• 締切済み
  • 暇なときにでも

弁護士が依頼も受けていないのに業務をしています。

私は交通事故(人身)の被害者です。0:100案件という事で進んでいます。 当初加害者側の保険会社と治療などの示談交渉を していましたが、保険会社が弁護士を立てると宣言しました。 私も少しばかり法律は知っていますので、以後、加害者や 保険会社とは連絡が取れないことを理解していました。 そこで約10日ほど経過し、弁護士から、 加害者側から依頼された弁護士ですという内容証明郵便が届きました。 以後、この弁護士と示談に向けた協議をしていました。 しかし、偶然加害者と会うことができて、加害者に 弁護士に依頼しましたか?という質問をしたところ、 「依頼していない」と言われました。 私は事実を確認するため、弁護士に直接話を聞いたところ、 弁護士は「どうやら、依頼していないようだ」と発言しました。 弁護士は色々電話で言い訳するので、 今度は私から弁護士に内容証明を送付しました。 その中身は ・加害者xxから依頼された弁護士という内容証明は虚偽ですよね。 ・虚偽ではないとするならxx日以前に加害者から契約しているはずの  「弁護士委任契約書」をみせてください。 ・この事実は懲戒として弁護士会に報告します。 ・私の受けた損害は弁護士会が懲戒と判断したら申請します。 です。 現時点で私が調べたのは、 弁護士の責任 1)弁護士法で弁護会の規約に従わなければならないとある。 2)弁護士会の規約には弁護士委任契約を行うことが義務とされている。 3)加害者の依頼無しに弁護士業務を行った。 4)保険会社は委任契約も無いのに私の個人情報を弁護士に送付した。 1,2は弁護士法違反ですが、3が分かりません。 4は個人情報保護違反です。 その他、どんな法律違反が考えられるか、教えてください。 また、既に懲戒の準備はしています。 それ以外何をしたら良いか、教えてください。 民事的には、その弁護士と協議した内容は「全て無効」であるため わたしの労力や精神的な苦痛が沢山あります。 具体的には、会社を休んで 「加害者が弁護士を立てた、私も弁護士は必要か」などの 相談を日弁連にいって行いました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1288
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.5

質問者さんの勝ち! 刑事告訴だけではつまらないので 不法行為で損害賠償を請求しましょう。 100万位取れると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 弁護士法72条

    弁護士法72条 弁護士法72条は、弁護士以外の者が報酬を得る目的で非弁行為をしてはならないとありますが、たとえば保険会社職員が、通常間に入らない100:0の事故に対して相手保険会社と何らかの交渉などをした場合も違反に入りますか? 顧客から直接の報酬は得ていませんが、保険会社から給料が出ている場合。 もしくは、100:0事故で、過失0の保険会社が顧客に代わり示談交渉を行うことは、弁護士法72条違反には当たらないのでしょうか。

  • 自動車保険の弁護士費用って?

    最近、各保険会社が自動車保険のオプションで弁護士費用というものがありますが、これは契約者が加害者ではなく被害者になった時に使えるというのを聞きましたがその場合、着手金とか費用ははいったん、契約者が立て替えるのでしょうか?保険会社が指定する弁護士に依頼する場合でも依頼者(契約者)が立て替えるものでしょうか?保険会社が指定する弁護士に依頼する場合は立て替える必要がないと思うのですが?どうでしょうか。ご教授下さい。

  • 弁護士の対応

    昨日、下記の質問をさせていただきました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1694641 回答いただいた方には、改めてお礼申し上げます。 新たな質問をさせていただきたく、投稿しました。 私は、自転車(私は歩行者)との交通事故に遭ったのですが、事故の発生現場や 事故後の私の状況など (私は転倒して停車中の車にぶつかって大怪我をしましたが、 加害者はその車の存在を否定しており、保険会社も当然、賠償を認めていません) が大きく食い違っています。 委任(辞任しましたが)していた弁護士は、当初から、「保険会社は事故と 受傷した怪我の因果関係を否定しているので、最悪、既払いの休業損害や治療費 などの返還を請求するかもしれない」と、言われてきました。 昨日、辞任する旨を告げられたときも、この事を強調していました。 私が知りたいのは、保険会社(保険会社の弁護士)から連絡が来た内容のすべては、 必ず依頼者に伝えられるのか?、という事です。 弁護士法を見る限り、弁護士は、依頼人に必要な情報はすべて伝えなくてはならない、 と理解できるのですが・・・。 私には、どうしても、「既払いの賠償金の返還」を要求する話が保険会社から 私が委任していた弁護士にあり、「金にならない事件」と判断して辞任した、 というように思えてならないのです。 よろしくお願いします。

