• ベストアンサー
  • 困ってます

アルミの小径深穴加工について。

アルミの穴あけ加工をしているのですが構成刃先に困ってます。 アルミに3φの穴を深さ20?あけます。 使用機械はBT40主軸、max6000回転のマシニングセンタです。 一つの製品に3φ深さ20?の穴が10個あり、それを3000個ほど加工しなくてはいけません。 センタースルーがないので外部給油です。 切削油は水溶性のカストロールシンタイロ9902を使ってます。 ドリルはミスミ製のTAC-ESDRA3.0と、タンガロイ製DMX0300FLを数本購入して、条件を変えながらテストをしています。 加工条件はS5000F700ノンステップ加工です。 G73で5ミリステップやG83で5ミリステップなどいろいろ試しましたが10穴終わってドリルを見ると見事に構成刃先になってしまいます。 なるべく穴に切削油がかかるように調整してやっているのですがうまくいきません。 おすすめのドリルや切削条件等教えてください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数468
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

・カストロールシンタイロ9902 ・ミスミ製のTAC-ESDRA3.0 ・タンガロイ製DMX0300FL と記載下さっても、結局回答者はそれらの素性をネットやカタログで 調べる必要があるますので、もう一工夫説明を加えて下さるとありが たいです。 クーラントは潤滑性に乏しいソリューブルなのが先ず良くありません。 エマルションに交換してほしいのですが、無理な話ですね? 次にドリルですが、コーテッドドリルは溶着しやすいのでアルミ加工 専用のドリル(刃先がシャープで溝をピカピカに磨いてある)にして 下さい。おそらくミスミさんにも有ると思います。 アルミ加工用ドリル例 http://www.mitsubishicarbide.com/mmc/jp/product/pdf/b/b135j.pdf http://www.mitsubishicarbide.com/mmc/jp/product/pdf/b/b040j.pdf 何れも穴付きですが、溝長が30mm以上あるので、外部給油でも十分使用 できると考えます。 回転速度は6,000min-1まで上げたいのですが無理ですか? (切削速度が遅いと溶着の一因となる) 送りは0.1mm/revとして、回答(2)さんご指摘の深穴サイクルを用いてで、 5mmステップぐらいでいけるでしょう。 ところでアルミの材質は何ですか。 回答(1)さんが挙げられているDLCコーティングは、アルミ鋳物、アルミ ダイキャスト以外であれば溶着防止に有効です。 但し、溝長19mmで20mmの量産穴加工を行うことは、かなりリスキーと 思います。 小径深穴加工なので、ドリル先端の振れを0.1~0.2mm以内にセットする ことも不可欠です。 回答記載中に回答(1)(2)さんにコメントが入っていました。 DLCコーティングで成功することをお祈り申し上げます。 PCの調子が悪く、回答(1)さんのご推奨ドリルのPDFをようやく閲覧 できました。 質問者さんご使用のマシニングセンタでは、超硬+DLCドリルにおける 回転速度(切削速度)が低すぎます。 幸い、ハイス+DLCドリルもラインナップされており、そちらは溝長 33mmであり、ステップ加工で十分対応できそうです。 素晴らしい行動力に頭が下がります。 ADC12ならば工具摩耗も問題となるのでソリューブル→エマルション へのクーラント交換は大正解です。 回転速度6.000-8000min-1 送り  0.10-0.12mm/rev(巣穴が怖いので送りは控えめです) ノンステップでもいけそうですが、念のため5-8mmでステップを いれてみては如何でしょう。 あと、今まで6,000min-1までしかご使用してなかったのであれば、 念のため一度、6,000→6,500→7,000→7,500→8,000min-1と、 40-60分ずつ慣らし運転を行うことをお勧めいたします。 (それでも主軸ベアリングが焼付いたら申し訳ございません)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます。 昨日もいろいろとやってみましたが相変わらずうまくいきません。 クーラントはカストロールのアルマレッジ230を注文しました。 月曜に届くので交換してみます。 http://www.kataesekiyu.jp/parts/single-catalog/suiyou/Almaredge%20230.pdf 今までは型彫りに使っていたマシニングなのですが、半年くらいはこの製品加工が続きそうなので交換することにします。 あと、マシニングの回転数ですがMax8000でした。 いままで6000回転までしか回したことがないので6000だと思い込んでました。 材質は、ADC12 アルミ鋳造品です。 昨日、ちょうど三菱マテリアルの人が会社に来たのでいろいろと相談したところスーパーバニッシュドリルMAS0300LBを勧めまれました。 http://www.mitsubishicarbide.net/mmc/ja/drilling/10000485/20070568 サンプルをもらえそうなので来たら試してみたいと思います。 こんにちは。いろいろとありがとうございます。 今日、偶然にもほかの人が頼んだアルマレッジ230が届いたので横取りをして、クーラント交換しました。 切削油タンクがドロドロだったので綺麗に掃除したら半日終わりました・・ 10倍希釈で入れました。 やはり切削性は全然ちがいますね。 いままでドリルが入っていくときの「キュゥゥゥゥ・・・・」という音が全くしなくなりました。 溶着はかなりマシになりましたがやっぱりします。 タンガロイのDMX0300FLを使用しました。 http://www.tungaloy.co.jp/ttj/products/catalog/11.pdf 回転数は6000~8000くらいで、送り0.1~0.14くらいでステップ8でいろいろ細かく条件を変えましたがいい結果がでません。 ドリル折れるの覚悟でS8000F1600でやるか迷ってます。 カタログでの送りの最低値が0.2なのです。 DLCコートも試してみました。 ミスミのDLC-ALESDR3です。 http://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/110600229140/?PNSearch=DLC-ALESDR3&HissuCode=DLC-ALESDR3 購入してあったものの、刃長が19?なので怖くてつかっていなかったのですが、S8000F400の5ミリステップで使用しました。 カタログでは切削速度100mの送り0.05です。 穴は問題なくあきます。 溶着はかなりマシになりました。 中心付近に溶着が起こり、肩の近くはほとんど溶着しませんでした。 また、コーティングがいいせいか溶着もすぐにはがすことができます。 しばらくこれで様子を見てみて、三菱のスーパーバニッシュドリルが来たらまたテストしてみます。 主軸は毎日の暖機運転では6000までしかまわしてなかったので8000まで回すようにしました。 8000では結構な音がします・・

