• 締切済み
  • すぐに回答を!

中和滴定について

中和滴定の実験について教えてください。 実験は (1)シュウ酸二水和物0.63gをメスフラスコに入れ、純粋を少量加えて溶かす。 完全に溶けてから、さらに純粋を加えて100mlとする。 (2)ビュレットの中を、まず少量の水酸化ナトリウム水溶液で洗ってから(洗浄液は捨てる)、あらためて水酸化ナトリウム水溶液を入れる。活栓よりも下の空気を液を勢いよく流して追い出した後、活栓を閉じて目盛りを読む。 (3)ホールピペットで(1)の液10mlをコニカルビーカーにとり、フェノールフタレイン溶液1~2滴加える。 (4)(3)の液に混ぜながら水酸化ナトリウム水溶液を少しずつ滴下していく。フェノールフタレイン溶液による着色が消えなくなったらビュレットの目盛りを読む。 です。 『結果』 滴定に要した溶液量 10.23ml ここから質問です。 1.(1)のシュウ酸化水溶液のモル濃度は何mol/Lか。 2.結果より水酸化ナトリウム水溶液のモル濃度は何mol/Lか。 3.ビュレット、ピペット、コニカルビーカーはそれぞれ水洗い直後に使用するときどうすればよいか。 4.(3)の操作で、指示薬としてメチルオレンジ溶液を用いてもよいか。フェノールフタレイン溶液を用いたののはなぜか。 5.滴定に要した溶液量の誤差について。 を教えてください。 長文すいません。 全てでなく部分的でもよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数2164
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
  • horai
  • ベストアンサー率70% (7/10)

先ほどの回答ですが2の問題、間違っていました。 この中和滴定の化学反応式は(COOH)2+2NaOH→(COONa)2+2H2O と書けるので、シュウ酸とNaOHは1:2の割合での反応ですね。 なので計算式も1×0.05mol/L×0.010L=2×Xmol/L×0.01023L → X=0.02mol/L

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • horai
  • ベストアンサー率70% (7/10)

基本的に化学の量的計算はmol単位への換算が必要になるので、、液量や濃度、重量といったものから、mol単位に変換できるように修行しましょう。(モル濃度の計算では数値をかなり大雑把にしているので、値は目安として考えてください。間違っているかもしれませんが・・・。) 1、シュウ酸二水和物は結晶中に水を有していることに留意する。 分子量が分からないので単純にシュウ酸=90g/mol,水18g/mol,シュウ酸二水和物128g/molとします。 シュウ酸二水和物の結晶に含まれるシュウ酸の量は、0.63g×90g/mol÷128g/mol=0.44g 100mlの水溶液に調整したので、シュウ酸のモル濃度は 0.44g÷90g/mol÷0.100L=0.05mol/L 2、シュウ酸とNaOHの中和は1:1での進行なので、1×0.05mol/L×0.010L=1×Xmol/L×10.23ml よってNaOHの濃度は X=0.05mol/L 3、ビュレット、ホールピペット、コニカルビーカーのうち、水で塗れていても大丈夫なものはどれでしょうか。逆に言えば、水に塗れていてはいけないものはどれでしょうか。 水があると溶液が希釈されてしまいます。水滴によって希釈されても大丈夫なのは両溶液が混合している時、水滴によって希釈されて困るのは各溶液を正確に測り取る時ですよね。それが分かれば共洗いの有無が分かります。 4、強酸-強塩基の中和点での液性、強酸-弱塩基の中和点での液性、弱酸-強塩基の中和点での液性、弱酸-弱塩基の中和点での液性。それぞれ、中性、酸性、塩基性、どれになりますか。 シュウ酸水溶液の液性、NaOH水溶液の液性はなんですか。 指示薬の変色域はどこでしょうか。これらを考えてください。 5、中和滴定での誤差というと検定公差による不確定度の計算でしょう。計算したモル濃度は理論値に過ぎず、実際の実験では溶液が器具の側面に付いたりしてロスが生まれます。そのロスを計算し、実際の実験精度を求めるために誤差を求めるのだと考えられます。 算出方法の手順としては、今回試薬に扱った器具全ての検定公差から、不確定度(単位:ppt)を算出し、この実験に妥当な実験精度(モル濃度等の有効数字)を求めれば良いと思います。 例えば、滴定の際、シュウ酸には100mlメスフラスコ、10mlホールピペットを使って溶液調整をしたとなれば、メスフラスコとホールピペットの不確定度の和から求められるべきモル濃度の精度(有効数字)を求める、というような具合です。 不確定度の求めかたは分析化学の教科書を参考にすれば良いかと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

