同額の増資をして資本金を3,000万円にしたい。 (4)そうすると均等割が上がってしまうので機を見て減資したい。 というのが希望なのですが、この流れの中で何か問題はあるでしょうか? また、増資をしてすぐに減資をするのは可能なのでしょうか? どのぐらい期間をあければよいとか、そういったことはあるのでしょうか? ちなみに現在、貸付と同額程度の繰越損失があります。

  • 債務超過に対する減資増資につきまして

    はじめまして。都内で小さな有限会社を経営するものです。 現在、設立4年目ですが、3期目の決算で債務超過となっています。 知り合いに話したところ、 今後、銀行からの融資や企業との取引を考えると 「減資増資をして解消したほうがいい」と言われました。 3期目の債務超過は100万円ほどだと思います。 貸借対照表では「純資産の部合計」が-1,000,000となってます。 ちなみに、3期目の決算が出る直前に金融機関から300万円借りましたので 4期目である今期(8月末決算)は その分ものっかってくると思います。 希望としましては 3期目の債務超過を解消したいのと 4期目も黒字にできるようにしたいです (4期目については、今、営業を奮闘している最中ですが) 伺いたいのですが すでに終わっている3期目の決算を 減資増資というので解消できるのでしょうか。 やるとしたら、具体的にどのようにしたら良いか ご教授いただければ幸いです。 不勉強で申し訳ありません。 過去に似たような書き込みがありましたが 今ひとつピンと来ず、書き込みさせて頂きました。 宜しくお願いします。

  • 増資と減資について

    増資と減資について私の解釈が間違っているかどうかを教えていただきたいです 増資をすると ・株の発行数が増える ・一株あたりの額面は変化なし ・資本金が増える 減資すると ・株の発行数は変化なし ・一株あたりの額面が減る ・資本金が減る 上記のような解釈でよろしいでしょうか ご存知の方お教え願います

  • 減資について

    非上場の株式会社です 資本金1700万 株主 私1500万 妻200万 今回資本金を1000万にするために私に700万支払い有償減資をしました 会社の帳簿上の純資産は500万で時価評価すると債務超過になります この場合、税務上会社と個人株主に何か問題が発生するでしょうか? よろしくお願い致します

  • 有償減資

    非上場の株式会社です 資本金2200万円 株主は全て私です。 以前、1000万円の資本金から1200万円の増資をして 資本金2200万円にしましたが、増資時の1200万円は 見せ金のため「貸付金」処理されています。 資本金を1000万に戻すために有償減資として私に1200万円支払い。 貸付金を返した形にしたいと思います。 会社の帳簿上の純資産は200万で時価評価すると債務超過になります この場合、会社と私個人に何か税法上問題が発生するでしょうか? よろしくお願い致します 。

  • 増資と減資について質問します。

    増資と減資について質問します。 弊社は資本金3000万円の中小企業です。補助金を受ける関係で3000万より資本金を増やしたくはありません。 ただ、取引等の都合でこの会社は第三者なのですが、出資を受けることになりました。 金額は1000万です。 そうすると3000万円を超えてしまうので、増資をして減資をすることはできるのでしょうか? また、減資して増資するのは、既存の株主に不利になるから却下されると思うので、 増資→減資というパターンが無難なのでしょうか? また、こういうことが認められると増資の1/2以上は資本金にするという決まりの意味がなくなってしまうような気がします。 問題ないなら増資、減資で3000万のままにしたいと考えています。 最後に、この増減資は同日にできるものでしょうか?

  • 減資をして繰越損失を処理できるのはなぜ?

    累積損失を抱えた企業が減資により繰越損失を処理したりしますが 何故このようなことができるのでしょうか? 例えば減資により資本金を10分の1にしたとして、その分繰越損失を圧縮したりしてますが、資本金とは会社設立時あるいはその後の増資により調達した資金であり、バランスシートに記載される資本金の額は、現実的にそこにそのお金があるわけじゃないですよね。 でも繰越損失は長年(あるいは急速な業績悪化で)積み重なった負債、いわば実際にそれだけのお金が必要なのにそこに無かったから損失として計上している実態のある損ですよね。 ではなぜ経理上の(単なる記録の?)資本金で実質的な損である繰越損失を処理できるのでしょうか? また、減資は株主に対して中立だそうですが、であるならば(その後の株価下落や減資をしなければならない経営状態はさておき)ある程度資本金のある企業が繰越損失を計上してしまった時は、減資により簡単に 財務体質を向上できるように思われますが、実際にはそう簡単にはできるもんじゃないですよね。 それは何故ですか? なぜ経営者は減資を簡単に実施できないのか? 基本、株主に対し中立で、減資後の財務基盤が飛躍的に改善されるのであれば株主を納得させることはそんなに難しいこと? 減資せずに多大な損失を抱えたまま長期間掛けて会社を再生に導くのも (配当を出せない、株価も上がらない)株主にとってデメリットのような気がします。最悪潰れますし。 なら、サッサと減資してその後近い将来良くなりそうなら、その方がいいと思うのですが・・・ 例えば下記の事例はどうですか? 純資産の部  資本金    6500億  資本準備金  4500億  利益余剰金 △7000億  株主資本合計 4000億 ど素人ですみません・・・、よく考えると7000億の負債を抱えてなんで倒産しなのかもよく分かりません。 損失を抱えたままの営業活動なんて???だし、借金で穴埋めしているのなら有利子負債のような気も・・・ 宜しくお願いします。

  • 増資、減資

    「増資、減資」は資本金の変更であって、必ずしも株数の変更等を伴う とは限らないのでしょうか?