• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

中国残留日本孤児問題について、教えて下さい。

現在、NHKで深夜に中国残留日本孤児問題を扱ったドラマ「大地の子」が放送されています。 私は子供の頃、中国残留日本孤児の人々がテレビのインタビューなどで号泣している姿をみて、「ああ、肉親との別れが、本当に辛かったんだな」と単純に思っていました。しかし、「大地の子」を見て、なぜあのように号泣していたのか、今まで分からなかった事が分かるような気がしました。 肉親との別れだけではなく、日本人というだけで受ける多くの差別、虐待に耐え、いかに悲惨な人生を送る人々が多かったかを思い知らされました。 最近は、もう中国残留日本孤児問題はニュースなどには出てきませんが、それはもう、肉親を探す術が無いという事でしょうか?恐らく、昭和10年代に生まれ、戦時中を満州などで過ごした方が、対象だと思うのですが、こういった方々の両親の世代といえば、もう80歳を過ぎたかたばかりでしょうね。 また、聞いた話ですが、中国残留日本孤児の方々が、どんなに手を尽くして探しても、肉親の方が名乗りをあげようとしないことも多かったのでしょうか?例えば、「一度は子供を捨ててしまったのだから、親としてあわす顔がない」といった理由や、「遺産相続問題が、複雑になるから」などの理由から、なかなか名乗りをあげない肉親もいると聞きました。  昭和10年代の生まれといえば、私の母もそうなのですが、戦時中を日本で過ごすか中国で過ごすかによって随分違う人生を歩むものだなと思いました。また、まだまだご健在の中国残留孤児の方々は沢山いらっしゃると思うのですが、もう全く「肉親探し」は行われていないのでしょうか?現在でも彼らは、日本人というだけで、差別を受けながら いろんな方のご意見を賜りたいです。宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1250
  • ありがとう数31

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

 中国残留孤児の話はプロジェクトXの46回でも扱っていましたね。 http://www.nhk.or.jp/projectx/library/library.html  この話を見ても、政府の対応が十分であったかどうかは疑問ですし、実際「終戦時に帰国の道を閉ざし、帰国後も十分な支援をしていない」などとして訴訟の準備をしているグループもいますね。 http://mytown.asahi.com/hokkaido/news02.asp?kiji=5366  また、忘れてはならないのは、中国の人々が血縁にこだわらず育てたからこそ、置き去りにされた孤児達が今まで生きながらえることができたことです。  ところが、日本政府は、残留孤児の帰国の際に連れてきた養子に対し、一度は入国を認めながら後で入国許可を取り消しました。入国の段階で門前払いをしたならまだしも日本に来てから10年も経ってから強制送還されても言葉すら忘れかけている状態ですからとても生活できるわけはありません。その意味で、まだ終わった問題ではないともいえます。

参考URL:
http://members.tripod.co.jp/Wangxiguo/main.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。詳しいリンクをありがとうございます。  残留孤児は、難民のようなものなのですね。本当にいまだに難しい問題として、残っていると思います。  

関連するQ&A

  • 中国残留孤児の裁判

    こんにちは。 今日、大阪地方裁判所で中国残留孤児の国に対する訴えが棄却されたというニュースがありました。 中国残留孤児は戦争当時の政府の、誤った政策の賜物だと思います。 国の命令で満州等へ開拓団として出向き、終戦と共に中国に残されてしまった日本人。 日中国交回復した後も積極的な帰国支援が行われなかったため、いまだに苦しんでいる方々が多くいます。 これは国の罪なんじゃないでしょうか? 私は「大地の子」を見て何度も泣きました。 残留孤児は戦争の被害者です。 一度棄却という判例が出てしまうと、今後の裁判でも同じような判決になっていくのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 中国残留孤児について

    テレビで中国残留孤児とシベリアに連行された日本兵見ていて少し疑問になったのですが、以下のように質問をまとめました。 1.中国残留孤児はなぜここまで問題になったか。 2.当時、孤児はどんな状態で養父母などにひろわれたか。 3.当時の孤児の両親などはどうして捨てざるおえなかったか。聞くにところによると一部の養父母が金と引き換えに子供を引き取ることがあったが、本当か。 4.その孤児らはどんな仕事をさせられたか。 5.これは私の個人意見ですが、テレビでみると孤児達は生活保護だけではたりないので国に就業援助をしろというが50歳や60歳で帰国しても 日本人でも就職できないし、言葉も50や60は普通の日本語はうまく話せないのは当たり前と思います。国がいくら援助しても無駄な面もあります。あの人たちはわかっているのかなあと疑問に思いました。 6.なぜ日本政府は孤児対策を終戦後早く行わなかったのか よろしくお願いします。

