• ベストアンサー
  • 困ってます

much more の品詞はなんでしょうか(再)

納得できなかったので、再度質問します。 much more の品詞はなんでしょうか。 There is so much more to do.の文で、 (1) much が名詞で more が形容詞で修飾しているのでしょうか。 (2) あるいは、much more がひとかたまりで名詞でしょうか。 (3) あるいは、 more が名詞で much が修飾しているのでしょうか。 それらは、どのようにして判断できるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2283
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5687)

There is so much more to do. 諸説紛々のようですね。あまり難しく考えない方がよいと思います。 この文章の幹の部分は There is to do. で to do は不定詞で補語、名詞です。 英文法解説第13章。 There is more to do. この場合の more は副詞です。副詞は動詞、副詞、形容詞、文全体にかかり得ますが、この場合は is or do いずれかにかかると考えればよいのではないか。 http://punctuationtips.com/adverbs.html -----There was more to do at the weekend. 私の辞書(研究社)の例題(adverb)を追加します: -----Horse carriages are no more to be seen. 形容詞で to do にかかるのではないかと考えるのは考え過ぎでしょう。 There is so much more to do. この場合の much は more に(so は much に)かかる副詞です。 念のため still を検討してみて下さい。much more = still more で、この場合の still は副詞です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

KappNetsさま お礼が遅くなりました。 「幹の部分は There is to do. で」など、とても、判りやすい説明です。有り難うございました。

関連するQ&A

  • much more の品詞

    much more の品詞はなんでしょうか。 There is so much more to do.の文で、 (1) much が名詞で more が形容詞で修飾しているのでしょうか。 (2) あるいは、much more がひとかたまりで名詞でしょうか。 (3) あるいは、 more が名詞で much が修飾しているのでしょうか。 それらは、どのようにして判断できるのでしょうか。

  • one moreの品詞は?

    I have one more word to say.もう一言言わせてください という英文があるのですが このone moreの品詞はなんですか? oneが名詞でmoreが形容詞で後ろから修飾しているのですか?

  • much more to

    There is much more to these children's mistakes than meets the eye. この文は「このような子供たちの間違いには、表面的に表れたものよりもずっと多くの大切なことが含まれている」という意味ですが、 There is much more "things"が略されていると考えればよいのですか。 そうするとthan以下の文の主語は何になりますか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3495/7224)

私は much が more を修飾していて、使われ方は ひとかたまり だと見ます。 There is something to do. と同じパターンの文で、something の代りに "so much more" が入っています。 だから、something と同じように more も名詞だと判断します (名詞は名詞でも「代名詞」でしょうね)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • to sayの品詞は?

    I have nothing particular to say. それぞれの品詞を教えて下さい nothingは名詞、particularは名詞のnothingを修飾する形容詞? to sayはnothingを修飾する形容詞?

  • much more than について

    She gave me much more than I gave her. この文について質問です。 このmuch は名詞なんでしょうか?それともmore を強調しているのでしょうか? gave は第四文型をとる動詞なので、much は名詞と考えるべきでしょうか? そうするとmore の位置がちょっと違うのかなと思ってしまいます。 しかしmore much than なんていう表現はあまり見たことがありません。 だれかこの文の構文を教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • no more の more について

    比較文の no more で使われる more は、品詞は何なのでしょうか? 長い形容詞のときの比較級に使われるmore(例えば more unfaithful)と 同じ種類のものだとばかり思っていましたが、 短い形容詞でも使われる(例えば more tall)し、 さらには、名詞でも使われる(例えば more an artist)ので、 とても混乱してしまっています。 1) She is no more unfaithful than her sister。 2) He is no more tall than his brother. 3) He is no more an artist than I am. 形容詞の比較級のときに使われるmoreとは まったく種類が異なるようなのですが、 このmoreの役割と品詞について教えてください。 幾他の参考書をみても、文例先行となっていて なぜ、形容詞でも名詞でもあとに導くことができるのか 肝心の記述がなく、困っています。 よろしくお願いします。

  • muchについて

    お世話になります。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 there is much useful information in the book. (1)このmuchは何にかかりますでしょうか? usefulでしょうか?or informationでしょうか? (2)muchの品詞は何になりますでしょうか?どちらの単語にかかるかで品詞が変わると思います。 基本的ですが、何卒宜しくお願い申し上げます。

  • thanの品詞は?

    much higher thanとあるときmuchが形容詞higherを修飾してますよね、では、このときの thanの品詞は何になるんでしょうか?

  • 【not so much as do などの品詞に

    【not so much as do などの品詞について】 度々質問してすいません。 下記の文法の品詞を知りたいです。 ネットで調べたのですが 品詞までは詳しく分からなかったので お伺いしたいです! …………………………… not so much A as B Aというよりはむしろ B →調べたのですが、 so muchは副詞 asは接続詞 Bのあとは省略されていると いう解釈でいいんですよね? ……………………………………… not so much as do ~さえしない これも上記と同じ so muchは副詞 asは接続詞 で ~as do とありますが、 asは接続詞、doの前に主語が省略されているという認識であってますか? 主語だけ省略できるのはandなどの等位接続詞だけという認識だったのですが… …………………… without so much as doing ~さえしないで これもasの後に主語+be動詞が省略されてますか? それともこのasは接続詞ではないのですか?

  • of much の用法

    英文を見ていてよく分からない語順だったので質問させていただきます。 They happened to be of much the same opinion. 「彼らはたまたまほぼ同じ意見だった。」 という文ですが、"of much"について 自分なりに考えたのですが・・・ 1.ofは前置詞でmuchは名詞。全体が形容詞となってopinionを修飾する。 2.ofは前置詞でmuchはopinionを修飾する形容詞。全体がbe動詞の補語になる。 どちらが正しいのでしょうか? much of はよく見る語順なんですが、be動詞のあとにof muchと来られても意味がわかりません。 回答お願いします。

  • muchの修飾について

    The structure of Spanish is much like Italian. この英文のmuchは"like Italian"を修飾してるように見えますが、muchは動詞を修飾し、副詞や形容詞を修飾することはできないのではないでしょうか?

  • I had way too much to drink.

    I had way too much to drink. アメリカのドラマを見ていたら、「きのうは飲みすぎちゃった。」という訳で、“I had way too much to drink" といっていました。 わたしにはこの英訳は思いつきそうもありません。 “I drank too much yesterday" と訳すでしょう。 ところで、 “I had way too much to drink."  この文章を文法的に解析するとどうなるのでしょうか。 to drink の部分がわかりません。 I have a lot of homework to do. この to do と同じでしょうか。 これは不定詞の形容詞的用法のところに載っている例文です。 この場合はto do がhomework を修飾していると思います。 でも、 上の文章には修飾する名詞がないです。 名詞は省略されていると考えたらいいのでしょうか。 それにしても、不定詞は未来のこと、これから先のことをあらわしているようなイメージがあり、なんだかしっくりきません。 どなたか おしえてください。

  • 名詞の much 「たくさんのこと」

    ●So much can be expressed in not many words.(ほんのわずかな言葉で、これほど多くの内容を表すことができる) 上の much は名詞で「たくさんのこと」を意味するのは分かるんですけど、なぜ名詞の much を副詞の so で修飾できるのですか?