• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

人間は短い一生をなんのために・・・

人間は短い一生をなんのために生きているのでしょうか。 先日近しい人を亡くし、そんな風に思うことが多くなっています。何か熱中したり、楽しいことがあって笑っているときなんかにもふとそんな無常観を感じてしまいます。 これは「死」という人間に平等に訪れる巨大なものの大きさを恐れているということなんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数16
  • 閲覧数128
  • ありがとう数19

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.11
  • concord
  • ベストアンサー率21% (20/93)

「何のために生きているのか?」そう思った時が、精神のステップアップの時です。 そのことをふと友人なんかに話しても、「そんなことを考えても仕方がない」「理由なんかない」とかそんな答えばかり返ってくるでしょう。そこでほとんどの人が「そうだよな」と考えるのをやめてしまうようです。 私もある人が死んだときにすごく無常に感じて、人間が物に見えたことがあります。 しかし、そこで「なんでだろう」といろんな人生の本などを読みました。そしてイメージトレーニングなどもやりました。 結果、人それぞれ役割がどうも違うようです。 しかしながら、人間に共通する、大きな目的は、少しでも生きている間に精神、魂を向上させるのが目的のようです。 私も場合、あまりにも利己的なのが、自分を見つめてわかりましたので、あらゆる場所で、自分がどう動いたら、全体がうまく調和するかということを意識して生活するようになりました。 昔の無目的の時と比べて、毎日がすごく新鮮で楽しいし、あれだけ自己否定的だった、自分が好きになっているところです。 ぜひ、自分を研究して人生の目的を探求してください。 自分の人生を肯定して、悔いがなかった言える人は、人生の目的は「何か」と追求したばかりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

悶々と考えている間にも精神は高まっているということですね?よかった!ありがとうございます!とても前向きになれそうな気がします!

関連するQ&A

  • 無常という事について

    私は、今学校で「無常という事」と言う本を習っています。 これは、小林さんが書いた本で、私にとって凄く難しい本です。 そこで、3つほど質問があります。 *あなたにとっての無常観とはなんですか? *無常観と生死観の違いは? *無常観という概念の日本度とは? (無常観とうのは、とても日本的らしいと言われています。でも、 どこから日本的と言うのが出てくるのでしょうか・・・) 3つのうち1つでも分かるのがあれば、教えてもらえませんか? お願いします☆

  • 「無常観」と「仏教的無常観」

    『方丈記』や『徒然草』、『平家物語』などでよく聞く言葉ですが、「無常観」と「仏教的無常観」、この二つに違いはあるのでしょうか? 私がたまたま見た便覧では『方丈記』には「無常観」、『徒然草』には「仏教的無常観」という説明が施されていました。 たまたまなのか、意図するものがあるのか…。 辞書等で調べても良く分かりませんでした、ご教授ください。お願いいたします。

  • 「方丈記」には合戦の記述はありますか。

    私は古典に非常に疎い人間ですが、最近の頻発する地震などの自然災害を 見聞きすると、ふと、昔、学校で習った「方丈記」の無常観を曖昧に思い出すことがあります。  ところで、あの「方丈記」には合戦の記述はあったでしょうか。どうも よく思い出せません。もし、なかったのなら、何故ないのでしょうか。

その他の回答 (15)

  • 回答No.16
  • kakara
  • ベストアンサー率28% (2/7)

はじめまして なんで生きているのか…、とても難しい問題ですね。 私も、なんで生きているのか正直よく分からずいきています。 でも、世の中で虐待で死んでいく子供や、誰かに殺されてしまう人のことを考えたら、「生かされている」んだなぁ…とは思います。  私は小さい頃から、人は何か使命を持って生まれてくるんだよー…といわれて育ってきました。  何か大きな偉業を残することかもしれないし、誰かを幸せにすることだけかもしれない。何が使命かはっきり分かる人は、ほとんどいないとは思いますし、私自信、未だ実感はこれぽっちもありません。  でも、私がやるべきこと、私にしかできないことをやるために生きていると思うと、「生きてていいんだぁ」とか「私には何ができるんだろう?」とか思います。  そして、「死」とは、一つのお勉強を卒業することだから、怖いことではないんだよ…。とも言われました。これまた全然実感なんかわきませんが、そういわれると怖くはないですね。  むしろ、「死」が怖いのではなくて、「どのように死ぬのか」ということを考えることの方が、私は怖いです。やっぱり苦しい死に方や、体がバラバラになるような死に方はいやですもの。  あと、怖いというよりか、こうだったら悲しいなぁ…と思うのは、私という存在が誰の記憶や心の中に全く残らない…つまり存在した認識の消滅ですね。  これじゃあ、いてもいなくても同じじゃあないの?と思うのですよ。誰か一人でも、「あんな人がいて、こういうことをしてくれた…」とか、そんなふうに誰かの記憶の片隅にでも残るような生き方…人間でいたいと思いますね。  うまく答えられているかどうか分かりませんが、何か参考になれば幸いです。  深く考えることも大切ですが、やっぱり一日一日を、楽しく、平和に暮らしていることに感謝して毎日を過ごすほうがよいと思います。考えるときはポジティブに!です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

