解決済み

韓国は戦争中の強制労働の賠償を要求するが、

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9526557
  • 閲覧数120
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 100% (2636/2636)

日本人は赤紙一枚で召集された。
コリアンたちは召集されることなく、希望者のみが軍隊に受け入れられた。
他のコリアンたちは炭鉱などで働いた。
日本軍兵士たちは、南方戦線でマラリアに苦しんだり、飢え死にしたり、地獄のような日々を過ごした。コリアンたちも過酷な労働であったが、ほとんどだれも死ぬことがなく故郷に帰った。
一方、ナチスドイツはブルガリアなどからドイツ人と同じように召集してともに戦わせた。
コリアンたちは召集されることなく、ほとんど100%が生き残ったのになぜ賠償を要求するのですか? 戦争に行きたかったんですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 21% (492/2295)

国際問題 カテゴリマスター
 韓国が目の敵にする軍艦島ではこんな記録が残っています。
 当然ですが、勤務時間も決まっていますし交代勤務です。勤務環境は出身に関係ありません。賃金も払われており超過勤務手当も出ていました。
 勤務時間が終わればそれで終了ですが、朝鮮半島出身者の中には志願して超過勤務をしていました。わざわざこんな事をしたのは稼ぐのが目的だったのは明らかです。
 これらは今の韓国にとって不都合な真実であり、絶対に表に出せません。
 創作物語である「韓国の正しい歴史」では過酷な状況で強制労働させられ地獄の島となっているらしいです。

 韓国が日本へ賠償を要求する権利は条約により既に失われていますので、要求しても無駄であり無意味な行為です。韓国は条約破りを何とも思いませんので、約束を破る事が恥ずかしいと思っていません。
 もし、賠償するなら個人に賠償するお金を受け取っている韓国政府ですが、受け取った事、公共事業に使い果たして残っていない事も韓国にとって不都合な真実です。
 こちらへ請求されたら困りますから、日本に請求するように仕向けています。
 日本が支払わなくても韓国政府にとっては日本を悪者にできた上に責任を転嫁できますのでそれで十分です。

 朝鮮半島出身者が志願して軍に入隊したのは事実です。
 慰安所を利用しないはずがありません。
 朝鮮半島出身者が朝鮮半島出身者を集め慰安所を開設しボロ儲けした。
 その中に朝鮮半島出身で入隊した者もお客として利用した。
 その上で「日本に賠償しろ」と言えるのかどうか常識の問題です。
お礼コメント
4237438

お礼率 100% (2636/2636)

素晴らしいご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2018-08-11 12:37:31
年間ランキング2018

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 39% (849/2130)

ご質問の中で「コリアンたちは召集されることなく、希望者のみが軍隊に受け入れられた。」とありますが、これは事実ではありません。

戦時中には朝鮮・台湾にも徴兵令がしかれ、朝鮮・台湾の人々も徴兵されて日本軍に加わっています。このことは、高校の日本史の教科書にも明記されています。例えば山川出版社の「詳説日本史」(2007年発行2002年文部科学省検定済)には「朝鮮では1943年、台湾では1944年に徴兵令が施行された。しかし、すでに1938年に志願兵制度が導入され、植民地からも兵士を募集していた。」とあります。(342ページ脚注)

朝鮮半島出身の日本軍の軍人・軍属で戦争で亡くなった人は2万数千人いると言われています。またこの中に特攻隊員となり戦死した朝鮮半島出身の若者が存在することも忘れてはならないでしょう。
お礼コメント
4237438

お礼率 100% (2636/2636)

もしそれが本当ならどうして慰安婦の数と同様に百倍に誇張して賠償せよと騒がないのですか。慰安婦などという胡散臭いものでこれだけ騒いで軍人の名誉の死には黙るんですか?
まあそれにしても日本人に比べ著しく死者が少ないです。
やはり日本はすごいです。一番大変でやりたくない仕事はほとんど日本人がやったのですから。
日本人軍人は150万人が亡くなっています。韓国は二万数千では全然バランスがとれていません。実際の戦死者数がこれだけ違うのでは貴方のご意見はあまり説得力がありません。大事なのは実際の戦死者数です。
ご回答ありがとうございました。反論する形になって申し訳ありません。
投稿日時 - 2018-08-12 06:40:17
  • 回答No.6