関連するQ&A

  • 樹脂の小径穴加工について

    ポリペンコ製のPET300ESDにφ0.4とφ0.07の穴を数千穴あけているのですが、穴の入口付近が溶けて盛り上がった状態になり製品にならず困っています。 問題なく加工できる条件をどなたか教えてください。 ちなみに現在までに試みた加工条件は φ0.4(超硬ドリル) S6000 F100 ステップ0.1? 水溶性切削液使用 φ0.4(超硬ドリル) S35000 F100 ステップ0.05? 水溶性切削液使用 φ0.4(超硬ドリル) S25000 F100 ステップ0.05? 水溶性切削液使用 φ0.07(超硬ドリル) S6000 F50 ステップ0.01? 水溶性切削液使用 φ0.07(超硬ドリル) S25000 F50 ステップ0.01? 水溶性切削液使用 です。 いずれの場合もはじめに書いたように穴の入口付近が溶けて盛り上がった状態になってしまいます。 よろしくお願いいたします。 使用しているドリルはサイトウ製作所(ATOM)の超硬ソリッドドリルです。 もちろん新品を使用しています。 今までの経験ではこのメーカのドリルの切れ味がよかったので主にこのメーカーの物を使用しています。 他に推奨されるメーカはありますでしょうか? よろしくお願いします。

  • アルミ加工のドリル選定で悩んでいます

    私の職場ではアルミの鋳物、削りだし加工をメインで行っています。 これまでドリルはノンコーティングハイスを使用していました。 多品種少量生産のため寿命は問題ありませんが、そのつどセットするのと頻繁に再研磨するのが面倒なためよく使うドリル(M5,M6,M8ネジ下穴、バカ穴用など)のみ機械ごとにセットしたままにしておくことを検討しています。 その際のドリルとしては長寿命かつ高速で加工できるようなものがよいのですがなかなかこれだと思えるものがなく悩んでいます。 条件としては 横型マシニングセンタ(最高回転数6000) 切削油は油性もしくはミストでセンタースルーも可 ワークはA2017,A7075,AC4Bがメイン、稀にADC12 加工穴深さは4D程度 加工穴数は年間2000~3000 最低でも1年間は交換なしで使用したい メーカーは問いませんができれば大手メーカー できればノンステップで加工したい 切削油が水溶性でないのがドリル加工の際のネックですが、以上の条件に合うドリルをご存知の方いらっしゃいましたら教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • アルミ(A5052)に穴加工

