• 締切済み
  • 困ってます

アルミの保護シール

以前よりアルミの部品加工をやってきましたが、先日の受注ではアルミの保護シールを剥がずに加工し、納入する事を強く要求されました。これまではそれをやろうとすると、剥がれかかったシールとワークとの間に、切りくずが切削液といっしょに挟まって面取りをしにくく、取り除くのに時間がかかってしまいました。シールを剥がさず、きれいに仕上げる方法を教えて下さい。 ワークの大きさはt10x500x1500からt20x80x130と様々で、貫通穴や割加工があります。宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数101
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

こんにちは、kochiさん。 保護テープが剥がれにくい材料は試されましたか? ドリルの径は?mmですか? ドリル加工では、100%の確率で普通の保護テープだと剥がれます。 以前、同じ悩みがあった時は、加工材料の下にアルミの板を敷き加工していました。と言うのは、裏面のテープを材料と材料で挟み込む感じで加工すると、テープの逃げ場が無くなるので綺麗に加工出来てました。 おくまでも、敷き板は、加工材料よりも小さめで、動かない用に固定してください。 僕もまだまだ勉強中です。 参考になりましたでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アルミ面に傷のつかないドリル加工は?

    アルミの板に貫通穴を開けたいのですが ドリルのキリコで穴の周りに丸く傷がついてしまい 対処方法を探しています。 ワーク:アルミ63S 形状:t20の板 穴径:Φ3.4(M4タップの下穴) 工具:OSG EX-SUS-GDR 切削条件:VC=40>S3700      f=0.1>F370      G83 2~4mmのステップ加工        (ステップ量を変えても効果なし)      水溶性切削油スピンドルスルー 機械:立型マシニングセンタ 今までは加工面にシールを貼って対処していました。 今回は穴がワークの淵にありクーラントの勢いではがれたりしてしまます。 シール無しでも傷のつかない加工方法はありますか? よろしくお願いします。

  • アルミ系切削油に強い(耐油性の良い)シール材はあ…

    アルミ系切削油に強い(耐油性の良い)シール材はありますか? お世話になります。 以下のような条件で、加工設備の内部に切削油が入らないように,t=2mm程度の鉄板で鋳物のボディーを被っているのいるのですが、鋳物と鉄板のスキマから、切削油が浸入してしまい、設備の重要機構部に悪影響を与えております。スキマをフッ素スポンジで埋めたのですが、密着性が良くなく、内部に浸入してしまい困っています。ペースト状で耐油性の良好なシール材をご存知でしたら、教えていただけないでしょうか? 設備:機械加工設備 用途:切削油浸入防止カバーのスキマを埋める 切削物材質:アルミ系 切削油:カストロール アルマレッジFA 5%希釈 ・アルマレッジFA成分  ?鉱油 50~60%  ?非イオン系界面活性剤 15~25%  ?アニオン系界面活性剤 10~20%  ?油性向上剤 5~10%  ?防腐剤 1~5%  ?消泡剤 1%以下

  • アルミのフェイスミル加工について

    アルミ(A7075)の板材(約300×400×200)に部分的に鋳物(FC250)がはめ込まれているワークへの平面加工なのですが、特に仕上げ加工時、アルミのみの部分については全く問題なく加工できるのですが、鋳物がはまっている部分にカッタがくると鋳物の切り屑を引きずる様な傷が付いてしまいます。現状、スローアウェーのダイヤチップ(PCD)やK種超硬チップ(アルミ用)を使用して、あらゆる切削条件や加工方法を試みてみましたがどうしてもうまくいかなかったので、条件調整では無理だと判断しました。こういったワークへの何か良いカッタ(チップ)や加工方法等のご教授をお願いしたいです。宜しくお願いします。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

当社では、保護テープの剥がれにくい粘着力の強い材料を使用しています。 しかし、この材料を使用しても加工の仕方によってテープが綺麗に切れない場合がありますが、テープを綺麗に切れるように加工すれば、全然問題無しに加工できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はじめましてhama-shoさん。 アドバイスありがとうございました。そしてお礼がおそくなりすみませんでした。結局表側のシートは、そのままで加工出来たのですが、裏側刃物が抜ける時(特にドリル)がシートをむしるようになって、ワークとの間に隙間ができ、切り粉がたまって、これまでと同様、上手くいきませんでした。 納期が迫ってきたので、客先と打ち合わせの上、裏面は加工前にシートを剥がしてスプレー被膜を薄く付けて加工をしています。ただ、塗る手間・剥がす手間がかかるので、やはりシートを貼りっぱなしで加工をしたいです。 次回の仕事にも生かしたいので、また何かアドバイスが有りましたら宜しくお願いします。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