記憶の片隅にでも残るような生き方…人間でいたい.. とても美しい考え方ですね。 感動しました。そう考えると毎日、人と会って過ごすことがとてもキラキラしてきます。 ありがとうございました。

  • 回答No.15
noname#84897

ある人は「人生は死ぬまでのひまつぶしだ」と言い、ある人は「執行の日を待っている死刑囚」だと言いました。 同じことを言ってるわけですね。 こんな後ろ向きな考えは好きじゃありませんが、真理かもしれません。 しょせん、誰かの意思で勝手に作られた命だと思います。例えて言えばサッカー場を走り回っている私を上から誰か(創造主?)が見ているような気分になることがあります。 自殺したり自滅したりすると、舌打ちして、あ~あ、ばかだなあ、と言われるような。 お互い、一度きりの人生、大事に生きましょうね。 誰かがせめて読んでくれたらいいなあ。ほうってあるみたいだけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!とても参考になりました。 死刑囚ですか・・ 最近では、生活していてなにか素敵な一瞬に 出会ったとき生を実感します。

  • 回答No.14
noname#38051

目的論的なところで答えは出にくいと思っています。 私自身は、息を吐くために吸って、栄養とってしまって、雑事に追われ、自分から死ぬ気もないから生きていると自覚しています。 もちろん、若干はああしたいこうしたいということもあって、入れ込んだりもしますが・・・・。 生き物の一生ってそういうもんじゃないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。達観の境地といった感ですね。 そこまで達すると自分みたいな悩みもないでしょうね。うらやましいです。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.13

私は幸せになるために生きているのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.12
  • katyan
  • ベストアンサー率9% (201/2029)

愛するため

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10
  • wewe
  • ベストアンサー率45% (18/40)

人間は短い一生を何のために生きているのか。 解りません。ただ、生きているというという事だけは事実です。 私達は、生まれてこの方、自分が「存在している事が当たり前の日常」しか知りません。それが、何十年後には突然、自分という存在がなくなってしまう。そして、自分という存在が、なくなってもこの平穏な「日常」は延々と、当たり前の様に続いて行きます。 考えると凹んでしまいますね。私も若い頃は何度も恐怖感を抱きました。 でも、ありきたりの答えですが「終わりがあるから美しい、終わりがあるから素晴らしい」というのが自分の回答です。 例えば、人生を貴方の大好きな音楽や歌に例えてみてください。一曲を堪能し、感動し、気分はお腹いっぱいになります。 気に入ってもう一回聞くことはあるかも知れませんが、それから何回、何十回も繰り返し聴いていくと「もう充分だよ」となりますよね。その曲への想い入れも下がりますし、疲れます。 人生も同じで「1回で堪能」するから良いのではないでしょうか。 要は貴方の好きな曲(人生)であり続ける事が重要なんじゃないですかね。それを一度だけ、じっくり堪能する。 繰り返し聞いていたら疲れますよ(笑)。 少なくとも、貴方の好きでもない曲(人生)を聴かない様に。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすい例え、ありがとうございます。自分のやりたいことを悔いなくやった方がよいということですね。 人間ってとても小さな存在なのですね。

  • 回答No.9
  • gunto
  • ベストアンサー率19% (347/1784)

