• ベストアンサー
  • 困ってます

アルミの加工について

普段はNCによる樹脂の試作をしているのですが、今回アルミの加工をする事になりました。 樹脂加工ではエアブローでキリコの除去をしていたのですが、アルミの場合は切削油を使用しないと加工は無理でしょうか?必要な場合どういった切削油を使えばよいでしょうか? またA-2011が一番切削性が良さそうですが、そのデメリットなどはないのでしょうか? よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1384
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

一般的にアルミは強度が高いほど切削性は良いです。2000番代以上であればドライカットも可能だと思いますが、強度が上がる分は切削抵抗は当然増えるので刃物は強いに越した事は無いですね。 ドライカットは出来るにしても、加工内容によっては熱の発生による歪が懸念されます。 加工熱を抑えるには切削油を使うのが手っ取り早いですね。 重切削などをしない限りは大丈夫かなーとは思います。(こればっかりはやってみないと・・) 1000番代等は軟らかく削るのは楽ですが切削油無しだと溶着(溶けたアルミが刃先に付着)してしまい、結果的に刃物の損傷に繋がります。 また、軟らかいので傷や凹みが直ぐ出来ます。 安価ですが・・・。 逆に言えば切削油を使うのであれば、どのアルミでも簡単に削れるでしょう。(用途に合わせて選べば良い) バイクのカスタムパーツ等にはA2017やA5052がよく使われていますね。 A7075に至っては鉄並みの強度を誇ります(でも全然簡単に削れます ) 参考に・・↓ http://www.daikei-s.com/select/material.html バイク関係ではありますが・・↓ http://www.babyface.co.jp/materialaluminum.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 熱による歪みは樹脂加工では殆ど考えてなかったので、そういった事を考えつつ加工方法などを決めていきたいと思います。 切削油はドライ加工では結果が良くなかった時に使用を考えてみようと思います。 材料は加工しやすい物が良いのですが、耐食性やアルマイト性、硬度など考えると相手の要望を聞いて判断しないとだめそうですね。

関連するQ&A

  • アルミ加工について

    今まで樹脂の加工を専門にやってきたのですが アルミの加工を相談され困っています。 形状は10mmの板圧にボスが立ったり、穴加工 があったりと簡単な形ではあります。 設備はファナック製のロボドリルを使用している のですが、専門が樹脂のためクーラントはエアーブロー のみです。 簡単な加工を一つ取ってみても、アルミ加工に切削油 なしでは不可能なのでしょうか? とりあえずは今の設備で色々と試してみようかと思っては いるのですが、少しでもアドバイスが頂けたらとココに 投稿してみました。 よろしくお願いします。

  • 真鍮を加工する時の切削油

    みなさん こんにちわ 近々、NC旋盤で真鍮を加工するのですが、切削油はどうゆう物を使用したら良いのですか? ちまみに現在はアルミを加工していて水溶性の切削油を使用していまが、同じ切削油では加工出来ないでしょうか?                  よろしくお願いします。

  • アルミの切削油残渣

    アルミ加工において切削油の選定について教えて下さい。 当方は初心者です。 現在、私どもは以下の条件で加工を行っています。  ・アルミのNC旋盤加工  ・不活性型不水溶性の切削油(非塩素系)  ・給油方法はミスト噴射 当方は、切削面に残る油の残渣を限りなくゼロにしたいと考えています。 (ドライ加工、加工後の洗浄は避けたい) 含有物が少ない切削油を選定中ですが、良くわかりません。 当方の条件に合うようなものがあれば、お教え下さい。 尚、優先度は 不水溶性>>>水溶性  以上、よろしくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

 樹脂をエアーブローで加工されているのであればアルミの加工もその要領で為さればよいでしょう。  アルミは刃先に構成刃先が付着し易いので刃物の二番刃付けが大きい工具を使用すべきです。  2011はアルミの仲で最も加工性の良い材種であり強度も強い方ですが耐食性はアルミの中で最も悪い方です。アルマイト性も良く無く白色アルマイトは無理です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございます。 エアブローで加工する方向でいこうと思います。 材料は相手先の要望も考えて決めたいと思います。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

> 樹脂加工ではエアブローでキリコの除去をしていたのですが、アルミの場合は切削油 > を使用しないと加工は無理でしょうか?必要な場合どういった切削油を使えばよいで > しょうか? 現在ではドライ加工可能です。 "アルミ ドライ加工"で検索すればgoogleで517件ヒットします。 DCL、ダイヤコートがキーのようです。 加工中の加工部からの排出はエアブローで良いですが、その後のたとえばパレット上からコンベアーまで落ちず、問題発生します。 対策品として、たとえば大昭和精機にATC可能で、主軸を回転させアルミの切粉を吹き飛ばす羽(停止時はたたまれる)が有ります。 クーラント使用する場合はメーカに確認し被削材に変色、染みが出来ない物を選ぶ必要が有ります。 またコンベアーに付いたら離れにくく(軽いので自然落下しない)対策が必要です たとえばアルミ対応のコンベアーとか出口でのエアブローが必要です。 またタンクで切粉に泡が絡み浮いたり水中に漂い、鉄系のように沈殿せずポンプの吸入口に詰まりトラブルの元になります。 以上の事からドライ加工をお勧めします。 > またA-2011が一番切削性が良さそうですが、そのデメリットなどはないのでしょうか > ? アルミに限りませんが切削性の良い物は強度が落ちます、部品として強度を保てれば問題ないんじゃないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

