• ベストアンサー
  • 困ってます

数字の音読み訓読み・・?

数字の音読み訓読み・・? 本を読んでいたんですが、わからないことがありました。本には 「数にも音読みと訓読みがある。音読みの数はいち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、く(きゅう)、じゅう、だ。訓読みの数は、ひ、ふ、み、よ、いつ、む、なな、や、ここの、とお、である。それに個数をあらわす、つ、をつけて、ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、やっつ、ここのつ、とお(とおにはつをつけない)なんてのもある。さてそこで、よん、の原形は、よ、であり訓読みなのだ。だから、いち、に、さん、よん・・・という読み方は音と訓の混合状態なのである。数の中で4と7だけはついつい音読みの中に訓読みが混じってしまうことがあるのだ。ろく、なな、はち・・・と数える人がいるではありませんか。」 という風に書いていたんですが、なんでよんという読み方は訓読みと音読みが混合しているといえるんでしょうか? 「よん」の「よ」は訓読みだとわかるんですが、それだとしたら残りの「ん」が音読みとなりますよね。しかしここに書いてある音読みは、いち、に、さん、し、と書いており、「ん」とは書いていませんよね。なのになぜ「ん」が音読みになるんでしょうか? ちょっといってることがよくわかりません。あと「なな」は全部訓読みではありませんか? 訓読みの数は、ひ、ふ、み、よ、いつ、む、なな、や、ここの、とお、って書いてあるので「なな」は全部訓読みになりませんか?どこに音読みの要素が入ってるのでしょうか。 読解力がなさすぎますね僕は・・。 なぜ4と7だけは音読みと訓読みが混じってしまうことがあるのですか? 解説お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数5527
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • kzsIV
  • ベストアンサー率54% (236/433)

ご質問の件については、詳しく研究された方がおられ、周知のことですので、ここで私が自分の意見のようにして詳しくお答えすることはできません。質問された点についてのみ、その御論から要約してお答えします。 >「よん」の「よ」は訓読みだとわかるんですが、 >それだとしたら残りの「ん」が音読みとなりますよね。 いいえ。音読みは「し」、訓読みは「よ」です。「よん」は「よ」が訛ったもので、それ全体で訓読みです。この訛は、「いち、にー、さん、よー」のように読むときに直前の「さん」(古くtsamと発音された音読み)につられて「よん」となったと推測されます。 >「なな」は全部訓読みではありませんか? その通りです。「七」の音読みは「しち」、訓読みは「なな」です。 >訓読みの数は、ひ、ふ、み、よ、いつ、む、なな、や、 >ここの、とお、って書いてあるので「なな」は全部 >訓読みになりませんか? どこに音読みの要素が入っ >てるのでしょうか。 意味を取り違えておられます。東京方言で1から10まで訓読みで数えるとき   ひー ふー みー よー いつ むー なな やー こー とー と数え、音読みで数えると   イチ ニー サン シー ゴー ロク シチ ハチ クー ジュー となりますが、時として、   イチ ニー サン よん ゴー ロク なな ハチ キュー ジュー と、4と7だけは訓読みが混じることがあります。特に10から1へ逆に数えると大抵の人は   ジュー キュー ハチ なな ロク ゴー よん サン ニー イチ と、4と7だけは訓読みにします。 >なぜ4と7だけは音読みと訓読みが >混じってしまうことがあるのですか? 「し」は「死」と紛らわしくなることがあるので、そういうときに「よ」と言い換えたのがはじまりです。平安時代以後のことです。 江戸時代以後、取引などで「しち」を読み上げるときに4と聞き誤られやすいので、間違いのないように「なな」を使うようになりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 数の数え方

    1から10まで数えるとき、いち、にい、さん、し、ご、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう、と数えます。逆に、10から1まで数えると、じゅう、きゅう、はち、なな、ろく、ご、よん、さん、にい、いち、となります。なぜ「7」と「4」は、読み方が違ってくるのでしょうか?不思議です。お分かりになる方、いらっしゃいますか?