  • 回答No.4

>私は書類を偽造する弁護士とは、今後示談交渉は出来ないと コピーは入手しましたか? 有印私文書偽造同行使罪です。 これは治癒しようがないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

内容証明郵便ですので、 郵便局の印鑑を付いた立派な有印私文書です。 私宛に送付されたものですので、原紙を保有しています。 私も、当初から刑法159条に抵触していると 想定しています。弁護士は「過失であり意図的ではない」と 子供のような言い訳をするので、放置しています。 言うまでもなく刑法159条に、「過失」など存在せず、 偽証書類を作成した時点で犯罪だという認識です。

  • 回答No.3

追認すると無権代理の瑕疵は治癒されます。 告訴は無理かと思います。 せいぜい、懲戒が精一杯かと。 ただ、世の中、弁護士雖も悪い奴はいっぱいいます。 肩書きに負けないで頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

No.4の通りです。 民事上は、無権代理は追認で担保されますので、 問題はないと考えており、そこで争うつもりはありません。 今問題なのは、 ・刑法159条の抵触 ・弁護士法22条の抵触 の二つの刑事事件としてとらえ、 告訴する方向ですすめようと考えています。 何かアドバイスがあればお願いします。 <日弁連規則> ・弁護士を代理人をとする場合、弁護士は弁護士委任契約を作成する義務がある。 ・弁護士委任契約には報酬の条項を示さなければならず、 弁護の範囲や報酬を記述し、依頼人と契約しなければなりません。

  • 回答No.2

なるほど。 では、弁護士は受任通知をするに当たり 依頼者から委任状をもらっているはずです。 「見せなさい」と言っても、見せないかもしれません。 法的には、代理権の問題で 特に民113無権代理でしょう。 そう言えば、私は保険会社と交渉しましたが、 交渉にでた弁護士に「委任状を見せないと正当な代理人とは認めない」 と発言し、確認しました。 相手の弁護士は「私、委任状見せろといわれたの初めてです」 とかいっていましたが、弁護士でも委任がなければ介入できません。 この先、弁護士との会話の録音をお勧めします。 証拠が集まるまで、下手に出る事です。 弁護士懲戒は、何回申し立てたかなぁ・・・ 弁護士相手の訴訟もやりましたし、 弁護士なんて、法律を駆使した「やくざな」商売です。 一つ間違えば、直ぐ「脅迫」ですから。 弁護士が介入しても、相手方本人があなたと話す事に やぶさかでないなら、脅迫でも強要でもありません。 相手方本人があなたと会うのを拒否して 弁護士に委任したというなら 面会の強要は犯罪性がありますが、 相手方本人は「委任してない」といった以上 加害者として面談する義務はあるでしょう。 無権代理行為で損害を被ったなら 不法行為で損害賠償となりますが、 刑事上は難しそうです。 今、私は、一年間下手に出て 電話録音をたくさん溜めて 「よし、証拠はそろったな」 で、夏に保険会社を提訴しています。 訴額3,000万円です。 お互い、頑張りましょう!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

民法113条無権代理ですね。 ありがとうございます。 私は書類を偽造する弁護士とは、今後示談交渉は出来ないと 判断していますが、弁護士側は、追認して民事上で 対決する姿勢を見せています。 ですので、不本意ですが、この弁護士が代理人を 続けるというのであれば、刑事告発して 裁判所から排除を行う事ができないか、考えています。