  • 中国残留日本人孤児の半数は、ニセモノ

    中国残留日本人孤児の半数は、ニセモノだそうですね? この残留孤児は、一族郎党を引き連れて、日本に来て、日本で生活保護を受けています。 DNA検査で、肉親がはっきりした人以外は、日本人として、認めず、中国に、強制送還するべきじゃないですか? また、この(半数は、ニセモノの)残留孤児の身内として来日している中国人の9割は、ニセモノだそうです。 ニセモノの、さらに、ニセモノです。 残留孤児のニセモノ率は、50パーセント。 その身内のニセモノ率は、90パーセント。 本物の残留孤児は、50パーセント。 本物の残留孤児でも、身内が本物の可能性は、10パーセント。 つまり、残留孤児本人が、本物の可能性は、50パーセント。 残留孤児の身内が、本物の可能性は、 50パーセント×10パーセント=5パーセント で、わずか、5パーセントということになります。 ニセモノの残留孤児の身内は、すべてニセモノです。 いまだに、残留孤児の身内が、来日しているそうですが、そんなことに協力している残留孤児は、たとえ本物であっても、同罪です。 まとめて、強制送還するべきじゃないですか?

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

近年残留孤児の家族を装って関係のない中国を主とした外国人が日本に(就労のためか)不正入国をする事件が起こっているそうです。 組織的な犯行だと思われますが、こういった犯罪の取締りが難しいことなどから「肉親探し」にブレーキがかかってしまうのではないかといった懸念もされています。 実に腹立たしい問題ですが、中国や他の国の中にある奥深く難しい問題であると思います。 簡単に不正入国した外国人がただ悪いわけでなく、弱みに付け込んだ商売をしている輩がいることが問題です。 上の話とは別で本題に近い話ですが、子供を残して日本に帰ってきた方の中には「未婚」であると偽って再婚をなさった方もいらっしゃるという話を聞きました。 女性であればなおさら生活をする、生きていくために「結婚」をされた方もいらっしゃると思います。 そういった方は「言い出せない」のでしょう。しかし深く苦しまれていらっしゃると思います。 一人一人原因もさまざまで言い切ることは出来ないでしょうが、一人一人がお辛い経験をなさっていると思います。 戦争とは二次的にも三次的にも被害が出るものです。 人と人との間には悲劇しか生まれません。 大きな傷の一つとして忘れてはいけないことであると思います。 本題から反れた意見を申しました。失礼しました。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。戦争がもたらす悲劇は、何十年と続くのだということを実感しました。 今回、いろんな方のご意見をお聞きできて、うれしいです。

  • 回答No.6
  • mak0chan
  • ベストアンサー率40% (1109/2754)

直接の回答ではありませんがお許しください。 TVがまだ十分に普及していなかった昭和30年代前半、NHKのラジオに「尋ね人」というコーナーがありました。 「昭和19年12月、奉天市○○町の△△で□歳ぐらいの女の子を見つけた方、◇◇県○○市のどこそこまでご連絡ください。」 というような内容が、連日放送されていました。当時はまだ国交がない中で、限界もあったのだとは思いますが、あのころ両政府が本腰を入れていたなら・・・と悔やまれてなりません。 昭和40年代になり、中国が佐藤栄作長期政権を嫌い、田中角栄に代わったとたん、国交回復がなされました。昭和47年のことでした。さらに、残留孤児問題がクローズアップされるようになったのは、さらに10年ほどあとだったように思います。 残留孤児が生まれた主な原因は、戦争に違いありませんが、これだけ解決を長引かせたのは、戦後の両国政府の責任であるように思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。新聞記事でも、捜索をしていたのですね。残留故事問題は、いまだに曖昧にされているように思います。このドラマで、もっと多くの人が考えるようになるといいですね。

  • 回答No.5

#2です。下記ウエブによれば、中国残留孤児・婦人の総数は、約5,000-6,000名であると。発生場所は、主として、満州の国境周辺では。南部の長春(当時は新京)や大連からは、終戦後に帰国者が多い。

参考URL:
http://www.daianzi.com/howa/howa0078.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答と、詳しいリンクを教えていただき、ありがとうございました。

  • 回答No.4

大地の子  は何度も放送されていて私もやってるのに 気がつくと見ています 今でも細々と肉親探しは続いているようですよ でもなかなか肉親がみつからないそうですが・・・ あの 大地の子 は作者の山崎さんが取材したり情報を集めたりして かなり現実に近いことが書かれているって聞きました 日本でも中国でも冷たい差別を受けているのは何と 言っていいか分からないくらいです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。聞いた話ですが、山崎豊子さんは、この小説を書くにあたって10年かけて300人もの中国残留日本孤児の方々に取材したらしいですね。そのかたがたの哀しみが、一つ一つストーリーに込められているように思います。 世界中どこにいっても、戦争による難民、孤児、それに対する差別、虐待はありますが、そういった状況に置かれた人々に、何か少しでも支援を出来ないだろうか…と思います。

