• 締切済み
  • すぐに回答を!

アルミ加工について

今まで樹脂の加工を専門にやってきたのですが アルミの加工を相談され困っています。 形状は10mmの板圧にボスが立ったり、穴加工 があったりと簡単な形ではあります。 設備はファナック製のロボドリルを使用している のですが、専門が樹脂のためクーラントはエアーブロー のみです。 簡単な加工を一つ取ってみても、アルミ加工に切削油 なしでは不可能なのでしょうか? とりあえずは今の設備で色々と試してみようかと思っては いるのですが、少しでもアドバイスが頂けたらとココに 投稿してみました。 よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1818
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

溶着防止として、エンドミルもドリルもアルミ用 (コーティング無しの超硬合金)をお奨めします。 おそらく樹脂加工に使われていらっしゃる工具も 同様かと。 アルミ展伸材であれば、回答(1)さんのDLCコーテ ィングエンドミルも適しています。 ノズルを分岐させて2方向からエアブローすることも 一案です(溶着&切屑の噛み込み防止)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ちなみに使用工具は色々とあるのですが、例えば径1~10mmの スタンダードな超硬で言いますとユニオンツールのCPSシリーズ を使っています。 OSG製のハイスのエンドミルも使ってみました。 加工事例で言いますと、5mmの板の上に直径3mm*5mmの長穴深 をあけるような加工の場合、樹脂で言いますと 2mmの工具一本で粗取りから仕上げまで加工すると言った事も問題 ないのですが、アルミではどのような加工方法が良いのでしょうか? 簡単な板加工でとりあえずは、品物にはできたのですが、よく動画 で紹介されているようなスマートな加工には程遠いです。 上記の長穴加工も超硬の2mmの刃物にて切り込み深さ0.1mmづつ S1000F300切り込み送り100で粗取りし、仕上げてようやく形になり ました。^^; まだ色々と試行錯誤の余地はあるので、頑張ってみます。 また何かありましたら、アドバイスをお願いします。 それでは。

関連するQ&A

  • アルミの加工について

    普段はNCによる樹脂の試作をしているのですが、今回アルミの加工をする事になりました。 樹脂加工ではエアブローでキリコの除去をしていたのですが、アルミの場合は切削油を使用しないと加工は無理でしょうか?必要な場合どういった切削油を使えばよいでしょうか? またA-2011が一番切削性が良さそうですが、そのデメリットなどはないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 銅の深穴加工

    純銅にφ5mm深さ90mmの止まり穴を、月産8000穴あけるとします。 超硬オイルホールドリルと、高圧クーラントを使用し、 油性の切削油で、加工能率を上げることは可能でしょうか。 油性切削油の場合、加工点に切削油が到達しにくいと聞いたことがありますが、 水溶性の切削油を使うと、銅の変色が激しいため、出来れば油性の 切削油を使いたいと思います。 また、銅の加工の場合、ハイスはすぐにへたってしまうので、 工具材種は、超硬が必須です。 この方法は、現実的でしょうか? また、高圧クーラントはどれくらいの圧が必要でしょうか? 高圧クーラントの加工設備および経験が無いため、経験者のご意見を 頂ければ幸いです。 以上、宜しくお願いいたします。

  • アルミ加工の切削条件

    樹脂の加工をメインにしております。 今回、初めてアルミの加工をマシニングにてすることになったのですが、 既にエンドミルを数本折ってしまっています。 加工内容は、2ミリの角材パイプに穴などを切り抜くといった単純な加工です。 切削条件としては、2ミリのエンドミルで回転数9000(MAX10000回転)、 送り速度200~350、切り込み量は0.3mm~0.4mmです。 樹脂に比べて慎重にやってるつもりですが、それでも途中で折れてしまうことがあります。 エンドミルは樹脂用の超硬を使用しています。 最終的には上記の条件で大丈夫だと思ったのですが、一時間くらいしたら やはりエンドミルは折れてしまいました。 よろしければ加工条件にアドバイスを下さい。 どうぞよろしくお願いします。 補足ですが、クーラントはエアーのみで切削油が使える仕様ではありません。 仕上がり具合もきれいとは言えず、バリもかなり出てしまいます。 アルミ製品のバリの仕上げ方法も合わせてご指導いただければ助かります。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

