• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

最早、無理なのか・・・残留孤児や外地遺骨収集

戦争や敗戦による無政府状態とその後の戦後復興の影で未解決の問題が多くあります。 その中でも 中国残留孤児も高年齢と関係者の生存や記憶がネックになり、悲願である帰国が叶わず、仮に来日されても、身元調査でも面会でも記憶や資料の少なさからか⇒身元判明・家族対面が稀有になっている。 また、多くの戦場や収容所での犠牲者の遺骨が未だ荒野に山に海に望郷の思いや無念の御霊が放置されている。 昭和の時代に起因した事柄であり、人道的にも国家の責任においても、昭和で解決して欲しかったが、現在に至っても未解決のままである。 関心を持ち、同胞の国家の犯した戦争の被害であり、その方々の犠牲にて現在の社会や暮らしがあるとの思いで、申し訳ない気持ちで一杯です。 僅かでもカンパに支援ボランティアに協賛してはいますが・・・ 何かしらの根本解決への道、改善を図る方策はないのでしょうか・・・ <質問> ◇国・関係機関・私たちは、どうすれば良いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数95
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • isoken
  • ベストアンサー率33% (563/1687)

質問者様が仰る通り、先の大戦が引き起こした悲劇の多く(中国残留孤児・北方領土問題他)が未解決のまま現在風化の危機に晒されております。 「歴史として語られるには100年の時間を有する」、故司馬良太郎氏はこう定義付けられましたが、逆説意的に言えば、あと30数年で太平洋戦争は歴史というカテゴリーに移行してしまう、私個人としては少なくともその語り部が御存命中に、何等かの決着を付ける事を切に願いたい。 祖国の為に戦死した英霊の多くは10代後半から20代・30代、家族の事を思い後ろ髪を引かれながら若い命を散らした事実、そして戦後の奇跡的な復興・現在の豊かな暮らし、そのかなりの部分が彼らの尊い犠牲の上に成り立っているという事を我々は決して忘れてはならない。 今年もあと3ヶ月で終戦記念日がやってきますが、民主党政権そして内閣が現状の布陣では誰1人として靖国公式参拝には赴かないでしょう。 取るに足らない隣国の圧力に屈したこの政治姿勢、送り出した国家としての責任そして政治家として日本人としての良心は一体全体どこに行ったのでしょうか? 個人的に政治家の靖国問題に対する姿勢をモニタリングして、甚だ無力ではあるが糾弾したい思いです。 尚私事で恐縮ですが、我が家は明治維新以降3代にわたって大日本帝国の軍人を務めて参り、南方戦線(レイテ沖海戦で2名、バターンで1名、インパールで1名)で一家の大黒柱とも言える4人の叔父を亡くし、その上戦後の農地解放で田畑の多くを取られて、乳母日傘で育った祖母が荷物を担いで闇物資を調達し、まだ幼かった私の父親他残された子供を育てて参りました。 その祖母は87歳で亡くなるまで、南方戦線で散っていった4人の我が子の形見一片でもよいから見つからないかと自費で民間の遺骨収集団に7回も参加致しましたが、南方の島々には無念にも祖国に帰れず死んでいった無数の日本兵の骨がいまだに放置されているそうです。 4人もの戦死者を出ししかも多くの土地を取られた我が家のみならず、太平洋戦争で祖国の為に死んでいった戦士の遺族は、在日韓国・朝鮮人が浴する恩恵の半分も、日本政府から報われてきませんでした。 >◇国・関係機関・私たちは、どうすれば良いのでしょうか? 今更補償云々に就いて言及される御遺族は少ないと思います、私個人としては志半ばで死んで行った方々に対する尊敬の念、その歴史的事実を語り継ぐ事、そして何より外国からの不当な内政干渉は断固撥ね付け靖国神社を本来あるべき姿に戻す事こそ、英霊・そして残された御家族に対する最大の支援であると考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答を賜りまして、誠にありがとうございます。 ご体験や思いを詳しくお教え願いまして、共感すると共に、問題の風化&無関心さを改めて痛感・慨嘆しております。 個人としては、言うだけ・書くだけ・投稿するだけであり、自らの無力感と社会の冷たさに歯痒さを、ぶっつける先の無い悲しみと悔しさを持っております。 願うは歴史と事実の伝承、感謝と慰霊の心⇒それが、先人達の辛苦と犠牲に、今日の社会や私たちが報いる道であり、願いに少しでも応え助成する事ではないでしょうか・・・ 「靖国神社・千鳥が淵無名戦士の墓・未だ帰国帰郷出来ぬ英霊の遺骨と御霊」 先の大戦で亡くなった330万余の犠牲者、甚大な被害の戦傷者や被害に遭われた多くの方々・・・ 今、尚、未開の灼熱ジャングルに極寒の荒れ地に南海の海の底に望郷の願いを抱いたままの遺骨が放置されている。 この御霊は、国と国策によって動員され苦難の中、国に一身を捧げ盾となり命を犠牲にされた方々である。 今日の平和と繁栄は、その尊い犠牲を礎に成り立っているのだと思います。 国として国民として子孫として、宗派や思想を超えて、感謝と慰霊の心を不戦の誓いを家族の近況報告を申し上げ示したいものです。 それは参拝するも参拝しないのも自由であり、遺骨収集に直接参加は出来なくとも、墓前に仏壇や遺品に手を合わせ心で念じ祈るだけでも・・・ 志半ばで死んで行った方々に対する尊敬の念、その歴史的事実を語り継ぐ事、そして何より外国からの不当な内政干渉は断固撥ね付け靖国神社を本来あるべき姿に戻す事こそ、英霊・そして残された御家族・関係者・そして子孫である私たちの矜持や祖国愛に対する最大の支援・発露であると考えます。 ~ご参考~ ◇私の靖国神社への思い「従前の投稿文より」 http://qa.mapion.co.jp/qa6110662.html

