• ベストアンサー
  • 困ってます

マイクロプラスチックは利権が絡んだマネーゲーム?

  • 質問No.9589561
  • 閲覧数646
  • ありがとう数1
  • 回答数2

お礼率 32% (594/1842)

マイクロプラスチックは利権が絡んだマネーゲーム?

マイクロプラスチックはすでに人体に入り込んでいる。

魚にも入り込んでいる。

でも魚は死んで絶滅していない。

マイクロプラスチックが人体に有害なら魚は絶滅しているはず。


しかし普通に生きてるのでマイクロプラスチックは人体に入っても魚すら死なないので人間はもっと影響がない。

そもそもプラスチック自体人体に有害ではない。とプラスチックメーカーは言っている。

なのにマイクロプラスチックは人体に有害という。

ではなぜ魚は生きているのだ?

マイクロプラスチック問題は利権が絡んでると思う。



微小プラ、すでに人体に 貝からも検出 健康への影響は

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000036-asahi-soci

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 22% (785/3435)

他カテゴリのカテゴリマスター
マイクロプラスチック自体は近年になって見つかって問題視され始めました。
しかし研究はまだこれからで自然環境や生物にとって実害が有るかどうかは未だ未知数です。

海ガメや海鳥、クジラなどが石油製品(ビニール紐や袋など)で亡くなっていたり何らかの被害を受けていることは知られていますがそれらはマイクロプラスチックになる前の物による被害です。
人間もビニール紐で首を絞められれば死にますがマイクロプラスチックを食べたり吹き掛けられても死にません。

マイクロプラスチックは回収不可能だと言われています。
利権にはなりませんよ。
利権になるのはその前の段階のプラスチック製品から他の自然に返る可能性の高い製品ですが木材のストローや容器を使っても海に流れ出るような状態のゴミの廃棄が今のままなら海洋生物に与える影響は何も変わりません。
木材ストローや生分解性プラスチック製品は自然環境で分解されるには数年かかりますから海に流れ出れば海洋生物に突き刺さったりすることは変わりません。

問題はプラスチック製品ではなくゴミをゴミ箱に捨てず、その辺に平気で捨てているマナーの悪い奴らが多いことです。
特に船や飛行機から海洋投棄されるゴミを無くさなければ問題の解決にはなりません。
お礼コメント
auhuaweinova2

お礼率 32% (594/1842)

みんなありがとう
投稿日時:2019/02/20 17:45

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
魚、死んでますけど。
亀、死んでますけど
クジラ、死んでますけど。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