• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

中和滴定について追加質問

食酢10mlを100mlのメスフラスコに入れ、蒸留水を標線まで満たして作った溶液を0.089(mol/L)の水酸化ナトリウムで5回滴定したら平均値が8.206でした。食酢1リットル中の酢酸の重量を求めなさい。という問題なんですが・・・ C(mol/L)×10(ml)=0.089(mol/L)×8.206(ml) C=0.073(mol/L) 0.073(mol/l)=A(g)/60×1(L) A=4.38g 先ほど質問したら、この回答で良いそうなんですが、最初に10mlを100mlに希釈してるので0.073mol/Lを0.73mol/Lとしてから計算するのでしょうか?つまり解答は43.8g??お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数274
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#62864

問題点を整理しますと、求められているのは、「食酢1リットル中の酢酸の重量」です。 今回の実験には、食酢10mlを用いており、その中のすべての酢酸について中和滴定を行いました。 したがって、100mlに希釈したとしても、その中に含まれる酢酸の量は変化しませんので、滴定結果に影響はありません。 しかし、考えてみますと、わざわざ、メスフラスコを使って精確に100mlに希釈していると言うことは、その希釈液の一部を使うという意図があるように思います。 すなわち、「希釈したもののうちの10mlを滴定に用いた」という記述が欠落しているのではないかと思います。単に希釈するだけなら、メスフラスコで精確に行う必要はありません。 実際に解いておられる考え方はかなり煩雑で、余りよい方法とは思えませんので、別の考え方を示します。 仮に希釈した食酢の全量を滴定に用いたと仮定しますと、食酢10ml分の酢酸が含まれていることになりますので、食酢1リットル中の酢酸の100分の1が含まれていることになります。 したがって、食酢1リットルの滴定に要するNaOH水溶液は、8.206mlの100倍、すなわち、820.6m l=0.8206 lということになります。 すなわち、酢酸の量は 0.8206x0.089x60=4.38 g ということになります。 しかし、この値は食酢中の酢酸の濃度の10分の1程度ですので、おそらくは上述のように、操作が1つ欠落しているのだと思います。 その操作を追加すれば、結果は43.8gになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。みなさんの回答をふまえてもう一度考えてみます。

関連するQ&A

  • 中和滴定について

    食酢10mlを100mlのメスフラスコに入れ、蒸留水を標線まで満たして作った溶液を0.089(mol/L)の水酸化ナトリウムで5回滴定したら平均値が8.206でした。食酢1リットル中の酢酸の重量を求めなさい。という問題なんですが・・・ C(mol/L)×10(ml)=0.089(mol/L)×8.206(ml) C=0.073(mol/L) 0.073(mol/l)=A(g)/60×1(L) A=4.38g これでいいんですかね?ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

  • 中和滴定の実験で・・・

     こんにちは。中和滴定の実験で、気になったことが2つほどあるのですが・・・ 1つ目は、ホールピペットとビュレットは使用する液で洗ってから使い、 メスフラスコや三角フラスコは蒸留水で洗ったまま使うのは、 なぜかということです。 2つ目は、食酢の希釈の時です。メスフラスコに蒸留水を加えて100mlにして、 よく混ぜたあとで液面が下がっていたことです。 実験では、食酢(酢酸)と水酸化ナトリウムを使いました。 多いのですが、ご回答のほどお願いします。

  • 中和滴定について

    初歩的な質問ですが 答えて頂けたら幸いです。 「食酢10mlを水に溶かして100mlの溶液にし、薄めた食酢10mlをとった。水酸化ナトリウム水溶液で滴定すると7.00mlだった」 という問題がありました。 酢酸のモル濃度cとしたとき 水素イオンの物質量は 1価×C[mol/l]×10/1000[l] という式で表せますよね? でも、100mlから10ml とったのなら体積は 10/100になるのではないのですか? 解き方を忘れてしまったので 教えてください。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#17565

#2の方の指摘する「『希釈したもののうちの10mlを滴定に用いた』という記述が欠落している」という解釈は、かなり妥当なものだと思います。というのは、食酢の濃度は一般的に3%~5%くらいだからです。 そう思って「食酢+濃度」で検索してみたら、参考URLが見つかりました。まさに、この中和滴定に符合する実験の説明です。#2の方の指摘を頭において、読んでみて下さい。

参考URL:
http://www.e-t.ed.jp/edotori44001/index.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。みなさんの回答をふまえてもう一度考えてみます。

  • 回答No.4
noname#17565

わたしは#1の方が正解だと思います。 食酢10ml中には、0.089(mol/L)×0.008206(L)= 0.00073 mol の食酢があることになります。 したがって、食酢1L中には、0.00073 mol × 100 = 0.073 mol の食酢があるはずです。 0.073 mol の食酢は、0.073 × 60 = 4.38gになるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。みなさんの回答をふまえてもう一度考えてみます。

  • 回答No.3

先ほどの質問でも、その回答で良くないことを指摘していますが分かりませんでしたか? その計算で求めたのは薄めた食酢。 問題で聞いているのは元のうすめる前の食酢についてです。 この質問の通り、薄めた食酢濃度が7.3*10^-2mol/Lだから元は7.3*10^-1mol/Lと考えてもかまいませんし、 10倍希釈の濃度c/10について立式して 1 * c/10 * 10mL = 1 * 0.089 mol/L * 8.21 mL よりc=0.73 mol/Lと求めてもかまいません。 何についての質問かを考えてください。 #1さんは残念ながら誤りです。薄めた食酢についての問題ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。みなさんの回答をふまえてもう一度考えてみます。

質問者からの補足

つまり答えは43.8gになる。ということですかね?