  • 回答No.3

「残留孤児問題の略史」です。私もテレビの再放送を毎晩見ています。在留邦人を置去りにして、高級幹部だけが日本へ帰国した関東軍は無責任です。現在の官僚の無責任に繋がります。義憤に堪えません。

参考URL:
http://www.sien-center.or.jp/ministry/history/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。旧日本軍というのは、本当に身勝手で保守的な要素が強かったような感じがしますね。また現在も、旧日本軍の考え方を指示しているような官僚達が沢山いるように思います。小泉首相が凝りもせず靖国神社参拝をしていることも、その辺に関係してくるのでしょうか? それにしても、関東軍はいまだに何の責任も問われないなんて、日本政府は、周辺国から批判されて当然かもしれませんね。また、詳しいサイトのご紹介をありがとうございました。

  • 回答No.2
  • Jxiong
  • ベストアンサー率17% (16/94)

中国の話はべつとして、日本に帰国しても実際は、異邦人として差別を受けているのが現状です。もちろん、そうでない場合もありますが..... 私の友人は、残留婦人の2世ですが、彼女は中国で教師をしていましたが、日本人の子供として、田舎の教師をさせられました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。おっしゃるとおりですね。残留孤児だった方々が、祖国へ帰ってもやはり差別から逃れる事はできないのですね。現在、北朝鮮の拉致被害者の方々、またそのお子さん達も、日本に帰ってきたとして、本当に社会に溶け込んでいく事ができるのか、とても疑問に思います。

  • 回答No.1
  • ares
  • ベストアンサー率36% (81/219)

「大地の子」は、中国残留孤児問題のまさしく象徴的な書物だと思います。  日本へ帰還した親も名乗りをあげたくてもあげられない状況もあります。おっしゃるような「遺産問題」などもあるでしょうし、そういう事実を隠して現在の生活をされている方もいらっしゃるでしょう。  日中国交回復が1972年。戦争終結して27年後です。この間は当然の事ながら、肉親探しは全くといっていいほど進んでいません。国交が正常化されてからこの肉親探しは軌道に乗りました。  現在も肉親探しは行われています。ただ当事者の高年齢化による捜索の難しさ、それに伴う情報の枯渇で遅々としています。  あの方たちにとっては、まだ戦争は終わっていないのでしょうね。戦争が引き起こす悲劇は、戦後50年経っても続いていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。戦争がもたらす傷跡というのは、本当に何十年、何百年と続くようですね。現在の日本が終戦によって、アメリカのいいなりにならざるを得ない状況が続いているのも、朝鮮が北と南に分かれてしまい、そのために世界中が被害をこうむっているのも、もとはといえば第2次大戦が発端なのかもしれません。

関連するQ&A

  • 満州の残留孤児についての本を探しています。

    終戦直後、満州からの引き上げ時に、様々な理由で孤児になり、中国に残留してしまった子どもたち(当時)が大勢います。その子どもたちが、なぜ孤児になり、その後どんな運命をたどったか、詳しく書かれた本があれば教えて下さい。特に、何年か孤児として中国で生活し、その後、ラジオ放送などによる日本からの人探し活動で見つけられ、帰国した方々について詳しく知りたいと思っています。

  • 【石川県】中国孤児等対策室⇒中国残留邦人等

    念の為ながら、 なんでも、今年の十月一日より、 >「中国孤児等対策室」は、平成24年10月1日から「中国残留邦人等支援室」に変更となりました。 とあいなったそうでございます。 間違っているかもしれませんが残留孤児の皆様方は、十名いらっしゃれば、そのなかでおひとりしか、本当の孤児でいらっしゃらないとお聞きした覚えがございます。 不安になりました。 >「永住帰国した中国残留邦人、樺太残留邦人のみなさまへ~満額の老齢基礎年金を受給されていますか~」リーフレット (日本語)(PDF:1,335KB)、(中文)(PDF:963KB) (注)リーフレットに記載の「中国孤児等対策室」は、平成24年10月1日から「中国残留邦人等支援室」に変更となりました。 http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kousei/index.html 確か、記憶では、柏崎原発のある柏崎市、長岡市の中国人比率と、そのお隣だったかの、勘違いをしていれば恐縮ですが、朝鮮人居住率の新潟一位の新潟市では食糧自給率70%を、確か、市を挙げて目指していらっしゃることも気になってまいっており、宜しくお願い申し上げたい次第です。

  • フィリピン残留日本人とは?