関連するQ&A

  • 昭和天皇は、なぜA級戦犯の靖国合祀に不快感?

    「昭和天皇がA級戦犯との合祀が原因で、靖国に参拝しなくなった」というニュースについてお尋ねします。 右よりな考え方をすれば「A級戦犯だって国のために戦ったのだから、合祀は当然。参拝も当然」となりますが、昭和天皇はそのような考え方では無かったのですか? 昭和天皇は第二次世界大戦を軍部と進めましたが、戦後はその戦争が「間違いだった」と思っていたのでしょうか? ウォーギルトプログラムの影響ではないですよね? もしくは、神教との兼ね合いの問題なのでしょうか? 戦争で世界に犠牲者を出してしまったことは反省されていても、A級戦犯に対してそのような思いがあるとは意外に感じてしまいました。 どのような背景があるのでしょうか? なお勝手ではございますが、回答者様の個人的な戦争への評価やイデオロギーについての記載はお避けいただき、あくまで、昭和天皇の戦前から戦後の戦争観、歴史観、軍司令部・A級戦犯への思いの変化についてのご解答をお願い致します。

  • 中国残留孤児について

     少し前ですがこのカテゴリーで中国残留孤児の質問があり、多くの興味深い回答や史料が出たのですが、消されてしまっています。  再び質問を立ち上げたいのですが、よろしくお願いします。  私は終戦前のこと(満州事変、シナ事変、ソ連侵攻、満鉄、満蒙開拓団および引き揚げ時の悲劇等については、比較的知っているつもりですが、その後の残留孤児たちのたどった運命については詳しくありません。  ただ帰還したあの人たちのお顔の皺をみますと、過酷な体験をされたんだろうということは、容易に想像できます。  しかしまた、あの酷寒の土地で幼いときに実の親の手から離れて、よく生き延びたものだと感心もしています。そこで質問なんですが・・・ (Q)残留孤児たちが満州の人から受けた「心温まるエピソード」及び「ひどい仕打ち」等について、ご存知のことや参考となる本、URLがありましたら教えてください。

