解決済み

よろしくお願いします

  • 困ってます
  • 質問No.9606788
  • 閲覧数27
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 77% (3640/4678)

At the checkout counter I noticed the clerk had a tattoo in the cleavage of her breasts. I could see it because of her low-cut blouse. What's the correct protocol? Should I ignore the obvious, or should I look closer to be sure I am seeing it correctly? Should I compliment her on her nice tattoo? What exactly am I to do while she's ringing up my purchase?

am I to doはshould I doと同意でしょうか?その場合なぜ後者を使わないのでしょうか?よろしくお願いします

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 81% (6230/7673)

英語 カテゴリマスター
>am I to doはshould I doと同意でしょうか?
⇒まずは、この2つの語句の意味(の異同)を確認します。

be to do
(1) 予定:「~することになっている」、運命:「~する運命になっている」。
(2) 義務:「~すべきである」、当然:「~したらよい」、必要:「~する必要がある」。
(3) 可能:「~できる」。
(4) 目的:「~するため(のもの)である」。
should do
(1) 義務:「~すべきである」、当然:「~したほうがよい」。
(2) 可能性・推量:「~するはずである」。

ということで、be to doの(2) とshould doの(1) が共通で、かつ添付文章の該当部分もこれですから、「am I to doは、should I doとほとんど同意」と言えるでしょう。

>その場合なぜ後者を使わないのでしょうか?
⇒これは、答えるのがむずかしいですね。
私は一応、以下のように考えています。

問題のam I to doは、「(チェックアウトカウンターの女性の)胸の谷間の入れ墨ついて、私は無視すべきですか、確認のためにもっと近づいて見るべきか、素敵なタトゥーだと褒めるべきか?」のあとですね。3回のshould「~すべきであるか」の後に、be to「何をしたらよいか」が続く格好です。

3回のそれぞれで、具体的な行為の種類をあげながら質問するので、「それをすべきか否か」となったたが、最後はそれをまとめて、あるいはすべてを含めて行為の選択を尋ねる段なので、具体的行為に特化しない、より一般的抽象的な表現「何をしたらいいか」となった、と考えられます。

つまりShould I ~? とWhat am I to ?とは、「ほとんど同意」でありながらも、その間にかすかな違いがあって、前者は「~をすべきか?」(義務)を、後者は「何をしたらいいか?」(行為の選択)の質問を表すための「差異化の意識」が働いているのではないか、と推測されるわけです。
お礼コメント
corta

お礼率 77% (3640/4678)

ご回答ありがとうございます
投稿日時 - 2019-04-16 21:25:54

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 46% (6/13)

この用例の場合、結果的に『ほぼ』同義になるのですけれど、筆者がShould I, Should I, Should I と3度行動の案を繰り返した後であえてam I を使っているように、Be to doとShould doは微妙にニュアンスが違います。

Be to do は『Be』に主題が置かれ、Should doは『do』に主題が置かれます。
つまり、I should do は『何をするか?(do)』がメインの主題ですが、
I am to do はI am(human, gentleman, boy など)と同じく『自分』が主題なわけです。
この場合(I am to do)の行動(do)は、自分が置かれた立場や義務・自分自身の存在、時に運命のような状況を説明しています。
Should do はそれが誰であってもあまり違いが無い行動を指す場合が多いです。

例えば、
I am to stay here は、I must stay here, I was born to stay here, It is my destiny to stay here, I decided to stay here, I need to be here などとより近くなります。(勿論、状況や前後の文に左右されますが)
I should stay hereは、単に私はここに居るべきだ。

例文の場合(キャッシャーの胸の谷間にちらっと見える入れ墨)は、そこまで真剣な状況では無いので、Should Should Should を3回繰り返して、What am I to do と続ける筆者の言葉遊びの部分も強いと思います。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