• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

中国残留孤児の裁判

こんにちは。 今日、大阪地方裁判所で中国残留孤児の国に対する訴えが棄却されたというニュースがありました。 中国残留孤児は戦争当時の政府の、誤った政策の賜物だと思います。 国の命令で満州等へ開拓団として出向き、終戦と共に中国に残されてしまった日本人。 日中国交回復した後も積極的な帰国支援が行われなかったため、いまだに苦しんでいる方々が多くいます。 これは国の罪なんじゃないでしょうか? 私は「大地の子」を見て何度も泣きました。 残留孤児は戦争の被害者です。 一度棄却という判例が出てしまうと、今後の裁判でも同じような判決になっていくのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数264
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#174737
noname#174737

知人の中に、残留孤児の息子さんがいます。 両親に連れられて10年ほど前に日本に帰ってきたとの事です。  彼とはよく話をするので、今回の裁判は他人事とは思えなかったです。 原告である残留孤児の人や、知人のご両親に限らず、帰国してからの生活は苦しいものがあったように聞いています。 ある意味、当然と言えば当然かも知れません。  理解できない日本語、慣れない日本の生活習慣、ものの考え方、人生のおくり方、周りの人との付き合い方、とにかく全てが中国とは違うのですから、大変な苦労をされたであろう事は想像に難くありません。 そのため残留孤児を産んだ直接の責任者である日本政府に抗議したくなるのも当然だと思われます。 ただ昭和56年、初めての残留孤児の肉親探しの調査が行なわれてきてからの政府の対応をみると、一応それなりに評価しなくてはいけないようにも思います。 当時の厚生省が必死になって肉親探しを行ない、運よく家族が見つかった場合は、法務省や外務省に掛け合い、早期に帰国できるよう万全の体制をとっていたように思います。 また帰国後のフォローも 「それなりに」 キチンとしていたように思います。 空港に着いたとたん、 「私たちの仕事はここまで。  じゃ、あとはご自分でがんばって下さい」 と放り出す事は決してなかったです。 日本の生活に早く馴染むよう、一から指導してくれる研修センターで生活しながら勉強してもらい、徐々に独立できるよう支援をしていたはずです。 ただ個人個人で日本に馴染める人と、そうでない人と大きく分かれてしまったのも事実だと思います。 私の友人一家などは早く馴染んだのでしょうね、今では何の問題もなく生活し、キチンと仕事をして自分の力で独立しています。  もはや中国は過去の記憶になっているようです。 逆にそうでない人の場合は悲惨だと思います。  昭和56年の調査で最初に残留孤児として帰国した人の中でも、日本に溶け込めず 「中国にいる方が良かった」 と後悔する人のドキュメンタリー番組を見た記憶があります。  たしか最後はアル中になって病院に担ぎ込まれたはずです。 中国にいる時には日本は夢のような国で、とにかく日本に帰国さえ出来ればこの世の極楽だと、大きな誤解があったのかも知れません。  当時の中国の一般市民の生活レベルではそう思うのも無理はありませんが ・・ 長くなりましたが、本当に気の毒とは思うものの、では日本政府に全責任があるのかと問われたら、判断は難しいように思います。 賛成するわけではないのですが、残念ながら今回の判決は 「考え方によっては、そう言われても仕方ない」 範囲かな、と感じています。 それと今後の裁判の行方ですが、地裁の判決に必ずしも影響を受けるものではありません。  もしかすると高裁では原告全面勝訴の判決も期待できるのではと思います。 ただ国を相手どった裁判について、最高裁の過去の判例をみると、どうも国寄りの判決が出やすい傾向があるように思いますので、予断は許しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>ただ個人個人で日本に馴染める人と、そうでない人と大きく分かれてしまったのも事実だと思います。 本人の努力と、受け入れた家族の状況、いろんなケースがあるんでしょうね。 生活習慣の違い、考え方の違い、中国と日本の常識の違い。。 なかなか馴染めないことも多いでしょうね。 一人一人事情も違うので、一律に補償。。というのは難しいことなんでしょうね。 いろいろ考えさせられました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 中国残留孤児について