     こんにちは。  旧日本兵のニュースを見ていたら、「フィリピン残留日本人は政府が調査したところ2500人」といってました。  この「フィリピン残留日本人」というのは、「戦時中にフィリピンに渡って生活した人」「日本兵と現地人の間に生まれた子」のどちらも差しているのでしょうか?  フィリピン残留日本人の方々は、帰りたくても帰れない事情があったりする人もいるのでしょうか?

  • 中国での疑問です。

    戦時中に日本が中国に攻めなかったら、今の中国は台湾の政権が取ってたんだろうが、 今頃どんな風になってたのかな?

  • 中国の半日デモ

    中国は反日デモを全国的におこなってますが、 そんなに日本が嫌いなら、 日本が戦時中にやってたように 敵国である和製漢語を使用中止にしたら いいと思うんですが。。。やりますかね?

  • 戦時中の日本と北朝鮮

    問1 戦後の日本はダメで戦前戦時中の方がよかったと言う人ほど 中国、北朝鮮の独裁体制を批判しますが、そういう人は北朝鮮を批判するネタが欲しいだけではないのでしょうか? 問2 ネットで反日日本人は北朝鮮へ行けとか 戦後の日本はダメで戦前戦時中の方がよかったと言う人たちこそ 北朝鮮へ行くべきではないですか? 北朝鮮はそういう主張をする人たちがよかったという戦時中の日本みたいな言論の自由のない社会ですから。 問3 どこがいいのかわかりません。戦時中みたいなあんな 言論の自由もなく戦争に狂った社会のどこが。 そう思いませんか?

  • 山崎豊子さん著「大地の子」

     現在、NHKで夜に、過去にドラマ化された「大地の子」が再放送されていますね。最初に放送された頃は私も若くて、「なんだか残酷な話みたいだし、あんまり見たくない」と思っていたのですが、そこそこいい年になった今では冷静に見つめることもできますし、中国残留孤児の問題や、戦争が後々まで残した傷跡について考えさせられ、号泣したシーンもたくさんありました。原作ももちろん読みました。  しかし、ちらっと聞いたのですが、山崎豊子さんのこの作品をはじめ、いくつかの作品が、「盗作」であるという疑惑があったというのは本当でしょうか?実際に裁判で和解金を払ったとも聞いたのですが・・・。  ご存知の方、また山崎豊子さんのファンの方、是非教えてください。

  • 現代人は何か思い病気にかかっているのではないか?

    現代人は何か思い病気にかかっているのではないか? あるサイトで、中国残留孤児の話がでていた。 中国残留孤児とは、終戦後に中国に取り残されて中国人に 育てられた日本人の子供のことです。 このことについて、ある人が「日本人は中国人にさんざん悪い事を したのにもかかわらず、中国人は日本人の子供を差別もせず育ててくれた。 だから私は中国人にたいへん感謝している。」 と、まあ、そんな感じの書き込みがあった。 日本人が中国人に悪い事をした。というのは別においといて、 当時の貧しい中国人が、みずしらずの日本人の子供を、なんの 見返りもなく我が子のように大事に育てた。と思っている感覚が、 僕にはよくわからない。 もちろん、そういうできた中国人もいたのかもしれない、でも多くは 労働力としてこきつかうためだろう、と僕は思うのだが。 実は僕もそのあたりの詳しい真実は本当はよくしらない。 中国残留孤児に関しての知識といえば、「大地の子」を読んだくらいだ。 しかし問題は歴史の知識ではなく、そういう甘い感覚に違和感がある。 いったい、その甘い考え方はどういう風にしたら生まれるのか? 人間はなんの不自由もなくすごしていれば、そういう感覚になるのだろうか? これは現代人の一種の病気ではないのか? ちなみに、僕は中国エステでぼったくられてから、中国人に不信感を いだいています。 ただ、中国式マッサージは、とても気持ちよかったです。

  • 中国を「支那」と呼ぶことについてどう思いますか?

    教えて!gooを見ていると中国のことを「支那」と書いている人がいました。そこで支那で検索をしてみると同じように中国のことを「支那」と書いてる人が他にもいました。 少なくとも自分のPCでは「しな」→「支那」に直接変換は出来ませんから普通に中国と書いたほうが良い様な気がします。  また支那は戦時中に中国の蔑称として使われていたらしいですし、わざわざ支那と書くからにはやはり差別的な意味を含んでると思うんですが・・・ 中国を「支那」と呼ぶ(書く)ことについてどう思いますか?自分は気にしすぎでしょうか?

  • 中国が日本企業を集団訴訟!?

    韓国が日本の複数の企業に対して戦時中の徴用問題で訴訟を起こして日本企業側が敗訴したが中国でも同様な…と言うよりそれより大規模に訴訟を検討中って…。 奴等には国家間の条約などは意味を持たないって事だろうか!? 遂に奴等が本性を現した? 事情通の皆さん意見聞かせて。