• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

現代人は何か思い病気にかかっているのではないか?

現代人は何か思い病気にかかっているのではないか? あるサイトで、中国残留孤児の話がでていた。 中国残留孤児とは、終戦後に中国に取り残されて中国人に 育てられた日本人の子供のことです。 このことについて、ある人が「日本人は中国人にさんざん悪い事を したのにもかかわらず、中国人は日本人の子供を差別もせず育ててくれた。 だから私は中国人にたいへん感謝している。」 と、まあ、そんな感じの書き込みがあった。 日本人が中国人に悪い事をした。というのは別においといて、 当時の貧しい中国人が、みずしらずの日本人の子供を、なんの 見返りもなく我が子のように大事に育てた。と思っている感覚が、 僕にはよくわからない。 もちろん、そういうできた中国人もいたのかもしれない、でも多くは 労働力としてこきつかうためだろう、と僕は思うのだが。 実は僕もそのあたりの詳しい真実は本当はよくしらない。 中国残留孤児に関しての知識といえば、「大地の子」を読んだくらいだ。 しかし問題は歴史の知識ではなく、そういう甘い感覚に違和感がある。 いったい、その甘い考え方はどういう風にしたら生まれるのか? 人間はなんの不自由もなくすごしていれば、そういう感覚になるのだろうか? これは現代人の一種の病気ではないのか? ちなみに、僕は中国エステでぼったくられてから、中国人に不信感を いだいています。 ただ、中国式マッサージは、とても気持ちよかったです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数143
  • ありがとう数18

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

日本の農村では生きるか死ぬかの飢餓状態の人達がいて、新天地を目指して中国に渡ったのだそうです。 しかし、ソ連進攻などによって満州における日本の支配権が崩れていった。 このソ連進攻で拉致された人達がソ連抑留者ですね。(ソ連による拉致によって強制労働をさせられた日本人たち) 満州における日本の支配権が崩れ、日本人は追い込まれていき、餓死しそうになった家族は現地で仲がよかった中国人に子どもを託したり、農村に労働力として売ることで、子どもだけは生き延びさせようとしたらしいです。 日本人だと知らなかった本人も戸籍みたいなもので自分は日本人だと知ることになり、中国における人種差別により、相当な憎しみの対象になったようです。 そのような大差別の社会で生きていて、日本に行けば人種差別による肩身の狭い生き辛さから逃れられると思ったのではないかと。 満州ではなくアメリカ大陸に渡った激貧の日本の農村の人は、大戦でやはり収容所に入れられ、大差別を受けたようで、なんとか生き延びた人の2世もやはりアメリカで大差別を受け、日本に行けば。。。と思ったが、日本に行くと日本人の格好をした日本人ではないというカルチャーギャップから、自分のアイデンティティーがわからない という現象が起こったのだそうです。 大地の子は前なにかでトビトビ見たことがありますが、あのケースの場合、使用人だった中国人に預けられたという設定だったと思います。。 日本人がよくしていた中国人の使用人だったので、恩を受けた日本人の子どもとして育てられたという設定にしていたと思う。 人身売買によって貧困にあえぎ労働力を求めた農村に売らているケースだった場合は、、、、 それでも中国は親は神みたいな考えがあるので、親に対して恩義を感じており、自分は日本人だったと知ったあとも、労働力、奴隷として使われていたとしても、生かしてくれた恩人の中国人の養父母として感謝したということで、ストーリーは変わらなかったと思います。 日本人が日本に対してどうしてここまで悪く言うようになったのか、何かきっかけがあったはずですが、どういう風潮から自信喪失にさせられたのか、今は思い出せません。 操作されて、日本人が自信喪失になるように仕組まれていたんだったと思います。 うーん 駄目だ 思い出せない。。。。 政権の関係だったか、、、中国に対する配慮だったか、、、 とにかく政治的なものが絡んで起こった自信喪失志向だったと思います。 面白いもので、韓国の農村でも嫁不足が深刻化しており、韓国の農村の独身の男は、日本人を嫁にしたいとお金を積んで統一教会に人身売買のようなことを求めるのだそうです。 統一教会はお金を積まれてそれに応じて日本人の信者を「神のめぐり合わせ」と称して売るのだそうです。 日本人の女性信者は金で売られたとは知らず、韓国の農村にとつぎ、初夜にいきなり夫となった男にレイプされるのだそうです。 しばらくは性交渉はしないという教義なのに、何故?となるらしいですが、日本人を嫁にしたいということで信者に登録しただけで、実際は教義など知らないので、「やったー 日本人のむすめっこだー」って犯すらしいです。 何故日本人憎しなはずの韓国の人が韓国人ではなく日本人の嫁さんを欲しがるのか。 自慢できるからではないかと。 「おらのよめっこはあの先進国の日本人なんだぞ どだぁ たまげたろーが うははは」って。 で、人権団体が韓国の農村に結婚 実は人身売買で売られた日本人の女性を救出しようと活動しているのですが、「お父様がお選びになった相手とお父様が定めた人生をまっとうします」ってことで、帰国を拒否しているのだそうです。 何十年後かすると、その遺児が母親は日本人だから日本に帰りたいとやはり残留なんとかとして日本政府に帰化を申請するかもしれないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中国残留孤児の裁判