体を使って体験する為です。勿論その前に、生まれてきたから死ぬまで生きるしかないというのが大きな理由です。 で結果として生きている訳ですから、生きる意味は自分で見つけるのです。 死んでいく人見ると、「何の為・?」って考えるのもわかりますが、その死んだ人も生きていた訳です。 死んだ人みんなも「人生って?」って考えたはずです。その繰り返しです。 目的あってわき目も振らずに、突き進んでいる時は虚しさなんて感じないです。 しかしいつもいつも情熱的である訳無いですよね。 最後は死があるのですから。 死とは?をどう考えるかで、今生きてる意味も面白くなるんじゃないのかなあ。 私なりの生きている意味は(いつも考えているので) 沢山あって又、抽象的で簡単には説明出来ないですが 少しだけ具体的に言えば、美味しい物を食べる事。 面白いハプニングに出会う事。そして一番大切なのは 愛ある家族、又は縁の深い人と出会う事。 まだまだありますが、死ぬ事もよく解らないから、考え考え続ける事。 それから自分を、今生きている人との比率で考えるのではなく、自分と自分。自分と宇宙、自分と歴史上で 死んだ人間との関係で考えると、無限で面白い。 現代は死の世界を、世界中が研究していていろんな本が選べます。 でも皆生きてる人間が書いているのだから、本当のところはわからない。誰も死を体験していない。 だから自分に生き易い都合の良い死生観を創るのがベストです。 動きながら考える。考えながら動く。 私いつも考えるのですが、人間は皆死んでいくでしょう?どんな偉大な人間も、みんなよくうまく死んでいくなあと、まあそう思うんですよ。 だから例外なく、私もそうやって自然に死んでいくんだろうなあって気楽に考えています。 だって生きているから死を考え恐怖感あるんだから、死んだら何も無くなるから、死は平穏なんだってね。 例えば花を花としてしか呼び名がないように、生きてるから生きてるとしか、とらえようないですよ。 私はこれからもずーと死ぬまで考えるのを楽しみます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど!とても具体的で分かりやすい回答ありがとうございます!みなさんそれぞれの死生観をもっていらして、しかもそれを教えてくださって感激です。こういう事ってなかなか人に話せることでもないので・・ guntoさんは考える事が楽しいなんて素敵ですね!

  • 回答No.8
  • bekky1
  • ベストアンサー率31% (2250/7248)

「メメント モリ」死を思えというのが哲学なのだそうです。 死刑囚のごとく生きよとも。 今、生きていることそのものが生きる目的。 短い一生ですが、もし死なないことを思うと逆に 怖くないですか? 痛いのはイヤですが、死ぬのは明日でも、10年後でも、 みんな一緒。 生物は人間も、縄文杉もゴキブリも同じ。 遺伝子がとか、いろいろ言いますが、 チンパンジーと人は98-99%同じ。 人とチンパンジーと98%は同じ一生ですかね? 今生きて、あることそのものが、生きる目的だと私は思います。 生きてるものが一番。 生きてる生物の足元には、死体が一杯。 いろんな生物(含む人間)の死体のないところ(地面)はない。 死を恐れることはないです。 死なないことを恐れるべき。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

うーん・・とても深いですね。わかったようなわからないような・・今現在死ぬことにリアリティはないのですが、いずれ訪れることを考えると・・ ともあれご回答ありがとうございました!

  • 回答No.7
  • SCNK
  • ベストアンサー率18% (514/2762)

人間は必ず死にます。少なくとも現代の科学水準ではです。したがって人間は自分以外のもののために生きざるを得ないと思います。それが何かは自分で考える以外にないでしょうし、ひとつに絞れるものでもありません。 私の場合は、祖国のために生きようと決心しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!もっとよく自分で考えてみます。一つの解答がでる問題ではないということですね!

  • 回答No.6

誰かの為に生きているというのが、「今」の私の見解です。 昔は私の存在が親の支えだったと思いますし、今は妻のため子の為。 私が死を恐れるのは、この人たちを支えられなくなってしまう理由からです。 逆に、家族のために命を使う事が出来たのならそれで私の生きた意味になります。 また、子供も妻も誰かのために生きているのですから。 子供、実績、思い出、生きて、何かを残して、それが積み重なって歴史があるのでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素晴らしい生き様ですね。とても参考になりました。

