• ベストアンサー
  • 困ってます

to sayの品詞は?

I have nothing particular to say. それぞれの品詞を教えて下さい nothingは名詞、particularは名詞のnothingを修飾する形容詞? to sayはnothingを修飾する形容詞?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数28
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率80% (7638/9430)

>I have nothing particular to say. それぞれの品詞を教えて下さい nothingは名詞、particularは名詞のnothingを修飾する形容詞? to sayはnothingを修飾する形容詞? ⇒nothingは、代名詞(不定代名詞)です。 particularは、代名詞のnothingを後置修飾している形容詞です。 to sayは、nothingを修飾する形容詞的用法のto不定詞です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

  • one moreの品詞は?

    I have one more word to say.もう一言言わせてください という英文があるのですが このone moreの品詞はなんですか? oneが名詞でmoreが形容詞で後ろから修飾しているのですか?

  • much more の品詞

    much more の品詞はなんでしょうか。 There is so much more to do.の文で、 (1) much が名詞で more が形容詞で修飾しているのでしょうか。 (2) あるいは、much more がひとかたまりで名詞でしょうか。 (3) あるいは、 more が名詞で much が修飾しているのでしょうか。 それらは、どのようにして判断できるのでしょうか。

  • much more の品詞はなんでしょうか(再)

    納得できなかったので、再度質問します。 much more の品詞はなんでしょうか。 There is so much more to do.の文で、 (1) much が名詞で more が形容詞で修飾しているのでしょうか。 (2) あるいは、much more がひとかたまりで名詞でしょうか。 (3) あるいは、 more が名詞で much が修飾しているのでしょうか。 それらは、どのようにして判断できるのでしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

nothingは名詞ですね。 particularはnothingにかかる形容詞。 to sayは「to不定詞」ですね。 参考 https://www.studyplus.jp/350 https://kou.benesse.co.jp/nigate/english/a13e1007.html この場合は「nothing」にかかっているので、形容詞的な用法になります。 以上、ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

  • 品詞

    英語の品詞について質問です。 I have been to Kyoto. I, Kyoto (おおざっぱにいいますが)名詞 to 前置詞 では、この【have been】というのは品詞でわけると何になりますか? 現在進行形の【be going to】のgoingなども何になるのか気になります。 基礎的な質問だと思いますが、よろしくお願いします。

  • 「の」の品詞は何ですか?

     所有格や修飾で使われる「の」が助詞だということは、わかるのですが、動詞、形容詞、形容動詞の後に使われる「の」(食べるのが好き、赤いのがほしい、好きなのを選んで)の品詞がわかりません。どなたか教えて下さい。

  • have toの品詞がわかりません

    have to(has to,had to)+動詞の原形について教えてください。 辞書には「~しなければならないという意味で助動詞のように使う」と書いてありますが、人称や時制によって変化するということはhaveの品詞は動詞でいいのでしょうか? では、うしろのto と動詞の原形は何でしょう? 不定詞ではないと思いますし、調べても考えてもわかりません。 have to +動詞の原形の品詞を教えてください。

  • 「無し」の品詞を教えてください。

    「無し」の品詞を教えてください。 「なし」の品詞の候補としては、名詞、文語体助動詞「なし」の活用形、口語体助動詞「ない」の活用形の変形?、形容詞などが考えられます。次の例文の場合の品詞は何になるのでしょうか。全部同じ品詞でしょうか。名詞以外の場合はその活用形も教えてください。 1)彼はろくでなしだ。 2)そこには何もなし。 3)昼からの仕事はなし。 4)借金なしで済ました。 5)その話はなしではない。 6)借金をなしにする。

