• 締切済み
  • すぐに回答を!

中和滴定について

0.10mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液を使って酢酸を中和させました。 方法は... 10mLの酢酸に水を加えて100mLにしました(10倍に希釈) これに水酸化ナトリウム水溶液8.515mL滴下したら中和しました。 Q1…希釈前の酢酸のモル濃度を求めよ Q2…Q1から質量パーセント濃度を計算で求めよ(酢酸の密度は1g/mLとする) お願いしますm(._.)m

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1325
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)

 #1です。この問題の場合、元の酢酸を10倍に希釈してその全量を滴定に使ったと読み取れるのですが、もしそうだとすると希釈はダミーで、元の酢酸10mlに対して0.1mol/Lの水酸化ナトリウム8.515mlが当量であると考えればいいことです。従って酸と塩基の当量関係から(xは元の酢酸の濃度) x*10/1000=0.10*8.515/1000 x=0.0815(mol/L)  希釈前の酢酸1L(つまり1kg)中に含まれる酢酸は 60*0.0815=5.109 (g) なので、質量%にすると0.51%です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中和滴定

    濃度不明の酢酸水溶液を10ml取り純水を加えて100mlになるようにうすめた。この薄めた酢酸水溶液20mlを0.10mol/lの水酸化ナトリウム水溶液で滴定したら、8.0ml加えたところで中和点に達した。酢酸=60酢酸水溶液の密度を1.0g/? (1)薄めた酢酸水溶液のモル濃度? (2)薄める前のモル濃度? (3)薄める前の酢酸水溶液の質量パーセント濃度? 分かる方解き方を教えて下さい

  • 中和滴定について

    初歩的な質問ですが 答えて頂けたら幸いです。 「食酢10mlを水に溶かして100mlの溶液にし、薄めた食酢10mlをとった。水酸化ナトリウム水溶液で滴定すると7.00mlだった」 という問題がありました。 酢酸のモル濃度cとしたとき 水素イオンの物質量は 1価×C[mol/l]×10/1000[l] という式で表せますよね? でも、100mlから10ml とったのなら体積は 10/100になるのではないのですか? 解き方を忘れてしまったので 教えてください。

  • 中和滴定の考察

    先日中和滴定の実験を行い、レポートを提出しなければならないのですが考察が全くわかりません I水酸化ナトリウム水溶液の濃度から市販の食酢の濃度を調べる  (食酢は10倍希釈液です) II食酢の滴下量の平均 7.93ml ・IIの結果から食酢のモル濃度を求める  (水酸化ナトリウム溶液の濃度は0.100mol/Lとして計算する) ・食酢の溶液の密度を1.00g/㎤として重量100%濃度を求める モル濃度は色々なサイトを参考にして計算すると0.127mol/Lになりました パーセント濃度についてはいくら調べても全くわかりません 分かる方、回答お願いします

  • 回答No.2

こんにちは。 10倍に希釈したときに水酸化ナトリウム水溶液を8.515mL消費したのですから、希釈前は85.15mLの水酸化ナトリウムが必要だったわけです。水酸化ナトリウムの濃度は0.10mol/Lですので85.15÷0.10で851.5moLの水酸化ナトリウムが消費されたわけです。これが10mLつまり0.01Lに入っていたのですから、851.5÷0.01=85150、そして実際に滴定に使ったのは100mLつまり0.1Lですので、85150×0.1=8515mol/Lが答えになります。 酢酸の分子量は60であり、密度が1g/mLなので、8515/60×1=142、これを8.515で割って16.7重量パーセントとなります。 勉強頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)

中和点において酸の当量数=塩基の当量数であり、この問題の場合、酸も塩基も一価ですから酸の物質量=塩基の物質量です。物質量はモル濃度*体積で与えられるので、酢酸のモル濃度をxとすると 水酸化ナトリウムの物質量:0.10*8.515/1000 酢酸の物質量:x*10/1000=x/100 です。両者を等しいとおくとxが出ます。 モル濃度がxということは、1L中(密度が1g/mLなので1000g)中にxモル、つまり60xグラムの酢酸が溶けているということです。従ってこの酢酸(希釈前)の質量%濃度は 60x/1000*100=6x になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中和滴定・・・