     少し前ですがこのカテゴリーで中国残留孤児の質問があり、多くの興味深い回答や史料が出たのですが、消されてしまっています。  再び質問を立ち上げたいのですが、よろしくお願いします。  私は終戦前のこと(満州事変、シナ事変、ソ連侵攻、満鉄、満蒙開拓団および引き揚げ時の悲劇等については、比較的知っているつもりですが、その後の残留孤児たちのたどった運命については詳しくありません。  ただ帰還したあの人たちのお顔の皺をみますと、過酷な体験をされたんだろうということは、容易に想像できます。  しかしまた、あの酷寒の土地で幼いときに実の親の手から離れて、よく生き延びたものだと感心もしています。そこで質問なんですが・・・ (Q)残留孤児たちが満州の人から受けた「心温まるエピソード」及び「ひどい仕打ち」等について、ご存知のことや参考となる本、URLがありましたら教えてください。

  • 中国残留日本孤児問題について、教えて下さい。

    現在、NHKで深夜に中国残留日本孤児問題を扱ったドラマ「大地の子」が放送されています。 私は子供の頃、中国残留日本孤児の人々がテレビのインタビューなどで号泣している姿をみて、「ああ、肉親との別れが、本当に辛かったんだな」と単純に思っていました。しかし、「大地の子」を見て、なぜあのように号泣していたのか、今まで分からなかった事が分かるような気がしました。 肉親との別れだけではなく、日本人というだけで受ける多くの差別、虐待に耐え、いかに悲惨な人生を送る人々が多かったかを思い知らされました。 最近は、もう中国残留日本孤児問題はニュースなどには出てきませんが、それはもう、肉親を探す術が無いという事でしょうか?恐らく、昭和10年代に生まれ、戦時中を満州などで過ごした方が、対象だと思うのですが、こういった方々の両親の世代といえば、もう80歳を過ぎたかたばかりでしょうね。 また、聞いた話ですが、中国残留日本孤児の方々が、どんなに手を尽くして探しても、肉親の方が名乗りをあげようとしないことも多かったのでしょうか?例えば、「一度は子供を捨ててしまったのだから、親としてあわす顔がない」といった理由や、「遺産相続問題が、複雑になるから」などの理由から、なかなか名乗りをあげない肉親もいると聞きました。  昭和10年代の生まれといえば、私の母もそうなのですが、戦時中を日本で過ごすか中国で過ごすかによって随分違う人生を歩むものだなと思いました。また、まだまだご健在の中国残留孤児の方々は沢山いらっしゃると思うのですが、もう全く「肉親探し」は行われていないのでしょうか?現在でも彼らは、日本人というだけで、差別を受けながら いろんな方のご意見を賜りたいです。宜しくお願いします。

  • 中国残留孤児について

    テレビで中国残留孤児とシベリアに連行された日本兵見ていて少し疑問になったのですが、以下のように質問をまとめました。 1.中国残留孤児はなぜここまで問題になったか。 2.当時、孤児はどんな状態で養父母などにひろわれたか。 3.当時の孤児の両親などはどうして捨てざるおえなかったか。聞くにところによると一部の養父母が金と引き換えに子供を引き取ることがあったが、本当か。 4.その孤児らはどんな仕事をさせられたか。 5.これは私の個人意見ですが、テレビでみると孤児達は生活保護だけではたりないので国に就業援助をしろというが50歳や60歳で帰国しても 日本人でも就職できないし、言葉も50や60は普通の日本語はうまく話せないのは当たり前と思います。国がいくら援助しても無駄な面もあります。あの人たちはわかっているのかなあと疑問に思いました。 6.なぜ日本政府は孤児対策を終戦後早く行わなかったのか よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • platon3
  • ベストアンサー率38% (44/115)