  • 中国残留孤児について

    テレビで中国残留孤児とシベリアに連行された日本兵見ていて少し疑問になったのですが、以下のように質問をまとめました。 1.中国残留孤児はなぜここまで問題になったか。 2.当時、孤児はどんな状態で養父母などにひろわれたか。 3.当時の孤児の両親などはどうして捨てざるおえなかったか。聞くにところによると一部の養父母が金と引き換えに子供を引き取ることがあったが、本当か。 4.その孤児らはどんな仕事をさせられたか。 5.これは私の個人意見ですが、テレビでみると孤児達は生活保護だけではたりないので国に就業援助をしろというが50歳や60歳で帰国しても 日本人でも就職できないし、言葉も50や60は普通の日本語はうまく話せないのは当たり前と思います。国がいくら援助しても無駄な面もあります。あの人たちはわかっているのかなあと疑問に思いました。 6.なぜ日本政府は孤児対策を終戦後早く行わなかったのか よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#133232
noname#133232

日本国は震災などで足りない財政に中から苦心して補償などをやろうとしている現在、過去の事は後回しでよいのです。貴方が自身で率先して遺骨収集や残留孤児救済をなされば如何でしょうか。国が貴方に何をしてくれるかではなく、貴方が国に何をするかが問題なのですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

それも一つの考え方でしょうね・・・ だけど、私には自らのルーツや自己形成に見守り励まして下さった方達への感謝と報恩の心が・・・ 先人の労苦によって今日があり、その培い育まれた基盤(ファンダメンタルズ)の中で、私たちの暮らしがあるのでは・・・ との思いが強いのです。 それは、今日の大震災や低迷経済・政治の機能停止状態とは別次元であり、選択する問題ではないと思います。 さりながら、残念にも影響し、優先順位や取り組みのプライオリティは止む得ないが、今日までの宿題を課題を忘却・放置されてよい事では決してありません。 更に、今回の東日本大震災の被災者の救難や復旧復興の原点も、昭和の時代の未解決の問題の解決も、その道のりを切り拓くのは、予件を高め進める原動力は、何れもが私たち日本人の底力と英知の結集だと思います。 一人一人の力は、ひ弱で微々たるも・のでしょうが、助け合い・励まし合い・過去~現在~未来に繋ぐ家族愛・郷土愛・同胞愛の絆(連帯感・問題共有・深い関心と取り組みへの参画)が苦しみを分かち合い喜びを高め合うのでは、問題解決への唯一の工程表では・・・ すいません! ご回答に触発され、感謝とお礼の積りが、いつしか演説・所信表明調に成りまして恐縮です。 ご回答を賜りまして、大変、参考に成り、色々とお教え願い、誠にありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#133366
noname#133366

申し訳ないのなら、手弁当ででも活動してください。 聞くだけでなく。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスとして受け止めておきます。

  • 回答No.1
  • HALTWO
  • ベストアンサー率52% (1708/3280)