スプレー式の場合でも皮膜が繋がっている場合にはマスキングの必要有りません。(いっぺんに剥がせます) 孤立しているとか、複雑な所は、マスキングして置いた方が無難ですが・・・ ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。形状によりスプレー式とシートを使い分ける事もあり得ますか。先ずは両方を試して長所短所を見極めた上で、客先と交渉し、納品しようと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

加工位置の少し外側にあらかじめカッターですじを入れて剥がしておく様にすれば大丈夫ですが、かなりの手間が掛かりますので現実的ではありません。(傷も入るし・・・) 従来通りに加工してから、洗浄してスプレー式のコーティング(剥離出来る物)を行ってはいかがでしょうか? または、加工してから再び保護シートを張り付けるとか・・・(通常はこうするところが多い) 保護シートを剥がさずに加工すると、弊害が発生することが多々あるのでその旨をきちんと説明すれば分かってもらえると思いますが・・・ それでも不可の場合は、それなりの覚悟?(+α見積)で対応していただくしか無いですね。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

nomuraさん、はじめまして。 早速の御回答、ありがとうございます。スプレー式だとマスキングが必要でしょうか?そうなると、シートを貼り付けるほうが現実的ですね。大変参考になりました。また宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • アルミのポケット加工

    アルミ製品のポケット加工を縦型マシニングセンタで行いたいのですが、 とても深い形状のため切り粉が溜まってしまい刃物が折れてしまいます。 一応中心にΦ30程の穴を貫通させているのですが、バイスのつかみ代の関係で、製品とバイスの隙間は10mm程度しかなく切子がうまく掃けてくれません。 ほかに穴などを開けていい場所もなく、切削液(溶着対策のため)の飛散防止のためにエアーの使用もできないみたいです。 何かいい方法はないでしょうか? 加工したいポケットの寸法は90(H)×50×100で、コーナーにはR8のヌスミがあります。 普段アルミ製品の加工はしないため、ちょっとしたことでもいいので教えてください。

  • アルミの粉

    私の会社で、アルミの素材を加工した際に、アルミの切り屑がでます。 なぜか、その切り屑を布袋に入れ、それを一斗缶へ。一斗缶へ切削水を通して 濾過?しているようなのですが、アルミの粉に濾過?又は腐敗防止?などの効果があるのでしょうか? 回答ありがとうございます。 私の質問文が言葉足りずに成ってしまっているからだと思うのですが、 あくまでも切り屑(私の会社では切り粉と呼んでます。)のため、通常は廃却しています。それをわざわざ、布袋に詰めているのです。 一斗缶の上部から切削水を流し、下部から切削水をクーラントタンクに戻す様な仕組みになってます。 完全に濾過装置になっているのですが、アルミにそんな特性が有るようには思えず、質問させていただきました。

  • アルミA5025Bの内径の面取り

    私は普段、S45CやSCMなどを中心に加工を行っているのですが、この度アルミA5025Bを加工することになりました。 アルミの事に関して自分でいろいろ調べ加工を行うのですが、そのワークの形状がリング状のモノで外形、端面、内径を加工するだけのモノなのですが、図面に内径の両側に「面取り不可」と指示されています。客先に聞いた所、C0.1でもNG、それ以下はワークを見て判断すると言われました。 今の所C0.05程度の面をつけようかと考えていますが、皆さんバリがかえらない加工としたらどのような加工がありますか? 私としてはC0.05が不可とされた場合どのようにするか困っています。 また内径バイトで内径と端面を同じバイトで加工すれば違う刃物で加工した場合よりもバリの発生がおさえられるのではないかと考えているのですが、どうでしょうか? ヨロシクお願いします。

  • シール素材選定

    当方、ガスケットについて知識が無い為お助け下さい。 容積型(深さ50mm)のケース、カバーをアルミ鋳造し、シール面を切削 加工後、加工面にシール剤を塗布していますが、作業性が悪く別案を 検討中です。 製品内部には160℃、300kPaのガスが流れますが、適したガスケットとして どのようなものがあるでしょうか?

