• 締切済み
  • 暇なときにでも

音読み、訓読みについて。

昔国語の授業で習った、音読み・訓読みについて、友人と意見が割れてもめています。例えば、国という字の『くに』と『こく』という読み方は、どっちが音読みで、どっちが訓読みなのでしょう?自分の考えではなく、完全に知っている人、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.2
  • gen
  • ベストアンサー率18% (4/22)

全くその通りだと思います。 が、できればまずご自分で辞書を引いてみてはいかがですか? (と、我が子にもいつも忠告しています。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

Genさんへ、それを言ってしまったら、このページの意味がないんじゃないでしょうか?たいていの事は図書館で自分で調べられるし。でもそれをしなくてすむからこのページが便利なのだと思います。それに私はこのページをとてもすばらしいマルチ辞書だと思っています。

  • 回答No.1
noname#1802
noname#1802

読みで意味が通じるのが 訓読み 意味が通じないのが 音読み です。 「くに」は訓読み、「こく」は音読み。 本に載ってました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 数字の音読み訓読み・・?

    数字の音読み訓読み・・? 本を読んでいたんですが、わからないことがありました。本には 「数にも音読みと訓読みがある。音読みの数はいち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち、く(きゅう)、じゅう、だ。訓読みの数は、ひ、ふ、み、よ、いつ、む、なな、や、ここの、とお、である。それに個数をあらわす、つ、をつけて、ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつ、むっつ、ななつ、やっつ、ここのつ、とお(とおにはつをつけない)なんてのもある。さてそこで、よん、の原形は、よ、であり訓読みなのだ。だから、いち、に、さん、よん・・・という読み方は音と訓の混合状態なのである。数の中で4と7だけはついつい音読みの中に訓読みが混じってしまうことがあるのだ。ろく、なな、はち・・・と数える人がいるではありませんか。」 という風に書いていたんですが、なんでよんという読み方は訓読みと音読みが混合しているといえるんでしょうか? 「よん」の「よ」は訓読みだとわかるんですが、それだとしたら残りの「ん」が音読みとなりますよね。しかしここに書いてある音読みは、いち、に、さん、し、と書いており、「ん」とは書いていませんよね。なのになぜ「ん」が音読みになるんでしょうか? ちょっといってることがよくわかりません。あと「なな」は全部訓読みではありませんか? 訓読みの数は、ひ、ふ、み、よ、いつ、む、なな、や、ここの、とお、って書いてあるので「なな」は全部訓読みになりませんか?どこに音読みの要素が入ってるのでしょうか。 読解力がなさすぎますね僕は・・。 なぜ4と7だけは音読みと訓読みが混じってしまうことがあるのですか? 解説お願いします。

  • 音読み・訓読みについて。

    私は、今家庭教師で中学3年生を教えています。そこで、国語の問題集を解いている時に問題が発生しました。音読み・訓読みについてです。 問)次の1~3の漢字の、読みの組み合わせとして正しいものはどれか。 1.素直 2.油絵 3.生地  ア.音+訓 イ.訓+音 ウ.訓+訓 エ.音+音 解説には、「読んでみて意味が分かるものは訓読み。」と書いてありました。 つまり「油」は、「あぶら」と読めば意味が分かるので訓読み。         「ゆ」と読めば、意味分からないから音読み。 と言うわけです。 3番の「生地」は、答えではイの「訓+音」となってました。 しかし、「生」を「き」と読んでも意味は分かりません。だったら音読みなんじゃないか、と生徒に言われて困ってしまいました。確かにそうだと思うのです。 前置きが長くなりました。ゴメンナサイ。私の質問は、 音読み・訓読みは、どう見分けたらよいのか。また、「生地」の「訓+音」はどう説明したらよいのか。 です。 今度の土曜日にその生徒と会うので、それまでに解決したいのです。どうかよろしくお願いします。

