• 締切済み
  • すぐに回答を!

破損ドリルの除去

Uドリル(サンドビック製のスロアウェイチップ式ドリル)φ12.7を用いてSUS304のワーク素材にG83深穴ステップサイクルで穴加工中、チップがクラッシュしてしまい、単なる回る鋼棒と化した工具で、尚もしばらく素材を突いて最終的に破断し、工具先端の一部分がワークに溶着してしまいました。 除去すべく破損タップなどに有効なOSGのハードドリル(φ10)にてS640、F3で切削を試みましたが、途中で妙にコゲ臭い匂いを感じたので工具を引き上げて見たところ、ハードドリルの刃先が溶けて球状になってしまって、しかも線香花火の様に摩擦熱で真っ赤になっておりました。 完全に焼き付いてしまったような状態であります。 何か有効な除去方法はないものでしょうか。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 金属
  • 回答数6
  • 閲覧数1145
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

つい最近、工具やさんからよく似た話を聞きました。 自動運転中、深さ150mmの所でドリルが熔けてカチカチになり、それを取ろうと超硬のドリルを使ったら破損し、エンドミルで掘り下げようとしたら、また破損。結局、工具を7万円分壊したそうな・・・・・。 作り直した方が、安い場合もありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 そうなんですよね。こういう時って闇雲にやると時間とお金(工具)をイタズラに失うどころか事態がどんどん悪化しちゃいますもんね。 でも、今回のワークは色々事情がありまして、そう簡単には廃却出来ないんですよ。 結論的には他の方からのアドバイスにもありますように、放電メーカーに依託することに至りました。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

縦形の機械においてUドリルでのG83は禁物 G81が理想ですが、切粉が絡まる場合はG73の使用をお勧めします。 G83のように大きくジャンプすることで穴に落ちた切粉を噛んでしまい一瞬でクラッシュとなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 使用したUドリルの刃長は約53ミリぐらいで、それに対し加工深さが51ミリというギリギリの条件でしたので、終盤の切粉づまりを考え、G83にした次第ですが、工具が破損した原因は、確かにおっしゃる通りかもしれませんね。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

ハードドリルを工具折損時の除去に使う場合は 一定送りでなくパルスハンドルで音を聞きながら 1/100mm単位で送って異音がすれば送りを停め しばらくして消えたら同様に送り注油は欠かさず 途中で刃先を確認し痛んでいると交換 が使い方です 再トライしてみてください 焦ると負けです 上記のようにしても2本目もダメな場合は 超硬チップの破片が残っている可能性があります そうなると放電加工しかないように思います スロアウエイドリルをG83で使わなければならないのは チップブレーカー及び切削条件の選択を誤っている可能性が あります 見直しをお勧めします

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 横着モノなので一定送りでやって2本ダメにしてしまいました。 放電加工メーカーに依託することに至りました。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

1. 超硬エンドミルを使用して、加工するのもいいかも知れません。   焼きいれ材加工用のエンドミルが各社から出でいます。   Hrc70位まで加工出来る物もありました。 2. 細穴放電加工機にて、貫通穴加工(ワイヤ-加工用スタ-ト穴)   そのあとワイヤ-カットにて穴の仕上げ加工 3. 放電加工による加工 また工具が、破損した場合ドリル加工にて、加工を行うと、 加工する面は、異形状になっている為、追加工すること自体 に無理があると思います。 加工物大きい場合には、 エア-グラインダ-取った。実績があります。 ワ-クは、□150mm長さ4000mm材質は、ss400 加工穴径φ21深さ45mm止まり穴で ビックのST25-TGN210-63Lを深さ30mm の位置で焼損、エア-グラインダ-にて4時間削り取りました。 エア-グラインダ-加工する前に破損覚悟で、 エンドミル(ハイス)に輪郭加工して、ワ-クと工具破片の位置を確認 してから行いました。 多分、加工した底面は、黒くなているので、ワ-クと工具破片の 位置が分かりにくいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重な実績情報の回答ありがとうございます。 今後の参考に致します。 今回は放電加工メーカーに依託することに至りました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

ハードドリルはS1200F0.1ぐらいで、 相手がHssのときには使えますがね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

放電加工しか方法はないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ドリル

    鉄工所で働いています、ドリルの刃先の角度を120度に研磨して、穴をあけたら、ドリルの刃先の先端から肩のところまでの芯の工具長(高さ)は、三角関数の1:2:√3で計算すると、ドリルの直径÷約3.46になりますか?(1:2√3で、直径÷3.46)・・・・・ペケですか?(√3は、ひとなみにおごれや・・・)ですよね。 やっぱり、違いますかね・・・・????