まず、中国にだけ残留孤児がたくさんいた根本原因から。 一つは、ソ連軍の侵攻による虐殺や離散で、もう一つは、当時の中国の人身売買という慣習です。 後者は、触れられないし語られませんが、当時の中国では子どもは財物の一種で普通に売買されていました。今では、一人っ子政策などで中国もかなり社会が変わりました。 それでも地方では売買婚などの習慣がまだ残っているようです。当時の避難民たちは生死の境で、子どもを売ったり預けたり略奪されたりしたわけです。 昔の満州の状況は別途調査が必要ですが、本来あの土地は中国で「化外の地」と呼ばれ蛮族が住む土地、とされていました。 ですので当時の日本政府の責任としては追及できないと思います。(戦争を開始した、といった話であれば全然違う論点になりますが) 次に国内での対応ですが、No2の方も書いてあるとおり、ある程度機能するフォローがあったようです。 ただ、いかんせん育ちが中国でしたので基礎学力にも差がありますし、日本に馴染むにはそれ相応の努力が個人にも必要になります。道徳律の違いから簡単に盗みなどに走る方もいらっしゃったようですし、そうなった後は逆に日本人は犯罪者に冷たいところがありますので、ますます馴染めなかったのでしょう。(今回の裁判の原告がそうだとはいいませんが) 個人的には10年も20年も居て、馴染めないのは個人にもその責任があると感じますし、過去に生活保護など安易に国からの支援を受けすぎたのも一因かと思います。 裁判については、自身が新しい証拠など提出できれば先の判決には影響無いと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね。残留孤児といってもいろんなケースがあるわけで、一律に補償。。とはいかないでしょうね。 人身売買。。恐ろしいことですね。 中国、特に地方は貧しさから自分の子供さえ売り飛ばしてしまうんですね。 まして、日本鬼子だった残留孤児たちは売られてしまうのは当然のことだったんですね。。 戦争って本当に不幸な人間を生んでしまう、今後はあってはならないことですね。 いろいろ勉強になりました。ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • ipa222
  • ベストアンサー率20% (903/4455)

そもそも戦争というものは、国家や国民に非常に大きなダメージをあたえるものです。 死や大怪我や家財産の焼失、家族分断などなど その被害者が、国にお金を求めても、それを払える国なんて無いでしょう。 戦争終結時に日本は言葉のとおり焼け野原だったのです。 日本だけに限りません。 植民地を持っていたヨーロッパ、戦争で強大国となったアメリカ、アフリカ、アジアなど世界中で悲劇があったのです。 むかしからそうです。源平の合戦でも応仁の乱でも大坂夏の陣でも。 その被害者が、それを弁償するように求めても、無理でしょう。それが戦争というもので、だから戦争はしてはならないのです。 日本政府は、残留孤児だけにお金を払うわけにはいきませんので、払うとなると被害者みんなから訴訟をおこされてみんなに払わざるをえなくなります。だから、最初から勝てない裁判なのです。 弁護士だけが美味しい想いをしたわけです。 残留孤児は、親が自分や家族、その子供の生命のためなくなく中国に残してきた子供です。 中国人はそれを受け入れ、子供を育てました。 ソ連が条約を破り突然攻めて来るという極限状態のなかで、命があっただけでも運が良かったと思います。 大勢の人が強制収容所出身のソ連兵に暴行され、死んでいきましたから。 当人達の境遇には同情しますが、それをけしかけて勝てない裁判をすることに疑問がわきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね。。戦争被害者は残留孤児だけではないんですよね。 一人一人への賠償となるとすごい額になること、また一人一人境遇も違うため、一律に賠償。。というのも難しいんでしょうね。 弁護士は勝てると思ってやってるんじゃないんでしょうか? もし勝てないとわかってて訴訟をするんだとしたら、ひどいですね。 やはり戦争はしてはなりませんね。 中国や韓国などの国の、日本は戦争加害者でひどい国だ!。。という反日がすごいですけれど、日本の中にも戦争の被害者がたくさんいるんですものね。 いろいろ考えさせられました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 満州の残留孤児についての本を探しています。

    終戦直後、満州からの引き上げ時に、様々な理由で孤児になり、中国に残留してしまった子どもたち(当時)が大勢います。その子どもたちが、なぜ孤児になり、その後どんな運命をたどったか、詳しく書かれた本があれば教えて下さい。特に、何年か孤児として中国で生活し、その後、ラジオ放送などによる日本からの人探し活動で見つけられ、帰国した方々について詳しく知りたいと思っています。

  • 満州開拓団員の国籍は?

