• 締切済み
  • 困ってます

旋盤ドリル加工の曲がりについて

今回はNC旋盤でのドリル加工についての相談です。先に不具合内容を説明します。  Φ5.5ドリルの穴あけ加工(ワーク回転)において深さ35mmの所で曲がり0.5mm(同心度Φ1.0)発生しました。  材料:SCM415  切削条件:V12m/min F0.06mm/rev(ステップ2mm)  NC旋盤での穴あけ加工を頻繁に行っています。ただ加工するワークの種類が多く、通常10本も満たない本数で段取り替えという状況です。  今回不具合が発生したワークは少しロットも大きく、20本あったのですが、その内1本だけ極端に大きな曲がりが発生しました。 考えられる原因や似たような経験がされてましたらご教授願います。  ドリルの取り付けは内径工具取り付けスリーブにストレートシャンクミニコレットを取り付け、工具をコレットチャックで固定しています。  刃先の突き出し長さは約80mmあります。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 旋盤
  • 回答数4
  • 閲覧数1290
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

ドリルの求心力(この言い方でいいのかな?)は送りを上げる事で解決します、ただその場合ドリルの痛みも早くなります、切削液が穴の底まで行き渡る様に工夫しましょう。 また、ステップが2mmでは短すぎる様です、ステップ長を入り口で5mm奥で2mmと変えてみてはどうでしょう。 ちなみに、うちでやっているプログラムの一例。 SUS304の7mm ドリル径=4.0mm 穴深さ=37mm T303 G97 S1300 M93 G0 X0; Z1.5 M28; G1 Z-5.0 F500; ←送りはDの13%前後 W50; Z-10.0; G0 Z3.0; G4 U0.3; ←ドウェルで冷える時間を稼ぐ Z-9.7; G1 Z-15.0; G0 Z3.0; G4 U0.4; Z-14.7; G1 Z-19.0; ; ; G1 Z-35.0; G0 Z3.0; G4 U0.9; Z-34.7; Z3.0;  ←ドリルを出し入れすることで、切削液を行き渡らせる Z-34.7; G1 Z-37.0; G0 Z20.0 M29; M1; こんな感じで結構効果出てます、ご参考までに。 ちなみに、ドリルはコバルト製の高送り深穴用の「突撃ドリル」とか「一撃ドリル」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり失礼しました。 NC機標準の固定サイクルを多用してたところがありました。 ワーク形状による適正条件をそれぞれに考えるようにします。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

こんにちわ 以前、SCM435という材質で20キリ深さ80ぐらいの孔あけ加工をした時、めちゃくちゃ曲がってあいた記憶があります。その時は、ボウリングバーでさらい直して何とかなった事がありました^^上司に相談した所、穴曲がりしやすい材質だと聞きました。(SK材、S45Cなど・・・) 自分が、やっている対策は次のような感じです。 1、貫通穴なら、表と裏から加工する。(新品のドリルで・・・手研ぎだと必ず曲がります^^) 2、ボウリングバーでさらい直す。 3、ガンドリルで孔あけして、両センターで角出しする。 3が、一番間違いないです、がんばってください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり失礼しました。 曲がりの根本対策をいろいろな方からアドバイスいただきました。 今回連絡いただきました1と2の対策は似たような方法で取り入れている加工品もあります。 加工した穴にはドローボルトが通るようになります。曲がりがあるとボルトが芯ずれして組みつけられないようになります。 裏表加工で曲がり量を減らすことと機能的に不要な側は穴径を大きくして加工するなど対策している加工品もあります。 全ての加工品に展開できればいいのですが種類が多く図面変更は大変です。 やはり曲げない加工技術は必要ですね。お互い頑張りましょう。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