・長文どうのこうのよりも、無駄に行間が空いて読みにくいことを何とかしてください。 文自体は長くないと考えます。 ここから回答です。 学校の宿題は自分でやれ。 ヒント 1.これくらいは本気で自力だけでやれよというレベル。 シュウ酸何molが、溶液何Lの中にあるの? 2.中和点において、酸の価数a、濃度c、体積v、塩基の価数b、濃度c'、体積v'のとき  acv=bc'v' (この公式は使えてなんぼのモノ。) 3.中和反応に使われるシュウ酸や水酸化ナトリウムの粒の数が変わらないようにする。 選択肢としては「蒸留水で洗ったモノをそのまま使う」か 「これから使う溶液で洗って(共洗いをして)からそのまま使う」か、どちらか。 4.変色域を考えよ。 5.君の実験を見ていないので何とも言えない。 実験した人間にしか分からないのでここでは誰も正解を言えない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中和滴定について

    中和滴定の実験に関する質問です。 (1) 実験において、ビュレット、ピペット、コニカルビーカーなどを用いますが、これらを水洗いした直後に使用するときはどうする必要があるのでしょうか? また、その理由も詳しく説明していただけるとありがたいです。 (2) 実験は、濃度のわかっているシュウ酸水溶液に濃度未知の水酸化ナトリウム水溶液を加えるというもので、このとき指示薬はフェノールフタレインを使用しました。 これはなぜメチルオレンジ溶液ではだめなのでしょうか? フェノールフタレイン溶液を用いた理由もあわせてお願いします。 稚拙な文章ですみません。 どちらかひとつでもよいので答えていただけると助かります。 お願いいたします。

  • 中和滴定の実験で・・・。

    0,05mol/ℓのシュウ酸第二水和物の水溶液10mℓにフェノールフタレイン液を滴下したものに0,1mol/ℓの水酸化ナトリウム水溶液を加えていき、着色するまでの水酸化ナトリウム水溶液の量を調べるという実験をしたのですが、少しわからないので質問します。 1、「指示薬として、フェノールフタレイン液の代わりにメチルオレンジ溶液を使っても良いのでしょうか?? またそれは何故なのでしょうか??フェノールフタレイン液を用いた理由とともに説明してください。」 というのが質問です。わからないので、教えてください。pHがからんでくると思うのですが・・。(汗) あと、 2、シュウ酸第二水和物って、強酸ですよね? よろしくお願いします。

  • お教えてください

    化学の問題です。教えてください。 ア、ホールピペットを用いて酢酸水溶液をコニカルビーカーにとり、指示薬を加える。 イ、アのコニカルビーカーに溶液が変色するまで、ビュレットから水酸化ナトリウム水溶液を滴下する。 1~5のうちから適当でないものを一つ選べ。 1 蒸留水で濡れたホールピペットを試料溶液で洗って用いる。 2 ホールピペットのかわりにメスシリンダーを用いる。 3 蒸留水で濡れたコニカルビーカーをそのまま用いる。 4 コニカルビーカーのかわりに三角フラスコを用いる。 5 指示薬としてフェノールフタレインを用いる。

  • 中和滴定の問題を教えてください

    シュウ酸水溶液と水酸化ナトリウム水溶液の中和滴定の問題を教えてください。 シュウ酸水溶液の採取量10ml、水酸化ナトリウム水溶液の平均使用量11.7ml、シュウ酸溶液のモル濃度0.05mol/Lの時、 ①水酸化ナトリウム溶液のモル濃度 ②使った水酸化ナトリウム水溶液の濃度(g/L) ③上記の濃度(%) はどうなるかをお願いします。 できれば途中式を書いていただけるとうれしいです。 本日の15時までに解答をできる方、お願いいたします。

  • 中和滴定(大学入試)

