• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

すごい困っています。弁護士の辞任の件で。

どなたか、よろしくお願いします。 交通事故の損害賠償を任せていた弁護士に、今日、突然呼び出され、 「もっと交通事故に詳しい弁護士に依頼したほうがいい」と言われました。 委任契約したのは7月です。最初の法律相談では、「うちの事務所でも 交通事故案件を多く扱っているから、任せなさい」と言われたので、安心していました。 ところが、目撃者がいないことや加害者との供述に大きな差があることが分かり、 言葉の上では「うちの事務所じゃ力不足」といっていますが、裁判に勝てる 見込みが少なくなってきた、というのが本音のようです。 今日、受けた説明にも、ちらっとそういったことを言われました。 現時点は、2週間前に後遺症障害の診断書を送り、保険会社(の弁護士)からは、まだ連絡はありません。 質問したい点は、 1.弁護士は依頼人の許可なしに、委任契約を解除できるのか?(契約書にはもちろん記載ありません) 2.辞任した場合、これまでの経費は請求されるのか? です。 どうぞ、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数123
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • OsamuM
  • ベストアンサー率53% (14/26)

1 できますが、そのタイミングが悪くてあなたに損害が生じた場合は、原則として、弁護士に対して賠償請求ができます。(民法651条) 2 純粋な実費は請求されるでしょう。 報酬部分については、それまでに終えていた仕事の程度や弁護士の過失の有無によって変わってきます。このケースでは、(弁護士にもよりますが)ほとんど請求されないでしょう。 なお、ご不満がある場合は、弁護士会に調停を請求することもできます。(弁護士法41条)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答、ありがとうございました。 納得のいかない請求があったら、アドバイスいただいたとおり、弁護士会にそうだんしてみます。

関連するQ&A

  • 弁護士の委任契約と辞任

    最近ちょっと隣人との間に問題が生じて、相手が話し合いになかなか応じてくれないので弁護士を頼みました。 先日、相手に出す文書の内容のことで弁護士と意見が合わないことがあった際に、契約書に依頼人の意向に従って行動するというようなことが書いてあったことを確認したら、依頼人の意向でも自分の考えと違えば従うことはできないので契約書を変更させてほしいと言われました。 しかし、その契約書の内容で契約したのに、後から変更して下さいと言われても釈然としません。 また、今解任してくれればお金は全て返すので、他に意見の合う弁護士を探した方がいいとも言われました。 ただ、弁護士が途中で代わると、当方の主張が不当であるためだと相手にとられ、調停で不利になりそうで解任したくありません。 また、依頼している件がちょうどその弁護士の得意分野なので、その弁護士にお願いしたいと思っています。 (単純に文書に書く言い回しで意見が合わないことがあっただけで、弁護士に隠し事をしていたとか、無理なお願いをしているわけではありません。また、今回意見が合わなかったところも、面接やメールでお互いの意見を交換しながら、最善の方針をとれるように努力しているところです。) しかし、結局のところ、もしこのまま当方が契約書の変更もせず、解任もしなかったとしても、委任している件について弁護士と当方の意見がまた合わなくなるようなことがあった場合には、弁護士は意見の相違のみを理由に自由に(簡単に)辞任できたりするのでしょうか。

  • 弁護士の対応

    昨日、下記の質問をさせていただきました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1694641 回答いただいた方には、改めてお礼申し上げます。 新たな質問をさせていただきたく、投稿しました。 私は、自転車(私は歩行者)との交通事故に遭ったのですが、事故の発生現場や 事故後の私の状況など (私は転倒して停車中の車にぶつかって大怪我をしましたが、 加害者はその車の存在を否定しており、保険会社も当然、賠償を認めていません) が大きく食い違っています。 委任(辞任しましたが)していた弁護士は、当初から、「保険会社は事故と 受傷した怪我の因果関係を否定しているので、最悪、既払いの休業損害や治療費 などの返還を請求するかもしれない」と、言われてきました。 昨日、辞任する旨を告げられたときも、この事を強調していました。 私が知りたいのは、保険会社(保険会社の弁護士)から連絡が来た内容のすべては、 必ず依頼者に伝えられるのか?、という事です。 弁護士法を見る限り、弁護士は、依頼人に必要な情報はすべて伝えなくてはならない、 と理解できるのですが・・・。 私には、どうしても、「既払いの賠償金の返還」を要求する話が保険会社から 私が委任していた弁護士にあり、「金にならない事件」と判断して辞任した、 というように思えてならないのです。 よろしくお願いします。