単純に刃先の突き出し長さが長すぎるということではないでしょうか? もっと短く出来ませんか? 原因としてドリルの刃先の芯が出ていないか、ドリルで加工する際、工具がたわむといったことだと思います。 芯が出ていないものに関しては芯が出るように再研磨する。工具がたわむといったことの対策としては ?加工時の送りをさらに遅くしてみる ?工具の突き出し長さを出来るだけ短くする。(加工できるぎりぎりまで) ?ドリルを超硬ドリルに変える。(工具の剛性を上げる) 後、ドリル加工をする前にもちろんセンタードリルで中心にポンチ加工はしてますよね? 参考になれば幸いです。 「旋盤でのドリル加工はマシニングセンターやボール盤よりも曲がりやすいのでしょうか?」 旋盤のほうが曲がりにくいと思います。 理由はワークを回転させて加工をするため芯がずれにくいと考えるからです。 (あくまでも機械の芯が出ている場合です) 先にも書きましたが、突き出し長さをもう少し短くし、超硬ドリルにすればほとんど問題がなくなると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。  送り速度は現在、メーカー推奨値の半分ぐらいです。  直ぐに再現できないですが、曲がりが発生した時に、もっと遅くして加工してみます。  ドリルの突き出し量なんですが、新品の状態で使った方が切れ味がよいと考え、刃先を落としておりません。  センタードリルは加工しております。  旋盤でのドリル加工はマシニングセンターやボール盤よりも曲がりやすいのでしょうか?

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

感じたこと 1.送りが少し遅い? 2.突き出しが長い 3.刃物の振れ量は? 4.刃物の材質は?ハイスなら超硬にする >  途中で大きく曲がりが発生した可能性があるのですが、切れ味の低下が大きな曲が > りにつながったと考えられるでしょうか? 切れ味のバランスが少しでも崩れると曲がりやすくなります。 >  旋盤による穴あけは旋盤特有の曲がりが発生しやすいのでしょうか? ワーク回転は曲がりにくいとされています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 送りはメーカー推奨値の半分程度です。  突き出しも長いです。新品状態の方が良いと考えておりました。  刃先の振れは、工具固定となっておりチャックからの振り回し確認ですが、0.01程度です。ただ刃先での確認で正確に読みきれません。又、切刃の2点読みですので、刃先と直交方向の振れはわかりません。    途中で大きく曲がりが発生した可能性があるのですが、切れ味の低下が大きな曲がりにつながったと考えられるでしょうか?  旋盤による穴あけは旋盤特有の曲がりが発生しやすいのでしょうか?  材質はハイス(コーティングあり)です。超硬も検討してみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 旋盤でのドリル加工のビビリ解消法?

    タンガロイのTACドリルを使用して森精機のNC旋盤でSCM420材の穴あけ加工をしています。 メーカー推奨条件を幅広く試してみました、小径は問題ないのですが、Ф30を超える当たりからビビリ音が発生して困っています。 切削効率でこのドリルを選択しました、切削面自体のビビリは、すて加工なので問題ないのですが、音がうるさくて困っています。 NC旋盤の選択変更は、無理ですが工具選択も含めて解消策をお教えていただければ幸いです。

  • ドリル加工での深穴加工

    お世話になります。深穴加工をして、すごく加工穴が流れてしまい原因が よくわからず、ご教授頂きたくお願いいたします。 SKD11材で、加工深さが60.0mmあります。4.3φのキリ(ストレートシャンクドリル)で、穴数が12カ所あります。ステップ加工(Q1.0)を行い、 油性のクーラントをかけながら加工しました。  S1200 F40 BT403つ爪ドリルチャック(コレットではありません) 工具突き出し長さ、65.0mmです。 最初の加工穴はいいのですが、3カ所目の穴からドリルが折れる前の音 (なんと表現していいかわかりません)がして、ドリルの刃先を見ると ばたばたになっています。3カ所ずつ交換していますが、ドリルの刃先は 回転数や送り、ステップを変えていても変わらず、 結局両面加工(反対面は、3.1キリ)でしたので、加工終了後加工穴を 見てみると、大きく穴がずれていました。 こういった場合、どのような原因でドリルが流れていったのか、 ご教授頂きたいのですが、ドリルチャックを新品に交換しても 結果変わらずでしたので、原因つかめず困っております。 よろしくお願いいたします。 回転数や送りを見直し、コレットに締め付けを行いました。 また、みなさんのアドバイス(答え)通りに行ったところ、 加工穴が流れなくなりました。 今後、自分でさらに加工テストを進めていきたいと思います。 みなさん、ありがとうございました。

  • ドリル 穴開け

    旋盤加工でよく5.2mm 6.9mmをドリル穴開けをするのですが、芯押し台にセンタードリルをつけて、センター穴を開けて、それから、ドリルに付け替えて、ドリル加工する方法が一般的だと思いますが、面倒です。刃先交換式ドリルだと、 センター穴を明けなくても、ドリル加工は可能ですか?他によい工具はありますか?回答宜しくお願い致します。

