『プラスチック』に関する質問・疑問一覧

次へ  ]
1831件中 1~20件目
  • 静電気除去方法

    プラスチックのフィルムが半折したときにブロッキングするので静電気が原因の一因ではないかと思ってます。 その際に静電気除去する方法として除電ロープ、除電ブラシ、除電バーなどありますがどれが一番有効になるか教えて頂きたいです。 また紐、ブラシによって価格に開きがあるものはありますが何が違うのでしょうか? ご教示方よろしくお願い致します。

    2020/06/03 12:01
  • ポリアセタールの強度について

    企業秘密もあるので、大雑把な説明しかできませんが、POM製のパイプ割れの原因について予測されることを教えてください。 POM製のパイプで外形は約φ7、内径はφ6.1程度です。このパイプは恒温槽に入れ収縮させてこの寸法になったものです。そのφ6.1の内径部に別の部品を圧入しますが、その部分の外形はφ6.25程度です。この時に割れるのですが、考えられる原因について意見をお願いします。(寸法でしょうか?材質でしょうか?恒温槽で収縮させたことが問題だったでしょうか?)

    2020/05/26 10:34
  • アクリル板などのエッジは、なぜきれいに見える?

    簡単な事かもしれませんが、素人なので教えてください 蛍光色のアクリル板などのエッジ(縁)は、表面に比べてきれいな色で 光っている様に見えるのですがその原理を簡単に教えてください アクリル板に入った光の反射や拡散の影響と思うのですが、簡単な 図などありましたら教えてください よろしくおねがいします

    2020/05/22 16:44
  • ペットボトルを素材として溶着することは簡単ですか

    プラスチック溶着機というものを使えば簡単にできるのでしょうか。

    2020/05/20 05:56
  • シールチェック用の浸透液について

    市販されている浸透液で一番浸透率が高い製品を調べるにはどうすれば良いでしょうか? それか既存の中で一番浸透率が高いものをご存知の方情報いただけるとありがたいです。 よろしくお願いします

    2020/05/18 18:28
  • 探し物の相談

    添付画像の物を探しています 水田の水面を監視・管理する物で、この名称・水深ゲージで探しても出てきません 名称が分からない??? この物は頂き物で、顆粒水口処理ー水深ゲージー日産化学 他には、クミアイ化学(クミカ)製も有ります 厚み強度的には下敷き程度で、自作も考えてはいるのですが 枚数が60枚程度、100枚ぐらい欲しいのですが、薬剤メーカーにおねだりするには多すぎ 鉢の花卉の名称板も長さが無く、割りばしは短いし、小枝は後の撤去忘れが怖いし 良いアイディアが有ればと

    2020/05/18 06:47
  • 軟質塩化ビニールについてです。

    今晩は。 新型コロナウィルス対策として 軟質塩化ビニールがついているカバーをフェイスガードとして長期に使う場合、人体に影響はあますか?(目や吸い込んだりして) 温度の変化による素材の変化への影響からや、匂いなどからです。 発がん性などへの影響など。 宜しくお願いします。

    2020/05/16 23:56
  • PE,PPでアルコール耐性がない場合はありますか?

    ご存じコロナ対策の影響でアルコール消毒用のスプレー容器が枯渇しています。 探したところ、芳香剤スプレーで、容器がPE(ポリエチレン)、スプレーがPP(ポリプロピレン)、フィイルムがPET(ポリエチレンテレフタレート)の物が売っていました。注意書きにはアルコール耐性に関して特に注意書きはありません。 フイルムを剥がせばこのスプレーはアルコール消毒用のスプレー容器として使えると思っています。 しかし、一部の情報ではPP/PEでもエチルアルコール耐性のない物があるかもしれないとのことですが、真偽の程を教えてください。

    2020/04/25 12:44
  • アクリル板で凸レンズは作れますか

    プラスチックレンズの素材は普通のアクリル板と違うのかもしれませんが、電気ドリルなどに貼りつけてやすりで整形できないかと考えています。製作上の注意点など教えていただければと思います。

    2020/04/17 07:08
  • 熱膨張率単位に関して

    樹脂部品の熱膨張率に[cm/cm℃]と書かれていたのですが この意味が理解できず質問致しました。 1[cm/cm℃]だと単純に1℃毎に1cm膨張という意味でしょうか。 宜しくお願い致します。

    2020/04/10 16:26
  • ポリカ表面にカルボン酸塩が付着するメカニズム

    ポリカ部材を用いており、その表面に異物としてカルボン酸塩が付着しました。 こういった現象が、何故、どこからどのように付着したのか、検討もつかないため、 質問をさせて頂きました。 尚、周りにはエポキシ系の二液性接着剤がいます。 よろしくお願いいたします。

    2020/04/07 16:17
  • 樹脂 1kg 材料価格

    開発に携わっているものです。 さまざまな樹脂の材料価格が乗っているHPがあれば教えて下さい。 また一番、知りたい樹脂はPOMです。 誠にお手数ですが、何卒宜しくお願いします。

    2020/04/06 11:11
  • 3Dプリンタでマスク自作したい。

    ずぶの初心者なのですが、イグアスという会社のデータで3Dプリンタを買って、ナイロン製のマスクを自作したい。  ・市販でマスクが作れる大きさの3Dプリンタ(1~2万ぐらいの中古でないやつ)  ・材料(ナイロンの原料?) を教えてください。

    2020/04/05 08:01
  • ABS樹脂を漬け物樽にしても問題ないですか

     自宅にABS素材の洗い樽があります。「ハンカチーフや靴下を手軽に洗える」が歌い文句でした。支えとハンドルが付いていて、一度だけ試しに使いましたが、あとはお蔵入りでした。手動で回す方式なのですが、回転が容易なのでそこに塩入リの糠床を張って「ぬか漬け」を作りたいと思っています。  問題は、材質が「ABS樹脂」なのです。色々調べると漬物樽の材質はおもに「ポリエチレン」蓋は「PP‥ポリプロピレンのことでしょうか」が普通です。  春~夏の新鮮野菜の浅漬けに是非使いたいです。漬物容器として毒性の問題はあるでしょうか?。ポリプロピレンと比較してどうでしょうか。ご教授下さい。

    2020/03/25 21:27
  • 分子量分布から分かること

    100~10000の分子量分布をもつ高分子において分子量1000以下が20%存在する場合、この高分子が100gあったら分子量1000以下が20gということになりますか?