  • 日本語で1~10の数を読むときに何通りかの読みがありますね。

    日本語で1~10の数を読むときに何通りかの読みがありますね。 その系統性や法則性、理由などについてわかれば教えて下さい。 1 「いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、く、じゅう」 2 「ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、    やっつ、ここのつ、とう」 3 「ひい、ふう、みい、よ、いつ、む、なな、や、ここ、とう」

  • 数の数え方がおかしい!?

    1~10までを数える時は、 「いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう」ですよね。 で、10~1にカウントダウンする時は、 「じゅう、きゅう、はち、なな、ろく、ご、よん、さん、~」・・これっておかしくないですか? なぜ、4と7は、のぼりが「し、しち」くだりが「よん、なな」に変わるのですか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15058/32173)

1。四=死  「四」の音読みが「死」と同じになるのは、下記のように漢字を使う中国のいくつかの方言(普通語、客家語、など)だけでなく、朝鮮語、日本語、ベトナム語などでも見られます。  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E3%81%AE%E5%AD%97  この為、僕の父が入院していた病院には4階が無く、3階のすぐ上が5階でした。上記では上海のあるビルのエレベータの写真があり、4が抜けています。 2。よ>よん  大槻文彦は『口語法別記』で、「數を呼ぶに、次のように云ふことがある、聞きちがわせぬ爲である」としています。 3。忌み言葉  4は「死」に通じるというのは古いのですが、江戸時代になると7は「質」(経済破綻)、9は「苦」(身体的苦痛)などという「忌み言葉」が出てきます。  四、七、九の言い換えは、これらの数字に限らず、下記のように、(身代を)「する」を嫌って、するめ>あたりめ、すり鉢>あたりばち、など広範囲に見られました。  http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/nihongo/imikotoba.htm  忌み言葉は。今も結婚式にケーキを「切る」>ナイフをいれる、など下記のように生きています。来年は「去る」の年、「得手公」はその言い換えです。  http://homepage2.nifty.com/hidey/imikotoba.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#235638
noname#235638

イチ(音読み) ニ(音) サン(音) よん(訓読み)・・・ ゴ(音) ロク(音) なな(訓読み) ハチ(音)・・・ これが、音と訓が混ざっている状態。 4の訓読みは、よっつ・よ・よん 4と7は、耳で聞いて紛らわしいです。 シ、シチ、ハチ・・・紛らわしい、間違える可能性があります。 なので4と7は、訓読みをするようにした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • カウントダウンの数え方

    数字を数え上げていくときには、「いち、にー、さん、しー、ごー、ろく、しち、はち、くー、じゅう」とほとんどの人は数えると思います。ところが、逆に数えるとき、つまりカウントダウンのときは、多くの方は、「じゅう、くー、はち、なな、ろく、ごー、よん、さん、にー、いち」と発音するようです。なぜ、「4」と「7」だけは、いきなり、訓読みになってしまうのでしょうか。教えていただければ嬉しく思います。

  • 数字の数え方

    大変基本的な事ですが、どなたか教えてください。 数字の数え方には、、 いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、・・・ とかぞえるのと、 ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ ・・・ という数え方があります。 これを前提に百までの数を数えてみると、 じゅう、にじゅう、さんじゅう、よんじゅう、ごじゅう、ろくじゅう・・・ と、40の所が、「しじゅう」ではなく、「よんじゅう」と読むのが普通のように思えます。 どうして、40のときは、「よんじゅう」と読むのでしょうか? それとも、この読み方は間違いで、正しくは「しゅじゅう」と読むべきなのでしょうか?  また、70も、「しちじゅう」ではなく、「ななじゅう」と読むのが普通うに思われます。 これも同様に不思議です。