さすがに戦後 66 年ともなると「国・関係機関・私たち」になす術はないでしょう。 家族の面影を僅かにとどめる年齢の最少年齢を 4 歳としても今や 70 歳、中国の平均寿命 (2005 年資料で 72.5 歳) から推測するに日本への渡航に耐えられる健常者も数少ないと思います。 故国に骨を埋めたいという願いならば叶える術もあるかと思いますが、故国に帰りたいという願いは受け入れ先の問題のみならず御本人の健康を鑑みても極めて難しいだろうと思います。 私の母も満州から娘 (長姉) を連れて引き上げてきた経験者ですので、中国残留孤児の来日報道を観て姉が涙していたのを記憶しています。 「昭和で解決して欲しかった」とは私も同感ですね。 しかし、平成もいまや 23 年・・・運良く姉の家族となれた私としても家族であった筈の人を失った人々に同情の念は絶えないものの、申し訳ないのですが、もはやなす術を考えられません。 ちなみに姉は母と叔父 (父の兄で、南方戦線で亡くなりました) との娘なのですが、去年、自費で叔父が戦死したとされる南方戦線跡 (詳しくは知りません) に行ってきました。 勿論、骨など見つかる筈もないのですが (遺骨として骨を売りつけようとする現地ガイドの言は信用するなと言い含められていたそうです) 記憶に殆どない実父最後の地に見に行くという悲願を果たしたと聞いています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答を賜りまして、ありがとうございます。 本当に詮無き事ですが・・・ ご本人のお気持ちや願いを叶えて上げたいと思います。 無力感を持ちながら、年月の経過と国の非情さ(今の目の前の選挙や支持を追うだけ)を感じます。 その存立や経緯を振り返り、誤りや未実施の過去の負の遺産も目配せと修復をしなければ、過去~現在=将来に責任を持ち、真に国民の信託・信任を得る為の国益・国威・国際信頼に資する政治ではないと思います。 ご親族の体験や境遇をご紹介して頂き、率直なご意見や考察をお教え願い、大変、参考になりまして、心より感謝とお礼を申し上げます。 誠にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 残留孤児は朝鮮にもいたのか。

    中国残留孤児は、ここ数年話題になり、問題になっていますが、朝鮮や台湾にもいたはずです。なぜ話題にならないのでしょうか。 素人質問ですみません。

  • 日本残留孤児はその後、どうなったのですか?

    原発事故が起こった後、自分の子供を日本に残し中国に帰国した中国人の親達がいましたが、その後、子供達はどうなったのでしょうか? 事情通のみなさん、教えてください。

  • 英霊の遺骨収拾を早く故郷の家族へ墳墓へ

    <質問> 菅首相と森(元首相)よ、歴史を振り返り、英霊に犠牲者に心からの感謝と慰霊と不戦の誓いをせよ! そして、未だ帰還出来ない遺骨を一刻も早く収集して上げて欲しい。 我が国の領土であり、現代の平和を感謝し、ささやかなご恩返し、遺骨の完全収集と帰国を果たすのに、何が障害・問題なのでしょうか? <質問の背景> 硫黄島の攻防で故国への米軍の侵攻を一日でも遅らそうと踏み止まり斃れた、我が同胞の英霊の遺骨が今も無念の思いで滑走路の下に、ジャングルに放置されている・・・。 日本空襲への拠点に、制空圏の確保に、遺骨を埋葬せずに、そのままコンクリート&アスファルトを敷き詰めたり、ジャングルに放置されている。 御霊は遠く故国や故郷を離れた地中に放置され、その亡骸の上を、尊い犠牲で守って頂いた我々平和日本の観光客が土足で踏み付けているのである・・・。 <申し訳なく、涙がこみ上げて来る> 戦後65年、返還後42年経過している。 遺骨の収集と慰霊は細々と関係者の手で行われて来たが・・・国家の責任に於いて、政府・与野党超えて、早く全遺骨の収集を全力で行い、家族へお届けして欲しいと切望します。 <関連記事> http://specialnotes.blog77.fc2.com/ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6_(%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD)

  • 残留孤児、残留婦人って女性だけ?

    中国残留孤児はその当時13歳未満、婦人は13歳以上っていわれていますが、ふと疑問に思いました。その当時、男性はいなかったのでしょうか?または、男性も含めて、婦人って呼ぶのでしょうか? 私の周りにいる残留婦人や孤児の方は(今は、中国帰国者とよぶのがただしいのでしょうか?)女性ばかりです。どなたか教えていただけませんか。

  • 日本以外にも残留孤児、残留邦人の問題はあるのでしょうか?