    こんにちは。 今日、大阪地方裁判所で中国残留孤児の国に対する訴えが棄却されたというニュースがありました。 中国残留孤児は戦争当時の政府の、誤った政策の賜物だと思います。 国の命令で満州等へ開拓団として出向き、終戦と共に中国に残されてしまった日本人。 日中国交回復した後も積極的な帰国支援が行われなかったため、いまだに苦しんでいる方々が多くいます。 これは国の罪なんじゃないでしょうか? 私は「大地の子」を見て何度も泣きました。 残留孤児は戦争の被害者です。 一度棄却という判例が出てしまうと、今後の裁判でも同じような判決になっていくのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 無実の現代人

    いまいちよくわからないのですが。 韓国や中国の反日的な人は何故、今まったく 関係のない罪もない現代人を暴行・強姦・ス リなどをしたりするのでしょうか? サイトを見ていると昔の人も悪いことをして いないようですし(本当か否かは知りませんが) 特に韓国の人は日本人に対して暴行を働いて も過去の恨み晴らしとか、まともに捜査しな いとかいろいろネットででてるのですが、本当なのでしょうか??

  • 中国残留日本孤児問題について、教えて下さい。

    現在、NHKで深夜に中国残留日本孤児問題を扱ったドラマ「大地の子」が放送されています。 私は子供の頃、中国残留日本孤児の人々がテレビのインタビューなどで号泣している姿をみて、「ああ、肉親との別れが、本当に辛かったんだな」と単純に思っていました。しかし、「大地の子」を見て、なぜあのように号泣していたのか、今まで分からなかった事が分かるような気がしました。 肉親との別れだけではなく、日本人というだけで受ける多くの差別、虐待に耐え、いかに悲惨な人生を送る人々が多かったかを思い知らされました。 最近は、もう中国残留日本孤児問題はニュースなどには出てきませんが、それはもう、肉親を探す術が無いという事でしょうか?恐らく、昭和10年代に生まれ、戦時中を満州などで過ごした方が、対象だと思うのですが、こういった方々の両親の世代といえば、もう80歳を過ぎたかたばかりでしょうね。 また、聞いた話ですが、中国残留日本孤児の方々が、どんなに手を尽くして探しても、肉親の方が名乗りをあげようとしないことも多かったのでしょうか?例えば、「一度は子供を捨ててしまったのだから、親としてあわす顔がない」といった理由や、「遺産相続問題が、複雑になるから」などの理由から、なかなか名乗りをあげない肉親もいると聞きました。  昭和10年代の生まれといえば、私の母もそうなのですが、戦時中を日本で過ごすか中国で過ごすかによって随分違う人生を歩むものだなと思いました。また、まだまだご健在の中国残留孤児の方々は沢山いらっしゃると思うのですが、もう全く「肉親探し」は行われていないのでしょうか?現在でも彼らは、日本人というだけで、差別を受けながら いろんな方のご意見を賜りたいです。宜しくお願いします。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9