    化学の問題について質問です。 次の問題がわかりませんでした・・・ どなたか分かりやすく説明してくれるとうれしいです(´▽`) ○食酢を正確に10.0mLとり、器具Xに入れて水を加え、全量を100mLとした。このうすめた水溶液20.0mLを器具Yを用いてコニカルビーカーにとり、指示薬Zを加えたのち、9.17×10(-2)mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液で滴定した。中和点までに必要な水酸化ナトリウム水溶液の体積は15.6mLであった。 問 もとの食酢の質量パーセント濃度は何%か。有効数字3桁で答えよ。ただし、食酢の密度は1.00g/立方センチメートルとし、食酢中の酸はすべて酢酸とする。CH3COOH=60.0

  • 食酢と水酸化ナトリウムの中和滴定について

    食酢10mlに蒸留水30mlを加えたものを、水酸化ナトリウム(0.1mol/L)で中和滴定すると、中和するのに必要な水酸化ナトリウムは7.5mlだった。 1)うすめた食酢のモル濃度 2)もとの食酢のモル濃度 3)食酢の質量パーセント濃度(食酢の密度は1g/cm^3) を求めるのですが、1)の解き方がわかりません; あと、食酢は10ml→40mlになったので 4倍に薄まったのでしょうか? 教えてください、よろしくお願いします。

  • 中和滴定の問題について。

    25度において、1.0mol/Lの酢酸水溶液10mlと、1.0mol/Lの塩酸5.0mlを混ぜた溶液に、精製水を加えて100mlにする。この溶液に、2.0mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液12.5mlを徐々に滴下したときのphの値を求めよ。 この問題の、解き方が分からなくて困っています。 できれば、教えていただきたいです。

  • 質量パーセント濃度についての質問ですf(^_^)

    問題としては、10倍に希釈した食酢10mlを0.1mol/lの水酸化ナトリウム水溶液で滴定したところ、中和するのに7.3ml要した。食酢中の酸はすべて酢酸であると仮定し、食酢の密度を1.0g/mlとすると、希釈する前の食酢中の酢酸(分子量60)の質量パーセント濃度は何%になるか?と言う問題です。選択肢は、2.7%、4.4%、4.8%、5.3%、7.3%です。 酢酸は、CH3COOHで水酸化ナトリウムは、NaOHなのは分かるのですが、化学反応式が上手くいきません。質量パーセント濃度、モル濃度、質量モル濃度の公式は分かります。 この先が分からないので、誰か詳しく教えて下さい。宜しくお願いします。

  • 中和滴定の問題

    初めて質問させていただきます。 A シュウ酸二水和物W[g]をはかり取り、水に溶かして正確に500mlの溶液にした。これにより、0.10mol/lシュウ酸溶液を調製した。 B Aで調製したシュウ酸溶液20mlを水酸化ナトリウム水溶液で滴定したところ、40mlを要した。 C 酢酸水溶液10mlをはかり取り、100mlに希釈した。うすめた酢酸水溶液10mlに、フェノールフタレインを加えた。これをBの水酸化ナトリウム水溶液で滴定すると、7.0mlを要した。 問1 終点での変色を「青色→緑色」のように書け。 問2 Wの値を有効数字2桁で答えよ。 問3 うすめる前の酢酸水溶液のモル濃度を、有効数字2桁で答えよ。 高校生の妹に適当に買ってきた問題集を解かせていたのですが、私自身が化学含め理系の科目がさっぱりで...。解説も分かりづらいため、ぜひ詳しい解説をお願いしたいです。また、このような問題が出たときのポイントなども教えていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

  • 中和滴定の問題を教えてください

    シュウ酸水溶液と水酸化ナトリウム水溶液の中和滴定の問題を教えてください。 シュウ酸水溶液の採取量10ml、水酸化ナトリウム水溶液の平均使用量11.7ml、シュウ酸溶液のモル濃度0.05mol/Lの時、 ①水酸化ナトリウム溶液のモル濃度 ②使った水酸化ナトリウム水溶液の濃度(g/L) ③上記の濃度(%) はどうなるかをお願いします。 できれば途中式を書いていただけるとうれしいです。 本日の15時までに解答をできる方、お願いいたします。

