• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

中国残留孤児について

 少し前ですがこのカテゴリーで中国残留孤児の質問があり、多くの興味深い回答や史料が出たのですが、消されてしまっています。  再び質問を立ち上げたいのですが、よろしくお願いします。  私は終戦前のこと(満州事変、シナ事変、ソ連侵攻、満鉄、満蒙開拓団および引き揚げ時の悲劇等については、比較的知っているつもりですが、その後の残留孤児たちのたどった運命については詳しくありません。  ただ帰還したあの人たちのお顔の皺をみますと、過酷な体験をされたんだろうということは、容易に想像できます。  しかしまた、あの酷寒の土地で幼いときに実の親の手から離れて、よく生き延びたものだと感心もしています。そこで質問なんですが・・・ (Q)残留孤児たちが満州の人から受けた「心温まるエピソード」及び「ひどい仕打ち」等について、ご存知のことや参考となる本、URLがありましたら教えてください。

noname#24488
noname#24488

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数754
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • ymyt
  • ベストアンサー率7% (1/14)

私は当時奉天で終戦を迎えました。 難民になった人達の大部分は北満に住んでいた人達です。 奉天までたどりつけた子供はすくないとおもいます。 それでも収容所になった公の建物には、子供を買いに来ている満人が沢山 いると聞きました。女の児は二百円、男の児は百円ということでした。 満州の田舎にはまだ子供の売買の習慣がのこっていたのです。籠にいれた幼児を売っていたのを戦前に見たことがあります。 当時私は六年生で、ご近所を回っては食物や衣服をあつめて、収容所にとどけていましたが、死んでいるのか生きているのか判らない人達が、コンクリートのうえに筵のようなものを敷いて、びっしり横たわっていました。ガラスもなく、筵かアンペラかがぶらさがっているだけです。そのうち集めるものが、どこの家にもなくなってしまいました。戦に負けた民はみぐるみ剥がれなければならないことを、知りました.いのちがあることだけでも有難いことなのでしょう.大陸は自然環境が厳しいので、歴史的に,敗者から略奪するのは当然のことなのでしょう。 当然のことなのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 貴重な御証言ありがとうございます。  特に国境付近に住んでいた人たちは、男手がなく女子供老人だけで、暴徒化した満人に身ぐるみを剥がれながらの逃避行は、悲惨なものだったと聞いております。奉天に着いたときの着衣は、ドンゴロスの袋から頭と手足を出しただけの人も多くいたらしいですね。  それでも日本人の間では助け合いがあり、回答者さんのように、苦しい状況ながらも、差し入れなど援助の手が差し伸べられたことを聞きますと、救われる思いがします。 >当然のことなのだと思います。・・・  当時の満人のレベルからしますと、残念ながらそういうことと存じます。    さて、もう今の時代となっては、満州から引き揚げられた人の体験談を聞く機会はほとんどなくなってしまいました。  せっかくの機会ですから、回答者さんの内地への引き揚げのルートやその際のご体験をお話しいただければ大変ありがたいのですが。  

関連するQ&A

  • 中国残留孤児の裁判

    こんにちは。 今日、大阪地方裁判所で中国残留孤児の国に対する訴えが棄却されたというニュースがありました。 中国残留孤児は戦争当時の政府の、誤った政策の賜物だと思います。 国の命令で満州等へ開拓団として出向き、終戦と共に中国に残されてしまった日本人。 日中国交回復した後も積極的な帰国支援が行われなかったため、いまだに苦しんでいる方々が多くいます。 これは国の罪なんじゃないでしょうか? 私は「大地の子」を見て何度も泣きました。 残留孤児は戦争の被害者です。 一度棄却という判例が出てしまうと、今後の裁判でも同じような判決になっていくのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 満州の残留孤児についての本を探しています。

    終戦直後、満州からの引き上げ時に、様々な理由で孤児になり、中国に残留してしまった子どもたち(当時)が大勢います。その子どもたちが、なぜ孤児になり、その後どんな運命をたどったか、詳しく書かれた本があれば教えて下さい。特に、何年か孤児として中国で生活し、その後、ラジオ放送などによる日本からの人探し活動で見つけられ、帰国した方々について詳しく知りたいと思っています。

  • 満州事変にソ連が介入しなかった理由

    満州事変以前の東三省(満州)は、ハルピンあたりから以北はソ連の勢力圏内で、この地域には多数のロシア人が居住しており、また満鉄のようにソ連系の鉄道会社もありました。 満州事変の際、ソ連はこれらの保護を名目に東三省へ軍事介入できたと思うのですが、なぜ、静観していたのでしょうか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • ymyt
  • ベストアンサー率7% (1/14)

