• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

NC旋盤によるドリル加工

NC旋盤(MAZAK QUICK TURN NEXUS 150)で、 材質S45C、SK3 加工径φ7~φ13 深さ100~160 の多品種の製品の穴加工をしました。 結果、思ったとおり何点か穴が曲がってしまいました。 曲がり量として0.5~1.5(目視による)位です。 深穴のドリル加工の経験が無く、とりあえず次のようにしてみました。 ・ドリルの芯出し 機械的にX方向しか調整できないので、X方向だけでもと思い調整。(ホルダーはドリルに応じて、内径用ホルダー、MTシャンクのホルダー、内径用ホルダーにコレットチャックを取り付けての使用) ・各径共に、短いドリルで20mm位まで開けて案内を付けてから長いドリルでステップ加工で加工。 ・条件は周速12~15 送り0.1~0.15位 ステップは3mm 以上です。その他どの様なことに気を付けたら安定した穴加工できるのでしょうか。 因みに、φ7の深さ160mmの物は作り直しになってしまい明日から再加工しなくてはいけません。 ぜひとも、アドバイスをお願いします。  

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 旋盤
  • 回答数8
  • 閲覧数1136
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

おはようございます。 ?つきだしが多いため素材自体が振れてしまっている。 ?センター加工がきちんと出来ていない。 ?加工条件が悪い。 上記3つが悪いのでは。 突き出し量を出来るだけ少なくする、センター加工はセンタードリル等で確実におこなう。。例としてS45Cならハイスなら0.07~0.1くらい回転数は1200~1600くらいステップはこの半分くらいでもOKかと思います。(あくまでもうちの場合です。) 条件として周速が書いてありましたが穴加工で周速を条件にはしません。 ドリルの条件表に材質別にかいてありますので参考にして下さい。 高めに設定して書いてあるので7割くらいの感じで加工したほうがいいかと おもいます。。ましては長穴なので低めのほうがいいと思います。 がんばってください。 こんばんは。。 ?についてですが素材系が太いので問題はないと思います。  目視で確認できますので確認して下さい。 ?のセンター穴加工ですが深穴なのでセンタードリルを使用して  センターを出さなければまがります。  機械の精度が出ていればX方向だけで十分です。 ?については遅すぎるかもしれません。 以上回答がおそくなりすみません、もう出来たかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 納期的な問題で、引き上げられ他へ回されましたが、今後類似品等が徐々に回ってきそうなので、これらを参考にさせて頂いて、次に備えていこうと思います。

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 すみませんが回答に対して質問させてもらいます。 >?つきだしが多いため素材自体が振れてしまっている。 これについては、中空チャックを使用し突き出し60mm(素材径42)程度なので突き出しが多いとは思っていないのですが、チャック内で素材が浮いている状態です(最大で90mm程度)。これも素材振れの影響になっているのでしょうか。 >?センター加工がきちんと出来ていない。 センター加工については、センターレスのドリル等を利用して、案内穴を加工していますが、センタードリルを使用した加工のほうがやはり確実なのでしょうか。それと、センタードリルの芯合わせは現状X方向しか上手く合わせられないのですが、その程度でも大丈夫なのでしょうか。 >?加工条件が悪い。 これについては、やはり条件が良くないみたいですね。 現状、φ7で回転数が550位なので遅すぎるのでしょうか。 条件表を再度確認して見ます。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
noname#230359
noname#230359

>1.芯だしは・・・ >については、確かに落とし穴でした、確認してません。 先端が円錐のドリルは、スロアウエイドリルのように多少の芯違いでも加工出来る、物では有りませんので重要だと思います 特に今回のような小径ロングであればなおさらです >2.ドリルはせめて長短2種類・・・ >そのほうがいいようですね。 費用はかかりますが 要求精度をクリアしなければならないのなら近道は禁物です 分かっているけどやれない 事をやるのが他との差になるように思います >3.ミーリング機能が有るのなら・・・ >これについては、現状ミーリング機能がある機械はないのですが、参考にドリル >回転とワーク回転両方で加工する理由(原理)を少し教えてもらえないでしょうか。 原理は分かりません 過去に深穴明け機を作ったときの実体験からの推測です >4.予算があれば10D~30Dまでノンステップ・・・ >参考のドリル見てみました。 >かなり良さそうですね、しかし予算的に無理そうですが、今後の状況をお客さん >に聞いた上で有効であれば考えていきたいと思いますが、旋削ドリル加工には問 >題なく使用できるのでしょうか。?(メーカーに聞いたほうがいいですかね。?) そうして下さい ただメーカは確実なことしか言えないと思いますので 最後は自分でトライするしかないように思います 私は 1.が出てればokだと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 大変参考になりました。