  • 中和滴定について

    中和滴定の実験について教えてください。 実験は (1)シュウ酸二水和物0.63gをメスフラスコに入れ、純粋を少量加えて溶かす。 完全に溶けてから、さらに純粋を加えて100mlとする。 (2)ビュレットの中を、まず少量の水酸化ナトリウム水溶液で洗ってから(洗浄液は捨てる)、あらためて水酸化ナトリウム水溶液を入れる。活栓よりも下の空気を液を勢いよく流して追い出した後、活栓を閉じて目盛りを読む。 (3)ホールピペットで(1)の液10mlをコニカルビーカーにとり、フェノールフタレイン溶液1~2滴加える。 (4)(3)の液に混ぜながら水酸化ナトリウム水溶液を少しずつ滴下していく。フェノールフタレイン溶液による着色が消えなくなったらビュレットの目盛りを読む。 です。 『結果』 滴定に要した溶液量 10.23ml ここから質問です。 1.(1)のシュウ酸化水溶液のモル濃度は何mol/Lか。 2.結果より水酸化ナトリウム水溶液のモル濃度は何mol/Lか。 3.ビュレット、ピペット、コニカルビーカーはそれぞれ水洗い直後に使用するときどうすればよいか。 4.(3)の操作で、指示薬としてメチルオレンジ溶液を用いてもよいか。フェノールフタレイン溶液を用いたののはなぜか。 5.滴定に要した溶液量の誤差について。 を教えてください。 長文すいません。 全てでなく部分的でもよろしくお願いします。

  • 中和滴定について

    中和滴定で溶液の濃度を測定する時、通常はサンプルを体積を基準に希釈しモル濃度を求めるそうですが、質量パーセント濃度を基準にしてサンプルを希釈し、直接、質量パーセント濃度は求められないでしょうか? 濃度未知のクエン酸水溶液を0.1NKOHを使って中和滴定で濃度を測定しようとしているのですが、作業の便宜上サンプルの比重測定の操作を省きたいと考えています。

  • 中和滴定 相対誤差の求め方

    濃度不明の食酢水溶液にpH指示薬をいれて そこに水酸化ナトリウムを滴下し、濃度を調べる実験をしました。 実験結果 シュウ酸水溶液と水酸化ナトリウム水溶液 1回目 滴定値 12.57 2回目 滴定値 12.59 3回目 滴定値 12.58 平均 12.58ml 実験結果 水酸化ナトリウム水溶液と食酢水溶液(10倍希釈) 1回目 滴定値 10.79 2回目 滴定値 10.72 3回目 滴定値 10.71 平均 10.74ml (1)0.1N NaOHの力価および相対誤差(%) (2)10倍希釈試料中の酸の濃度の相対誤差 (3)食酢原液中の酢酸の濃度・質量%濃度の相対誤差 (1)の力価は(実験値より求めたNaOHのモル濃度)/(0.1)で合っていますか? 相対誤差は、どの値を平均値で割り、100倍すれば求まるのですか? (1)から(3)の解説よろしくお願いします  実験値より、水酸化ナトリウム0.07949mol/L 食酢(10倍希釈)0.08537mol/L 食酢の質量%濃度4.9%を求めました。

  • 中和滴定の問題です。

    シュウ酸の結晶(COOH)2・2H2O 1.26gを水に溶かし、正確に100mlとした。 水酸化ナトリウムの固体0.5gを水に溶かし100mlとした。 上記のシュウ酸溶液を正確に10.0mlとり、水を加えて30mlとした。 この溶液に、上記の水酸化ナトリウムを滴下して中和滴定を行った。このとき、中和に要した水酸化ナトリウム溶液は、18.0mlであった。 この滴定実験で得られた水酸化ナトリウム溶液のモル濃度は何mol/lか。 以上の問題ですが、よろしくお願いします。