  • 弁護士さんの解任と辞任

    訴訟を引き受けていただいている弁護士さんと信頼関係がなくなって、委任関係を解消したいと思っています。これを達成する方法として、弁護士さんを解任するのと、弁護士さんに辞任していただくのと、両方あると思いますが、 1.解任にしろ、辞任にしろ、着手金は返してもらわなくて構わない。 2.弁護士側も辞任してほしいと依頼人に言われたら、応じてくれるようである。 この両者が成り立つとき、裁判所に対する心証として、弁護士さんを解任したほうがよいのでしょうか? それとも辞任していただいたほうがよいのでしょうか? アドバイスお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • teinen
  • ベストアンサー率38% (824/2140)

1 できます。   2 弁護士側から辞任を申し出た場合,経費は請求されませんし,既に支払った着手金等は返還してもらえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答、ありがとうございます。 経費の請求の説明は、明日すると連絡がありました。

  • 回答No.1

1.出来ます。 2.一方的な解約ならば、基本的には払う必要はないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答、ありがとうございます。 解約は一方的でした。

関連するQ&A

  • 弁護士との委任契約について

    この度調停が不成立となったため、夫から離婚裁判を起こされました。 夫が第1回調停から弁護士を依頼していたため、私も弁護士を依頼しておりました。 裁判にあたり調停から引き続き同じ弁護士と委任契約をしましたが、第1審のみの委任契約です。 判決が出てどちらかがそれを不服とした場合には控訴審→上告となっていくと思うのですが、その度ごとに委任契約を交わし着手金や報酬金が発生するようなのですが、これがふつうなのでしょうか? 調停から訴訟の段階ではまた着手金が発生することは存じていたのですが… ご存知の方がおられましたらご回答お願い致します。 このままでは勝訴できても報酬金の支払いが苦しいです。

  • 弁護士が依頼も受けていないのに業務をしています。

    私は交通事故(人身)の被害者です。0:100案件という事で進んでいます。 当初加害者側の保険会社と治療などの示談交渉を していましたが、保険会社が弁護士を立てると宣言しました。 私も少しばかり法律は知っていますので、以後、加害者や 保険会社とは連絡が取れないことを理解していました。 そこで約10日ほど経過し、弁護士から、 加害者側から依頼された弁護士ですという内容証明郵便が届きました。 以後、この弁護士と示談に向けた協議をしていました。 しかし、偶然加害者と会うことができて、加害者に 弁護士に依頼しましたか?という質問をしたところ、 「依頼していない」と言われました。 私は事実を確認するため、弁護士に直接話を聞いたところ、 弁護士は「どうやら、依頼していないようだ」と発言しました。 弁護士は色々電話で言い訳するので、 今度は私から弁護士に内容証明を送付しました。 その中身は ・加害者xxから依頼された弁護士という内容証明は虚偽ですよね。 ・虚偽ではないとするならxx日以前に加害者から契約しているはずの  「弁護士委任契約書」をみせてください。 ・この事実は懲戒として弁護士会に報告します。 ・私の受けた損害は弁護士会が懲戒と判断したら申請します。 です。 現時点で私が調べたのは、 弁護士の責任 1)弁護士法で弁護会の規約に従わなければならないとある。 2)弁護士会の規約には弁護士委任契約を行うことが義務とされている。 3)加害者の依頼無しに弁護士業務を行った。 4)保険会社は委任契約も無いのに私の個人情報を弁護士に送付した。 1,2は弁護士法違反ですが、3が分かりません。 4は個人情報保護違反です。 その他、どんな法律違反が考えられるか、教えてください。 また、既に懲戒の準備はしています。 それ以外何をしたら良いか、教えてください。 民事的には、その弁護士と協議した内容は「全て無効」であるため わたしの労力や精神的な苦痛が沢山あります。 具体的には、会社を休んで 「加害者が弁護士を立てた、私も弁護士は必要か」などの 相談を日弁連にいって行いました。