  • ドリル 穴開け

    旋盤加工でよく5.2mm 6.9mmをドリル穴開けをするのですが、芯押し台にセンタードリルをつけて、センター穴を開けて、それから、ドリルに付け替えて、ドリル加工する方法が一般的だと思いますが、面倒です。刃先交換式ドリルだと、 センター穴を明けなくても、ドリル加工は可能ですか?他によい工具はありますか?回答宜しくお願い致します。

  • ショートドリルによる心もみ

    マシニングでの加工で 仕事で位置決めの精度として一番厳しいのが プレスのポストユニットを取り付けるリーマ穴になり、 だいたい0.02までの位置決め精度でないと ポストを上型下型にリーマを 入れて固定した時にすっと入らないと思います。 今マシニングに φ3のリーディングドリルVP-LDS90度 OSG φ6 のリーディングドリルNC-LDS130度  OSG φ3ショートドリルEX-GDS OSG 刃長16があります。 セットしたい工具がありφ3のリーディングドリルを外したいのですが、 ショートドリルφ3をφ3のリーディングドリルの代わりに心もみに使おう か考えているのですが、 位置決め精度が0.02以内にもとめられる加工はショートだといっても ドリルではだめで、リーディングドリルで心もみしないと いけないでしょうか? ドリルで心もみしてもいいのは位置決め精度がどれくらいまでの 加工になるでしょうか?

  • ドリル加工でうねってしまいます。

    お世話になります。 素材C5191にφ2.02(公差0.05)、深さ13ほどの穴を超硬ドリルで開けていますが、数百個ほどでドリルが磨耗してくると、穴がスパイラル状にうねってきてしまいます。 ハイスリーマを通してみましたらうねりがひどくなると、リーマがそれに習って折れてしまいます。 バニシングドリルも試してみましたが、これは100個も加工しないうちに折れてしまいました。 NC自動盤で芯は問題なく出ています。 現状では数百個で高価な超硬ドリルの交換で対応しています。 工具寿命が長くなる方法はないでしょうか?

  • ドリルのカエリについて

    部品加工でt=2.0鋼板へφ7.0のドリル穴加工があります。 貫通後のドリルによりカエリが部品形状が袋状になっているため 除去ができません。 限りなく少なくできるドリル若しくは工具はございませんか。 (高さで0.3mm程度までのカエリは可) 参考までに 加工機はブラザー製タッピングセンターにて 穴径交差は0~+0.2まで可

  • ドリル加工での深穴加工

    お世話になります。深穴加工をして、すごく加工穴が流れてしまい原因が よくわからず、ご教授頂きたくお願いいたします。 SKD11材で、加工深さが60.0mmあります。4.3φのキリ(ストレートシャンクドリル)で、穴数が12カ所あります。ステップ加工(Q1.0)を行い、 油性のクーラントをかけながら加工しました。  S1200 F40 BT403つ爪ドリルチャック(コレットではありません) 工具突き出し長さ、65.0mmです。 最初の加工穴はいいのですが、3カ所目の穴からドリルが折れる前の音 (なんと表現していいかわかりません)がして、ドリルの刃先を見ると ばたばたになっています。3カ所ずつ交換していますが、ドリルの刃先は 回転数や送り、ステップを変えていても変わらず、 結局両面加工(反対面は、3.1キリ)でしたので、加工終了後加工穴を 見てみると、大きく穴がずれていました。 こういった場合、どのような原因でドリルが流れていったのか、 ご教授頂きたいのですが、ドリルチャックを新品に交換しても 結果変わらずでしたので、原因つかめず困っております。 よろしくお願いいたします。 回転数や送りを見直し、コレットに締め付けを行いました。 また、みなさんのアドバイス(答え)通りに行ったところ、 加工穴が流れなくなりました。 今後、自分でさらに加工テストを進めていきたいと思います。 みなさん、ありがとうございました。