  • 回答No.1

計算式の中には100mlはどこにも出てきてません。 100mlは滴定しやすいように液量を増やすためのものです。 実際には C(mol/L)×10(ml)=0.089(mol/L)×8.206(ml) こういう計算をしているとおり、酢酸10mlに対して反応した水酸化ナトリウム量で計算しているので、問題ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。みなさんの回答をふまえてもう一度考えてみます。

関連するQ&A

  • 中和滴定の実験

    皆さん宜しくお願いします。市販食酢10mlをホールピペットで取り、100mlメスフラスコに入れ、水で定量まで希釈する。この食酢を10mlホールピペットで取り、三角フラスコの入れ0.1N NaOH(F=1.007:Fは力価です)で滴定する。指示薬はフェノールフタレインを用いて3回滴定した。1回目7.22ml、二回目7.29ml、三回目7.21mlで平均7.24mlとなりました。食酢中の酢酸の含量%(w/v)を求め、モル濃度を求める。0.1N水酸化ナトリウム溶液1mlに相当する酢酸のグラム数を求める。 わからないです。教えてください。

  • 中和滴定

    (a)食酢25.0mlをとり蒸留水でうすめて500mlとした。 (b)その薄めた食酢10.0mlをとって,0.100mol/lの水酸化ナトリウム溶液で滴定したところ,15.0mlを要した。 もとの食酢中の酢酸のモル濃度はいくつか? という問題なのですが、どうやって解いたらいいのか分かりません。教えてください。

  • 中和滴定

    初めまして。 最近学校で中和滴定(塩酸と水酸化ナトリウム溶液)を行いました。 私はひとつ失敗をおかしてしまいました。ホールピペットで塩酸を10mlはかりとってメスフラスコに移し10倍希釈をしたのですが、メスフラスコの標線を超えてしまったため通常より薄まってしまいました。 これが滴定値に与える影響について知りたいのですがどなたかご存知の方いらっしゃいますか?

  • 中和滴定について

    0.10mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液を使って酢酸を中和させました。 方法は... 10mLの酢酸に水を加えて100mLにしました(10倍に希釈) これに水酸化ナトリウム水溶液8.515mL滴下したら中和しました。 Q1…希釈前の酢酸のモル濃度を求めよ Q2…Q1から質量パーセント濃度を計算で求めよ(酢酸の密度は1g/mLとする) お願いしますm(._.)m

  • 食酢と水酸化ナトリウムの中和滴定について

    食酢10mlに蒸留水30mlを加えたものを、水酸化ナトリウム(0.1mol/L)で中和滴定すると、中和するのに必要な水酸化ナトリウムは7.5mlだった。 1)うすめた食酢のモル濃度 2)もとの食酢のモル濃度 3)食酢の質量パーセント濃度(食酢の密度は1g/cm^3) を求めるのですが、1)の解き方がわかりません; あと、食酢は10ml→40mlになったので 4倍に薄まったのでしょうか? 教えてください、よろしくお願いします。

  • 中和滴定・・・

    化学の問題について質問です。 次の問題がわかりませんでした・・・ どなたか分かりやすく説明してくれるとうれしいです(´▽`) ○食酢を正確に10.0mLとり、器具Xに入れて水を加え、全量を100mLとした。このうすめた水溶液20.0mLを器具Yを用いてコニカルビーカーにとり、指示薬Zを加えたのち、9.17×10(-2)mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液で滴定した。中和点までに必要な水酸化ナトリウム水溶液の体積は15.6mLであった。 問 もとの食酢の質量パーセント濃度は何%か。有効数字3桁で答えよ。ただし、食酢の密度は1.00g/立方センチメートルとし、食酢中の酸はすべて酢酸とする。CH3COOH=60.0

  • 中和滴定の実験をしたのですが…。

    酢酸を水酸化ナトリウムで滴定して滴定曲線を作成したのですが、塩酸を水酸化ナトリウムで滴定した時のものと比べると始めの方で少し、pHが急激に増加しているところがあります。塩酸の方は始めからほぼ直線的になっていたのにどうしてでしょうか。 あと、ふつうの蒸留水のpHが5~6なのはなぜですか。教えて下さい。

  • 中和滴定(計算)

    今中和滴定のところで、 食酢を水で10倍に薄めた溶液10.00mlを水酸化ナトリウム0.100mol/Lで滴定したところ8.25mlを要した。 もとの食酢100ml中に含まれている酢酸は何gか? という問題があったのですが、どうしても答え(4.95g)にならず、式が 60×0.0825×0.1=0.495 となってしまいます。 どこが違うのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 酢酸と水酸化ナトリウムの中和滴定

    酢酸と水酸化ナトリウムの中和滴定をする際、なぜ、三角フラスコは蒸留水で洗った後、ぬれたまま使用してよいのか教えてください。

  • 中和滴定

    食酢の10%溶液10mlにフェノールフタレインを数滴加えた後、0.1mol/lの水酸化ナトリウム溶液を滴下していくと、7.25ml加えたところで薄い赤色に着色した。食酢中の酢酸は何mol/lか。という問いなんですけど、どういうふうに考えて解けばいいのか教えてほしいです。