回答補足のご質問にお答えいたします。 近代史において欠かすことの出来ない満州を若い人達に知って貰いたいとの おもいで、昨年「みいちゃんの見た満州の最後」を文芸社から発行しました。私の体験を基軸にしながら、日本が満州とかかわりをもった起点、その後の満州国建設、そして,日本の敗戦にともなう終点、を中学生を対象に書きましたら,大人のかたがたも、NHKの子供番組のようで判りやすいと、おっしゃてくださっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ありがとうございました。

  • 回答No.2

ご承知とは思いますが、山崎豊子「大地の子」では、「心温まるエピソード」及び「ひどい仕打ち」のいずれも紹介されています。文芸春秋連載当時の山崎氏のインタビューでは「いずれもモデルは存在する」とのことです。 「大地の子」の最終巻には詳細な参考文献リストがあります。それを辿れば、より具体的な形で「心温まるエピソード」及び「ひどい仕打ち」が分かるでしょう。 ただ、No1さんも言っておられますが、本当に「ひどい仕打ち」を受けた例は情報として伝わらないはずです。本人が何の記録も残せずに異国の地で死んでしまっている可能性が高いですから。先述した「大地の子」の「ひどい仕打ち」も、天文学的確率の幸運で、生き別れた妹が死ぬ寸前に消息が分かったという設定になっています。実際はそんな幸運はあり得ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>本当に「ひどい仕打ち」を受けた例は情報として伝わらないはずです。本人が何の記録も残せずに異国の地で死んでしまっている可能性が高いですから。  まさに至言ですね。当方も想像力を働かせることにしましょう。  ありがとうございました。

  • 回答No.1

私が実際に聞いた話しでは「ひどい仕打ち」の方です。 ・ 家畜のように奴隷扱いをされた。 ・ 人身売買で家から家へ売られた。 ・ 常に日本人の子供として軽蔑の対象にされた(さらし者、見世物)。 以上です(この事実の裏には死んだ孤児が沢山います)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございます。  大変むごいことがあったようですね。  NHKや大新聞のニュースなんかの情報ではほんとのことはわかりませんな。

関連するQ&A

  • 満州事変から終戦までの日本での出来事

    満州事変から終戦までの 日本で起きた主な出来事を 年表つきで教えてください; おまけなどをつけていただけると尚うれしいです

  • 満州事変に関する重大疑問B

    昭和6(1931)年9月に南満州・奉天近郊の柳条湖で日本所有の南満州鉄道(満鉄)の線路が何者かによって爆破された(柳条湖事件)。関東軍は、事件は中国軍(張学良軍)の仕業であるとして軍事行動を起こし、たちまち南満州のみならず、(ソ連勢力下の)北満州をも制圧してしまった(満州事変)。満州事変の結果、満州国が樹立された。 ところで柳条湖事件については、関東軍の板垣征四郎高級参謀や石原莞爾作戦主任参謀らの将校たちが満鉄線路を爆破を計画したと言われます。しかし戦後の東京裁判では、板垣征四郎は満州事変の首謀者として起訴されて死刑になりましたが、同じ首謀者の石原莞爾が起訴されませんでした。なぜでしょうか。病気だったからですか。

  • 戦争の原因と再発防止策

    特にサヨク系の方にお聞きしたいのですが 1931年の満州事変から1945年の終戦に至る日本の一連の戦争の原因は何で、それをどうすれば戦争を防げたと思いますか?

  • 満州事変の被害

    はじめまして。 今、興味本位で満州事変前後の出来事を調べているのですが、そもそも満州事変の被害がよくわかりません。 ことの発端となった(柳条湖事件)は、日本軍が南満州鉄道を爆破し、そこから満州事変がはじまったということはわかったのですが、爆破はごく小規模な日本軍の自作自演だったとありました。 一通り調べてはみたのですが、どんなことがあったのか、ということは書いてあっても、実際の被害はよくわかりませんでした。 また、日本側の意見しか見つからなかったのですが、中国側からはどのように感じていたのでしょうか。 学校で習えなかったので、初歩的な質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

  • 満州事変に関する重大疑問A

    昭和6(1931)年9月に南満州・奉天近郊の柳条湖で日本所有の南満州鉄道(満鉄)の線路が何者かによって爆破された(柳条湖事件)。関東軍は、事件は中国軍(張学良軍)の仕業であるとして軍事行動を起こし、たちまち南満州のみならず、(ソ連勢力下の)北満州をも制圧してしまった(満州事変)。満州事変の結果、満州国が樹立された。 ところで柳条湖事件については、関東軍の板垣征四郎高級参謀や石原莞爾作戦主任参謀らの将校たちが満鉄線路を爆破を計画したと言われますが、関東軍の最高責任者だった本庄繁総司令官は、この計画について、事前に承認を与えたのでしょうか。それとも、何も知らなかったのでしょうか。

  • 満州事変 どちらの記載が本当なのでしょうか?