  • 人数の読み方はなぜ和漢ごちゃまぜなのか

    人数の読み方はなぜ和漢ごちゃまぜなのか 和語ひ、ふ、み、よ、いつ、む、なな、や、ここ、とお、 漢語いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、く、じゅう 人数の読み方 ひとり、ふたり、さんにん、よにん(よったり)、ごにん 質問 人数の読み方は、なぜ和漢ごちゃまぜなのでしょうか。

  • 語呂合わせの数字の読み方

    語呂合わせで「2」だったら「に」とか読みますよね。 そういうふうに 0~9までそれぞれ考えられるすべての(大体でも良いです)読み方が乗っているサイトなどは無いでしょうか? 私が思い浮かぶのは 0・・・れい。ぜろ。お。まる、ま(最後の二つは無いかな) 1・・・いち。い。わん。あい。 2・・・に。つー。ふ。 3・・・さん。さ。 4・・・よん。よ。し。 5・・・ご。ごう。 6・・・ろく。ろ。む。 7・・・なな。な。 8・・・はち。は。や。 9・・・きゅう。く。 この他にも有るでしょうか?

  • 「数多(あまた)」の「数(あま)」の部分は音読みですか?訓読みですか?

    「数多(あまた)」の「数(あま)」の部分は音読みですか?訓読みですか? 「多(た)」が音読みなのはわかるのですが、「数(あま)」がどちらなのか、わかりません。 いつもこういった場合、ネットの漢字辞典で解決するのですが、今回はそこに載っていなくて、困っています。 「多(た)」が音読みなので、音読みと考えるのが自然ですが、響きは訓読みっぽくて…本当にわかりません。 それとも、これは音読みでも訓読みでもない読み方なのでしょうか? どなたか、わかる方教えてください、よろしくお願いいたします。

  • 外人は「数の数え方」が苦手なんですか?

    例えば…。 1 = いち = ひとつ = いっぽん 2 = に = ふたつ = にほん 3 = さん = みっつ = さんぼん 4 = よん(し) = よっつ = よんほん 5 = ご = いつつ = ごほん 6 = ろく = むっつ = ろっぽん 7 = なな(しち) = ななつ = ななほん 8 = はち = やっつ = はちほん 9 = きゅう(く) = ここのつ = きゅうほん 10 = じゅう = とお = じゅっぽん 知り合いの外人に日本語の難しい所を聞いた所、「数の数え方が多くて混乱する」と言ってました。 特に「○本(ほん、ぼん、ぽん)」のように、数字によって細かく言い方が分かれるとわからないらしいです。 英語なら「one,two,three」、ドイツ語なら「eins,zwei,drei」、スペイン語なら「uno,dos,tres」…あとは「first,second,third」ぐらい? 数を数えるだけでこんなに細かく分かれているのは日本語だけだ、と言われました。 日本人にとってはさも当たり前でしたが、多くの外人は日本の数の数え方に苦労してるんでしょうか? 私は外国語に明るい訳ではありませんが、日本語ほど細かく分かれてる言語はないのですか?

  • フランス語の数の数え方はどうも合理的ではなく、しかしそれだけにおもしろ

    フランス語の数の数え方はどうも合理的ではなく、しかしそれだけにおもしろいものです。 日本語では、1・2・3・・・10・11・12・・・17・18・・・は、 いち・に・さん・・・じゅう・じゅう+いち・じゅう+2・じゅう+3・・・じゅう+なな・じゅう+はち・・・というようにわかりやすく、合理的な数えかたになっています。 が、フランス語では10=dix、11はdix-unではなくonze、12はdix-deuxではなくdouze、それなのに、17は突然dix-sept(10+7)となり、16進数かと思いきや、20からは10進法になるようです。 ところが、70は60+10、76は60+16となり、80に至っては4×20で、82は4×20+2というような呼び方になるようです。 なにやら、「6」や「20」に対するこだわりがありそうです。 こんな呼び方になった、いきさつなり理由がわかるとおもしろいので、ぜひ教えてください。 お願いいたします。