ベストアンサー率 24% (1520/6180)

 戦後の占領政策により、日本人には自虐史観が広まり、今も脱却できていません。アメリカは重大な戦争犯罪を隠蔽するために「戦前の日本は全て悪で、その罰として原爆を落とされたのだ」というプロパガンダを繰り返しました。今も撤回はしていません。(オバマ前大統領は広島でメッセージを述べましたが、謝罪はしていません。)

 コリアはアメリカのプロパガンダに便乗しているのです。日本が戦争責任を一方的に受け入れたから、そこに付け込んで史実を無視するだけではなく、新たに捏造してでも日本から金品を奪おうとしているのです。

 ちなみにシナは英米仏独露に領土を奪われていたにも拘わらず、交戦国でもない日本に対して抗日運動を今も続けています。やはり日本が敗戦のショックから立ち直っていないのを利用しているのです。
お礼コメント
4237438

お礼率 100% (2636/2636)

>コリアはアメリカのプロパガンダに便乗しているのです。日本が戦争責任を一方的に受け入れたから、そこに付け込んで史実を無視するだけではなく、新たに捏造してでも日本から金品を奪おうとしているのです。

同感です。韓国は日本をやっつけたい。でも日本は韓国より進んでいる。くやしい。難癖をつけお金をふんだくってやれ。日本の悪評を流し日本の評価を下げろ。どんどん下げろ。捏造でも何でも構うものか。こういう調子ですね。
ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2018-08-11 17:21:31
  • 回答No.5

ベストアンサー率 29% (4928/16844)

他カテゴリのカテゴリマスター
>まずレーダーの開発が遅れたこと

これはしょうがないですよ。たまに「八木アンテナガー」という人がいるけれど、あれはあくまでアンテナだけで部品の話に過ぎません。アンテナを立てれば携帯電話が快適に使えるわけではないのと同じです。
レーダーは無線などの通信技術のひとつで、通信機器というのは精密機器だったので当時の日本の工業力では質の高い通信機器は作れなかったのです。その技術を持っていたのは当時でもアメリカとイギリスとドイツだけ。ソ連でも作れなくて、ソ連はアメリカから通信機器を輸入していました。しかも当時の日本の工業力はソ連以下でしたからね。

>暗号を解読されていたことに気が付かなかったこと

これもまあナチスも暗号機エニグマが解読されているとは気が付かなかったですからね。面白いのは一説によると、ドイツの秘密情報が漏れていたのはエニグマが解読されていたのではなく、本当はイギリスがドイツ軍に張り巡らせたスパイ網による情報だったというのがあります。でもそうすると誰が裏切り者だったのかがバレるといけないので、暗号機を解読したという体裁にしていたという話です。
暗号が解読されていた以上に痛かったのは、アメリカ軍に「日本人はスケジュールをキッチリ守る」っていうのを見抜かれていた点です。イタリア軍が「6月20日に空襲」なんて分かっても、それを守るかどうかなんて分からない。でも日本軍は「6月20日に空襲」と決めたら何が何でも6月20日に空襲してくるんです。だったらその日に合わせて待ち伏せればいいじゃない?「日本人は一度決めたことは何が何でもやろうとするし、修正もしない」ってバレてたんです・笑。

>我々の先祖が馬鹿だったことはほかにもあります

はたして本当に「先祖がバカ(で僕らは違う)」なのか。
山一証券の破綻、東芝の(実質的な)破綻、福島第一原発事故における東電の対応、日本大学の問題、などなどの日本の組織の失敗を見ると、その「全て」が太平洋戦争にあるといっても過言ではありません。
「決断できない上層部」「責任取らない上層部」「そのツケを押し付けられる現場」「理不尽な命令で犠牲になる末端」どれもがどこかで現在進行形で存在しているでしょ?
日大アメフト部のあの青年なんて、特攻を強いられた若者と何ひとつ変わらないですよ。

もはや古典的名著といってもいい「失敗の本質」という本を読むといいですよ。
https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%81%AE%E6%9C%AC%E8%B3%AA%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D%E3%81%AE%E7%B5%84%E7%B9%94%E8%AB%96%E7%9A%84%E7%A0%94%E7%A9%B6-%E4%B8%AD%E5%85%AC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%88%B8%E9%83%A8-%E8%89%AF%E4%B8%80/dp/4122018331
お礼コメント
4237438

