• 締切済み
  • すぐに回答を!

アルミ面に傷のつかないドリル加工は?

アルミの板に貫通穴を開けたいのですが ドリルのキリコで穴の周りに丸く傷がついてしまい 対処方法を探しています。 ワーク:アルミ63S 形状:t20の板 穴径:Φ3.4(M4タップの下穴) 工具:OSG EX-SUS-GDR 切削条件:VC=40>S3700      f=0.1>F370      G83 2~4mmのステップ加工        (ステップ量を変えても効果なし)      水溶性切削油スピンドルスルー 機械:立型マシニングセンタ 今までは加工面にシールを貼って対処していました。 今回は穴がワークの淵にありクーラントの勢いではがれたりしてしまます。 シール無しでも傷のつかない加工方法はありますか? よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数824
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

参考までに。 A6063ですか。ネバイですね。非常に巻き付きやすい。 送りを上げて若しくはステップ量を増やし、キリ粉を太くする。 カタログ条件通り3Dで加工してみてください。 G73も有効でしょう。 溝長も重要ですね。GDRの新品であれば問題ないでしょうが。 センタ-ドリルorリ-ディングドリルを位置決めに 使用されておられると思いますが、最初の進入時の食いつきで ドリルにキリ粉を巻き付かせる原因にもなります。 あとはスピンドルスル-を上手く活用すべきでしょう。 ?について  リ-ディングドリル135°がお勧め。何故なら先端が先に当たるので。  センタ-ドリルorリ-ディング90°なら刃が先に当たってしまう。  この加工状態のハイスピ-ドカメラで撮影された動画を見る機会があったが  相当先端が振れながら入っていく様子があった。  この時、キリ粉がイタズラする可能性がある。 ?について  ?と複合的に考えて使用するの意。  ステップ&切り込み量を調整してみる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

アドバイスありがとうござます。 ?送りを少し上げて試してみようと思います。 ? 「センタ-ドリルorリ-ディングドリルを位置決めに  使用されておられると思いますが、最初の進入時の食いつきで  ドリルにキリ粉を巻き付かせる原因にもなります。」 ・・・確かにセンタもみをしていますが、無い方がよいということでしょうか? ? 「スピンドルスル-を上手く活用」 ・・・というのはどういうことでしょうか?

関連するQ&A

  • アルミの加工について

    普段はNCによる樹脂の試作をしているのですが、今回アルミの加工をする事になりました。 樹脂加工ではエアブローでキリコの除去をしていたのですが、アルミの場合は切削油を使用しないと加工は無理でしょうか?必要な場合どういった切削油を使えばよいでしょうか? またA-2011が一番切削性が良さそうですが、そのデメリットなどはないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • アルミ加工のドリル選定で悩んでいます

    私の職場ではアルミの鋳物、削りだし加工をメインで行っています。 これまでドリルはノンコーティングハイスを使用していました。 多品種少量生産のため寿命は問題ありませんが、そのつどセットするのと頻繁に再研磨するのが面倒なためよく使うドリル(M5,M6,M8ネジ下穴、バカ穴用など)のみ機械ごとにセットしたままにしておくことを検討しています。 その際のドリルとしては長寿命かつ高速で加工できるようなものがよいのですがなかなかこれだと思えるものがなく悩んでいます。 条件としては 横型マシニングセンタ(最高回転数6000) 切削油は油性もしくはミストでセンタースルーも可 ワークはA2017,A7075,AC4Bがメイン、稀にADC12 加工穴深さは4D程度 加工穴数は年間2000~3000 最低でも1年間は交換なしで使用したい メーカーは問いませんができれば大手メーカー できればノンステップで加工したい 切削油が水溶性でないのがドリル加工の際のネックですが、以上の条件に合うドリルをご存知の方いらっしゃいましたら教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • アルミ加工について

    今まで樹脂の加工を専門にやってきたのですが アルミの加工を相談され困っています。 形状は10mmの板圧にボスが立ったり、穴加工 があったりと簡単な形ではあります。 設備はファナック製のロボドリルを使用している のですが、専門が樹脂のためクーラントはエアーブロー のみです。 簡単な加工を一つ取ってみても、アルミ加工に切削油 なしでは不可能なのでしょうか? とりあえずは今の設備で色々と試してみようかと思っては いるのですが、少しでもアドバイスが頂けたらとココに 投稿してみました。 よろしくお願いします。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

