• 締切済み
  • すぐに回答を!

アルミのポケット加工

アルミ製品のポケット加工を縦型マシニングセンタで行いたいのですが、 とても深い形状のため切り粉が溜まってしまい刃物が折れてしまいます。 一応中心にΦ30程の穴を貫通させているのですが、バイスのつかみ代の関係で、製品とバイスの隙間は10mm程度しかなく切子がうまく掃けてくれません。 ほかに穴などを開けていい場所もなく、切削液(溶着対策のため)の飛散防止のためにエアーの使用もできないみたいです。 何かいい方法はないでしょうか? 加工したいポケットの寸法は90(H)×50×100で、コーナーにはR8のヌスミがあります。 普段アルミ製品の加工はしないため、ちょっとしたことでもいいので教えてください。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数162
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

クーラントについて、アドバイス致します。 ◆推奨品は、BlaserSwisslube社のVasco1000MD。 ?植物油ベースなので、潤滑性が抜群。 ?エマルジョン粒子が細かいので浸透度が強い。 ?細かい油粒子に添加剤を溶解させている。・・・・二重の効果 ⇒ 絶大。 ?Phが低いので作業者に優しい。 ?アルミ・亜鉛・銅に対して腐食が無い。 ?航空機メーカーの認証を受けている。・・・・信頼度。 ※残念ながら、上記メーカーに敵う社・製品は存在してません。時折、比較データを簡便な数値を並べて売り込みに来る社が有りますが、今一、データに信頼性が薄いと思ってます。 <あくまでの私見での発言と、実体験でのコメントです。>

参考URL:
http://blog.livedoor.jp/mimizuku81/?blog_id=1826023

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アルミの加工について

    みなさんにお訊ねしたいのですが、形状は台形で中は空洞、厚み6~10mmのアルミの加工をしています、固定の仕方は四つ角に穴があるので穴の下に物をかましてナット締めしています、刃物はアルミ用のチップ1枚でチャックは100パイのものを使用して荒加工(別の刃物を使用)をして中取加工(0.2)仕上げ(0.05)で削っていましたが、製品がびびって波が出たり擦り傷の後が付いて物になりません、加工速度や刃物を変えたり切削回数を増やしたり試行錯誤してるのですが、納得のいく物が出来ません、詳しい方がいらっしゃいましたらご指導頂けませんか? 切削機はOKKマシニングのMCV560で水溶性油を使用しています。 データーは対話式ではないのでCADで作っています。 製品のサイズは(高さ58加工面)縦616横450です。 製品の歪みはかなり歪んでいます。 切削面は3.2仕上げです。 偏差は0.05です。 本職はプレス金型のためアルミに対しての知識は乏しく取引先に聞いても固定の仕方には問題のなく製品は良質でびびるはずがないと言い切られてしまいます、知り合いを当たって、いろいろ試したのですが、全てダメでした、下手な文面で分かりにくいかと思いますが、宜しくお願いします。

  • アルミ面に傷のつかないドリル加工は?

    アルミの板に貫通穴を開けたいのですが ドリルのキリコで穴の周りに丸く傷がついてしまい 対処方法を探しています。 ワーク:アルミ63S 形状:t20の板 穴径:Φ3.4(M4タップの下穴) 工具:OSG EX-SUS-GDR 切削条件:VC=40>S3700      f=0.1>F370      G83 2~4mmのステップ加工        (ステップ量を変えても効果なし)      水溶性切削油スピンドルスルー 機械:立型マシニングセンタ 今までは加工面にシールを貼って対処していました。 今回は穴がワークの淵にありクーラントの勢いではがれたりしてしまます。 シール無しでも傷のつかない加工方法はありますか? よろしくお願いします。

  • アルミ加工について

    今まで樹脂の加工を専門にやってきたのですが アルミの加工を相談され困っています。 形状は10mmの板圧にボスが立ったり、穴加工 があったりと簡単な形ではあります。 設備はファナック製のロボドリルを使用している のですが、専門が樹脂のためクーラントはエアーブロー のみです。 簡単な加工を一つ取ってみても、アルミ加工に切削油 なしでは不可能なのでしょうか? とりあえずは今の設備で色々と試してみようかと思っては いるのですが、少しでもアドバイスが頂けたらとココに 投稿してみました。 よろしくお願いします。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

下に出すのが無理なら上に切削液を出来るだけ沢山勢い良く掛けます。切削条件は回転を早く送りはゆっくり出来るだけ切子の重さわ軽くして巻き上がるようにして排出します。アルミは特に軽いので落とすより巻き上げたほうがいいです。MCならスプラッシュガードが付いてますよね。切削液を目いっぱい掛けます二本あったらちょっと狙いをずらして渦を巻くようにすると効果的です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

切削油に灯油を混ぜたらかなり溶着がましになりますよ、アルミ加工しかしないためできることですが、水溶性の話です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

バイスの口金は交換できませんか? 交換出来るなら高い物に交換することで下の隙間は増やせます。 少しは切粉がはけるようになるかもしれません。 また、製品自体の大きさは不明ですが、可能であればバイスを2個使用して把握することでφ30の下をフリーにしてしまうとかどうでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