  • 弁護士さんとの現在の契約状況で困っております

    5年程前に弁護士へ7件の任意整理で委任契約(着手金7件34万5450円支払い済み)いたしましたが、残り3件は当初過払いがあるからほっとこうと言われ、金融業者には取引開示明細の送付を送っていたままで残りの3件が未解決(合意書も交わしていない)で私も5年間連絡してなかったのが悪かったのですが、去年の年末に過払い金もあるのにどうゆう進展状況を聞きたく電話連絡したらすぐに業者への取引開示請求をし直し1週間ばかりで過払い金の計算も送られてきました。そして訴訟するにあたっての委任状が弁護士から送られてきました。今になり委任状が送られて来ました。 それで、委任当初より弁護士への不信感もあり昨日過払い金については もう依頼しませんと電話連絡したところ、直接話さないと出来ませんとのことで来週弁護士事務所に行くことになりました。 それで皆様にお聞きしたいのですが 1.今現在も委任契約中なのでしょうか? 2。新たに委任状を書くということはすでに契約終了とみなし新たに 契約なのでしょうか? 3.委任中止は可能なのでしょうか? 4.この様な場合弁護士への違約金は払わないといけないのでしょか? 5.弁護士との契約をやめたいのですが出来ますか? 長々と申し訳ございませんがアドバイスを教えていただきたいです。 宜しくお願いします。

  • 弁護士の選択方法

    交通事故の件で弁護士に依頼をしようと思っています。 ネットで検索して、交通事故に強そうな事務所を探し、2事務所相談に行きました。 そのうちの1件に依頼をしようと思ったのですが、担当の弁護士を調べるとまだ登録が2009年と書いていたので、いわゆる「いそ弁」なのでは?と思い不安になってきました。 「いそ弁」の場合、「ボス弁」がきちんとフォローするものなのでしょうか? もっと色々探したらいいのでしょうが、探し方もよくわかりません。 しかも、任意保険の弁護士特約を利用しての依頼なので、特約の基準内でやってくれる弁護士事務所でないといけないので、なかなかその基準内でおさまるところを探すのが大変です。 上限300万までとなっていますが、実際には細かく規定があり、300万をやみくもに使える訳ではないようです。

  • 収入印紙が必要か?

    行政書士です。 この度、ある手続きの代理申請をすることになり、依頼人と契約を結ぶことになりました。 この場合の契約書には収入印紙が必要なのでしょうか? 確か委任契約は不要という話しも伺ったことがあります。 ちなみにこういった手続きの代理は委任契約になるのですよね? よろしくお願いします。

  • 弁護士との契約の終了時期

    弁護士にある事項の交渉を委任した場合の委任契約の終了時期について質問です。 このような場合、交渉が決裂して終わった場合、委任契約の終了時期はいつでしょうか? これとは逆に、交渉が成立して契約を締結した場合、委任契約の終了時期はいつでしょうか?

  • 調停中、相手の弁護士事務所から、知らない弁護士の辞任通知

    現在、相続調停中 1年ぐらい、調停中 相手は、甲弁護士をたてている 突然、その弁護士事務所から、奇妙な通知が、届いた。 1. 乙弁護士の辞任届け  2.乙弁護士の辞任通知 1については、係属の家裁へ、私が、提出してほしいの依頼 2.については、私が承諾の署名、印鑑をおして、弁護士事務所へ、返送依頼  私は、甲弁護士と、折衝したり、また、調停では、甲弁護士が、毎回出席していた。乙弁護士とは、面識がない。  私は、疑問に思い、その弁護士事務所に、問い合わせ。 その弁護士事務所の事務の話では、私と依頼人との、遺産分割調停について、小田原の家裁に、依頼人の代理人として、届けてあるのは、乙弁護士(私は、初耳、乙弁護士が代理人とは、聞いていない)で、このたび、乙弁護士が、退職したので、私に、その手続き上、上述の書類を、送付したとのこと。こんごとも、甲弁護士が、担当するとのこと。  どうも、私は、腑に落ちない。 甲弁護士が、私に対して、「相手の代理人は、私ですから、かってに、電話をかけてきたり、会いにきて、直接、折衝するのを、禁止します。」等、実際、調停に、来ていたのは、甲弁護士。  たしかに、弁護士事務所の封筒をみると、所属弁護士の中に、乙弁護士が、存在していたが、乙弁護士が代理人だったとは、私は、全く知らなかった。  それでは、甲弁護士は、どのような権限で、相手の弁護士として、私と、調停で、関わっていたのか、疑問です。  この、書面を、私が、署名して、私にとって、今後、何か不利になるまたは、相手になにか、都合のよいことがあるのか、それとも、単なる手続き上、必要があって、送ってきただけでしょうか。  教えてください。      