  • 把と羽の数え方

    今まで一把は「いっぱ」、一羽は「いちわ」と読んでいたのですが、 辞書によるとどちらでも正しいようです。 1~10までの読み方は自分の知ってる範囲だとこんな感じなのですが、 それぞれの用途による使い分けとかどちらが正しいなど詳しい方おりましたら教えて下さい。 いっぱ(いちわ) にわ さんわ よんわ ごわ ろくわ ななわ(ひちわ?) はっぱ(はちわ) くわ(きゅうわ) じゅうわ(じっぱ)

  • 数字を他人に伝えるときの7や1の数字の発音について

    数字を他人に伝えるときの7や1の数字の発音についてです。  (質問内容は最後です) 【7→しち、1→いち】→伝達→【7→いち、1→しち】となるの がわかっているのに・・・。 【7→なな、1→いち】と読んでくれません。 ラジオの株式放送や無線通信のように【1→ひと、2→ふた、4→ よん、7→なな】と読めとは言いませんが・・・。(この読み方が最 も確実ですが・・・) --(広報)--- 【誤】午後1時30分からxxxxxにおいて・・・    と聞こえた。 【正】午後7時30分から・・・が正解。 屋外スピーカーによる放送が周囲の地形や建物に反響して「しち」 と「いち」が紛らわしく聞こえ苦慮していると、役場に電話して ”7は「なな」と読んでください”とお願いするが・・・。 「なな」と読んでくれることは殆ど無く「7なのか1なのか」電話で 確認することが幾度もあった。 行政側としても面倒で無駄な応対をしなければならない訳ですが、相 変わらず殆ど「なな」と放送してくれません。 広報スピーカーの放送が聞き取り難いことが町のあちこちで問題にな って町内の全世帯に戸別受信機が配られのですが・・・屋外に居る ときに限って!!。いちじ30分から?、しちじ30分から?の困っ た放送が流れます。(タイミング悪い) --(電話)-- 仕事上のお客さまから電話で電話番号を伝えられたときも、聞き取り 難い話しかたをするひとが多く困ってしまいます。 318-47・・・「さんぃ~ちはちのしっぃ~ち」と伝えられて 「さんななはちのいちいち(378-11)」・・・?と聞き返すと、 ちゃんと聞け!と逆キレされることも・・・。 この場合は、4→よん、7→なな と伝えてくれれば間違いが無く 日常的に1を「ひと」と読む人は居ないですが・・・よん、ななが 定着していれば必然的に 「ぃ~ち、しっぃ~ち」は1と推測でき、楽なのですが・・・。 ----------- 【質問内容】ここまで読んで頂きありがとうございます。 最も紛らわしい「いち」と「しち」の識別のためにせめて7を「なな」 と読んで欲しいです。理想は4を「よん」と読んで頂ければなお良い ですが。。。。 なぜ、7を「なな」、4を「よん」と読んで聞き間違いを防ぐ習慣が できないのでしょうか?。(電話や広報の例のように聞こえ難くても 頑固に「しち、し」と読む例もあります) 1?、7?、4?、なのか聞きなおすのにうんざりしています(笑) 間違いが起こり難い読み方があるのになぜ、間違いが起こり易い読み 方を使うのでしょうか?。 自分も、何回もまちがえられて嫌な思いをしたので、「し、しち」と 数字を読まなくなりました。 聞き間違いが起こり易い「し、しち」の読み方が淘汰されて「よん 、なな」に変化してゆなないのはなぜでしょうか?。 この件についての研究資料や文献などの所在や、ネット上の記事をご 存知のかたおしえてください。

  • 「1028」はなんと読む。

    残念ながら前回の私の質問は削除されてしまいました。 回答して下さった方々、申し訳ありません。 「1028」アナタならなんと読みますか。 「せんにじゅうはち」 「いちぜろにーはち」 「いちまるにーはち」 色々あるかとは思いますが「たろう」とは読まないで下さい。 では、頼みましたよ。