  • 合金アルミプレートの面取り加工

    マシニングセンターの加工にて 素材A5052の板状のプレートにM4ミリネジタップを数百箇所の穴あけ加工を しますがドリルの巻き傷や面取り加工の巻き傷が付くと見かけ上で 不良になってしまう。従って材料で納入された時に表面にビニルが貼ってあり そのまま加工に入りますがビニルの粘着質が面取りカッターの加工が 回転しながらなのでビニルが溶けてカッターへ附着してしまい 刃物の先端が切れない状態になり面取りの縁にバリが生じ手作業で 取り除く必要が出てしまって時間のロスが出てしまい 何かマシニングだけで加工が完了する手立てがありましたら 是非とも教えて頂きたくお願い申し上げます。 *尚加工中のクーラントは水溶性切削油でしたが面取りに纏わり付くので エアーブローに切り替えました、がそれでも状態が改善出来なかった。

  • アルミ鋳造品 素材の白い染み

    先日アルミ鋳造品を加工してもらい、戻って来たワークに白いシミが約半分位の面積に出ていました。 パーツクリーナーで洗いましたが、取れません。 原因は、何でしょうか? ご教示下さいませんか。 加工業社が使用しているのは、水溶性の切削液です。

  • アルミ(A5056)の加工についての質問

     学校にてひっぱり試験を行う試験片を作成することになりました。  図面はスキャナを持ってないのでペイントで簡単に書きました  http://www.geocities.jp/bitman199/gazo/siken.jpg  実習にて長物を加工したことはあったのですが、アルミを加工するのが初めてなうえに、径も14とかなり細いのです。試験片ということなのでわずかな誤差が生じれば試験結果にも影響すると考えられます。予備の材料がないので一発勝負というのもプレッシャーです。加工は超硬のチップを使用して加工し、R15は面取りバイトにて加工する予定です。精度を出すコツや加工の際の注意点があれば助言をお願いします。 加工手順としては 1、両端に心押し用の穴を開ける 2、ミゾ切りバイトを使用し、端から95ミリの箇所にミゾ(径14.5)になるよう削る。 3、ミゾから超硬をしようし、切込量1mm程度づつ60mm切削する 4、ミゾの深さまで切削したら面取りバイトにて片側のR15の加工し、そのままもう片側まで切削しながら戻し、残りのR15を加工する といった手順を考えています。 図面 http://www.geocities.jp/bitman199/gazo/siken.jpg

  • ボール盤でのアルミ材小径穴あけについて

    ボール盤で板厚25?のアルミ成形材に複数の穴あけをすることになったので試しに穴あけをしてるとドリルに切粉が巻きつき穴加工が出来なくなるので困ってます。 切りくずを無くす、少なくするには超硬工具を用いて切削液(ステンカット等)かけながら(回転はもちろん最高回転にする)加工すればいいのでしょうか?教えてください。 現時点の 使用工具材質: HSS

  • アルミをドライ加工したいのですが、溶着が等が心配…

    アルミをドライ加工したいのですが、溶着が等が心配です アルミをドライ加工したいのですが、経験が無く溶着等が心配です。 DLCコーティングの工具であれば、溶着しにくいことは分かったのですが、 以下の加工にあたり、安全かつ早く加工を行いたいので相談させてください。 ワークに小部品が付いており、ウェット加工は厳禁とのお達しです・・・ 機械仕様 : BT50 門型 センタースルー仕様なし ワーク材質 : AL6061 ワーク形状 : 板厚t60×幅800×長さ800(真四角です) ワーク剛性・クランプ剛性 : 良好 加工内容 : φ40貫通 (φ40は一般公差) 面粗 : Ra6.3 穴数 : 96穴 単価が合えばリピート品になるので、うまく立ち上げたいです。 私の最短加工イメージとしましては ? φ39~φ39.5のスローアウェイ式のドリルで貫通 ↓ ? φ30のろう付け超硬で円弧加工して仕上げ or φ40のリーマで仕上げ が思いつくのですが、機械がセンタスルー仕様でもなければ ウェット加工もできないので、私の経験値ではどうすれば安全で近道かわかりません。 どなたかご教授くだされば幸いです。 よろしくお願い致します。

  • アルミプレートの吸着加工。

    A5052アルミプレートを吸着(真空)にて加工しようと考えております。 ワーク厚みはt6~t10、幅は500未満、長さ1000未満です。 治具を自作しようと思っているのですが、水溶性切削液対応のOリングや、 溝形状(ストレートの溝?アリ溝?)、種類やサイズがイマイチよくわかりません。 また治具製作においてのOリング溝の軌跡は、ヌキ形状を含むワーク形状をなぞるように製作するのがベターでしょうか? 貫通穴などは、治具に逃がし穴を設ければリークしないでしょうか? 治具を他品種と兼用は難しいでしょうか?(凸凹治具になる?) アドバイスよろしくお願い致します。