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

回答かぶるところもありますが・・・・ 1.芯だしはドリル先端と根元で出ているのか つまりZ軸と平行に付いているのか? 意外と落とし穴です 2.ドリルはせめて長短2種類用意し短いので開けて残りを長いので開けるようにする 3.ミーリング機能が有るのならドリル回転とワーク回転両方してください 切削速度は複合になるので計算に注意 4.予算があれば10D~30Dまでノンステップで開けられるドリルが出ているのでトライする 例えばOSG http://www.osg.co.jp/products/drill/fto.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 今回は、納期の都合上以前からやっている所へ回すとの事で、引き上げられましたが、今後の参考にさせて頂きたく回答に対して質問させてもらいたいと思います。 1.芯だしは・・・ については、確かに落とし穴でした、確認してません。 2.ドリルはせめて長短2種類・・・ そのほうがいいようですね。 3.ミーリング機能が有るのなら・・・ これについては、現状ミーリング機能がある機械はないのですが、参考にドリル回転とワーク回転両方で加工する理由(原理)を少し教えてもらえないでしょうか。 4.予算があれば10D~30Dまでノンステップ・・・ 参考のドリル見てみました。 かなり良さそうですね、しかし予算的に無理そうですが、今後の状況をお客さんに聞いた上で有効であれば考えていきたいと思いますが、旋削ドリル加工には問題なく使用できるのでしょうか。?(メーカーに聞いたほうがいいですかね。?)

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

お役にたてるかは、わかりませんが、参考にしてください。 自分は、インテ100使用しています。 φ1の穴明の時に、主軸回転より、ミーリングの回転の方が、 曲がりが少なかったです。 弊社でも、クイックターン(平成元年式)ありますが、 やはり、Yが動かないので、穴の精度は、いまいちです。 あと、時間がかかりますが、 下穴あけた後、ロングドリルと同じ径の標準のドリルで、 明けられるだけ、明けてから、ロングにして明けてみては、いかがですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 やはり、ミーリングでの方が曲がりは少ないのですね。 しかし、弊社にはミーリング回転と言えばボール盤しかなく・・・

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

元マシニング使いですが 昔使っていた、ソフトを貼ってって置きます http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se054076.html http://support.microsoft.com/kb/196286/ja 加工条件としては、一瞬昔使っていた条件より遅い感じがしたので、検算してみたところ、そんなところです、ちょっと、送りが早いかな ステップですが、深い穴なので、3mmは大きいような気がします 20mmぐらいまでは普通ノドリリングサイクルで それ以降は、深穴サイクルで 加工条件の例として φ7 工具 HSS 材質 SKD 上記プログラムの結果 S=546  F=76.44 ただし、深穴なのでFを半分ぐらいまで遅くします F=35 回答1にあるようにセンターは開けて置きましょう また、だれも書いていないようですが、 ドリルの刃は、大丈夫でしょうか まさか、手研ぎではないとは思いますが、 ドリル研磨機等で再研しますが、結構熟練が要ります、 左右の刃長が違ったり、2番のほうが高かったり シンニングなどもしてください http://www.mitsubishicarbide.net/mmc/jp/product/product_guide/information/drilling/saikenma_wstar.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 条件、参考にさせてもらいす。 それとソフトの方も早速ダウンロードして使って見ようと思いす。 ドリルの件ですが、一番曲がってしまった7mmに関しては三菱のロングストーレートドリル(LSDD0700A300)の新品を使用したので、刃については大丈夫かと。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

Gコ-ドG73を使用していたら G83を使用したら(穴曲がりには関係は、あまりないと思いますが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 Gコードがあまり詳しくないのですが、ステップサイクル(G73)を深穴サイクル(G83)へと言う事でしょうか。 現状はマザトロールの深穴加工のモードを使用しています。 毎回切削開始点へ戻るやつです。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