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E5%AD%A6%E8%89%AF 満州事変 張学良 1931年に入ると満州でも左派勢力に煽られた抗日運動が活発化し関東軍や在満 邦人の強い反発をかっていた。関東軍が満州への武力侵攻を決め、軍を続々と 集結させているときはいつもの軍事演習だと思い、何の対策も取らなかったと 言う。満州事変が勃発した時、彼は北京にいたが、日本軍侵攻の報告を受ける と日本軍への不抵抗を指示した。応戦すれば日本の挑発に乗ることになると判 断したことや平和解決を望んだということ、日本にとって国際的な非難を浴び るなど好ましくない結果をもたらすだろうと考えたということを当人はNHKの取 材で述べている。 とあります。また・・・ http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/37350760.html 満州事変は関東軍の暴走ではない。関東軍は、満鉄の守備など日本の権益 を守る警察の任務を担っていた。 1万人の警察(関東軍)が、日本権益を侵 害していた30万人の武装盗賊(張学良軍)を追放するには、柳条湖事件の ような作戦が必要だった。したがって、日本政府は、事後であっても、関 東軍の警察行動を承認した。決して関東軍の暴走ではない。次に、満州の 武装盗賊を追放したのは関東軍(警察)だが、満州国を建国したのは日本 ではなく溥儀をはじめとする満州人たちだった。 とあります。がどちらが本当なのでしょうか? 武装盗賊が左派勢力なのかどうか分かりませんが、彼らは ただの「小競り合い」をしていたのでは・・・?? 軍隊を越境させたわけではないのでは・・・? 私は、満州事変は、侵略とはまでは言えないと思っています。 パリ不戦条約は事実上法的有効性が薄いと思うし、主権国家への 攻撃ではないので・・・ けど、林銑十郎越境将軍の独断による軍の国境越えは やはり、暴走とまではいかなくても、 とがめられてしかるべきで軍の独断による越境であり、 自衛でもないと思うのですが・・・ また、満州国を建国したのは溥儀等であっても そのような傀儡政権を創らせたのは、日本人なのではないか? 当時の戦略からして現地人に国を創らせた方が、上手に侵入できることは 当然であっただろうから・・

  • 満州事変について

    自分は現在高校で近現代史を習っている者です。 最近満州事変のあたりを勉強していて、疑問に思ったことがあったのですが、学校の先生にはなかなか聞き辛いことですので、こちらで質問いたします。 元々自分は学校が教える歴史をほとんど信用していません。例えば秀吉の朝鮮出兵や、大東亜戦争についてなどです。学校では満州事変~日中戦争関東軍の暴走として教えられているのですが、今回も捏造された歴史なのではないかと疑っているのですが、ちょうどその部分を肯定?する物を読んだことがありません。関東事変は、学校で教えているように、軍部の暴走だったのでしょうか? みなさんのご意見をお聞かせください。

  • 電話の普及について質問です。

    電話の普及について質問です。 昭和初期(満州事変)らへんで電話の普及率はどれくらいだったのでしょうか。 夫が他殺された件を妻に伝える方法で悩んでます。 よろしくお願いします。

  • 日本史 世界恐慌の影響

    日本史を高校で勉強しているものです。 いくつか不明な点があったので、質問させていただきます。 1 井上準之助が金解禁をした途端に世界恐慌の影響を受け、従来のデフレに更に追い討ちをかける結果になった。これが二重の影響ですよね。 参考書には、これによって輸入が増加し、金が流出…とあるのですが、どうして輸入が増加するのでしょうか。 2 1の後、犬養内閣の高橋是清が金輸出を禁止しますね。その理由が、輸入超過による金流出、イギリスの金本位制停止、満州事変の拡大、とあります。イギリスの金本位制停止、満州事変の拡大が、なぜ金輸出の禁止につながるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 内蒙古の「権益」ってなんですか

    1915年の対華二十一ヵ条要求の内容の一つに、「南満州及東部内蒙古における日本の優越な地位」の承認を迫るというのがあります。「南満州」は満鉄や付属の炭田・鉄山の事でしょうから意味がわかりますが、「内蒙古」にどんな権益があるのでしょうか?確か満州事変の時にも「満蒙の危機」なんて言葉がありましたよね。「内蒙古」って今のモンゴル自治区なのだそうですが、その場所に日本がこだわったのはなぜですか。資源目的ではなく、ソ連との国境付近だから、共産主義の南下を防ぐ防衛ラインを確保したいという事なのでしょうか?でも1915年ならまだロシア革命起こってないですよね…。