病気かどうかの質問ではなく、中国エステがほんとに気持ちいいかどうかの質問でしょうか。そんなことは別にしまして、「自利利他」と「自棄利他」の考えですが、中国には「半ばは自分のため、半ばは他人のため」したがって相互の利益を計る考えがあるのではないでしょうか。ですので、逃げる困難を鑑みて、中国の方は日本人の子どもを好意的支援と実働効果を考えて引き取ったのではないでしょうか。しかし、人間には人種、時代、思想に関係なく、ひとの困難を助けたいと思う気持ちがあるからだと思います。また、日本人(そもそもなに人とか民族などは時代遅れの発想かもしれませんが)は捨て石となり他の利益を尊重したり、総員玉砕などの連帯意識教育による「公」の優先思想があったようです。(いまはまったくありませんが)自分たちといっしょに逃げてもどういう結果が待っているのかがわからないとき、支援の手をさしのべたひとに我が子の将来をたくすのは、愛する者の判断としては正当化されるべき当然の行為と考えます。こまったときの行為こそが真のこころなので、自害を選ばず、生きる可能性にかけた、そのひとたちを賞賛しようではありませんか。追伸「自利利他」のくだりは日本少林寺拳法宗道臣開祖の法話の一部を紹介させていただきました。中国事情通のissychanでした。エステの気持ちよさについては担当外ですので、別の方にお願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • pupurr
  • ベストアンサー率18% (129/705)

>>現代人は何か思い病気にかかっているのではないか? それはあなた自身がわかってるあなた自身の診察結果ではないでしょうか。  人間は人間を大事にするのが普通だと思います。  しかし、反感を持ってるのもわかります。  理由は>中国エステでぼったくられてから、中国人に不信感を いだいています。  >>実は僕もそのあたりの詳しい真実は本当はよくしらない。  とも言ってます。  まぁ、動物でも、巣穴に向かって死ぬともいわれ、動物でも恩を知るといわれてます。  人間ならなおさらです。  しかし、シェークスピアから作られた、黒澤脚本の「暴走機関車」の最後は、  脱走兵が看守を助けられるが、助けないシーンがあり  最後に「動物でも多少の哀れみがある。それさえない私は動物でもない」  つまり、感謝や恩、哀れみなど人間は当然だが、動物すら多少持っている。だが、それさえないのは動物以下ということです。これは病ですね。精神の問題です。  親に恩を感じないというのは、虫のレベルと聞きます。  >>僕は中国エステでぼったくられてから  つらかったんでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

サービスの値段はそのサービスを実施する原価から決まる側面と、そのサービスを受益する人の購買力から決まる両方の側面があります。 たとえば、医者が無一文の孤児に医療を施した場合のサービス価格は限りなくゼロ(取れない)でしょうし、億万長者に施す医療であれば、多少過剰サービスも含めて最も高い価格に収斂するでしょう。 中国エステというサービスを日本で享受したのか、中国で享受したのか不明ですが、サービスを提供する側から見れば、質問者さんは「購買力が高い人」に分類されているに違いないので、サービス原価基準ではなく、購買力基準で価格を決めようとするのは当然です。 このような商売人の感覚は商売人の国籍とは関係なく、超一流の弁護士事務所であっても、世界的な会計事務所であっても同じです。この事実を理解せずに「中国人に不信感を抱く」と言ってしまうのが偏狭な考え方、あるいは甘い考え方と思います。 先日中国人と食卓を囲っていた時に、彼に紹興酒を注文してもらったのですが、その彼いわく「紹興酒の8年物と10年物の違いは飲んでも分からないし、多分中身は同じだけど、値段は倍も違うんです」。そして「この店には8年物がおいてなく10年物しか無い」と不満そうに教えてくれました。 その店は街でも一番の高級な店でしたので製造原価基準ではなく客の購買力基準で商売が成り立っていることが分かりますよね。 中国で紹興酒を注文される時には8年物がお得ですよ!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