    日本以外にも残留孤児、残留邦人の問題はあるのでしょうか?  Phoenix001と申します。早速質問に入らせて頂きます。  残留邦人に関する本を読んでいて、ふと思ったのですが、日本以外にも残留邦人や残留孤児の関する問題を抱えている国はあるのでしょうか? そういえば日本以外の国については全く聞いたことが無いな、と疑問に思いました。  もしそういう国があるのなら、是非日本と比較をしたいと思いますので、国名とその状況をお教え下さい。参照出来るWebサイト、資料、本などありましたら、それも合わせてお書き下さい。  回答、宜しくお願い致します。

  • 安倍晋三氏の鎮霊社参拝

    http://sankei.jp.msn.com/life/news/131228/trd13122809350004-n2.htm と「安らかに眠って下さい。過ちは繰返しませぬから」という思いを伝える報道機関は、どこなのでしょうか? 【参考】 安倍首相談話 2013.12.26(12:19) 本日、靖国神社に参拝し、国のために戦い、尊い命を犠牲にされた御英霊に対して、哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご冥福をお祈りしました。また、戦争で亡くなられ、靖国神社に合祀されない国内、及び諸外国の人々を慰霊する鎮霊社にも、参拝いたしました。 御英霊に対して手を合わせながら、現在、日本が平和であることのありがたさを噛みしめました。 今の日本の平和と繁栄は、今を生きる人だけで成り立っているわけではありません。愛する妻や子供たちの幸せを祈り、育ててくれた父や母を思いながら、戦場に倒れたたくさんの方々。その尊い犠牲の上に、私たちの平和と繁栄があります。 今日は、そのことを改めて思いを致し、心からの敬意と感謝の念を持って、参拝いたしました。 日本は、二度と戦争を起こしてはならない。私は、過去への痛切な反省の上に立って、そう考えています。戦争犠牲者の方々の御霊を前に、今後とも不戦の誓いを堅持していく決意を、新たにしてまいりました。 同時に、二度と戦争の惨禍に苦しむことが無い時代をつくらなければならない。アジアの友人、世界の友人と共に、世界全体の平和の実現を考える国でありたいと、誓ってまいりました。 日本は、戦後68年間にわたり、自由で民主的な国をつくり、ひたすらに平和の道を邁進してきました。今後もこの姿勢を貫くことに一点の曇りもありません。世界の平和と安定、そして繁栄のために、国際協調の下、今後その責任を果たしてまいります。 靖国神社への参拝については、残念ながら、政治問題、外交問題化している現実があります。 靖国参拝については、戦犯を崇拝するものだと批判する人がいますが、私が安倍政権の発足した今日この日に参拝したのは、御英霊に、政権一年の歩みと、二度と再び戦争の惨禍に人々が苦しむことの無い時代を創るとの決意を、お伝えするためです。 中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは、全くありません。靖国神社に参拝した歴代の首相がそうであった様に、人格を尊重し、自由と民主主義を守り、中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたいと願っています。 国民の皆さんの御理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

  • 太平洋戦争と戦後(昭和30年代)の日本

    私は、昭和30年代を5~14歳の少年として、かなりの田舎で育ちましたが、この頃のことをかすかな記憶を頼りに想い出してみると、軍艦マーチや、曲名は知りませんが、「海ゆかば~~」のような軍歌は歌っていたし、学校では、白紙のノートに、軍艦や戦闘機や戦争の絵を描き、少年どおし、お互いに自慢しあっていたように記憶しています。また、学校の図書館にも、太平洋戦争に関する軍記物が沢山置いてあって、……現在の学校はどうなっているのか知りませんが、書店でも、軍記物を目にしません。……片っ端から読んだ記憶だけが残っています。本は、ジャンルを問わず結構読んでいました。 不思議に思っているのですが、想像を絶する犠牲を払って、しかも負けたにもかかわらず、……そして、米国の指導の下、教科書の戦争に関する部分が黒塗りされたように、……平和国家建設が進められてきたにもかわらず、何故か少年の間で戦争をテーマにして……歌ったり、絵を描いたり、語ったりすることがタブー視されていなかったように思います。 質問なのですが、上記の「戦争をテーマにして……歌ったり、絵を描いたり、語ったりすることがタブー視されていなかった」という私の認識は正しいでしょうか???もし正しいとすれば、平和を希求していたにもかかわらず何故でしょうか???という疑問です。単に他の娯楽がなかっただけなのでしょうか???ということです。 また、認識が間違っているということであればそれを指摘して下さい。