GALLY様、すばやい回答ありがとうございます。 ご提供いただいた情報を元に対応を考えたいと思います。 お忙しい中での回答・情報に感謝いたします。

関連するQ&A

  • 切削油を使用しない加工方法

    アルミ(A6061)の鍛接品のマシニング加工において、切削油を使用しない加工方法を探しています。 理由:切削油を使用した製品を後工程(熱処理)に回すと、鍛接された部分に油が入ってしまって黒く焦げた状態になってしまい、これをなくしたい。切削量は5mmくらい。ワーク寸法は1500*1500*1000くらい 小生でも調べてみましたが、エアーブローぐらいしかわかりませんでした。 切削油に代わる加工ツール又は加工方法(湿式、乾式どちらでも可)をご存知でしたら、ご教授ください。 すいません、言葉足らずでした。 要は油をあまり使いたくありません。 湿式でも、水とかアルコールとか油を使わない加工方法があればご教授ください。

  • 純アルミのネジ加工について

    あまり知識がなくてすみませんが、純アルミのM16ネジ加工ですが 加工は出来るのでしょうか?φ16長さ120mmで両端がM16中心が大きなRで細くなっている加工です。 角ものから丸にするだけで、困っています。 適当な工具・切削油・条件・など、どんな情報でも教えて下さい、参考にします。宜しくお願いします。

  • アルミ加工用の切削液

    アルミ(YH-75)材の加工を複合旋盤にて旋削しておりますが、切削バリが残ってしまいます。また測定顕微鏡の100倍で観察すると青黒く焼けているようにも観えます。切削液にて対応することが出来ないでしょうか? 現在タイユ(株)のハイチップNC-10を使用しています。切削チップはダイヤです。

  • アルミ面に傷のつかないドリル加工は?

    アルミの板に貫通穴を開けたいのですが ドリルのキリコで穴の周りに丸く傷がついてしまい 対処方法を探しています。 ワーク:アルミ63S 形状:t20の板 穴径:Φ3.4(M4タップの下穴) 工具:OSG EX-SUS-GDR 切削条件:VC=40>S3700      f=0.1>F370      G83 2~4mmのステップ加工        (ステップ量を変えても効果なし)      水溶性切削油スピンドルスルー 機械:立型マシニングセンタ 今までは加工面にシールを貼って対処していました。 今回は穴がワークの淵にありクーラントの勢いではがれたりしてしまます。 シール無しでも傷のつかない加工方法はありますか? よろしくお願いします。

  • PPS樹脂加工について

    PPS樹脂加工時には、切削油かけても大丈夫ですか? それとも、エアー切削が良いですか? ちなみに、穴あけと、エンドミル加工です。

  • アルミ加工の切削条件

    樹脂の加工をメインにしております。 今回、初めてアルミの加工をマシニングにてすることになったのですが、 既にエンドミルを数本折ってしまっています。 加工内容は、2ミリの角材パイプに穴などを切り抜くといった単純な加工です。 切削条件としては、2ミリのエンドミルで回転数9000(MAX10000回転)、 送り速度200~350、切り込み量は0.3mm~0.4mmです。 樹脂に比べて慎重にやってるつもりですが、それでも途中で折れてしまうことがあります。 エンドミルは樹脂用の超硬を使用しています。 最終的には上記の条件で大丈夫だと思ったのですが、一時間くらいしたら やはりエンドミルは折れてしまいました。 よろしければ加工条件にアドバイスを下さい。 どうぞよろしくお願いします。 補足ですが、クーラントはエアーのみで切削油が使える仕様ではありません。 仕上がり具合もきれいとは言えず、バリもかなり出てしまいます。 アルミ製品のバリの仕上げ方法も合わせてご指導いただければ助かります。

  • アルミ加工用の切削油

    アルミの押出材の加工用の切削油を探しています。 重視項目として ・水溶性のタイプ ・臭いが少ないこと ・交換頻度がなるべく少ない方がいいです ・アルミが変色しないこと コストはあまり気にしません。 お勧めの物がありましたら、 メーカー名、型番、アドレスなどを教えてください。 よろしくお願いします。 もう一つ、アドバイスをお願いします。 被素材に関係なく以下の重点項目でお願いします。 水溶性で、 1.臭いが少ない事 2.製品に付いた油の処理が容易な事 3.切削油の交換頻度が少ない事 価格、コストは気にしません。 よろしくお願いします。

  • アルミ材加工時の変色について

    フライス等で大型のアルミ加工物の表面をさらう時に、刃物のトレースの境に黒く変色しているものが有ります。恐らく刃具の摩耗や切削油、送り速度によって変わると思うのですが、いったい黒い部分は何でできているのでしょうか?また、このような変色を100%かそれに近いレベルで抑えることは可能なのでしょうか?

  • アルミ加工について

    アルミ材(A6N01)の引き抜き材端面の加工を正面フライスで行いたいのですが、切削液を使用せずに加工できる方法はありますでしょうか?

  • ZK60の加工

    ZK60(Mg)の加工依頼を受けたのですが 現状での実績がありません、どなたか加工事例の ある方がいらっしゃいましたら、 条件等をアドバイスいただきたいのですが・・・ また発火等の危険性はいかがでしょうか? 加工機は水溶性の切削油を使用しています。 加工自体は3D加工で加工いたします。 加工後のキリコなんかはどのように処理すればよいかも出来ましたら教えていただきたいのですが