子供のころにおじいさんやおばあさんに戦争体験の話を聞いていないと、ピンとこないのでしょう。 少し年長のかたなら、ご両親の幼少体験からでも戦争の「感覚的」なところを伝えてもらっていると思います。 満州から問題なく帰国した人々(戦況の情報を持っていた人および運の良い人など)は寡黙にして多くを語りませんが、家族内にはいろいろな思い出話をします。 生活の中に、日本人と中国人との穏やかな普通の繋がりがあり、物売りのおばさん、馬車や人力車を曳く人夫、男手を借りたいときに手伝ってもらえる人のこと、中国の商人たちから聞く世間話や時事情報のうわさ、仕立ての良い日本の子供服を譲ると喜んで持って帰り野菜やおかずをどうぞと置いて長話していくおばさんの気の良さ、通りには人さらいもいれば、日本人の子供の独り歩きを注意する人もいる、そんな庶民の生活風景がただただ、とつおいつ紡がれます。 動乱があっても、貧しくても、子供を育ててきた風土で、親を亡くした子や捨てられた子も多い歴史の中、心あるひとびとは他人の子をいくら育ててきたか知れやしないでしょう。中国ってそんな一面のある国でしょう。また別の面では、気前が良い時は上機嫌で、プイッとそっぽを向いたと思ったらもう図々しいほど知らん顔をする、なんだか不思議な気性を育んだ国でしょう。正直始末に負えないと思わされるところもありますしね。 朝鮮半島経由で日本行きの船に乗った人々もいますが、1943-44年頃の朝鮮半島のごったがえす港で、どれほど日本人の子供が荷物の多い親と離れず船に乗れたことか、乗れた子供はまずもって、親を見失いながらも朝鮮の人に助けられて乗せられているのであり、大人だって助けられてやっと乗っているわけです。親切だとかいう言葉が浮いて聞こえるような、当たり前のようにおこなわれた庶民の手助けがあるのを忘れてない方々もいるはずなのです。 ところで、東アジアから中央アジアにかけての農耕民にとって、労働力となる人手は必要です。しかし、小さい子供を労働にこきつかうことと、子供に着せて食べさせて仕事を教えて、ということは、かつかつの暮らしにある家族にとって簡単に釣り合いのとれるものではないと思います。役に立つ聡い子は可愛がられ、大切な労働力である子供への接し方に分け隔てはないのが自然です。豪農であれ豪商であれ、子供は家の役に立たなければなりませんから、我が子同然に育て、我が子同然に働かせ、一族の繁栄の足しになってもらわねばなりません。 日本の農耕地帯にも末子をもらいっ子に出してしまう風習がありましたね。動乱あり内戦あり干ばつありという歴史のスパンが浅いので、日本では、もらいっ子を抱えてまで一族繁栄にかけるという情熱が大陸ほどにはないかもしれませんね。 でも、一番大事なことだと思うのですが、我が子のように可愛がられて家を支えて頼りにされても、寂しかったと思いますよ。残留孤児の方々は。この寂しさのほうがね、癒えないでしょうね。中国の人に我が子のように育てられた話というのは甘い話なのではなくて、寂しく深く広く遠い、話だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • dondoko4
  • ベストアンサー率12% (1161/9670)

子供を持てばわかるよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • gackter
  • ベストアンサー率35% (37/103)

本当のところなんてわかりませんね。 単に労働力としてなら同じ中国人の孤児もいっぱいいるでしょう。 嫌韓も日本に大勢いますが、韓国を愛している日本人も大勢います。 他人がどう思うより、本人が幸せならそれで良いと思います。 さて現代人の病気の件ですが、他人に疑心暗鬼となり、一つの案件(マッサージ)で、その国の人々を嫌ったりという方が現代人の病気のように思えますね。 了見が狭すぎる。 いくらぼったくられたのか、何を根拠にぼったくられたと言っているのか知りませんが >中国式マッサージは、とても気持ちよかったです それでいいじゃないですか。 例えば途上国のアジアなど値段はあってないものです。 値札もひと桁多い事などざらにあります。 自分がそのサービス、その物に、その値段だけの価値があると思ったのならいいじゃないですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

深く思考せず、出来事をあらゆる切り口で考えられないからでしょう。「中国人は実は嘘をついているかもしれない」という可能性がまったく考慮されていませんので。これはそのような多面的な思考を学ばせない教育、あるいは「みんな一緒主義」が原因と思われます。何の不自由もなく過ごしたことは原因ではないと思います。 なお、日本人の行動を評価する際に、独特の病気にかかっているとか、他の人種に比べて不自然であるとか思うのは、卑屈で悪い癖だと思います。中国式マッサージは気持ちいいんですね。今度やってみたいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • sotom
  • ベストアンサー率15% (698/4470)

思い病ならば、鳩山元首相の専門分野ですな。 真面目な話、国家が対立していたとしても、民衆がそれに付き合う義理はないだけの事。 陸続きの国境地帯の住民には、よくある話です。「甘い」? 数十年先を見据えれば、 最も戦略的とさえ言えます。重要なのは敵ではなく、味方を増やす事なのだから。 しかも人道に適っている。これを「甘い」と表現するならば、俺は甘いままでいい。 しかし、貴方の投稿にはオチがあるんですなw

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • デニソワ人と現代人の祖先との交雑

    デニソワ人の遺伝子が現代人の一部に残っているというニュースを見ました。 遺伝子が残っているということは交雑で生まれた子が生殖能力を持っていたと言うことですよね。 そうなるとデニソワ人は現生人類と本当に別種なのでしょうか? 私のこれまでの知識では、別種と交雑して子供が生まれることがあっても、その子供は生殖能力を持たない、と思っていました。 種の定義が分からなくなってしまいました。どなたか、種の定義についてお教え下さい。

