回答 受付中

ツノはんだのNG理由について

  • 困ってます
  • 質問No.9576903
  • 閲覧数181
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数7

お礼率 0% (0/7)

ツノはんだのNG理由とは具体的にどのようなことがあるのでしょうか
自分で調べた内容では、ツノがあればNGとしか記載されていないので具体的な理由を知りたいです。

回答 (全7件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 55% (5/9)

ツノ=こて先温度が低いという意見が多いので違う観点から。(もちろん低いのは当然疑われます)

フラックスが熱で飛びすぎるとツノっぽくなります。こうなるのは元々のフラックス量が不適切な時、加熱時間が長すぎる時、こて先温度が高い時が考えられ、いずれにしてもハンダ付け条件が不適切という証拠になり、接合強度不足が疑われます。
とはいえ、こて先上のはんだ量が多い時もツノっぽくなりやすいので、必ずしも接合強度が足りないわけではないとも考えられるとは思ってますが。
感謝経済
  • 回答No.6

ベストアンサー率 52% (643/1215)

製造業・ものづくり カテゴリマスター
  • 回答No.5

ベストアンサー率 20% (1471/7017)

ツノ半田。
つまり、半田がグズグズになっている状態であり、活性化していない状態。
この状態だと、半田としての能力が低下する。(強度面など)
あと、部位によっては、ノイズの吸収源になったり、高電圧なら放電源になります。
金属ケースに近ければショートの原因にもなります。
コード類が近くにあれば、絶縁破壊の促進なども含まれます。
他に作業員が怪我をするという面も持ち合わせていますね。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 33% (5639/17058)

他カテゴリのカテゴリマスター
はんだって、くっついているからOKとあなたは思われているんでしょうね。

ハンダ付けをやっていれば、はんだは加熱することで液状化することはご存知だと思います。

液状化した状態のハンダには、表面張力が発生します。その表面張力のおかげで、あの綺麗な形になります。

ツノができる状態というのは、どういう状態なのかを考えて見てください。

完全に溶けきれていないハンダが、糸ハンダやハンダゴテに、その粘性で引っ張られてできているツノの事だと思います。

つまり、まだ粘性が高い(温度が低い)状態で過熱をやめているということになるわけです。
ハンダは、溶けている時には、毛細管現象など液体と同じような特性があり、その溶けて流動性が良い状態で、ランドやリードの細かな凸凹に密着し、スルホールに流れ込んで行きます。
加熱が不十分だと、それらが十分に行われません。

つまり、ツノハンダができる状態だと、ハンダの流動性が悪いので、接合がきちんとできていない可能性が高いということになるわけです。
その目安になるからです。

見た感じと触った程度で、ついてるんだからいいじゃない。は、はんだ付けではダメとなります。
使用環境などで、半田付けした部分はダメージが起こって行き、ハンダとリードやランド面との間で徐々に破断して行きます。
そういう内容から、ハンダにかけられた温度が低いというところで、ダメとなります。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 35% (62/173)

液体の水や油にツノが出ないのと同じです。
良好なハンダ付けであればコテ引き後
ハンダ合金の表面張力でハンダ表面は滑らかになります。

ツノがでるということは、不良になりやすい低い温度でハンダ付けしているか
こてを当てすぎてハンダの合金比が劣化してしまっている状態だからです。
そのためツノがあるような形状のハンダ付けは不良とされます。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 26% (2207/8385)

角が出る場合は、適正な温度で溶融していないということになります。
鉄などの溶接に置いても、溶接温度が低い=ロボウが合っていない、電流不足等だと強度が極端に落ちます(ひどい場合は表面だけ溶けて肝心の部分が溶接できていない)はんだ付けの場合はそこまで極端では無いですが、強度が落ちる事は確かなのと、そもそもが合金なので、全部の金属が溶けていない恐れがあります=劣化しやすい、逆に温度が高すぎると白化してしまい、ボロボロになります、理想的には富士山の裾野のような形状で、加熱時間は30秒以内です、またつける部品や、基板のパーターンによって半田ごての熱容量を変える、特にチップ部品は10秒以下が望ましいので、専用のピンセット型の半田ごてを使う(確か4万くらいで買えると思います)私は中古品を2万で買って使っています。
半田ごては120W、60W、20Wを使っています、またハンダも、0.4mm、0.6mm、0.8mm、ペーストと適合した物を使い、接合材料によって成分の違うもの、や銀入り等を使い分けています。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 18% (31/169)

   こんにちは
  半田は化学的接合です。
 つまり、的確な温度で接合されないと、不適合です。
 参考に資料を張ります。
  https://www.ipros.jp/technote/basic-soldering/
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