• 締切済み
  • 暇なときにでも

Uドリル加工

NC旋盤にてUドリルで穴あけ加工を行なっていますが、機械から離れないで何かあればすぐに非常停止を押すように指示されました。みなさんの会社でも、Uドリルを使用する場合は、機械に張り付いているのでしょうか?その他の仕事がまったく手付かずになっており困っています。アドバイスお願いします。ドリル径は、φ17~φ50までと多種多様で、すべて貫通穴加工です。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 旋盤
  • 回答数5
  • 閲覧数1375
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

私はUドリルを信用していないわけではないのですが、絶対は無いので上司さんの意見に賛成です。 チップがとんだ時の損失はとても痛いです。最悪でドリル・チャック生爪・刃物台破損!生産停止!他。自分が経営、管理側に就いて実際経験すれば分かるんですが…利益うんぬんは上が考えることです。 旋盤は切削のみで、先に穴だけの工程をすませてはいかがでしょうか?(NCフライス、自動盤、自動ボール盤等で)弊社ではφ30以上はNC旋盤の横で自動ボール盤を使用し先に穴加工をしています。 自分も経験しましたがNC旋盤での穴加工は100%大丈夫では無いですよ 1020さんの考え方も前向きでいいと思います。 すばらしいです1020さん。 私は小企業の取締役をやっているのですが、1020さんと同じ考えを持った従業員が1人でも多くいればきっといい企業になりますよ(大きくなるかは別ですが…)ただ現実、従業員?で1020さんのような考えで働く人は一握りで、保守的で責任のがれの世の中です。 ただ使う側としても難しい人材で、上司と折が会わず独立する方も多いいです。 文章は得意な方ではないのでこのぐらいにしておきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >利益うんぬんは上が考える事です。 との事ですが、上の考えが絶対という事はないと思います。その考えが次の世代にまで受け継がれ、間違った事を当たり前として行なっている。。。少なくとも自分の周りでは、そういう上司ばかりです。色々な事にトライする事により、最終の答えまで辿り着くと思われます。より100%に近づける様にする事が、最高の利益にもつながるのではないでしょうか? 少し言葉が乱暴になりました。申し訳ありません。自分のこの考えは けろろ さんはどう思われますか? 内容が当初のUドリルとも離れてしまいました。この点に関してもお詫びします。暇があれば、返答宜しくお願いします。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

恐らくは加工条件のトライをあまりやっていないのでしょうね 2.5Dで張り付かなければならない加工では儲かりませんね 工具商社、メーカを巻き込んで問題点を洗い出し対策しましょう このままでは時間(お金)を棄てているようなものです ロードが不安定で上限により止めると言うことは切粉の排出が出来ていないのでしょう ブレーカと諸条件を変えてみることをお勧めします

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。自分もそう思います。色々な条件を試してみてデータをとり、適切な切削条件を導き出す事が、担当オペレーターの重要な仕事と考えています。メーカーも1社に頼らず、色々試して見たいと思います。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ども、旋盤屋です。 うちでもS.V.のUドリルを使っております。 納得がいかないというより、効率が悪すぎると言う事なんでしょうか? うちで張り付いて監視しなければならないというと、 チタンを加工する時の巻き付き対策ですね、 スローアウエイドリルで細かくステップさせたりしているので、 ちょっと神経質にベテランにはりついてもらっています。 その他では、ほとんどほったらかしに近いかもです(汗) というのもUドリルの場合、チップのへたりが音で判りやすい工具だと思いますので、 比較的交換時期がつかみやすいスローアウエイドリルだと思います。 それと「その他の仕事」というのはその旋盤の近くまで持ってくるというのはできないのでしょうか? どちらにしても、FJさんのおっしゃるように、指示者と話し合ってみてはどうでしょう。 あらま。 うちのスローアウエイドリルの加工でチタンに次いで要注意な材質が生材系ですね、 ブレーカーの効果が表れにくく、モコモコしたキリコがあっと言う間に一杯になる。 巻き付き対策も必要かと思われますが、どうでしょう? SS400なら、KセラのマジックDの方が扱いやすいかもしれませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。被削材は45C・SS400等ですので、そんなに神経質になる必要もないと思っています。加工長も2.5D程度ですし。 その他の仕事というのは、NC旋盤を多台持ちしている為、張り付きがなくなれば、その他のNCも段取りよく稼動できるようになるとの考えです。やはりもう1度上司と話をしてみます。 返信ありがとうございます。切粉の巻きつきに関しては、今のところ問題ありません。スムーズに排出されている様です。送りを落とすとモコモコとした切粉が 出ちゃいますけども・・・。 やはりメーカーによってかなり違いがある物なんでしょうか?こればっかりは試してみないとわからないですよね。 ちなみに自分もSS400は大嫌いです。材料チャージが変わると性質がかなり変わる時もありますし・・・。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