  • 中国残留孤児について

    テレビで中国残留孤児とシベリアに連行された日本兵見ていて少し疑問になったのですが、以下のように質問をまとめました。 1.中国残留孤児はなぜここまで問題になったか。 2.当時、孤児はどんな状態で養父母などにひろわれたか。 3.当時の孤児の両親などはどうして捨てざるおえなかったか。聞くにところによると一部の養父母が金と引き換えに子供を引き取ることがあったが、本当か。 4.その孤児らはどんな仕事をさせられたか。 5.これは私の個人意見ですが、テレビでみると孤児達は生活保護だけではたりないので国に就業援助をしろというが50歳や60歳で帰国しても 日本人でも就職できないし、言葉も50や60は普通の日本語はうまく話せないのは当たり前と思います。国がいくら援助しても無駄な面もあります。あの人たちはわかっているのかなあと疑問に思いました。 6.なぜ日本政府は孤児対策を終戦後早く行わなかったのか よろしくお願いします。

  • 中国残留日本人孤児の半数は、ニセモノ

    中国残留日本人孤児の半数は、ニセモノだそうですね? この残留孤児は、一族郎党を引き連れて、日本に来て、日本で生活保護を受けています。 DNA検査で、肉親がはっきりした人以外は、日本人として、認めず、中国に、強制送還するべきじゃないですか? また、この(半数は、ニセモノの)残留孤児の身内として来日している中国人の9割は、ニセモノだそうです。 ニセモノの、さらに、ニセモノです。 残留孤児のニセモノ率は、50パーセント。 その身内のニセモノ率は、90パーセント。 本物の残留孤児は、50パーセント。 本物の残留孤児でも、身内が本物の可能性は、10パーセント。 つまり、残留孤児本人が、本物の可能性は、50パーセント。 残留孤児の身内が、本物の可能性は、 50パーセント×10パーセント=5パーセント で、わずか、5パーセントということになります。 ニセモノの残留孤児の身内は、すべてニセモノです。 いまだに、残留孤児の身内が、来日しているそうですが、そんなことに協力している残留孤児は、たとえ本物であっても、同罪です。 まとめて、強制送還するべきじゃないですか?

  • 中国の先人たちに感謝

    その昔、古代中国を発祥とし中国の文化の 恩恵で我々のご先祖様が中国に文字を習い 今の輝かしい経済の発展の礎になったのは 確かなことだと思う。 私がまだガキだったころの話だが中国残留日本人孤児の ニュースが連日取り上げられ涙したのを今も思い出す。 中国残留日本人孤児とは (一例だが) 『幼な子を抱えた母親が想像を絶する悲惨さのなかで,生きるために自らの子を捨て,あるいは売り,さらには殺した例は数限りなくあったと考えられる。残留孤児とは,こうした状況のなかで幸いに生き残り,善意の中国人の手で育てられてきた人たちであり,戦争の傷痕を一身に背負っている人たちであるといってよい。しかし,戦後の日中関係は長い間正常化されないまま,この問題は一般にはほとんど知られることがなかった。』 本当の中国人は優しいんだと思う。 我々のご先祖様に漢字を惜しみなく教えてくれた。 文化も教えてくれた。 早く民主化して昔のような心大らかな国民、民族に 戻って欲しいと願う。 決して名ばかりの民主主義国家の韓国のようには なって欲しくないものだ! 中国の民主化っていつごろ実現するのだろうか? もう無理なのだろうか?

  • 満州の残留孤児についての本を探しています。

    終戦直後、満州からの引き上げ時に、様々な理由で孤児になり、中国に残留してしまった子どもたち(当時)が大勢います。その子どもたちが、なぜ孤児になり、その後どんな運命をたどったか、詳しく書かれた本があれば教えて下さい。特に、何年か孤児として中国で生活し、その後、ラジオ放送などによる日本からの人探し活動で見つけられ、帰国した方々について詳しく知りたいと思っています。

  • 中国人(とくに現代の若い世代)の気質や考え方について

    よろしくお願いします。 発展目覚しい中国ですが、中国人の気質(国民性や概念などなど)はどのようなものでしょうか? とくに現代の若い世代の中国人のものの考え方や、恋愛感覚、人生観・・・・とぜひ知りたいのです。 よければ若い中国人の友人がいる方の話しも聞いてみたいです。