    2020/03/25 14:06
  • 濾紙に通るような微粒子の濾過

    濾紙に通るような微粒子の濾過はどんなものがありますか? 樹脂を再沈殿させたものを濾過して溶媒に溶かしてgcmsにかけたのですが、樹脂成分が通過しているようです。何かいい方法はありませんか?

    2020/03/24 18:43
  • 樹脂の耐薬性能試験方法の規格

    樹脂の耐薬性能試験方法として、規格JIS K7114 :2001(ISO)が見つかりました。 こちらは試験方法として一般的でしょうか? 客先の水溶性切削油に対する、耐薬性能を評価するために材料の試験片になんらかの試験を行おうと思っています。 外部委託は難しいので、設備的に不可能なこともあると思いますが、一般的な方法に従って行いたいです。

    2020/03/03 09:55
  • 荷重たわみ温度について

    荷重たわみ温度について以下の内容をご教授願います。 1.材料メーカーのカタログをみる限り、試験の曲げ応力として 「1.80MPa」と「0.45MPa」 が使われていますが、これはJISにて規定されている  応力値なのでしょうか? 2.荷重たわみ温度と耐熱温度は言葉としてなにか違いがあるのでしょうか? 3.仮に使用するPP材の荷重たわみ温度が0.45MPa 100℃で、 その材料を使用した部品にかかる応力が0.45MPa以下の場合は  耐えれる温度は100℃以上となるのでしょうか?

    2020/01/26 10:36
  • 炭素繊維材料で使われるtの表記の意味は何ですか?

    普段サークルで積層板やCFRPパイプを加工しているのですが、弾性率?に関わるものだと思われる24tや40tなどの表記は何を表していますか?材料について全く知らないので初歩的かもしれませんが教えて下さい。

    2020/01/19 18:10
  • 樹脂部品の許容使用ひずみの定義についてのご質問

    お世話になっております。是非皆様方のご知見を頂戴したく、投稿させていただきます。何卒宜しくお願い申し上げます。 (ご質問1)  PA6-GF15材料の部品の許容使用ひずみを机上検討にて設定する場合、何%を許容ひずみとしたら良いかご知見をお借りできませんでしょうか。 (ご質問2)  机上検討にて決定できない場合を鑑み実測することを検討しております。樹脂テストピースの復元力の測定方法をご存知の方がいらっしゃいましたらご教示頂けませんでしょうか。 (詳細背景)  現在PA6-GF15の材料を使用した部品設計を行っておりまして、板厚等の仕様を決定する際に重要になってまいります樹脂の許容使用可能歪みを何%とするか、という問題に直面しております。設計しています部品は繰り返し使用(20回までは壊れ無き事が要求)する部品となります。  樹脂の弾性変形領域内で設計をする場合には、樹脂の板厚が大きくなってしまう等の弊害が出て参りまして、実用性を鑑みるに樹脂の塑性変形領域にも若干またがる設計をする必要があるかと考えています。  調査いたしました文献に依りますと、許容使用可能ひずみを破断時のひずみの50%とされるという考え方(安全率を2とする考え方)が存在する様ですが、どのような検討結果により50%を導き出したかがご不明であった為、採用できずにいます。  どなたか、机上検討にてPA6-GF15の許容使用ひずみの定義の仕方をご教示頂けませんでしょうか。  ちなみに、樹脂材料メーカーに確認したところ、上記と同様に破断時のひずみの50%を許容使用ひずみとするという考えでしたが、繰り返し使用を前提としておりませんでしたので、採用できずにおります。  繰り返し使用回数の要求値である20回は持つのではないか、と考えてしまうのですが、確りとしたエビデンスを以って先へ進めるべきであり、試作品を作製した後に実測を行った結果、20回持たない可能性も御座いますが、先ず検討段階で設計根拠を基に進めていければと考えております。  また、2つ目のご質問になりますが、最終的には使用可能ひずみ領域を実測結果を基に決定する必要があるとも同時に考えています。  測定する項目といたしましては、樹脂の復元力を測定することを考えています。数個の樹脂テストピースを準備いたしまして、(1)引張力を与え(2)リリースし(3)残存ひずみ(=復原力)を測定する、という方法になります。N回(1)(2)(3)を繰り返し、復元力が一定であれば、新しいテストピースに移行し、前回よりも大きな引張力を与え、同じく復元力を測定します。インプットするひずみが増大すると、復元力が一定とはならず低下すると考えており、このときのひずみを許容使用『外』ひずみ、それ以下のひずみを許容使用ひずみと、定義できるのではないかと考えております。  可能でございましたら、JIS等の試験方法、若しくは推奨の詳細試験方法(テストピース形状、N数、N回測定、温度、湿度、保持時間等)をご教示頂けませんでしょうか。  お忙しいところお手数お掛け致しまして、誠に申し訳ございませんが、何卒ご知見を賜りたく宜しくお願い申し上げます。

    2020/01/07 18:44

ピックアップ