はじめまして。 両端面から加工できないでしょうか、工程は多くなりますが、ドリル長も 半分で済みますし条件は格段にあがります。 貫通穴でしたらですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 残念ながら、両端面から加工できない形状です。 ピンを通すブッシュで反対からはさらに小さい径で加工します。 曲がっている穴はただの逃がし穴なのですが曲がりすぎてピンが入らない状態です。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

こんにちは。 深さ100の深穴に対して案内20では短いのでは?初めに超硬ドリルを使用し、リード分まで加工(30)。その後も刃長の短いドリル(剛性重視)で70まで入れ、最後に十分な刃長のドリルで仕上げてます。能率は悪いですが、どこまで工程・時間を詰められるかは材料の状態にもよると思いますし、実績を作ってから削減するしかないと思っています。今は、贅沢に超硬ドリルを使用して127ミリまではNCで開けています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 案内が短いみたいですね。 それと、やはり工具本数を増やして分けた方がいいみたいですね。 あと、超硬ドリルですか、やはりいいのでしょうね、しかし突発的な仕事の為、予算的にも無理ですが、今後の参考にさせてもらいます。 それと、工具の振れ(芯合わせ)等は気にされていますか。

関連するQ&A

  • ドリル加工での深穴加工

    お世話になります。深穴加工をして、すごく加工穴が流れてしまい原因が よくわからず、ご教授頂きたくお願いいたします。 SKD11材で、加工深さが60.0mmあります。4.3φのキリ(ストレートシャンクドリル)で、穴数が12カ所あります。ステップ加工(Q1.0)を行い、 油性のクーラントをかけながら加工しました。  S1200 F40 BT403つ爪ドリルチャック(コレットではありません) 工具突き出し長さ、65.0mmです。 最初の加工穴はいいのですが、3カ所目の穴からドリルが折れる前の音 (なんと表現していいかわかりません)がして、ドリルの刃先を見ると ばたばたになっています。3カ所ずつ交換していますが、ドリルの刃先は 回転数や送り、ステップを変えていても変わらず、 結局両面加工(反対面は、3.1キリ)でしたので、加工終了後加工穴を 見てみると、大きく穴がずれていました。 こういった場合、どのような原因でドリルが流れていったのか、 ご教授頂きたいのですが、ドリルチャックを新品に交換しても 結果変わらずでしたので、原因つかめず困っております。 よろしくお願いいたします。 回転数や送りを見直し、コレットに締め付けを行いました。 また、みなさんのアドバイス(答え)通りに行ったところ、 加工穴が流れなくなりました。 今後、自分でさらに加工テストを進めていきたいと思います。 みなさん、ありがとうございました。

  • 旋盤ドリル加工の曲がりについて

    今回はNC旋盤でのドリル加工についての相談です。先に不具合内容を説明します。  Φ5.5ドリルの穴あけ加工(ワーク回転)において深さ35mmの所で曲がり0.5mm(同心度Φ1.0)発生しました。  材料:SCM415  切削条件:V12m/min F0.06mm/rev(ステップ2mm)  NC旋盤での穴あけ加工を頻繁に行っています。ただ加工するワークの種類が多く、通常10本も満たない本数で段取り替えという状況です。  今回不具合が発生したワークは少しロットも大きく、20本あったのですが、その内1本だけ極端に大きな曲がりが発生しました。 考えられる原因や似たような経験がされてましたらご教授願います。  ドリルの取り付けは内径工具取り付けスリーブにストレートシャンクミニコレットを取り付け、工具をコレットチャックで固定しています。  刃先の突き出し長さは約80mmあります。

  • ドリルの加工径が大きくなってしまいます。

    こんばんは。 私の職場でドリルで空けた穴が大きくなってしまうという問題が発生しました。 詳細 マシニングセンタにてΦ14程度のドリル加工したところ穴径が0.5mm程度大きくなったものをそのまま焼き入れに出しました。その後、仕上げ工程にて穴を仕上げようとした際ドリルの加工面が取りきれなかったという問題です。 その他に一般公差を外してしまうくらい穴径が大きくなることがたまに発生していました。 加工時の主軸の振れは0.1mm以内でBT50のホルダーを使用しています。 ドリルは三菱マテリアルのハイス綱、テーパーシャンクドリルを使用しドリルの前にはΦ3のセンタードリルにて5mm加工しています。 ドリルの再研は手研ぎにて行っています。 このことを受け、現在ドリルの研ぎ方を今一度練習しているのですがそれでも最大で0.2mm程度は大きくなってしまいます。 皆様の会社ではドリル径が大きくなってしまうようなことはありますか? 穴径が大きくならないための解決法があるならぜひ教えてください。

