解決済み

訓読みでの数の読み方

  • 暇なときにでも
  • 質問No.1860258
  • 閲覧数22789
  • ありがとう数18
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 98% (2113/2146)

訓読みで、ひとつ、ふたつ、みっつ~、と数えていったとき、21から30はどう数えたらいいのですか。にじゅういち、と読むと音読みになってしまうと思うのですが。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 45% (747/1633)

訓読みというより和語という意味ですね?

1~9までは、ひと、ふた、み、よ、いつ、む、なな、や、ここの、までに助数詞「つ」をつけた形ですね。
10(とお(を))には「つ」がつかず、13であれば。「とおあまりみつ」「とおとみっつ」か「とおみっつ」と言うと思います。

このように20から上は、各数の10倍ごとに、

はた、みそ、よそ、いそ、むそ、ななそ、やそ、ここのそ、

に助数詞「ち」もしくは「ぢ」をつけて、23であれば、「はたちあまりみつ」「はたちとみっつ」などと数えられていたようです。

ちなみに100は「もも」で助数詞はつかないか、「ももぢ」と読んだようです。1000は「ち」、10000は「よろず」ですが、このあたりは、もはや数というより、大きな数量についての普通名詞に近いかもしれません。
お礼コメント
kokutetsu

お礼率 98% (2113/2146)

なるほど。よくわかりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2005-12-26 16:17:03
感謝経済
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