  • NC旋盤によるドリル加工

    NC旋盤(MAZAK QUICK TURN NEXUS 150)で、 材質S45C、SK3 加工径φ7~φ13 深さ100~160 の多品種の製品の穴加工をしました。 結果、思ったとおり何点か穴が曲がってしまいました。 曲がり量として0.5~1.5(目視による)位です。 深穴のドリル加工の経験が無く、とりあえず次のようにしてみました。 ・ドリルの芯出し 機械的にX方向しか調整できないので、X方向だけでもと思い調整。(ホルダーはドリルに応じて、内径用ホルダー、MTシャンクのホルダー、内径用ホルダーにコレットチャックを取り付けての使用) ・各径共に、短いドリルで20mm位まで開けて案内を付けてから長いドリルでステップ加工で加工。 ・条件は周速12~15 送り0.1~0.15位 ステップは3mm 以上です。その他どの様なことに気を付けたら安定した穴加工できるのでしょうか。 因みに、φ7の深さ160mmの物は作り直しになってしまい明日から再加工しなくてはいけません。 ぜひとも、アドバイスをお願いします。  

  • 深穴ドリル加工の条件について

    初めて投稿させていただきます。 弊社ではφ1.6ドリルで深さ20mm(詰まり)の穴あけを 専用機で加工しています。 問題はドリルの加工数に大きなバラつき(10~2,000ヶ)があり 非常に困っています。 現象としてはドリル折れ(ワークの奥で折れる) 加工条件、ドリル突出し量は一定です。 またセンタードリルも定期的に交換しています。 勿論、コレットチャック等は切粉等を除去して使用しています。 なお条件については以下の通りです。 ワーク:SCM435 ドリル:φ1.6SD(130°) 回転数:4,000 切削送り:0.03 切削距離:2.1(ドゥエルにて繰り返し) センタードリル:φ3X90°(センターもみはφ1,0で設定) アドバイスをご教示いただければ幸いです。 何とぞよろしくお願いいたします。                           以 上

  • 旋盤以外での穴あけ加工について

    加工を勉強して駆け出しの者です。 今NC旋盤以外で穴あけをしようと考えています。 穴はφ20.0、深さ130mm(通し)、素材はS20Cの六角材です。 センターに穴あけをするだけ(といっても一番ネック)なのですが、 ボール盤(多軸、NC、アタッチメント取り付け・・・etc)でドリル1本での加工が理想だと思っています。(センターは除く)←実際に加工できるかも未確認。 工数が増えること、人員が増えることはかまわないのですが、他にも単能盤(改造)などの設備があるのではとも思います。 何か特化した設備を知っている方や、経験のある方がいらっしゃればアドバイスをいただければと思います。 抽象的な質問ですがよろしくお願いします。

  • ドリル加工について

    はじめまして、いきなりですがSUS303でφ0.3、深さ3mm(穴寸法交差0.02)の穴あけ加工をNC旋盤でやろうとしてるんですが何か良い加工方法、切削条件、使用する刃物でいい物あったらアドバイスお願いします。 自分はまだ加工の経験が浅くどのような条件がいいのか迷っています。

  • リーマ加工について

    いつもお世話になっております NC旋盤にてブッシュを加工する際に、 内径をリーマで仕上げたいと思います 旋盤は工具固定でワーク回転なのでマシニングとは勝手が違いますよね 旋盤で8mmの丸棒に6mmのリーマを加工する時は、超硬がいいのかハイスがいいのか、エンド刃付きがいいのかと、選定に悩んでおります 加工はバーフィーダーによる連続加工で、止まり穴になるのでスパイラルがいいんですよね? チャックからの突き出しは30mm程度です 古い機械なためセンタースルーはありません このような条件の時に気をつけることなどがあれば教えていただきたいです

  • NC旋盤でのドリル加工

    材料がアルミの68パイ丸棒の全長238で40パイの 貫通穴があいています。 そこに、43パイのドリルを175ミリあける加工を NC旋盤でドリル加工のプログラムを作ってるのですが、 どうしても穴が大きくなり段がついてしまいます。 どうしたらキレイな穴をあけれますか?

  • Uドリル加工

    NC旋盤にてUドリルで穴あけ加工を行なっていますが、機械から離れないで何かあればすぐに非常停止を押すように指示されました。みなさんの会社でも、Uドリルを使用する場合は、機械に張り付いているのでしょうか?その他の仕事がまったく手付かずになっており困っています。アドバイスお願いします。ドリル径は、φ17~φ50までと多種多様で、すべて貫通穴加工です。