  • NC旋盤(自動盤)真鍮加工について

    7月からシチズンの自動盤M20を勉強しています。 製作する部品で、素材は真鍮、外径φ2.5・内径φ2.0±0.01の円筒状の部品加工しているのですが、内径の寸法が安定しません。(口元の穴径拡大) 加工はリーマで行っています。 加工手順として、もみつけ→下穴ドリル(φ1.8)→リーマ(φ2.00)→外径切削 リーマのツールホルダはユキワのEYコレットチャックです。 内径を安定して加工する方法はありますでしょうか?

  • 小径ドリルの深穴加工

    初めて投稿します NC旋盤にて、Φ15の内径奥(深さ32)の底面に、偏心させて2.0穴(深さ12)と1.4穴(深さ20)の段つきの穴を回転工具を使用して加工してるのですが、10穴も持たずに折れてしまいます 偏心距離が6の為、70突き出して加工してます 材質 S45C 調質 使用してるドリル NACHI GLSD 加工方法は、G83を使わず、1ステップ1mm、G98で、S4000 F10 1mm削ってドリルが抜ける1mm手前までF15で逃げて(完全に抜くとドリルが振れる為)、またF10で1mm削る・・・の繰返しで、10mm入ったら一旦完全に抜いてます その時のアプローチも、最初のアプローチも2mmの穴を通る間は、ドリルが振れない様、S10 F100にしてます 自分なりに試行錯誤した結果、この方法が今一番持ってる状態なんです このような加工がこれからも出てくるのですが、何せ経験不足で、困っております 何卒良きアドバイスを宜しくお願いいたします

  • 2軸NC旋盤にミーリング加工を試してみたいのです…

    2軸NC旋盤にミーリング加工を試してみたいのですが・・・ 試した事はありません、あくまでも想像で解説いたします。 変な題名でわかりにくいかと思いますが、要するに2軸のNC旋盤の刃物台のボーリングホルダーに小型の電動ドリルを取り付けて手動にて穴あけ加工を試して見たいのですが、そのような電動ドリルを探しています(ペンシルグラインダーの様な形状でシャンク径40のストレート部にガタ無くはめ込み、コードはコンセントにつなぎ、スイッチをオンにして準備完了) 加工は回転速度を0にするとチャックがロック状態になるので、刃先を軽く当ててX軸を上下するとケガキ線ができたり、エンドミルなら端面溝加工も可能かと思います。またモニター画面のX値を見ながらセンター位置をずらしてZ軸を前後に動かせば穴あけも可能かと思います。もちろん危険な行為は承知ですが、他の機械に乗せかえせず、寸法交差も簡単に出す事が可能なのでかなり魅力的かと思っています。 経験ある方、感想など頂けたらお願いします。

  • 深穴ドリル加工について

    みなさん、はじめまして。 深穴ドリル加工について、どなたか教えてください。 この度、やったことのないドリル加工をすることになりました。 加工条件は以下の通りです。 ドリル径 6mm 加工深さ 約300mm 材質   鋳物(FC250) 使用するドリルは一般的なハイスの刃長400で、 ラジアルで加工する予定です。(フライス等では高さが足りないためです) 当社では深穴加工の経験がなく、誰に聞いても「無理だ、折れる」と 言われます。 やはり、ガンドリル等じゃないと厳しいのでしょうか? このような加工の経験のある方がおられましたら、 アドバイスしていただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。 「やっぱりものづくり」さんお勧めの日立のドリル良かったです。 客先支給の某メーカーのドリルに比べ、 切粉の排出が良いように感じました。 みなさんから頂いたアドバイスのおかげで無事に加工が済みました。 これからも、頼らせていただくことがあると思いますが よろしくお願いいたします。 ありがとうございました。