関連するQ&A

  • 山田風太郎の死生観と私の妻の死について

    私の妻は両親から虐待を十数年受け続けて育ち、「世界は悪人が支配している」 という見方をしていました。それでも最近は「人間の命は短か過ぎる。このくら いの幸せでも200年でも300年でも生きていたい」と繰り返していました。 ところが、昨年末、私の一生一代のミスのせいで妻を60歳になる前に死なせてし まいました。「妻はもっと生きたかっただろうに!」・・・自責の念に苦しんで おりました。ところが、山田風太郎の「死言状」という本を読んでいて「?」と 考え始めました。以下がその一節です。 「余は死を怖れず。勿論死は歓迎せず。死はイヤなものなり。第一解剖台上の死 体を見るも死はイヤなものなり。しかれどもまた生にそれほどみれんなし。生を 苦しと思うにあらざれど、ただくだらぬなり。金、野心、色欲、人情、もとより われもまたこれらより脱する能わず、しかれどもまた実につまらぬものにあらず や。五十年の生、これら万花万塵の中に生きぬき、しかも死や必ずこれにピリオ ドを打つ。しかしてその後にその生を見れば、その生初めよりこの地上になきも ほとんど大差なし」 解剖台とかあるのは、彼が東京医科大生で人体解剖の授業でもあったのでしょう が、この本を書いている40年後の今も思考がほとんど同様であることを知って改 めて驚いたと書いています。 最後部分の「五十年の生、これら万花万塵の中に生きぬき、しかも死や必ずこれ にピリオドを打つ。しかしてその後にその生を見れば、その生初めよりこの地上 になきもほとんど大差なし」は彼の無常観で私も共有するのですが、実は私の妻もこ の無常観を持っていたのではないかと思い当たったのです。200年も300年も生き たいと言ったのは、人生80年は短か過ぎる、はかな過ぎるという気持ちであり、 むしろそんな人生ならないほうがましという気持ちに近いのではないでしょうか ?200年も300年も生きたいと望んでいた妻を自分の失敗で殺してしまったという 自責の念で苦しんでいたのですが、実は妻も人生のはかなさを悟っており、生ま れても生まれなくてもどっちでも良かった、大差ないと感じていたのなら私の自 責の念も少しは軽くなるのですが・・・ あなたは私の妻の「このくらいの幸せでも200年でも300年でも生きていたい」と いう言葉から彼女の本当の心情はどのようなものだったと推察されますか? 追記:私を「過失致死罪」として逮捕し、即死刑にしてくれたら一番私の気持ち に合ってるし、どんなにかラクだろうと思うのですが、「事故死」として片付け られ私を死なせてくれません。そして自責の念に毎日苦しむことになりました。

  • 遺体の変容を描いた絵巻物

    日本の絵画で、人の死後、遺体がだんだんと腐敗してゆき やがて白骨になる様子を描いた絵巻物(?)のようなものを観た記憶があるのですが、正式な名称がわかりません。 おそらく、無常観を表すような趣旨の作品かと思います。 いつ頃のものかも不明ですが、江戸以前だと思います。 御存知の方、教えてください。

  • 心酔・・・・

    あなたが、過去、現在、 こころから「心酔」していた人物を教えて下さい。 有名・無名、どのようなひとでも構いません。 (1)何故その人物に心酔していたのですか? (2)その人物からあなたはどういう影響を受けましたか? (3)それは現在のあなたの中に活かされていますか? ・・・・ちなみにわたしは (1)ショーペンハウエル (2)世界の無常観を教えられた。 (3)世の中を冷めた目で(言いかえれば諦めの境地で) 観ている・・・・

  • 五月雨や 集めて早し 最上川

    http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1665112 で川の流れは 早い でなく 速い と分かったのですが 松尾芭蕉の奥の細道で有名な「五月雨や 集めて早し 最上川」 はなぜ早しとなっているのでしょうか? 人の人生は早く過ぎ去ってしまうとかいう無常観をあらわしているのか それとも僕の間違いなのか… あと関係ないんですが 集めて早し の 集めて とは何でしょうか… よろしくお願いします