アルミの材質にもよるかも知れませんが、 ごく一般的なアルミ材であれば、エアーブローだけでも十分に加工できます. アルミは熱伝導率が高いので、切削熱が蓄積し難いですし、 延性も良好で軽いせいか、そもそもの切削熱が発生し難い面もある様です. 熱伝導率が低く、往々にして粘りが強い傾向のある樹脂と比べたら むしろ削り易くも感じられるかも知れません. 逆にアルミは、切削液を使った場合には、切り屑が根本的に浮き易いため、 とくにチップコンベヤで切り屑を分離している様な場合には 切り屑の始末に往生する様な話も耳にしますね. 被削材の溶け易さは樹脂の方がむしろ著しいかも知れませんが、 アルミは溶着による構成刃先が問題になる事があります. ※構成刃先: 溶けて凝着堆積する事により実質的な切れ刃が成長する現象; 精度や仕上がり品位に悪影響 ただ、この構成刃先に関してはスクイ角や切削速度の設定、 切れ刃へのコーティング処理などである程度抑制できます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 とても丁寧な解説に感謝いたします。 技術に対して、真剣に取り組んでおられる方だと感じました。 アドバイスを参考に、失敗を恐れずにチャレンジ精神で 頑張ってみます。 何とか物にしたいですからね。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

乾式でもアルミなら大丈夫です 溶着には気をつけましょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 チャレンジする勇気が湧きました。 色々と試行錯誤をし、頑張ってみたいと思います。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

弊社では、グラファイト加工機でたまにアルミの切削をしてますよ。 条件は時々によって多少違いますが、基本的には使用するツールの推奨条件に合わせています。 もちろんそれらのツールはアルミ専用です。 切削油についてですが、 弊社では超切削スプレーなる商品を使用しています。 加工前にワークに吹き付けて使用しています。 参考までにリンク張っておきますね。

参考URL:
http://www.kic-kk.co.jp/kemi/kohzai/0114-0614.html http://info.tactnet.co.jp/cgi-bin/kohzai/jprodetl.cgi?pf=01&pm=&pn=01

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 超切削すぷれーとは、魅力的な商品があるんですね。 コストも安そうですし、ぜひ試用してみたいと思います。 加工も工具の推奨条件を基準に、色々と試して見たいと 考えています。 心強いアドバイスに感謝いたします。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

主軸の回転数が、8000~10000くらい回るのでしたら DLCコートの工具で、ドライ加工可能です。 切削液をかけたほうが、溶着は、避けられますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 工具はエンドミルで言うと、直径4~6mmでの 加工になると思います。 主軸は10000回転での使用は十分可能ですので、 問題なさそうですね。 DLCコートの工具がないので、調べてみたいと思います。 アルミの切削の注意点の上位はやはり「溶着」みたいですね。 工具・主軸回転数・切り込み量・送り速度の設定を色々と 試してみます。

関連するQ&A

  • PPS樹脂加工について

    PPS樹脂加工時には、切削油かけても大丈夫ですか? それとも、エアー切削が良いですか? ちなみに、穴あけと、エンドミル加工です。

  • 切削油を使用しない加工方法

    アルミ(A6061)の鍛接品のマシニング加工において、切削油を使用しない加工方法を探しています。 理由:切削油を使用した製品を後工程(熱処理)に回すと、鍛接された部分に油が入ってしまって黒く焦げた状態になってしまい、これをなくしたい。切削量は5mmくらい。ワーク寸法は1500*1500*1000くらい 小生でも調べてみましたが、エアーブローぐらいしかわかりませんでした。 切削油に代わる加工ツール又は加工方法(湿式、乾式どちらでも可)をご存知でしたら、ご教授ください。 すいません、言葉足らずでした。 要は油をあまり使いたくありません。 湿式でも、水とかアルコールとか油を使わない加工方法があればご教授ください。

  • タップ加工の切粉処理について

    皆さんはタップ加工の切粉処理についてどのような対策をしているのでしょうか? 現在困っている内容として‥ 被削材:AC4CT6 加工形状:M12×P1.5深さ28?以上・下穴35?以下 下穴径:実測φ10.46?(φ10.5バニシングドリル) タップ:ヤマワ・アルミ用スパイラルタップ案内1.5山 切削油:水溶性切削油(濃度7%) 洗浄状況:超音波洗浄機にて洗浄後、エアーブロー 不具合:ネジ深さ28?に対して、26?付近でネジゲージが支えてしまいます、切粉詰まりと思いエアーブロー(圧5キロ)したが解消されず、リッチハンマにて衝撃を与えたところ、0.5?角ほどの切粉が出てきました。 今のところ、その切粉が不具合の原因と思われます。 切粉詰まりが解消できる洗浄方法や切粉詰まりが起きにくい加工方法、又その他の原因等ありましたらアドバイスお願いします。 補足:ワーク1個にタップ2穴・110個(220穴)加工中NG2穴です。