せっかくスピンドルスルーの機能がついているのに 勿体ないです。 ハイスドリルでのステップ加工では、上げ下げして いるときに噛み込むかもしれませんね。 油穴付き超硬ドリルでノンステップで一気に穴を加工 すれば大丈夫でしょう。 一本持っていれば、量産加工でなければ寿命も長いし、 加工時間も短縮できるし、十分ペイできると考えます。 追記) 壊れたカッターはその後どうなりましたか? φ3.4で板厚t20 → L/D=6.5 5D用または6D用のドリルで、なんとか対応できるでしょう。

参考URL:
http://www.mitsubishicarbide.com/mmc/jp/product/pdf/b/b040j.pdf http://www.mitsubishicarbide.com/mmc/jp/product/pdf/b/b1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

超硬油穴付きドリルでノンステップで解決とは・・・ 今回は4穴/1ワークで35ワークです。 ドリルは1本1万円弱くらいですかね・・・ 今後のためにも検討してみます。 壊れたカッターは・・・ コスト的に修理せずそのままです。 チップは材種S40TでノーズR1.6のPMプレーカーがありまして 欠損はそのチップで解決できたのでそれでなんとか使ってます。 ご心配ありがとうございます。 三菱のMNS0304LBを購入して加工しました。 条件は以下の通り VC:80>S7500 f0.15>F1125 フリーダイヤルのおじさん曰く・・・ 「このドリルはアルミでも鋳物系向けなので  63Sのキリコ処理目的には効果が得られないかも。  ちなみにΦ3.4は油穴は2つ」 という意見も理解したうえで購入。 確かにノンステップではキリコは分断されずドリルに巻きついたりしました。 f0.2でも解決せず。 G83でステップを入れて調整、 Q2mmで表面の傷が少なくなったのでそれを採用しました。 一つ私の不手際があったのは、センタースルーでもコレットがシールされていない物を使ったことです(コレットの割れ目から漏れる) 今後シールされているホルダーを買って試してみようと思います。 結果としてはハイスドリルの時より加工時間が短くなったのと まだ改善の余地があるという点でとても満足しています。 アドバイスありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

R点はどこですか Qはいつも1mm でした φ3以下は0,5 ちなみにR3でやってました

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

R点は3mmです。 ステップ量が2~4mmではまだ大きいということですね。 Q1mmくらいで試してみます。

関連するQ&A

  • アルミの小径深穴加工について。

    アルミの穴あけ加工をしているのですが構成刃先に困ってます。 アルミに3φの穴を深さ20?あけます。 使用機械はBT40主軸、max6000回転のマシニングセンタです。 一つの製品に3φ深さ20?の穴が10個あり、それを3000個ほど加工しなくてはいけません。 センタースルーがないので外部給油です。 切削油は水溶性のカストロールシンタイロ9902を使ってます。 ドリルはミスミ製のTAC-ESDRA3.0と、タンガロイ製DMX0300FLを数本購入して、条件を変えながらテストをしています。 加工条件はS5000F700ノンステップ加工です。 G73で5ミリステップやG83で5ミリステップなどいろいろ試しましたが10穴終わってドリルを見ると見事に構成刃先になってしまいます。 なるべく穴に切削油がかかるように調整してやっているのですがうまくいきません。 おすすめのドリルや切削条件等教えてください。

  • AL5052のタップ加工のついて

    リジットタップサイクルにてタップ加工をしているのですが、当初OSGのアルミ専用のタップを使用していましたがムシレが頻発し使用不可でした。同社SUS用で加工するとムシレは起こらないがキリコ詰まりによるタップ折れがたびたび起こります。 周速を落とせば加工可能なのですが、周速を25メートル以上落としたくありません。タブレットも試しましたがワーク表面の膨れが発生し使用不可でした。 とまり穴、通し穴ともに同じ傾向にあります。 ちなみに機械は森精機製SV-50及び日立精機VS-60で、切削液は、水溶性(ケミクール)を使用しています。何かよいタップがあれば教えて下さい。 現在はOSGのSUSPOT・SUSSFTで急場をしのいでいます。

  • アルミの保護シール

    以前よりアルミの部品加工をやってきましたが、先日の受注ではアルミの保護シールを剥がずに加工し、納入する事を強く要求されました。これまではそれをやろうとすると、剥がれかかったシールとワークとの間に、切りくずが切削液といっしょに挟まって面取りをしにくく、取り除くのに時間がかかってしまいました。シールを剥がさず、きれいに仕上げる方法を教えて下さい。 ワークの大きさはt10x500x1500からt20x80x130と様々で、貫通穴や割加工があります。宜しくお願いします。