お礼率 100% (2636/2636)

二度目のご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2018-08-11 15:13:53
  • 回答No.3

ベストアンサー率 29% (4928/16844)

他カテゴリのカテゴリマスター
>日本軍兵士たちは、南方戦線でマラリアに苦しんだり、飢え死にしたり、地獄のような日々を過ごした。

それは日本軍の上層部がバカだったからで、自慢げに書くことではないです。「日本企業に就職すると過労死するまで滅私奉公を強いられる」って自慢するようなもんです。

>一方、ナチスドイツはブルガリアなどからドイツ人と同じように召集してともに戦わせた。

徴兵ではなく、「義勇兵」という形での募集でした。しかも対象はアーリア系だけです。だってナチス党は国粋主義だもん。誇るべき自分たちの軍隊に彼らが格下に見ている民族が混じるのは潔しとはしなかったのです。
ナチスはオランダやデンマークなどのアーリア系が多く住む占領地域でも義勇兵を募集しました。ただ言葉の問題があるので(必ずしも彼らがドイツ語を理解しているとは限らない)あまり積極的ではなかったようです。

あっちの人たちは熱しやすく冷めやすいので、何かカッとなると見境なくなってしまうところはありますね。
お礼コメント
4237438

お礼率 100% (2636/2636)

>それは日本軍の上層部がバカだったからで、自慢げに書くことではないです。「日本企業に就職すると過労死するまで滅私奉公を強いられる」って自慢するようなもんです。

我々の先祖が馬鹿だったことはほかにもあります。
まずレーダーの開発が遅れたこと。
暗号を解読されていたことに気が付かなかったこと。
カミカゼや万歳突撃も評価が分かれますが、愚かだと言う人もいます。
日本軍は当時まだ一流国になり切っていなかったのでしょう。
ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2018-08-11 12:35:36
  • 回答No.2

臨時召集令状、いわゆる赤紙を誤解してる人が多いです。
赤色の召集令状は「原隊に復帰しなさい」という命令書です。つまり20歳で徴兵されて2年間の兵役を終えて社会復帰していた人を、元の所属部隊へ呼び戻す手続きのことです。
ですから兵役を経験していない素人を、いきなり兵隊に仕立てて戦場へ送り込んだわけではありません。
兵役を経験していない人をあらためて徴兵する場合には、別の手続きがありましたし、新兵教育を施してから前線へ送りました。

そして朝鮮における徴兵もありました。が、始まったのは昭和18年からで、わざわざ徴兵しなくても希望者が殺到して、むしろ選別しなければならない状態だったとか。
また、それ以前にも希望すれば志願兵として入隊できたし、学業成績が優秀ならば士官学校への入学も許されていました。

ですから戦後、今に至るまで賠償を求め続けるなんて、まったく身勝手もいいところなのです。
お礼コメント
4237438

お礼率 100% (2636/2636)

>ですから戦後、今に至るまで賠償を求め続けるなんて、まったく身勝手もいいところなのです。

ご賛同ありがとうございました。特別扱いしてもらい、落盤事故などに遭った若干名の犠牲者を除き全員が帰還した。この特別扱いにコリアンは感謝すべきです。それを70年以上経ってまだ賠償だと。コリアンは狂っています。
投稿日時 - 2018-08-11 10:53:05
  • 回答No.1

ベストアンサー率 24% (617/2473)

他カテゴリのカテゴリマスター
日本が韓国に併合されて、戦争に巻き込まれて、あなたが強制労働させられた場合、賠償を要求しないのですか?

私ならします
お礼コメント
4237438

お礼率 100% (2636/2636)

いい点に目をつけてくれました。
もし日本が韓国に併合されたら韓国はかならず日本人を召集し、弾除けにつかっていただろうと思います。あの民主国家アメリカでさえ、日本人部隊の戦死率はトップだったんです。日本はそれをしなかった。素晴らしい国です。そのような先祖を誇りに思います。アメリカが日本人二世たちを炭鉱で働かせたらほとんどがしんどい思いをしたでしょうが、ほぼ全員が無傷で帰ってどれだけ家族が喜んだでしょう。貴方の思考は健全な日本人の思想ではないです。でもご回答には感謝いたします。
ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2018-08-11 10:47:53
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