  • 人間の死について・・・

    DEATH NOTE に影響されているかもしれませんが教えてください。 人間は死後どうなるとおもいますか? 私は天国にいけると信じたいです。しかし、デスノートでは"無"と記されています。 こんなこと教えてといっても正確に教えられる人はいないかもしれません。 人間…または動物などが死後の世界はどうなってるのでしょうか? 天国?まっくら?寝ているときと同じ?生まれ変わる? ある小説では人間も原子から構成されているので、その脳の原子が同じ構成に再び結合し、同じ人格となると書いてあります。 そのようになるのでしょうか? どうして、死を人間は恐れるのでしょうか? 何でもいいので、関連するご意見をお聞かせください。 ちなみに、法律では人間の死は脳死=死となっているようです。 意味のわからない質問をお許しください。

  • 【哲学・人間の生と死について】人間の生と死について

    【哲学・人間の生と死について】人間の生と死について質問です。 "死は生きることの一部であり、死からは逃れられない" "早くても遅くても、人間が死ぬことには変わりがない" "よって、人間は平等である" この思想をどう思いますか? 矛盾はありますか?

  • 人間以外の動物は人間より持っている感情が少ないの?

    NHKの番組「ファーブル昆虫記」で、埼玉大学の教授の方が以下のようなことを言っていました。 「死」というものの具体的なイメージ、「死」に対する恐れを持っているのは人間だけ。 ファーブルは自殺するのは卑怯だと考えていたようだ。 人間以外は死というものにイメージを持ってない。 人間以外の動物は自殺しない。だからこそ 人間は死ぬ意味を丁寧に考える必要がある。 この話を聞いて、私は人間以外の動物は、悲しいとか辛いとか空しいとかいう感情が人間より薄いのかな?と思いました。 また、もしかしたら、うれしいとか楽しいとかいう感情もそうなのかな?と思いました。 人間以外の動物は人間より持っている感情が少ないのでしょうか? すみませんが、お教えいただけましたら助かります。 よろしくお願いいたします。

  • 仏陀の思想について

    ちょっと引っかかることがあるので質問します。 仏陀は『慈悲の心』というものを実践しています。 しかし彼はこの世の苦しみとは何なのか?と考えるとき それは四苦八苦(生・老・病・死・愛別離苦・怨憎会苦etc)を断つ 諸行無常・諸法無我を知らないこと(無明) だいいます。 そこで質問なのですが (1)慈悲の心を他人に施しなさい、というのは時に他人に対して愛情さえも抱いてしまうことがあると思うのですが(人間なら)、そうすると四苦八苦で言っている愛別離苦という言葉に反してしまうと思います。 (2)また諸行無常というのはこの世の無常を言っているのですが、もしこの世が無常ならば、なぜわざわざこの世に住む人間(他人)に対して慈悲を施すのでしょう?それで救われるのはなぜでしょう? 自分はほんのちょっと教科書を読んでみて(自分の理解が間違ってる可能性も大)感じたことなのですが、どうなのでしょうか?

  • これから人間はどの様に進化すると思いますか

    これから人間はどの様に進化すると思いますか 猿から人間に変わる時、人間の脳が大きくなる事により、人間は死を発見しました。猿には死という概念がないですから、人間には死という概念が有りますから、同時に神と言う概念もに出来たのではないかと推測します、そこから葬式及び宗教とと言うものが発生したのではないかと。 精神面、肉体面はこの先どの様に進化すると思われますか?

  • 松尾芭蕉の『野ざらし紀行』『奥の細道』について。

    野ざらしを心に風のしむ身かな  芭蕉の『野ざらし紀行』の冒頭にこの句が置かれています。この句は、無常の身だからいつ旅の途中で死ぬかもしれないという気持ちを詠んだものといわれています。この旅は、「野ざらしを心に」した旅でもあり、「死にもせぬ旅」ともいえて、「死」の観点の上に立っての「旅」であると考えることができます。それには、母の死を体験した芭蕉に「死」が一段と迫りくるものとして意識されていたのではないかと思いました。つまり、芭蕉のいう無常の根本には死があり、「死」の観念がはかない多くの美的世界を発見したと思いました。 そして、そのことは『奥の細道』中にもいえて、冒頭部分に、  月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり、舟の上に生涯を浮かべ馬の口をとらへて老をむかふる者は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。  明らかに、「無常」のことを述べ表していると思いました。 上記に挙げたことは、私の考えですが間違いですか? 芭蕉は、多くの旅で、姿ある風景ではなく、何を見てきたのですか?  歌の伝統、伝統の文学の心を、風景に投影したのですか? 教えてください。 とても分かりにくくなってしまいすみません。