    よろしくお願いいたします。過去問です。 問題文 0.05mol/lのシュウ酸水溶液を用いて20.0mlをコニカルビーカーにとり、水酸化ナトリウムで滴定した。水酸化ナトリウムは1度目20.8ml、二度目は20.9, 三度目は20.8mlであった。 試薬ビンの半分のところまで使ってある市販の塩酸がある。試薬瓶中の塩酸10.0mlをホールピペットではかりとり、雌フラスコ中で水を加えて500mlの溶液とした。このうち10.0mlをとり水酸化ナトリウムで滴定した。水酸化ナトリウムは、一度目23.9ml, 二度目,23.9三度目23.8mlだった。 このとき試薬ビンに残った塩酸中の塩化水素の濃度を求めよです。 私は、まず水酸化ナトリウムの濃度xを求めました。水酸化ナトリウムは三回滴定結果の平均をとりました。 0.05*20/1000*2=x*20.83/1000*1 x=2/20.83 次にHCLの濃度yを求めました。 y*10*1000*1=2/20.83*22.86/1000*1 y=0.219mol/l ただしこの濃度は薄めたものなので、もともとは、0.219*500/10=10.95≒11.0mol/lとしました。 が、答えは、11.5mol/lでした。 どうしてそうなるのかわかりませんが、この解答は答えのみで計算過程がのっていませんので、どうしてそうなるのかわかりません。水酸化ナトリウムの濃度が間違っているのか、そもそも考え方が間違っているのか。。。 どなたかアドバイスいただけないでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします。

  • ビュレットに入れる液体

    高校化学の教科書を見て思ったのですが、シュウ酸と水酸化ナトリウム水溶液の中和滴定のさいに、シュウ酸をコニカルビーカーに水酸化ナトリウム水溶液をビュレットに入れて行うように書いてあるのですが、ビュレットは背が高く、漏斗を使っても万一こぼれたりとか倒れた場合に危険だと感じるのですが、ビュレットに入れる液体に決まりはあるのでしょうか?

  • 問題文の説明の意味がわかりません・・・。

    中和滴定の問題文で、実験の手順を説明する部分で疑問があったので質問させてください。抜き出しは途中からなのですが。 【手順1】 ビュレットの中を少量の水酸化ナトリウムで洗った後、同じ水溶液をビュレットに入れ、活栓の下の空気を水溶液を流し出すことによって追い出した後、液面の目盛りを読んだところ2.0mlであった。 【手順2】 フェノールフタレインを1~2滴加えて、ビュレットから水酸化ナトリウム水溶液を少しずつ滴下した。コニカルビーカーを振り混ぜても赤く着色した色が消えなくなったら滴下をやめ、目盛りを読んだところ14.0mlであった。 上の部分なんですが、初めにビュレットの目盛りを読んだら2.0mlのところだったと書いてあります。 そしてビュレットから滴下した後に目盛りを読んだら14.0mlだったと書いてあります。 単純な疑問なんですが、滴下するということはビュレットの中の水酸化ナトリウム水溶液は減るわけですよね? それなのになぜ「2.0→14.0」と増えているのかがわからないんです。;; 何か変な勘違いをしてると思うのですが、お助け下さい。

  • 中和滴定の計算で聞きたいことがあるのですが…

    9.8%(質量%)の硫酸Agをビーカーにとり、水を加えた。フェノールフタレイン液を加え、1mol/lの水酸化ナトリウム水溶液で中和滴定したところ20mlで溶液に色の変化が現れた。9.8%(質量)の硫酸xgをビーカーにとり、水を加えた時、溶液中に存在するH+のモル数はどれだけになるか? 問題集やネットで色々調べたのですが似たような問題が見つからず困ってます;ヒントだけでもいいので教えてもらえないでしょうか…?;

  • 中和滴定の試薬の調整

    先日学校で中和滴定の実験がありました。それについてレポートを書くのですが、学校側からの問題として、「通常モル濃度で示された溶液はホールピペットやメスフラスコなどの定量用具を用いて調整する。しかし本実験においては0.1Mの水酸化ナトリウム溶液や0.1M塩酸溶液を調整する際、それらの器具は用いなかった。それでも正確な定量実験ができた理由を述べよ」というものがありました。 これはどうしてでしょうか?教えてください。 ちなみに実験の内容は、水酸化ナトリウムをシュウ酸標準液(要ホールピペット)・水(要メスシリンダー)・フェノールフタレインの混合液に滴定し、滴定値から水酸化ナトリウムのファクターを求める、というものです。ファクターの求め方は分かっています。 水酸化ナトリウムの調整は、まず電子天秤で指定量を直接ビーカーに量りとり、そこに少量の水を加えて溶解し、500ml容ポリ容器に移す。溶解に使ったビーカーやガラス棒をすすぎ、そのすすぎ液もポリ容器に加えるようにして水を400ml目盛りまで合わせたら蓋をし、混和する、というものです。 回答よろしくおねがいします。

  • 中和滴定

    中和滴定の時に必ず酸性の溶液に塩基性の溶液を滴定しなければならないと聞いたんですが、それはなぜですか? 実験ではシュウ酸と水酸化ナトリウム、酢酸と水酸化ナトリウムで行いました。 また、実験後すぐにビュレットを洗浄しなければいけないのはなぜですか?