  • 訓読みと音読みの見分け方

    中学1年生です。もうすぐ漢検があるのですが、訓読みと音読みの見分け方がわかりません。確実に当たる見分け方がわかる人がいれば、解答お願いします。

  • 訓読みと音読みについて

    昼間と書いて「ひるま」と読むのに、なぜ夜間とかいて「よるま」と読まず「やかん」と読むのでしょか?「ひるま」は訓読みで「やかん」は音読みだとおもいますが?普通、訓読みに対しては、反対語も訓読みだとおもいますが、そこのところ自分も学がなくて恥ずかしいのですが、なぜそん言い方をするのでしょうか?ちなみに普段昼間といわずに日中っていうのかな?せけんでは。

  • 音読みだと、欧米人、訓読みだと、日本人、という名前。

    カテ違いだったら、すみません。 最近、音読みでカッコイイ名前をつけているお子さんをよく見ますが、例えば、「譲」と書いて、「ジョー」と読ませる、俳優の長谷川初範さんなどは、「ショパン」などのあだ名で通っていますが、そうした、音読みでそのまま、読ませるのではなく、実際の戸籍上の名前は、訓読みで、あだ名で音読みとして通用するような名前をつけている、知人、友人、または自分の名前がそうだという方、いらっしゃるんでしょうか? 男性・女性、双方にお尋ねしたいのですが。 「玲音」で、レオンなど、そのままでしかよめない方のご意見も、参考にお聞かせ頂ければと思います。

  • 音読みと訓読み 漢字

    漢字の音読みというのは漢字によって 2・3種類あって、それは中国から入ってくる 時間や経路の違い(漢音・呉音)ということを先日習いました。 そして、 もともと日本に無いものの漢字というのはその漢音や呉音などの 音読みから変形させて訓読みを作って意味を当てるそうです。 そこで質問なのですが、こういう上記のような漢字というのは例えば どのようなものがあるのでしょうか? 自分で気がついたのは 「馬 マ→むま→うま(んという破裂音)」 「文 ブン→ふみ(ブ≒ふ、ん→み(口を閉じて出す音)) です。 他にありましたらご回答ください。

  • 漢字の音読みについて

    いつもお世話になりまして、本当にありがとうございます。 人の名前の読み方がよく分かりませんので、教えていただけないでしょうか 例えば: 陶喆 「とうてつ」って読むのでしょか? 喆っていう漢字の音読みと訓読みはそれぞれなんですか ご存知の方はぜひ教えていただけないでしょうか 以上 よろしくお願いします

  • 「上」と「下」の読み方について

    「上」と「下」の読み方について、ちょっとお伺いしたいです。「上」は音読みの「ジョウ」「ショウ」、訓読みの「うえ」「かみ」など読み方があります。「下」も同じように、音読みの「ゲ」「カ」と訓読みの「した」「しも」などがあります。一般的に、音読みの「ジョウ」「ショウ」「ゲ」「カ」は二字、三字、四字漢語に多く用いられますが、時には「ジョウ」「ゲ」それ自身も一字漢語になります。例 ○ 品質は上の部だ。 ○ 成績はいつも下の方だ。 (以上『学研国語大辞典』による) ここでお伺いしたいのは、一字語の「上」「下」を見ると、どのようにその読み方を正しく判断できますか。上の例に現れる「上」と「下」は「うえ」「した」とも読めますか。一字字音語の「ジョウ」「ゲ」は全部音読み語の「うえ」「した」と読み替えますか。もしできたら、一字語における音読みと訓読みの違いは何ですか。 大変ご迷惑を掛けて、ほんとにすみません。皆さんのご返事を楽しみにしています。

  •  漢文の訓読み

    漢文の質問です  たとえば「畔」のような漢字。普通なら田んぼの「あぜ」と  いう意味ですが、昔の漢文では「そむく」と訓読みさせています。  「そむく」なら「叛く」の字が適当なはずですが  なぜ、わざわざ「畔」の字を使ったのでしょうか?  どなたか教えていただければ幸いです。

  • 木は’き’、石は’いし’、通常は訓読みで意味が通じ

    木は’き’、石は’いし’、通常は訓読みで意味が通じるのに、鉄は音読みで意味が通じるようになったのはなぜですか。鉄の訓読みは’くろがね’ですが、’くろがね’と言う人はあまりいません。