  • 内径加工がビビリます

    材質はSUS316で、外径100mm、内径はM64のめねじで深さは100mm弱ほど、全長は170mmほどのワークを加工しています。 めねじの下穴加工時に、ビビリが発生して困っています。 素材が丸棒なので、最初にΦ30ほどのドリルで穴を明け、後はボーリングバー(京セラ)で内径を広げていっています。 ボーリングバーは2種類で、最初の荒加工と仕上げは同じバイトで、 Φ20のエクセレントバー(最大突き出し量 D×5.0)、 ある程度内径を広げた後は、 Φ32の鋼バー(最大突き出し量 D×3.0)を使用しています。 めねじの下穴加工だけではなく、内径の奥端面加工もあるので、バイトの突き出し量は110mm以上になってしまいます。 Φ20は120mmくらい、Φ32は110mmくらいです。 荒加工時は、ともに周速50~160ほどで、送りは0.1~0.3で、いろいろ試しましたが、ビビリがまったくおさまりませんでした。 しかし、仕上げ加工はたまたま対話で設定した条件(周速136、送り0.20)で、ビビリは発生しませんでした。 仕上げ代もそれほど気にすることなく、片肉0.02~0.15mmか、それ以上でもまったくビビリませんでした。 しかし、荒加工がビビるので、Φ25のエクセレントバーを購入しました。型番は京セラ A25S-SCLPR09-27AEです。 このバイトは、最大突き出し量がD×5.5となっていたので、荒加工のビビリもおさまるだろうと思っていました。 ところが荒加工のビビリがおさまるどころか、仕上げ加工でも異様なビビリが発生するようになりました。 ビビらない条件を出していても、何個か加工すると急にビビリが発生しました。 周速150ほどでビビらないと思っていたら、190ほどまで上げないとビビリ出したり、今度は80ほどまで下げて収まったりと、なぜこのようなことが起こるか原因がわかりません。送りは0.14~0.25です。 チップが磨耗していたり、新しいものに換えたからといったことでもなさそうです。 突き出し量も110mmでも加工に支障がなかったので、Φ20より突き出し量も短くしました。 その後、あまりにもビビるので仕上げ用に別のホルダを取り付けました。 80°ノーズR0.8のものより、60°ノーズR0.4のほうがビビらないと思い、Φ20のホルダしかなかったのですが、使用したところ、とりあえずビビリは収まりました。しかし、仕上げ代が片肉0.1mm以下だとビビります。(0.02ほどで軽いビビリは発生しました) 今のところ、仕上げ代0.1mmで問題なさそうです。それ以上でどうなるかは試していません。 しかし、このホルダも古いものなので、最大突き出し量はD×5.0となっていました。 新しくて最大突き出し量も長く、径も太いホルダのほうがビビる原因がわからず困っています。 バイトの取り付けも、気をつけていますので、芯が大きくずれたことはないと思います。 ツメの深さは45mmくらいです。

  • ドリル加工機

    スローアウェイ式のドリル加工ではなく、一般的なドリル(MTシャンクでハイス等の材質)での 加工で、径がφ50くらいまでの加工は、みなさんはどのような加工機にて 行なっていますか?当方はボール盤で行なっていますが、もっと手間の かからない方法で加工できればと思っています。 良い案があれば教えて下さい。宜しくお願い致します。

  • NC旋盤の加工方法について

    現在職業訓練で勉強中です。NC旋盤での加工の経験はありません。そこで質問です。 見本のようなものを作りたいのですが、トンボ(ひっくり返す)を最小限で作りたいです。 ワークはS45Cの炭素鋼で黒皮があります。 φ69側(左)がつかみしろで、15mmあります。生爪は10mmです。 寸法はφ70×45です。内部は段差のある凸型の空洞です。←この部分の加工でトンボ バイト類は外径荒・仕上げ、内径荒・仕上げ(止まり穴、ボーリング)、外径ねじ、ドリルです。 僕が考えた方法は 1.外径荒仕上げG71、C2面取りもG71で行う(ねじ部分はつかめなくなるから放置) 2.端面切削45→40にするG72 3.ドリル 4.内径バイトで小さい方の穴を広げる 5.トンボ(ねじの部分をつかむ) 6.大きい方の穴を広げる→R面取り?→トンボ 7.ねじ切削 以上です。