  • 回答No.1

弁護士が介入したら何故本人と話してはいけないのですか? 代理人ですから、その効果は本人に帰属しますが 本人と話してはいけない事もないです。 「ご遠慮下さい」なんて書いてありますけど。 弁護士は、保険会社の依頼でしょ。 で、その弁護士が話しにならないなら 相手にしなければいいじゃないですか。 賠償責任は本人にあり、その賠償を保険するのが保険会社で ですから、支払を抑えるべく弁護士を立てるだけで こっちの請求が100万で向こうが50万と言えば、 「じゃ、残りは本人に請求します」で済みます。 私はこれで、800万賠償を勝ち取っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速回答ありがとうございました。 私が受けた虚偽の内容証明では 「xx(加害者の氏名)の代理人です」 と書いています。 交通事故は、加害者と被害者の関係で起きますから、 保険会社など「全く関係ない第三者」は登場しません。 保険会社が法律上許されているのは、示談交渉の代理人だけの機能です。(これは被害者が拒否することも可能です) もちろん加害者側の保険会社の費用で用立てた弁護士なのは 理解できますが、内容証明にはどこにもでません。 (というか出すことができません) 先方(加害者)が代理人(弁護士)を立て、代理人を通して話をするように 通知してきてますので、現時点で本人に直接損害賠償請求や 交渉を行うと脅迫罪など別の罪に問われると思います。 いずれにしても、この部分は経緯の説明で、 質問にはあまり関係無いですね。 >その賠償を保険するのが保険会社ですから、 >支払を抑えるべく弁護士を立てるだけで 事故とは関係ない第三者(保険会社)が弁護士を立てて被害者の 窓口になるとか、法律でも認められていないと思います。 損害賠償の請求を法的に行う場合、当然ですが 相手の名義で行います。 今は、ADRなどもありますから、現時点で保険会社を 無視するというのは得策ではないと考えています。 それよりも、質問の趣旨である相手弁護士の不法行為など 法令違反の種類が分かれば教えてください。

関連するQ&A

  • 弁護士特約について

    http://okwave.jp/qa/q7039664.html 上記アドレス 0:100の内容で結審しました。 ・裁判に加害者本人が不在(行方不明) ・加害者の保険会社は判決後判明(こちら側の保険会社は判決前から加害者側の保険会社の存在を確認していた模様) 判決後(昨年7月)弁護士から直接請求を加害者側の保険会社にしました。加害者側保険会社は、契約者である被保険者から その裁判があったことを知らされなかったということで、それは告知義務違反であり、損害の支払いを拒否とのことです。 何度かこちら側の保険会社に加害者側保険会社を相手に裁判をお願いしますと伝えているのですが、こちら保険会社の担当者 にうやむやにされてしまいます。しょうがなく、HPのお問い合わせでメールしたところ連絡がとれ弁護士と会う約束がとれました。 そのなかで ・約款に触れる訴訟になるのでやる意味がないのでは?(金銭的に) ・自分が過失なし、加害者が100となったので弁護士特約はつかえない 金銭的には満額なら140万、最低でも30万で十二分に金銭的にもやる価値があります。弁護士特約についても過失がないのに 払われない事案に対しての弁護士特約なのに、もう意味不明です。(あいおいにっせい) 現時点も、また保険会社担当は、直接請求をするとか弁護士に聞いてみますとか時間が進むばかりで事が進みません。 http://okwave.jp/qa/q7049529.html この件についても対物賠償保険金の復活をお願いしますと伝えたのですが、うやむやにして結局まだです。 事が進めるためには、自分は何をしたらいいのでしょうか?

  • 弁護士への依頼時期について

    家族の交通死亡事故から1年たち 相手側保険会社とようやく示談が始まろうとしています。自賠責保険の加害者請求手続きのための書類などを 保険会社に提出したところなので 実質具体的な話し合いはこれからですが こちらとしては 納得いく回答を自分たちだけの交渉で得られるとも思いませんし 専門家に任せたい気持ちがあります。日弁連へ行ったところ具体的な数字が出てからまず紛争処理センターへ行くという方法もありますよと 教えてもらいましたが いつ頃弁護士に依頼したらいいのでしょうか?

  • 弁護士が懲戒処分を受けたとき

    弁護士が懲戒処分を受け業務停止になった場合、仕事を委任中の依頼主に、裁判中ではないときなどは、それを報告する義務はありますか?また、それによって依頼主に不利益があった場合は何か罰則はあるのでしょうか。それによって弁護料を下げてほしい場合は、その弁護士に直接かけ合うしかないのでしょうか。また、業務停止中に依頼主と電話で打ち合わせをすることは違反になるのでしょうか。弁護士法を読んでも、その点は記載されてないようなのですが・・・よろしくお願いします。

  • 保険会社の代理行為

    以前、ネット上の法律家のサイトのMLで、保険会社が事故の示談交渉その他を行う事は、弁護士法違反にならないと、というのは、弁護士会と保険会社との間で話(契約なのかどうか??)が出来ているからとことのように聞いた事があります。 1、これは間違いはないでしょうか?? 2、最近、保険会社の従業員が非弁活動で、弁護士法違反で逮捕された報道を見たように思います。 以上、どんなことでも結構ですので、保険会社の非弁活動と法律適用について、ご存知の方あれば、教えていただければありがたいのですが。