  • 交通事故を起こした取締役に、辞任を求めたいのですが

    役員規程に、「取締役が交通事故を起こした場合、辞任しなければならない」「逮捕された場合には辞任しなければならない」「起訴された場合には辞任しなければならない」といった規定を置くことは、法律上、有効でしょうか。 会社法331条3号、4号によると、訴訟で刑罰が確定した者については、一定期間取締役としての資格を失うとされていますが、まだ、訴訟で刑罰が確定していなくても、事件・逮捕・起訴の段階で、取締役としての業務に支障が生じるので、辞任を求めたいと考えております。 ただ、法律上、委任契約の終了事由(民法653条)や取締役の欠格事由に該当しない事故の発生・逮捕・起訴の段階で辞任を求める規定を置くことは、過度の制限として無効とされてしまうのでしょうか。 もし、無効ではなかったとしても、このような規定を置いた場合、辞めさせようとしている取締役との間でトラブルが生じるでしょうか。 他に、事件・逮捕・起訴の段階で、取締役に辞任してもらう方法としてはどのようなものがあるのでしょうか。 会社法務や法律に詳しい方、よろしくお願いします。

  • 弁護士さんの辞任について

    はじめまして。皆様よろしくお願いします。 私は現在、消費者金融の借金を弁護士さんに任意整理していただいておりますが、事務所の方から「もう辞任しましょうか?」的なことを言われてしまい困惑しております。 弁護士さん本人ではなく担当の方から言われました。弁護士さん本人とはお話させていただけません。 弁護士さんに辞任された場合どのような事態になるのでしょうか? 経緯としては以下のような感じです。 依頼してから2年以上経ちますが、返済の為の資金を毎月積み立てるようにしか言われておらず、いつまで積み立てを続けなければならないのかもわかりません。 これまでの経過も一切通知がありませんでしたので、こちらから問い合わせたところ担当と名乗る方が電話に出られて、非常に面倒くさそうに対応してくれました(笑)。 不明な点を質問しただけなのですが(もちろん乱暴な口調ではなく、とても低姿勢でお話したつもりです。)、「そんなに言うならこっちも辞任させてもらって、後は自分で処理した方がお互い良いのでは?」みたいな感じで言われてしまい、その日はとりあえず明細を出して送るという話で終わりました。 かなり極端に言うと「あんたは黙ってこっちの言う通りにしていればいいの。ごちゃごちゃ言うなら辞任するけどいいの?」という感じの対応でした。 後日、送られて来た明細を見たところ、数社あった借り入れ先は残り一社になっていてました。 発生した過払い金は報酬や手数料等を差し引いて、現在の残金は全て私の積立金という形になっています。 このような状況なのですが、今後どのようにするのがベストなのでしょうか?

  • 弁護士の捜し方

    今度、交通事故で裁判をする事になりそうです。過失の割合とかは出ているので、保険屋との示談金の交渉という事になります。 本などを見ていると、交通事故に詳しい弁護士とそうで無い弁護士では結果が、かなり違うそうです。 では、どうやって交通事故に詳しい弁護士を探すかと考えると、?です。 県の弁護士会に電話してみましたが、住所に一番近い弁護士を紹介されました。(弁護士会が弁護士に順位を付けるわけ無いのでダメもとでしたが) 人の評判でといっても、そんなに弁護士の噂を知ってる人はいないし、自分で実際に弁護士事務所を回るにも限界があります。 しかし、他に良い捜す方法が思いつきません。 どなたか良い方法を教えて下さい。