Uドリル加工とありますが、加工条件の話は工具メーカーや別の方にお任せするとして、 要は指示に対して納得できない訳ですよね!。 指示が納得できないならば、指示者に対し「なぜ、その必要があるのか」の説明を求めてください。 私は部下を持つ立場であり、上司に使える立場でもあります。 部下に納得のいく説明ができない場合、私の力量が疑われることになります。 又、上司から指示を受ける場合、納得のいく説明を求めるようにしています。 明確な説明ができない行為は中止、廃止するべきです。 なお、貴殿が不用な行為であると思うならば、その理由と根拠を示して説明して下さい。 ISO-9000ではコミニケーションを計ることを要求しています。 説明を求めることはこの要求にも合致していいると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。その通りです。納得いきません。少しでも効率よく作業をこなしたいので、機械に貼り付きになる行為自体、NC旋盤ではムダと考えています。当初、この件では上司と話はしましたが、機械が故障する可能性が高い・チップが欠けるとすぐにボールネジに影響がでる等の回答でした。正直、脅された様な感じでした。修理となるとやはり会社に痛手を負わせる事にもなりますし・・・。と、まぁこんな感じです。でも納得できないものはとことんまで話合うべきですよね。がんばってみます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

使用されているNC旋盤に、Z軸または主軸の「負荷監視」の仕様がついていれば、それを利用されてはどうでしょうか。 >Uドリルの径にもよると思いますが、御社では何%くらいまでで加工されていますか?差し支えなければ教えて下さい。 被削材質・ドリルの種類・ドリルの径・切削条件・その他によって負荷は変わりますし、モータの出力・ギヤ比・ボールねじのリード・その他によって負荷の割合(%)は変わります。 これを計算で求めるのは現実的ではないので、私は例えば下記のように設定しています。 ---------- (サイクル停止アラーム・即停止アラームと二段階で設定できる場合) ? 新品のチップに交換した後のドリル加工の負荷を確認します。 ? 新品のチップに交換する前のドリル加工の負荷を確認します。 ? ?・?の負荷と?のチップの磨耗の程度から、?+αの負荷をサイクル停止アラームさせる値とします。 ? ?+βの負荷を即停止アラームさせる値とします。 αとβについて、基準の負荷より1~5割増くらい、負荷が大きく安定している場合は少なめ・負荷が小さく不安定な場合は(仕方なく)多めにします。 負荷監視機能は、比較的負荷が大きく安定している加工に有効です。 ---------- 多くの場合、負荷監視機能は、オペレータが機械に張り付くのと同じで、予測困難なハプニングがあった際に機械へのダメージをなくすために利用します。 うまく使えればローリスクで省無人化できます。 見直してみますと、何か話が食い違っているように感じました。 >しかし、Z軸の負荷が30%までと指示されています。 これは、負荷監視の設定のことではなく、上司の人からドリル加工の負荷が30%以内になるように指示されたということですか。 >Uドリルの径にもよると思いますが、御社では何%くらいまでで加工されていますか?差し支えなければ教えて下さい。 これは、ドリル加工の際のZ軸の負荷の上限をどれくらいにしているのか、ということですか。 値を決められているわけではないので、自分で判断しています。 8インチチャッククラスの普及型のNC旋盤でφ40~50のUドリルでしたら、70%くらいまで、負荷監視のサイクル停止アラームさせる値を80%・即停止アラームさせる値を90%として、100%まで10%の余裕です。 これは、機械剛性/精度・チャッキング・工具・クーラント・切粉処理等に問題がなく、Z軸の負荷のみがネックとなっている場合です。 >ただ、この機能を過信するのではなく、日々磨耗等のデータ取りをして、より確実な加工ができる様にがんばります。 御意のとおりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとう御座います。負荷監視機能はついているので早速ためしてみます。しかし、Z軸の負荷が30%までと指示されています。どう考えても安全を見すぎている感があります。切粉の状態等を見ても感覚ですが、まだまだ余裕があると思います。Uドリルの径にもよると思いますが、御社では何%くらいまでで加工されていますか?差し支えなければ教えて下さい。 度々詳細なアドバイスを頂き、ありがとうございます。早速設定しました。ただ、この機能を過信するのではなく、日々磨耗等のデータ取りをして、より確実な加工ができる様にがんばります。

関連するQ&A

  • ドリル加工

    NC旋盤のドリル加工で貫通孔をあけています。孔の抜け際にフタができて裏面加工した時に、そのフタが孔の中に入ってしまって困っています。被削材にもよるとおもいますが、フタができにくくする方法をおしえてください。材料はSUS13A ドリル径はΦ6です。お願いします。

  • NC旋盤でのドリル加工

    材料がアルミの68パイ丸棒の全長238で40パイの 貫通穴があいています。 そこに、43パイのドリルを175ミリあける加工を NC旋盤でドリル加工のプログラムを作ってるのですが、 どうしても穴が大きくなり段がついてしまいます。 どうしたらキレイな穴をあけれますか?