    開拓団の人々の国籍はどうなっていたのでしょうか? 満州もいちおうは国だったわけで、、、、。

  • 満州開拓団の土地の取得方法

     いま、終戦直後の満州開拓団の状況を書いた本を読んでいるのですが、その中で開拓団の人々が現地中国人に襲われた一因として日本人に土地を奪われたことをあげているのですが、同じ本の中で体験者の談として「未開拓地に農場をつくった。」ということも載っています。  実際のところ、日本から行った開拓団の人達が手にした土地は現地人のものを奪ったものなのか、それとも文字通り「未開の地」を一から開墾したものなのか、どちらなのでしょうか?

  • 現代人は何か思い病気にかかっているのではないか?

    現代人は何か思い病気にかかっているのではないか? あるサイトで、中国残留孤児の話がでていた。 中国残留孤児とは、終戦後に中国に取り残されて中国人に 育てられた日本人の子供のことです。 このことについて、ある人が「日本人は中国人にさんざん悪い事を したのにもかかわらず、中国人は日本人の子供を差別もせず育ててくれた。 だから私は中国人にたいへん感謝している。」 と、まあ、そんな感じの書き込みがあった。 日本人が中国人に悪い事をした。というのは別においといて、 当時の貧しい中国人が、みずしらずの日本人の子供を、なんの 見返りもなく我が子のように大事に育てた。と思っている感覚が、 僕にはよくわからない。 もちろん、そういうできた中国人もいたのかもしれない、でも多くは 労働力としてこきつかうためだろう、と僕は思うのだが。 実は僕もそのあたりの詳しい真実は本当はよくしらない。 中国残留孤児に関しての知識といえば、「大地の子」を読んだくらいだ。 しかし問題は歴史の知識ではなく、そういう甘い感覚に違和感がある。 いったい、その甘い考え方はどういう風にしたら生まれるのか? 人間はなんの不自由もなくすごしていれば、そういう感覚になるのだろうか? これは現代人の一種の病気ではないのか? ちなみに、僕は中国エステでぼったくられてから、中国人に不信感を いだいています。 ただ、中国式マッサージは、とても気持ちよかったです。

  • 最早、無理なのか・・・残留孤児や外地遺骨収集

    戦争や敗戦による無政府状態とその後の戦後復興の影で未解決の問題が多くあります。 その中でも 中国残留孤児も高年齢と関係者の生存や記憶がネックになり、悲願である帰国が叶わず、仮に来日されても、身元調査でも面会でも記憶や資料の少なさからか⇒身元判明・家族対面が稀有になっている。 また、多くの戦場や収容所での犠牲者の遺骨が未だ荒野に山に海に望郷の思いや無念の御霊が放置されている。 昭和の時代に起因した事柄であり、人道的にも国家の責任においても、昭和で解決して欲しかったが、現在に至っても未解決のままである。 関心を持ち、同胞の国家の犯した戦争の被害であり、その方々の犠牲にて現在の社会や暮らしがあるとの思いで、申し訳ない気持ちで一杯です。 僅かでもカンパに支援ボランティアに協賛してはいますが・・・ 何かしらの根本解決への道、改善を図る方策はないのでしょうか・・・ <質問> ◇国・関係機関・私たちは、どうすれば良いのでしょうか?

  • 山崎豊子さん著「大地の子」

     現在、NHKで夜に、過去にドラマ化された「大地の子」が再放送されていますね。最初に放送された頃は私も若くて、「なんだか残酷な話みたいだし、あんまり見たくない」と思っていたのですが、そこそこいい年になった今では冷静に見つめることもできますし、中国残留孤児の問題や、戦争が後々まで残した傷跡について考えさせられ、号泣したシーンもたくさんありました。原作ももちろん読みました。  しかし、ちらっと聞いたのですが、山崎豊子さんのこの作品をはじめ、いくつかの作品が、「盗作」であるという疑惑があったというのは本当でしょうか?実際に裁判で和解金を払ったとも聞いたのですが・・・。  ご存知の方、また山崎豊子さんのファンの方、是非教えてください。