    Canon製の小型三次元加工機でアルミ(A5052)に穴加工をしているのですが、切削油はオイルミスト。2~3数秒に1回のペースで霧状のオイルが刃先に向けて噴射されます。あとエアブローは常に刃先に当たっている状態です。 ATOM製のドリルで色んな径(と言ってもφ3.0以下の小径ですが)のドリルで穴を開けたのですが、どうしても穴の入り口側の淵が表面側に盛り上がってしまいます。貫通側に発生するような尖ったバリではありません。 知り合いの加工の仕事をやっている人間に原因を聞いても『出口なら分かるけど入り口側には普通出ないぞ!?』って事で、なかなか理解してもらえません。自分も加工の経験が浅い上に、しかもこんなに小さな穴を相手にするのは初めてなので全く感覚が分かりません。 ちなみに加工条件はカタログの推奨値、もしくは近い値だったり、G83のSとQとFをちょっと変えるぐらいで、むやみに値を大きくしたり小さくしたりはしていません。あとセンタードリルで下穴は開けていて、C0.02ですが面取りも先に施してあります。(穴ピッチが狭いので広く面取りが出来ない) 今まで話し合って出てきた原因(想像の範囲)は ・ドリルの先端角度が広い(使用ドリルは120度) ・芯ぶれで穴を広げているから盛り上がる この2つぐらいです。 分かりにくい説明&文章で申し訳ありませんが、小さな事でも『これが原因では?』と思い当たる方がいらっしゃいましたら、アドバイスをお願いします。 うわ…みなさん本当にありがとうございます!!!! 一人一人にお礼のコメントをしたいのですが、なかなか時間がとれずスミマセン… しかししっかり読ませていただいてます!!本当にありがとうございます!!時間が出来た時に、少しずつコメントを返させていただきます。 参考になります!! 本来加工の職種じゃないので加工経験者のいない職場な上に、社長の意向(←何かと一番厄介)で加工機も最近購入したばかりで色んな器具や工具も無い物だらけ(ドリルも研げません…)で、ちゃんとした加工が出来るようになるまではかなり長い道のりになるとは思いますが… これからもちょくちょくレベルの低い質問をする事があると思いますが、みなさんよろしくお願いしますm(__)m 頑張ります!!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

深穴なんで深穴どり凛夫妻来るが必要 F700/S5000=0.14 なので早い気がします 3ミリ以下は0.05ていしてませんでした 冷やしと構成は先の吹き飛ばしが主なになるので R点まで戻し油圧をかけて吹き飛ばしてください アルミ用ドリル だとまたちがう http://www.youtube.com/watch?v=taF09pvH7Sg

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。 ミスミも、タンガロイもアルミ用のドリルを選定しております。 送り0.14はミスミのカタログ推奨値なのです。 タンガロイは0.2~0.4です。 さすがに送り1000とか怖くて試せません。 いつもSKD61とかSKD11の加工を主にやっているのでF700でもみててひやひやします。 構成刃先になる原因は送り速度が遅いのも一因だとおもって送りは高くする方向でテストしてました。 S5000F500で深穴ドリルサイクルでステップ10で加工したらちょっとマシな感じになりました。 引き続きいろいろ試していこうと思います。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

10穴終わるまでが何とかなっているなら、アルミに強いDLCコーティング   http://www.nachi-fujikoshi.co.jp/web/pdf/2292-3.pdf φ3は溝長が19ながらステップかければいけるはずです。 <穴深さ5Dのノンステップ加工が可能> カタログ記述を超えますが、すでに様々試しておられるから、、、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。 アルミ加工の経験がほとんどなく、ミスミのカタログでアルミの欄に◎がついているドリルを選択したのですが、先ほどミスミの技術サポートに電話したところ、このドリルのコーティングはアルミには適していませんと言われました・・・ なんで◎にしたのか疑問です。 この、NACHIのDLCコートの超硬ドリルはいい感じですね。 ドライ切削も可能と書いてありますので切削液が届かなくても心配なさそうです。早速註文してみました。

関連するQ&A

  • アルミ面に傷のつかないドリル加工は?