  • アルミ系切削油に強い(耐油性の良い)シール材はあ…

    アルミ系切削油に強い(耐油性の良い)シール材はありますか? お世話になります。 以下のような条件で、加工設備の内部に切削油が入らないように,t=2mm程度の鉄板で鋳物のボディーを被っているのいるのですが、鋳物と鉄板のスキマから、切削油が浸入してしまい、設備の重要機構部に悪影響を与えております。スキマをフッ素スポンジで埋めたのですが、密着性が良くなく、内部に浸入してしまい困っています。ペースト状で耐油性の良好なシール材をご存知でしたら、教えていただけないでしょうか? 設備:機械加工設備 用途:切削油浸入防止カバーのスキマを埋める 切削物材質:アルミ系 切削油:カストロール アルマレッジFA 5%希釈 ・アルマレッジFA成分  ?鉱油 50~60%  ?非イオン系界面活性剤 15~25%  ?アニオン系界面活性剤 10~20%  ?油性向上剤 5~10%  ?防腐剤 1~5%  ?消泡剤 1%以下

  • 各種、樹脂切削加工の適正刃物(エンドミル等)選択

    ファナック・ロボドリルでの樹脂の切削加工を始めるに当たり、各種樹脂の特性に合った刃物選択から始めたいと思いました。ご教授お願い致します。 主な使用材料は、MC ナイロン、POM 、UPE、PE、PEEK、PPS、エンビ、ユニレート、ABS、アクリル、ポリカです。エンドミルで、超硬やハイスといった名前は聞いたことがあるのですが、明確な使い分けがわかりません。ちなみに、基本的に加工にはクーラントを使用します。よろしくお願い致します。

  • アルミのポケット加工

    アルミ製品のポケット加工を縦型マシニングセンタで行いたいのですが、 とても深い形状のため切り粉が溜まってしまい刃物が折れてしまいます。 一応中心にΦ30程の穴を貫通させているのですが、バイスのつかみ代の関係で、製品とバイスの隙間は10mm程度しかなく切子がうまく掃けてくれません。 ほかに穴などを開けていい場所もなく、切削液(溶着対策のため)の飛散防止のためにエアーの使用もできないみたいです。 何かいい方法はないでしょうか? 加工したいポケットの寸法は90(H)×50×100で、コーナーにはR8のヌスミがあります。 普段アルミ製品の加工はしないため、ちょっとしたことでもいいので教えてください。

  • 真鍮を加工する時の切削油

    みなさん こんにちわ 近々、NC旋盤で真鍮を加工するのですが、切削油はどうゆう物を使用したら良いのですか? ちまみに現在はアルミを加工していて水溶性の切削油を使用していまが、同じ切削油では加工出来ないでしょうか?                  よろしくお願いします。

  • 純アルミのネジ加工について

    あまり知識がなくてすみませんが、純アルミのM16ネジ加工ですが 加工は出来るのでしょうか?φ16長さ120mmで両端がM16中心が大きなRで細くなっている加工です。 角ものから丸にするだけで、困っています。 適当な工具・切削油・条件・など、どんな情報でも教えて下さい、参考にします。宜しくお願いします。

  • 切削油の選定について

    非鉄金属(A6063)のプレス加工でアルミ型材を切断する際、縦切りするような構造になっているのもあって刃にアルミの切粉が付着します。付着したアルミの切粉が加工している内に焼きが入り固まってします。アルミの切粉を除去する方法としては刃の形状、金型の構造、メンテナンス等改善点はあるとは思いますが切削油のやエアーブローにて低減する何か良い方法があれば教えて頂けますでしょうか。また、切削油の選定についてもアドバイス頂けますせしょうか。 ・加工頻度(1000回/日) ・プレス種類(エアークラッチブレーキ式)  加工速度が速い

  • 合金アルミプレートの面取り加工

    マシニングセンターの加工にて 素材A5052の板状のプレートにM4ミリネジタップを数百箇所の穴あけ加工を しますがドリルの巻き傷や面取り加工の巻き傷が付くと見かけ上で 不良になってしまう。従って材料で納入された時に表面にビニルが貼ってあり そのまま加工に入りますがビニルの粘着質が面取りカッターの加工が 回転しながらなのでビニルが溶けてカッターへ附着してしまい 刃物の先端が切れない状態になり面取りの縁にバリが生じ手作業で 取り除く必要が出てしまって時間のロスが出てしまい 何かマシニングだけで加工が完了する手立てがありましたら 是非とも教えて頂きたくお願い申し上げます。 *尚加工中のクーラントは水溶性切削油でしたが面取りに纏わり付くので エアーブローに切り替えました、がそれでも状態が改善出来なかった。