  • PS1/8 タップ加工について

    SS材でPS1/8の加工ですが、うまくいきません。40番の機械を使用し、切削油はエマルジョンで濃度は15%です。下穴は8.5 タップはOSGのホモ処理のハンドタップを使用しています。タップ深さは10mmです。 160ケ加工し3本タップが折れました。またネジの山が飛ぶものも発生します。タップの周速は3mでS100で加工してます。リジットタップ加工です。OSG製のノンコートのスパイラルタップで加工すると、数個はきれいに立ちますがすぐにむしれたり、山トビ、山が全体につぶれ(内径が9.2程になる)等が発生します。 PT1/8は毎回きれいにタップは立ちます。タップ加工前にドリルのキリコが下穴にたまっているわけでもありません。タップに若干キリコが巻いているときもありますが、わずかです。切り屑が原因なんでしょうか? アドバイスの程、お願い致します。

  • SUS304のタップ加工について!

    ワークの材質は、SUS304です。M3タップ(止まり穴・1ワークに10穴)を深さ10mm加工するのですが、切削条件が分かりません。現在の使用工具は、OSG社のSUS-DH-SFTホモ処理仕様のスパイラルタップで、下穴のドリルは、同じくOSG社のEX-SUS-GDRの2.6φを使用しています。どうしてもタップ折れ等のトラブル怖くて、規定の深さまでタップを入れることを、ちゅうちょしています。また、1本のタップで何個のタップ加工が出来るのかも分かりません。やはりロールタップを使用するのもいい方法なのでしょうか??素人なので皆様の良きアドバイスをお聞かせ下さい。宜しくお願いします!!

  • アルミ系切削油に強い(耐油性の良い)シール材はあ…

    アルミ系切削油に強い(耐油性の良い)シール材はありますか? お世話になります。 以下のような条件で、加工設備の内部に切削油が入らないように,t=2mm程度の鉄板で鋳物のボディーを被っているのいるのですが、鋳物と鉄板のスキマから、切削油が浸入してしまい、設備の重要機構部に悪影響を与えております。スキマをフッ素スポンジで埋めたのですが、密着性が良くなく、内部に浸入してしまい困っています。ペースト状で耐油性の良好なシール材をご存知でしたら、教えていただけないでしょうか? 設備:機械加工設備 用途:切削油浸入防止カバーのスキマを埋める 切削物材質:アルミ系 切削油:カストロール アルマレッジFA 5%希釈 ・アルマレッジFA成分  ?鉱油 50~60%  ?非イオン系界面活性剤 15~25%  ?アニオン系界面活性剤 10~20%  ?油性向上剤 5~10%  ?防腐剤 1~5%  ?消泡剤 1%以下

  • 真鍮を加工する時の切削油

    みなさん こんにちわ 近々、NC旋盤で真鍮を加工するのですが、切削油はどうゆう物を使用したら良いのですか? ちまみに現在はアルミを加工していて水溶性の切削油を使用していまが、同じ切削油では加工出来ないでしょうか?                  よろしくお願いします。

  • ドリルについて

    ドリル加工のスピードを上げて行きたいのですが、なかなか良いドリルが見つかりません。 皆さんは、どのような物(メーカー、品名)をお使いなのでしょうか? ドリル径はΦ0.5~Φ13位まで使っており、基本的にはリーマのした穴加工です。 切削時に使用しているのは、エアーブロー又は切削油です。 深さはまちまちです。ワーク材質も異なっており、S50C、NAK80、NAK55、STAVAXなど使っています。 オールマイティーなドリルが理想的でありますが、ワーク毎に使い分けることも考えておりますので、アドバイスをお願いいたします。

  • 純アルミのネジ加工について

    あまり知識がなくてすみませんが、純アルミのM16ネジ加工ですが 加工は出来るのでしょうか?φ16長さ120mmで両端がM16中心が大きなRで細くなっている加工です。 角ものから丸にするだけで、困っています。 適当な工具・切削油・条件・など、どんな情報でも教えて下さい、参考にします。宜しくお願いします。

  • 長ナット加工について

    材料 SUS304 六角材 平径8mm 長さ2800mm 品名 M 5×0.8×8×25 カップリングナット 品名 M 5×0.8×8×30 カップリングナット 機械名 高松X-100 油種 水溶性 ドリル OSGさんの、EX-SUS-GDR Φ4.2 使用 キリコを除去する為、全高 25 or 30mm の下穴をドリル加工時、半分の12.5 or 15mmで 一度、ドリルを抜いた方が良いのか、一発で加工した方が良いのか、どちらが 正解なのでしょうか? 切削条件は、S1000 F0.05 で 良いでしょうか? ご教授、お願いします。

専門家に質問してみよう