  • 8月15日が近付いて来ましたが・・・

    改めて知る伝える戦争の悲惨さや残酷さ、平和の有難さ・・・ 戦争や困窮の極みにあった時代・暮らしを忘れず記憶に留め、先の大戦に傷つき斃れた尊い犠牲者の方々を偲び感謝し慰霊する。 <質問> 御霊に対し、国際社会に対し、不戦の誓いや平和への祈願を捧げる日として→「終戦記念日」を「平和祈念の日」とし、国民の休日にして、より高い関心と戦争の悲惨さ残酷さを決して風化させない為の特別な日にする事はどうでしょうか? 不要、現状で良い、賛成or反対等の貴方のご意向・見解をお聞かせ願えませんでしょうか・・・ ※理由 ◇原爆記念日(広島・長崎)と共に原爆被爆者・戦没者慰霊や平和祈念式典・反戦平和の集いを、より多くの国民の参加の下、国・自治体・民間有志が企画運営し行うのはいかがでしょうか? http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%82%E6%88%A6%E3%81%AE%E6%97%A5 ◇敗戦を終戦と置き換え、特定の場所で遺族を中心に慰霊祭をするだけでなく、この10日間を国民の戦争への記憶や反省、平和を願い誓い希求する日&日々としたいのですが・・・ http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B8%B6%C7%FA%B5%AD%C7%B0%C6%FC

  • 満州の残留孤児についての本を探しています。

    終戦直後、満州からの引き上げ時に、様々な理由で孤児になり、中国に残留してしまった子どもたち(当時)が大勢います。その子どもたちが、なぜ孤児になり、その後どんな運命をたどったか、詳しく書かれた本があれば教えて下さい。特に、何年か孤児として中国で生活し、その後、ラジオ放送などによる日本からの人探し活動で見つけられ、帰国した方々について詳しく知りたいと思っています。

  • 中国残留日本孤児問題について、教えて下さい。

    現在、NHKで深夜に中国残留日本孤児問題を扱ったドラマ「大地の子」が放送されています。 私は子供の頃、中国残留日本孤児の人々がテレビのインタビューなどで号泣している姿をみて、「ああ、肉親との別れが、本当に辛かったんだな」と単純に思っていました。しかし、「大地の子」を見て、なぜあのように号泣していたのか、今まで分からなかった事が分かるような気がしました。 肉親との別れだけではなく、日本人というだけで受ける多くの差別、虐待に耐え、いかに悲惨な人生を送る人々が多かったかを思い知らされました。 最近は、もう中国残留日本孤児問題はニュースなどには出てきませんが、それはもう、肉親を探す術が無いという事でしょうか?恐らく、昭和10年代に生まれ、戦時中を満州などで過ごした方が、対象だと思うのですが、こういった方々の両親の世代といえば、もう80歳を過ぎたかたばかりでしょうね。 また、聞いた話ですが、中国残留日本孤児の方々が、どんなに手を尽くして探しても、肉親の方が名乗りをあげようとしないことも多かったのでしょうか?例えば、「一度は子供を捨ててしまったのだから、親としてあわす顔がない」といった理由や、「遺産相続問題が、複雑になるから」などの理由から、なかなか名乗りをあげない肉親もいると聞きました。  昭和10年代の生まれといえば、私の母もそうなのですが、戦時中を日本で過ごすか中国で過ごすかによって随分違う人生を歩むものだなと思いました。また、まだまだご健在の中国残留孤児の方々は沢山いらっしゃると思うのですが、もう全く「肉親探し」は行われていないのでしょうか?現在でも彼らは、日本人というだけで、差別を受けながら いろんな方のご意見を賜りたいです。宜しくお願いします。