解決済み

マイホームを売ったときの軽減税率の特例について

  • 困ってます
  • 質問No.971031
  • 閲覧数136
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 83% (165/198)

H16年度の税制改革で、税率が変わりましたか?
理解していた税率と違うのでちょっと戸惑って居ます。
国税庁のHPで調べたら6000万円以上なら
所得税額は
金額×0.15-300万と書いてあったのですが、
例えば6200万円の場合はどのように計算すればよいのでしょうか?
また、住民税はどうなりますか?
アドバイスよろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 62% (547/875)

所有期間10年超の一定の要件を満たす居住用資産を売却した場合には軽減税率の特例を受けることができます。

<計算式1>
1.課税長期譲渡所得金額Aが「6,000万円以下」の部分
 14%(所得税10%・住民税4%)
2.課税長期譲渡所得金額Aが「6,000万円超」の部分
 20%(所得税15%・住民税5%)
     ↓
これを所得税部分について計算しやすくしたもの
(300万=6000万×(15%ー10%))
     ↓
<計算式2>    
1.課税長期譲渡所得金額A≦6000万の場合
 税額=A×10%
2.課税長期譲渡所得金額A>6000万の場合
 税額=A×15%-300万

*A=(土地建物を売った収入金額)-(取得費+譲渡費用)-特別控除(3000万円 )

仮に課税長期譲渡所得金額A=6200万の場合の所得税は、
<計算式1>
1.Aが「6,000万円以下」の部分
 6000万×10%=600万
2.Aが「6,000万円超」の部分
 200万×15%=30万
3.1+2=630万

<計算式2>
課税長期譲渡所得金額A>6000万の場合
税額=6200×15%-300万=630万

<計算式1・2>の結果は同じになります。

住民税の計算については<計算式1>に当てはめて計算してみてください。
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