  • ブロックの穴あけ方法

    ブロック塀に直径4.5mmの穴を開けるためにホームセンターで震動ドリルの刃先を二本買い、いざ挑戦すると5mm程の奥行きの穴が開くだけでそれ以上、力一杯に押してもふかくなりません ドリルの刃先をみると一本は刃先から1cmくらいのところまで少し焼けた感じになっていて、もう一本は刃先の部分が折れて穴の中にめりこんだ状態になりました やはり、ドリルの刃先はプロの方が使う工具などが必要なのでしょうか?又、ブロックに深さ3cm位の穴開ける良い方法はあるでしょうか 尚、ドリル本体はホームセンターで借りたマキタの13ミリ震動ドリルモデル800です。よろしくおねがいします。

  • SUS420J2Dドリル切削加工方法

    こんにちは 現在SUS420J2Dドリル加工をしてるのですがどうしても穴が曲まがり、ドリルに構成刃が付いて困っています。 1.曲がりφ2.05のドリルで穴を明けても曲がりが 入栓ゲージが通らない(交差は、2.09+0.1 0です)使用ドリルOSGのEX-SUS-GDSφ2.05です 構成刃先がついて口元拡大中間ではゲージが通らない センタ-は岡部の2.0×60度をしようしています 使用機械シンコムのF12又はF16を使用しています(複合旋盤です) 切削条件は、あらゆる条件を試したのですがぜんぜん改善されません(他にも試したのですが同じです) どなたかSUS420J2でのドリル加工をされている方あれば教えてください

  • 旋盤ドリル加工の曲がりについて

    今回はNC旋盤でのドリル加工についての相談です。先に不具合内容を説明します。  Φ5.5ドリルの穴あけ加工(ワーク回転)において深さ35mmの所で曲がり0.5mm(同心度Φ1.0)発生しました。  材料:SCM415  切削条件:V12m/min F0.06mm/rev(ステップ2mm)  NC旋盤での穴あけ加工を頻繁に行っています。ただ加工するワークの種類が多く、通常10本も満たない本数で段取り替えという状況です。  今回不具合が発生したワークは少しロットも大きく、20本あったのですが、その内1本だけ極端に大きな曲がりが発生しました。 考えられる原因や似たような経験がされてましたらご教授願います。  ドリルの取り付けは内径工具取り付けスリーブにストレートシャンクミニコレットを取り付け、工具をコレットチャックで固定しています。  刃先の突き出し長さは約80mmあります。

  • SUS304 深穴加工 L/D40

    SUS304に、直径5mm 深さ200mm の深穴を加工しなければなりませんが うまくいきません。 加工手順は 1.ガイド穴を100mm(OSG EX-GDXL 溝長100mm)あけました。真っ直ぐに開いています。 2.NACHI Gロングドリル 直径5mm x 溝長200mm を使用し深さ200mmまでトライ。S=315/min F=0.05mm/回転 ステップ切込み量1mm 切り込む時に振動してゴリゴリ音がします。 切削条件おかしいでしょうか? NACHIに電話すると、今日はお休みみたいで… どなたかアドバイス頂けないでしょうか。お願いします。 皆様、色々なアドバイスを有難う御座いました。 結果をご報告します。 まず最初にNACHIの技術センターに問合せた時の回答をご報告します。 1.SUS304という被削材から想像すると、加工硬化を起こしている可能性が高いということ。 2.そのため刃先が食いつかず、滑っている。 3.溝長が長く剛性がないため、ドリル自体がバネ現象を起こし、振動を起こしている可能性が高い 4.加工硬化層(想定0.1mm)をさけて切り込む為に送りを0.1mm/回転まで上げてみる 以上のような回答をもらいました。 しかし、NACHIのドリルに苦手意識を持ってしまったため試さず終いです。 結局OSGの溝長130mmのドリルを205mm突き出し加工しました。 S=382/min,F=0.07/回転,ステップ切込み量1.5mmです。 しかし、1つ問題が出て、クーラントを掛けながらドリルをワーク上面まで 引き上げるとドリルに残った切りくずがクーラントの勢いで穴底に落ちてしまい、その切りくずが次のステップで悪さをしてしまいました。 そのため 1.穴底にアプローチするときはクーラントON 2.切込後、ドリルをワーク上面に戻す時にクーラントOFF 3.ドリルを穴位置とは別の場所にXY軸移動 4.3の位置でクーラントONし、刃先に残っている切りくずを除去 5.5秒間その位置のままクーラントを掛け続け、刃先を冷却(溝長が短く加工中に刃先が冷却できないため) 6.穴位置までXY軸移動し、1からを繰り返す 以上の様なプログラムを作成し加工しました。 結果は良好で、無事直径5mm、深さ200mmの穴を4つ開けることができました。 皆様、本当に有難う御座いました。