  • 用言とその派生語の品詞の分類

    中学受験を控えた子供を持つ親です。 受験の文法問題で用言の活用と品詞の分類についてどなたか教えて下れば助かります。なお、文法用語を使って質問を書いておりますが、かれこれ30年近く前の記憶と知識に基づいての使用ですので、誤用等があってもご容赦下されば、と思います。 品詞の分類で、用言(動詞、形容詞、形容動詞)の活用形とその用言から派生した語の品詞の分類について何方かわかりやすく教えて下さる方はいらっしゃらないでしょうか。このままだとわかりにくいので、形容詞「大きい」を例にして説明します。 ・形容詞 「大きい」の場合 子供には、文中で修飾機能を司る語は大別して、形容詞、形容動詞、副詞、連体詞があると教えています。この品詞を見分けるときに、形容詞は、辞書に載る形になると末尾が「い」、形容動詞は同じく「だ」で終わる語だと教えています。もちろん、形容詞、形容動詞は活用するので文中で使われるときは必ずしも「い」や「だ」では終わらないとも教えています。 次に、形容詞、形容動詞以外の修飾語は、副詞か連体詞で、体言を修飾していれば連体詞、それ以外は副詞と教えています。 そうすると、次のような問題が起きます。大きいの場合、名詞形として「大きさ」、連体詞化したものに「大きな」があります。私から上記のように教わった子供は、別の品詞に転化したこの「大きさ」、「大きな」と文中の活用として取った形の区別が出来ません。文法がどうやら苦手な子供にはよくわからないようです。文法問題で、問題文中の、「大きな」に横線が引かれて、さてこの言葉は何詞でしょう?と問われると形容詞と答えてしまいます。 形容詞の大きいで上記の様な紛らわしい例がありますが、動詞でも歩くの名詞形「歩き」(口語的ですが、今日は歩きです、などの用例の場合)などが区別出来ません。 このように用言の活用形と別品詞に転化したもの、をうまく区別出来るように教える何かよい教え方を、何方か教えてもらえないでしょうか。 以上

  • thanの品詞は?

    much higher thanとあるときmuchが形容詞higherを修飾してますよね、では、このときの thanの品詞は何になるんでしょうか?

  • bestの品詞

    I thought it best not to talk about it. 上の文のbest の品詞を教えてください。 形容詞かなと思ったのですが、冠詞the がないので副詞?と思ったり、 文型の説明としては I=S , thought=V, 形式目的語it=O, best=C, not以下=真の目的語 となっています。best がCということは、(副詞の線は消えて)名詞か形容詞ですよね。 とはいえ、不可算名詞のbest ではない気がします。 似た例文でI found it difficult to~. などの文もあるので形容詞だと思うのですが、なぜtheがつかないのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 品詞の区別と文法用語について

    英文法を勉強し直しています。 品詞の見分け方がわからなくて困っています。 例えば、helthは名詞でhelthyは形容詞、でも、honestは形容詞でhonestyは名詞となっていました。 単純にyが付くと形容詞になるわけではないのですね。 どうやって品詞を見分けたらいいのでしょうか? また、文法用語が断片的にしか分かっていないので文法書を読んでいても、その言葉が何を指しているのがわかりません。 何か参考になる本・ご意見などを聞かせてください。

  • 「ひさしぶりに」の品詞は?

    「ひさしぶりだ」の品詞は形容動詞と書いてありましたが,わからないことがあります. 形容動詞と[○○+だ]の違いの見分け方で教えてもらったのが [○○な~]と名詞を修飾することができる(連体形になれる)ものが形容動詞だと聞きました. しかし「ひさしぶりな」と言うでしょうか? 「ひさしぶり」で名詞を修飾しようとすると「ひさしぶりの」になりませんか?(例:ひさしぶりの再会)なので「ひさしぶりな」にならず,[○○+だ」の形ではないのでしょうか?

  • have to=mustではない場合

    いつもお世話になっております。 There is something I have to say. という文の構造は、 There is something (I have) to say. このように、I haveがsomethingを修飾し、to sayが不定詞なので、義務の意味を表すhave toではないということを最近知りました。 ですが、 There is something (I have to say). このように、「私が言わなければならないことがある」 と文の構造をとっても別におかしいとは思わないのですが、 なぜ後者の文が間違ってるのか理由が知りたいので、教えてください!!