  • すごい困っています。弁護士の辞任の件で。

    どなたか、よろしくお願いします。 交通事故の損害賠償を任せていた弁護士に、今日、突然呼び出され、 「もっと交通事故に詳しい弁護士に依頼したほうがいい」と言われました。 委任契約したのは7月です。最初の法律相談では、「うちの事務所でも 交通事故案件を多く扱っているから、任せなさい」と言われたので、安心していました。 ところが、目撃者がいないことや加害者との供述に大きな差があることが分かり、 言葉の上では「うちの事務所じゃ力不足」といっていますが、裁判に勝てる 見込みが少なくなってきた、というのが本音のようです。 今日、受けた説明にも、ちらっとそういったことを言われました。 現時点は、2週間前に後遺症障害の診断書を送り、保険会社(の弁護士)からは、まだ連絡はありません。 質問したい点は、 1.弁護士は依頼人の許可なしに、委任契約を解除できるのか?(契約書にはもちろん記載ありません) 2.辞任した場合、これまでの経費は請求されるのか? です。 どうぞ、よろしくお願いします。

  • 弁護士について

    先日、刑事裁判について相談させていただいたものです。 新たな質問が発生したので、どなたか、教えてください。 内容は、 私が委任している弁護士と折り合いが悪いことです。 例えば、事故当日の私の記憶が曖昧な点について、弁護士から「あんたの言うことは信用できない」と言われたり、 刑事告訴についても、私が来週にも就職活動を開始するので、本当に告訴するかどうかは2,3日考えたいといったところ、「今は、そんなこと言っている場合じゃないでしょ」と、 味方のはずなのに、敵のように感じてしまいます。 また、「今後、保険会社や加害者はどのように対応してくるでしょうか?」とこちらから質問しても、「さぁ、どうでしょうね?」と曖昧な回答ばかりです。 私が神経質になっているのかもしれないですが、弁護士は私がお金を払い動いているのだから、クライアントとして対応すべきではないのかな、と感じています。 保険会社との交渉で心配な点が多く、安心がほしくて委任した弁護士なのに、今では、担当弁護士と話すのが苦痛です。 質問は、 1.弁護士を変えるのはクライアントの自由だと思いますが、何かデメリットはありますか? 2.今、弁護士との契約をきったら、発生する支払額は、相談料、日当、書類の作成費、交通費のほかに、何か考えられますか?(契約書には明記がありません) よろしくお願いします。

  • 追突事故の示談交渉を弁護士に依頼すべきでしょうか?

     先日、赤信号で停車したところ、タクシーに追突されました。  その場は物損事故で処理しましたが、帰宅後首肩腰の痛みがひどくなり翌日より通院、 頸椎捻挫・腰椎捻挫(いわゆるムチウチ)と診断されたので人身事故に切り替えました。  加害者側保険担当者による事故状況ヒアリングおよび事故車確認の後、加害者と当方の 事故状況説明に相違があるとして、加害者側は弁護士を立てると連絡がありました。 その弁護士から電話があり、事故状況説明までしたところです。  ここで本題なのですが、追突の加害者(大手タクシー会社)が弁護士を立てたということは 当方の過失を問うためかと憶測されますが、これに対抗するためにはやはりプロである弁護士の 方に依頼をすべきでしょうか? 素人なので的外れかもしれませんが、以下に判断の参考に していただきたいポイントを列記します。   ◯当方は加害者の100%過失(前方不注視・車間距離不保持)と考えてます   ◯上記為、当方任意保険会社による代理交渉を依頼してません     (代理交渉すると当方側にも非があると認めることになると当方保険担当者に言われました)   ◯現場検証時、加害者は気付くのが遅れたと警察に話してます     (証言を翻すことも十分あり得ることは想像に難くないですが……)   ◯弁護士を立てることは加害者・加害者側保険会社双方の意向のようです   ◯加害者側弁護士が出てきた以上、当方も弁護士に依頼しないと確実に負けるだろうと     通院する整骨院の先生に言われました(痛みが増してきて現在も通院中)   ◯現時点では加害者側の示談条件は提示されていません(事故状況説明の相違点も不明)   ◯損害賠償額や追突の過失割合を鑑みて、加害者側が弁護士を立てるメリットがよく     わからない(個人の場合はあまりメリットなくても、大手タクシー会社だから弁護士費用は     あまり考慮しなくてもよいのでしょうか? 例えば弁護請負契約してるとかお抱え弁護士とか)   ◯できれば裁判はしたくないですが、裁判になった場合には弁護士に依頼せざるを得ません     (当初から裁判で争うことまで想定して弁護士にお任せすべきでしょうか?)   ◯想像レベルですが、もしかしたら加害者側は任意保険未加入で、自賠責保険限度額以上と     修理代は持ち出しとなるため弁護士を使ってでも損害賠償額を抑える必要があるのかも     しれません(任意保険加入の有無については確認できませんでした)   ◯法律・裁判・事故・保険等諸々の知識および交渉術については自信ありません  以上、ご教示いただけますよう、よろしくお願いいたします。