    アルミの板に貫通穴を開けたいのですが ドリルのキリコで穴の周りに丸く傷がついてしまい 対処方法を探しています。 ワーク:アルミ63S 形状:t20の板 穴径:Φ3.4(M4タップの下穴) 工具:OSG EX-SUS-GDR 切削条件:VC=40>S3700      f=0.1>F370      G83 2~4mmのステップ加工        (ステップ量を変えても効果なし)      水溶性切削油スピンドルスルー 機械:立型マシニングセンタ 今までは加工面にシールを貼って対処していました。 今回は穴がワークの淵にありクーラントの勢いではがれたりしてしまます。 シール無しでも傷のつかない加工方法はありますか? よろしくお願いします。

  • 純銅の穴加工

    初めて純銅の穴加工をします。 穴径φ2、深サ29ミリ貫通、10度の傾斜部に120個の指示です。 現在、φ1.8スタブドリルでモミツケの後、チタンコーティングの ハイスドリルでステップをさせて加工してます。切削油は、 エマルジョンです。 一応、テストでは1本目で100個ぐらい穴をあけることができたのですが、 実際、加工を始めると60個だったり、30個だったり、一定しない 状態です。 できましたら、条件等、良きアドバイスをいただけたら幸いです。 宜しくお願いします。

  • アルミの加工について

    普段はNCによる樹脂の試作をしているのですが、今回アルミの加工をする事になりました。 樹脂加工ではエアブローでキリコの除去をしていたのですが、アルミの場合は切削油を使用しないと加工は無理でしょうか?必要な場合どういった切削油を使えばよいでしょうか? またA-2011が一番切削性が良さそうですが、そのデメリットなどはないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 深穴加工について

    はじめまして、ステンレスの加工をメインにしています。 4ミリで深さが150ミリ貫通なんですがなかなかうまくいきません。10穴程度で折れます。 ドリルはナチのGロングで加工しています。 切削条件は回転数800(10m)送り0.05ステップ1ミリです。 お勧めのドリルとか条件のアドバイスを宜しくお願いします。

  • 小径深穴加工でお勧めのドリルありますか?

    当工場では、SUS316に穴径1.9~6.0mm 深さ20.0~30.0mm の加工をオークマ製ターレット式NC旋盤でやっているんですが、すぐにドリルが折れたり悲鳴をあげます。(30~50個加工)主軸回転数が最高2000までしか上がらず、水溶性切削油(ソリュブル)を使用していますが、内部給油ではありません。 この条件でもイケるドリルがあったら教えてください。  今、使用しているドリルは、MITSUBISHI KMC2 刃先角度118度ですが、新品のまま使用するとメチャメチャ持ちが悪いのでドリル研磨機で150度に刃先を磨いで使用しています。3.0パイ以下は研磨機で研げないのでグラインダーで手研ぎです。あと1.0~20.0mmまで研磨できる自動式ドリル研磨機も探しています。  NC経験も浅いのでカタログをみてもどの刃物が良いのか解らない始末です。プログラムは、ソコソコできます。  1.9mmのドリルが特に折れるんですが、手研ぎなので刃持ちにバラツキがあるんで困っています。 深さは、25.0mm 加工物はチーズユニオン(T型の継ぎ手)で1個の製品で3箇所に1.9mmのドリルが入ります。センターも打ってます。 プログラムは、OSPで下の様な感じです。 M3S1800 G00 X0 Z23.0 G74 X0 Z-2.0 D2.0 L3.0 E0.3 F0.08 追記ですみません。

  • 銅の深穴加工

    純銅にφ5mm深さ90mmの止まり穴を、月産8000穴あけるとします。 超硬オイルホールドリルと、高圧クーラントを使用し、 油性の切削油で、加工能率を上げることは可能でしょうか。 油性切削油の場合、加工点に切削油が到達しにくいと聞いたことがありますが、 水溶性の切削油を使うと、銅の変色が激しいため、出来れば油性の 切削油を使いたいと思います。 また、銅の加工の場合、ハイスはすぐにへたってしまうので、 工具材種は、超硬が必須です。 この方法は、現実的でしょうか? また、高圧クーラントはどれくらいの圧が必要でしょうか? 高圧クーラントの加工設備および経験が無いため、経験者のご意見を 頂ければ幸いです。 以上、宜しくお願いいたします。