  • NC旋盤によるドリル加工

    NC旋盤(MAZAK QUICK TURN NEXUS 150)で、 材質S45C、SK3 加工径φ7~φ13 深さ100~160 の多品種の製品の穴加工をしました。 結果、思ったとおり何点か穴が曲がってしまいました。 曲がり量として0.5~1.5(目視による)位です。 深穴のドリル加工の経験が無く、とりあえず次のようにしてみました。 ・ドリルの芯出し 機械的にX方向しか調整できないので、X方向だけでもと思い調整。(ホルダーはドリルに応じて、内径用ホルダー、MTシャンクのホルダー、内径用ホルダーにコレットチャックを取り付けての使用) ・各径共に、短いドリルで20mm位まで開けて案内を付けてから長いドリルでステップ加工で加工。 ・条件は周速12~15 送り0.1~0.15位 ステップは3mm 以上です。その他どの様なことに気を付けたら安定した穴加工できるのでしょうか。 因みに、φ7の深さ160mmの物は作り直しになってしまい明日から再加工しなくてはいけません。 ぜひとも、アドバイスをお願いします。  

  • ドリル加工について

    はじめまして、いきなりですがSUS303でφ0.3、深さ3mm(穴寸法交差0.02)の穴あけ加工をNC旋盤でやろうとしてるんですが何か良い加工方法、切削条件、使用する刃物でいい物あったらアドバイスお願いします。 自分はまだ加工の経験が浅くどのような条件がいいのか迷っています。

  • センタードリル加工

    NC旋盤でセンタードリルのもみつけ加工をするときに、ドリルチャックを使っていますが、芯だしがうまくいかずに困っています。何か良い方法またはホルダーなどあるのでしょうか?宜しく御願いします。 機械の芯は出ていました。

  • スーパードリルについて

    さて皆様に聞きたいことがあります。 私は今、汎用旋盤にて穴あけ、中ぐり加工をしているのですが、私は今までスーパードリルをしようしたことがなく、切削条件や注意する点などがわかりません、そこでスーパードリルを使用するときの注意点や切削条件などを教えていただけませんか?ワーク材質はS25Cです、φ60のスーパードリルを使用、穴深さ、80mm貫通穴です、どうかよろしくお願いいたします。

  • 深穴加工について

    野村精機のNC自動旋盤でφ2.8mm、長さ17.0mmの貫通穴を加工していますがステップ加工の為加工時間がかかってしまいます。ドリルはハイスでステップでの切削深さは8.8mm、3.2mm、2.6mm、2.1mm、2.0mmの5回入れています。回転数は4600です。もっと早く加工できる方法があれば教えて下さい。また市販のドリルをそのまま使うと穴ガバが出る為に手研ぎをして使っています。いいドリルがあれば教えて下さい。超硬ドリルは使ったことがないので教えていただければ幸いです。 初心者なので出来れば条件等を詳しくお願いします。 材料はASK2600、M3タップ深さ10.0mm転造タップを使用しています。機械はNN-10SB?です。

  • オークマNC旋盤での穴加工について

    オークマのNC旋盤LB3000EXIIについて教えてください。 対話データで穴加工をしているのですがドリル加工で貫通と止まりがありますが実際どの様な動きの違いがありますか? 図面ではΦ13の穴が貫通とあるので貫通で加工をすると一度Zのプラス方向に動いてから加工を始めます。 止まりでデータを作るとその様な動きはなくきちんと動いてくれます。 どなたかよろしくお願いいたします。

  • ドリル加工でステップをかける理由

    ボール盤で穴あけをしている時にふと疑問に思ったのですが、ドリル加工をしている時に送っては止めるを繰り返しますが、あれば切子の切断のためって考えで合ってますか? 今までNC旋盤やMCでノンステップで開ける場合もありましたが、大半がステップ量を入れてますがステップをかけずに加工した場合と比べ何か違いがあるのでしょうか?

  • 中心のずれ

    NC旋盤で、穴あけ加工を行うのですか? 正面穴径0.596 裏穴径1.4です 穴をあける前にセンターもやってます。 機械の中心はメーカーで、出して、あるので、OK 裏穴径1.4がずれるみたいで、 バックチャックか、ドリルをくわえるチャックが悪いかと思いますが? 予備はない!ので交換はNG 他のNC旋盤は同じ条件で曲がらず加工ができてます。 もし、何か手がありましたら、教えてください。