  • 中国の先人たちに感謝

    その昔、古代中国を発祥とし中国の文化の 恩恵で我々のご先祖様が中国に文字を習い 今の輝かしい経済の発展の礎になったのは 確かなことだと思う。 私がまだガキだったころの話だが中国残留日本人孤児の ニュースが連日取り上げられ涙したのを今も思い出す。 中国残留日本人孤児とは (一例だが) 『幼な子を抱えた母親が想像を絶する悲惨さのなかで,生きるために自らの子を捨て,あるいは売り,さらには殺した例は数限りなくあったと考えられる。残留孤児とは,こうした状況のなかで幸いに生き残り,善意の中国人の手で育てられてきた人たちであり,戦争の傷痕を一身に背負っている人たちであるといってよい。しかし,戦後の日中関係は長い間正常化されないまま,この問題は一般にはほとんど知られることがなかった。』 本当の中国人は優しいんだと思う。 我々のご先祖様に漢字を惜しみなく教えてくれた。 文化も教えてくれた。 早く民主化して昔のような心大らかな国民、民族に 戻って欲しいと願う。 決して名ばかりの民主主義国家の韓国のようには なって欲しくないものだ! 中国の民主化っていつごろ実現するのだろうか? もう無理なのだろうか?

  • 日本軍山西省残留問題について

    昨夜FMラジオの放送で「日本軍山西省残留問題」についての番組を聴きました。 終戦時日本兵が上層部の保身のため、2600人中国に残留し、共産党軍と戦ったということでした。 しかし、国はこれを自主的に戦闘に加わったとした。 残留した兵の一人がその後捕虜になり、帰国すると脱走兵扱いだった。 その方が恩給を求める裁判を数年前に起こしたが、これを認めると日本軍として戦ったことになり、ポツダム宣言に違反することになる。 そのため国は認めていない。 という内容でした。 これについて「蟻の兵隊」という映画が上映されているということです。 http://www.arinoheitai.com/index.html 私が知らなかっただけかもしれませんが、2600人も残りながら今まで取り上げられなかったのは不思議です。 私としては、非常に心を動かされる話でした。 多くの方はご存知の事件なのでしょうか。 それとも、事実がはっきりしないため、取り上げられないのでしょうか。 何かご存知の方、教えていただけますでしょうか。

  • 終戦間近の中国方面の状況はどうだったのでしょうか?

    太平洋戦争などではアメリカが太平洋の島々を撃破し硫黄島など激戦して沖縄上陸と歴史書やTVを観れば解るのですが。 中国方面はどうだったのでしょうか? (1)南京などでは終戦して武装解除後に中国軍が攻め込んできてあけ渡した?(日本本土みたいに武装解除後だったので激しい戦闘がなかった?) (2)終戦前に激しい戦闘の末に中国軍に攻め落とされて捕虜の状態だった? (3)すでに大分前に中国からは撤退していた? (4)日本人を守る自衛的戦闘以外はすでに行われていなかった?(その残った兵隊が捕虜になった?) 南京と満州では状況が違うと思いますができれば両方お願いします。

  • 【戦争】なぜ日本は中国を助けるために中国を攻めたの

    【戦争】なぜ日本は中国を助けるために中国を攻めたのでしょうか? 安部首相は欧米列強から中国を助けるために日本は中国を攻めたと安部談話を発表しました。 欧米列強は中国に攻め入った日本を非難しましたし、満州国樹立を非難しました。 要するに欧米列強はそもそも中国を占領する気はなかったのです。 占領する気が無かった欧米列強から中国本土を守るために仕方がなく日本は中国を助けるために攻めた。 安部談話おかしくないですか? あと満州国樹立のきっかけになった鉄道爆破事件(柳条湖事件=日本の自作自演だった)のときに満州国を樹立出来るだけの日本兵を既に中国に配置していた。 暴動と同時にそれだけの人員を送り込める準備をしていた。 これのどこに中国を助けるために満州国を樹立したと言える根拠があるのでしょう。 欧米列強は中国を支配する気はなかった。日本はどこの国から中国を守ろうとしたのでしょう。 安部談話は虫が良すぎます。 戦争を美談化して、日本が中国に攻め入ったことは欧米列強から救うためだったので良いことだった。日本人は恥じることはない。 恥じるべきです。 戦争は良くない。 戦争を美談化する安部談話は許せません。 日本の歴史教科書は日本を美談化して描かれている。