  • ドリル加工での深穴加工

    お世話になります。深穴加工をして、すごく加工穴が流れてしまい原因が よくわからず、ご教授頂きたくお願いいたします。 SKD11材で、加工深さが60.0mmあります。4.3φのキリ(ストレートシャンクドリル)で、穴数が12カ所あります。ステップ加工(Q1.0)を行い、 油性のクーラントをかけながら加工しました。  S1200 F40 BT403つ爪ドリルチャック(コレットではありません) 工具突き出し長さ、65.0mmです。 最初の加工穴はいいのですが、3カ所目の穴からドリルが折れる前の音 (なんと表現していいかわかりません)がして、ドリルの刃先を見ると ばたばたになっています。3カ所ずつ交換していますが、ドリルの刃先は 回転数や送り、ステップを変えていても変わらず、 結局両面加工(反対面は、3.1キリ)でしたので、加工終了後加工穴を 見てみると、大きく穴がずれていました。 こういった場合、どのような原因でドリルが流れていったのか、 ご教授頂きたいのですが、ドリルチャックを新品に交換しても 結果変わらずでしたので、原因つかめず困っております。 よろしくお願いいたします。 回転数や送りを見直し、コレットに締め付けを行いました。 また、みなさんのアドバイス(答え)通りに行ったところ、 加工穴が流れなくなりました。 今後、自分でさらに加工テストを進めていきたいと思います。 みなさん、ありがとうございました。

  • 深穴加工について

    野村精機のNC自動旋盤でφ2.8mm、長さ17.0mmの貫通穴を加工していますがステップ加工の為加工時間がかかってしまいます。ドリルはハイスでステップでの切削深さは8.8mm、3.2mm、2.6mm、2.1mm、2.0mmの5回入れています。回転数は4600です。もっと早く加工できる方法があれば教えて下さい。また市販のドリルをそのまま使うと穴ガバが出る為に手研ぎをして使っています。いいドリルがあれば教えて下さい。超硬ドリルは使ったことがないので教えていただければ幸いです。 初心者なので出来れば条件等を詳しくお願いします。 材料はASK2600、M3タップ深さ10.0mm転造タップを使用しています。機械はNN-10SB?です。

  • SUS304の穴あけについて

    今度初めてSUSの加工を行うのですが(今まではSSとアルミしか行ったことがありません)、SUSの場合はノンステップで穴加工するときいたのですが、どうなんでしょうか?SUSの加工を行われているお教えください。 加工内容は  材料  SUS304  穴径/工具  φ14-SUS用ドリル  φ22-スローアウェイドリル φ33-スローアウェイドリル  穴深さ 38?   水溶性切削油  です。 宜しくお願いします。     質問の仕方が悪かった様ですみません。 ノンステップやステップ等のテスト加工は一通り思いつく限りやってみてやいるのですが、あまり違いを感じず良好に加工は行えています。ただテストピースに限りが有るのと、来月始めから生産の都合上夜間の無人運転を始めなければ成らず、不安の為つい質問してしまいました。

  • 小径穴加工

    素材SKD11にφ1.2mm、深さ10mmの貫通穴を空けたいですが穴曲がりが起こります。何か良い解決策があればご教授をお願いします。 φ1mmのセンタドリルで下穴、φ1.2mmのドリルは三菱(SD,V-SD)を使用。 回転数は使用する機械の能力により2000~4000回転/分、送り0.02~0.03mm/回転、ステップ送り2mmで加工。 現在はステップ送り(切込み)=0.5mmで加工しております。 現在、工具屋さんに相談中で、ドリルチャック、ストレートドリルの使用に問題がありそうという見解で工具の検討中ですので困り度レベルを「すぐに回答を」→「困っています」にしておきます。 BIGのメガチャックに変更(ドリルはV-SDのまま)したところ、ほとんど問題ないレベルまで改善しました。まだ、わずかに振れる時があるのでドリルの変更も検討してみます。