  • 突然、弁護士からの内容証明付き郵便が

    先般、車同士の交通事故で物損、人身の両方での案件となりました。相手の保険会社から0対10で当方に過失はなしとの連絡があり、話を進めていく段になり保険会社の車両担当者からはそれなりに連絡はあったものの、人身担当者からは当初通院交通費等の請求の用紙の送付の連絡があっただけでその後連絡がなかったため保険会社のカスタマーセンターに連絡し、担当者の変更をお願いし変更して頂きました。当方としては当初の人身担当者の謝罪を頂いたうえで話を進めると代わられた方に申したところ、上席者の謝罪をもって当事者の謝罪はないとのことで話を進めることができなったところ、何の連絡もなく突然弁護士から本案件の法的交渉に関し加害者及び契約保険会社より委任されたので、今後は当弁護士に連絡せよとの内容証明郵便が届きました。 この様に、弁護士を立てる際相手への告知義務はないのでしょうか?保険会社の内部規定だけで加害者(保険契約者)や被害者への事前告知は?更には、保険会社の当初担当者の謝罪はむりなのでしょうか?

  • 交通事故の示談のために、弁護士に依頼したいですが。

    現在、通院中です。 車対車の、私が直進、相手が右折してきて、私の正面と相手の側面に衝突しました。 加害者側の方は、誠意が有る方だったのですが、相手の保険屋が誠意が無く、言い方が腹立たしいので、弁護士に依頼しようと思います。 ちなみに弁護士の費用は、私の車の任意保険の弁護士特約を使おうと思います。 当然、相手の保険屋もお抱えの弁護士が居ると思うのですが、どのような弁護士を抱えているのでしょうか? 大手弁護士会社のようなところと契約してるのでしょうか? それとも、個人で独立しているような地元の弁護士と契約してるのでしょうか? 相手の保険屋が契約しているような弁護士に依頼しても、負けるのは確実ですし、個人弁護士と、弁護士を集めて企業として経営している弁護士、どちらに依頼すればいいのか、いまいち分かりません。 よろしくお願いします。

  • 交通事故の加害者担当の保険会社から弁護士対応に変更すると言われて

    今年5月末に追突事故にあって、その後の対応について加害者が全て面倒みますと言い私は保険会社を通していない状態で安易な約束はしないよう注意したのですが、聞いてもらえず数日後、警察署でも確認をして保険会社の金額は全額出ない事もあると私が言うと不足分は加害者が出すというので半信半疑で聞いておりました 案の定、保険会社と修理金額に大きく隔たりが出ましたので一応加害者に伝えるとそんな事は言っていない、全て保険会社に任せるという意味。二度と電話するなと言って来ました。 加害者側の保険会社に間違って言った事を訂正して謝罪して貰い今後もそれなりに誠意ある対応(怪我の伺いをたてるとか)さえして貰えば物損分の金額で示談すると言ったところ保険会社では加害者に謝れとか強制できないが伝えておきますとなりました ところが、これから先は弁護士に任せると言い私は治療費や慰謝料等はどうするのかと聞いても弁護士に聞いてくれこれ以上は人身分も含め対応できないと言いました。 私はただ、言った事を訂正して謝罪して貰えばいいだけなのに、弁護士が出てくるまでの事案なのか、私も弁護士を依頼しなければいけないのかよく分かりません 特に症状固定になっていない中加害者の弁護士の圧力で治療中断や支払をしない、慰謝料も不利な方向になるのか専門的な方もしくは、経験者の意見を伺いたいと思います 無論、これを見られた三井住友海上の担当者匿名で結構ですから本音をここに書いて下さい