  • 中国残留孤児について

     少し前ですがこのカテゴリーで中国残留孤児の質問があり、多くの興味深い回答や史料が出たのですが、消されてしまっています。  再び質問を立ち上げたいのですが、よろしくお願いします。  私は終戦前のこと(満州事変、シナ事変、ソ連侵攻、満鉄、満蒙開拓団および引き揚げ時の悲劇等については、比較的知っているつもりですが、その後の残留孤児たちのたどった運命については詳しくありません。  ただ帰還したあの人たちのお顔の皺をみますと、過酷な体験をされたんだろうということは、容易に想像できます。  しかしまた、あの酷寒の土地で幼いときに実の親の手から離れて、よく生き延びたものだと感心もしています。そこで質問なんですが・・・ (Q)残留孤児たちが満州の人から受けた「心温まるエピソード」及び「ひどい仕打ち」等について、ご存知のことや参考となる本、URLがありましたら教えてください。

  • 現代の日本人はなぜ皆O脚なのでしょうか?

    同じ質問を最近したばかりです。 後から気づいたのでまた質問させてください。 (前回は昔の日本人はO脚が少なかったが、現代人はO脚ばかりなぜ) 前回の回答で運動不足や座り方が悪くてO脚になったという回答が多かったです。 そうであれば、子供の時はまっすぐで、大人になるにつれてO脚になるはずですよね。 でも、悲しいかなO脚の人は子供の頃からO脚です。 要は遺伝子レベルでO脚ですよね。 なぜ日本人だけそうなった。 同じモンゴル系でも他国はまっすぐの人も多い気がする。

  • 山崎豊子さん著「大地の子」

     現在、NHKで夜に、過去にドラマ化された「大地の子」が再放送されていますね。最初に放送された頃は私も若くて、「なんだか残酷な話みたいだし、あんまり見たくない」と思っていたのですが、そこそこいい年になった今では冷静に見つめることもできますし、中国残留孤児の問題や、戦争が後々まで残した傷跡について考えさせられ、号泣したシーンもたくさんありました。原作ももちろん読みました。  しかし、ちらっと聞いたのですが、山崎豊子さんのこの作品をはじめ、いくつかの作品が、「盗作」であるという疑惑があったというのは本当でしょうか?実際に裁判で和解金を払ったとも聞いたのですが・・・。  ご存知の方、また山崎豊子さんのファンの方、是非教えてください。

  • 役者でもないのに涙を流し泣ける人達・・・。

    昔、私が中学生くらいの時の話しです。 その当時、中国残留孤児の人達が日本に住む実の両親に会う為、来日し、空港で数10年ぶりに再会する感動のシーンがテレビのニュースなどで頻繁に流れていました。 数10年ぶりに再会した親子は抱き合い、涙を流し、再び会えた事にうれしさを滲ませていました。 その映像を見た日本国民は、「離れ離れになった親子が再会することが出来て本当に良かった。」ともらい泣きしたものです。 このような光景が日本全国あちらこちらで見られたのでした。 それから数年後、行方不明、失踪する中国残留孤児があちこちで出てくるようになりました。 この人達は、日本での不法就労などが目的のニセ残留孤児の中国人だったのでした。 このようなニュースを見て、私は、「あの空港での感動の再会は何だったのか?」 「あの涙は中国人のうそ泣きだったのか!?」、「よくテレビカメラの前で迫真の演技で泣けるな!?」と当時、子供だった私は驚ろき、そして、あきれた事を今でも記憶しています。 現在、テレビ番組では、北朝鮮の金正日の死亡でピョンヤン市民や軍人などのいい大人が大袈裟に涙を流し悲しんでいる映像が流れています。 北朝鮮専門家の話では、"うそ泣き"だそうです。 多分、あの演技を自分の目の前でやられると、ほとんどの日本人は簡単に騙されるのではないでしょうか? 私も絶対に騙されない。という自信はありません。 あの人達も「日本人、騙すなんて、ちよろいもんよ!?」などと思っているのでしょうか? 元、日弁連の会長だった土屋 公献は「北朝鮮によるとされる拉致事件は日本政府のでっち上げだ。」 などと最初は言っていましたが、金正日が拉致を認めた後は、「朝鮮人に騙された。」などと言うようになりました。 多分、土屋氏も朝鮮人の涙と演技に騙されたのでしょう。 あの人達は生まれながらの役者なんでしょうか?  日本人を騙すなんて、簡単なのでしょうか?