口金のほうは交換できないタイプみたいです。ボルトとか見えていないので。 バイスを2個使用はうまくいくかもしれません。一度試してみます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

こんにちは。 ちょっとしたアイディアを提案します。 もし、バイスに切り子カバーが付いていて、その切り子カバーを外すことによって、製品下にスペースができるようなら、カバーを外してしまいます。 ダメなら、一段加工するごとにエアブローするようにサブを組んで、ループするプログラムにします。 エアブローする前に、ドゥエルを入れて切削水が掃けるまで待つようにします。 時間はかかりますが、高価な刃物を折ってしまうよりは安上がりだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • アルミの小径深穴加工について。

    アルミの穴あけ加工をしているのですが構成刃先に困ってます。 アルミに3φの穴を深さ20?あけます。 使用機械はBT40主軸、max6000回転のマシニングセンタです。 一つの製品に3φ深さ20?の穴が10個あり、それを3000個ほど加工しなくてはいけません。 センタースルーがないので外部給油です。 切削油は水溶性のカストロールシンタイロ9902を使ってます。 ドリルはミスミ製のTAC-ESDRA3.0と、タンガロイ製DMX0300FLを数本購入して、条件を変えながらテストをしています。 加工条件はS5000F700ノンステップ加工です。 G73で5ミリステップやG83で5ミリステップなどいろいろ試しましたが10穴終わってドリルを見ると見事に構成刃先になってしまいます。 なるべく穴に切削油がかかるように調整してやっているのですがうまくいきません。 おすすめのドリルや切削条件等教えてください。

  • アルミパイプ A1070突切り加工について

    アルミパイプの突切り加工で溶着してしまい困っています。 【素材】 A1070 φ50×t5パイプ 【仕上がり寸法】 外径46.4 内径45 厚み2.5 【刃物】 タンガロイ JXGR8150FA TH10 【切削液】 カストロール アルーソルB(水溶性) 濃度8% 上記の内容で高回転、高送りなどいろいろ試しているのですが 切削面がガタガタに… 他の外径や内径などは状態良く仕上がっています。 このことから突っ切り加工のみ何かしらの悪影響が有ると考えています。 今後の展開は切削液を水溶性から油性に変更しようと考えております。 どなたかご存知のかた居られましたら刃物や条件、切削液などどんな 些細なアドバイスでも結構ですのでよろしくお願いいたします。

  • 刃物の振れによる加工寸法のバラツキについて

    初めて投稿致します。マシニングセンターにてアルミダイキャストで鋳造された製品を加工しています。深さ10mm程のベアリング穴を加工しているのですが、ある時、径が大きく加工されているのが確認出来ました。加工中に素材が動き、大きくなったと思われましたが、面粗も良く外観だけでは判断出来ません、かといって前後に加工を行った製品を確認すると、何の問題も無く、正常な規格の製品が出来ていました。要因としては刃物の振れではないかと?考えられます。刃物自体が曲がっているのではないか?と思い確認しましたが曲がってはいません、考えられるとすればツールチェンジの際、切粉等の不純物がその時だけ主軸に入り、その様な現象を引起す原因になっているのではないかと考えられます。通常、ツールチェンジの際、エアーが排出されるので不純物が入るとは考えにくいのです。この様な突発的に加工径が変化する事など、有るのでしょうか?何か事例とかアドバイスなどを頂ければ幸いです。

  • アルミに穴あけ加工なのですが

    少々お力添えいただきたいのです。 アルミ2017の板厚10にφ3の+0-0.006に深さ7+0.1の 穴240箇所の加工がありまして、リーマー加工にしようかと思いました が下穴が貫通出来ないのでどのようにしたらよいものかと困ってしまいました。 どなたかご教授お願いできませんでしょうか?

  • 銅材の穴あけ加工

    材料は30角、長さ300ほどで10mmの穴が長手方向に貫通しています。 この10mmの穴を12.2mmで深さ250mmに拡げたいのですが何か良い加工方法を教えてください。 銅は縮みが激しいためドリルを送っていくと食いついてドリルが止まってしまい困っています。 加工機械はラジアルボール盤でナチのハイスロングドリルを使います。 切削条件やキリ先の加工形状、切削油の選定などできれば具体的にお願いします。 それではよろしくお願いします。

  • アルミ材加工においての注意点と疑問

    こんばんわ、度重なる質問で申し訳ございません 新規受注で、アルミのピストンを加工する事となりました。 材料はアルミ棒材から切り出し、旋盤で外形加工します。 また、旋盤加工の前にMC(エンドミル)で長穴形状で、 ある程度の深さの空洞を作ります そこで質問ですが、まず ?、切削液(クーラント)はかけるべきでしょうか?  旋盤の場合とMCの場合の回答をお願いします。 ?、MCでエンドミル加工する際の工具は、XPMハイスエンド  または、蝋付け超硬刃2枚エンドミル、どちらが適していますか? ? 溶着、構成刃先などを防止するための注意点を教えてください  これも、旋盤とMCでの場合でおねがいします 家庭諸事情で回りに聞くべき人がいませんので 現在ではここでしか頼るところがありません 何卒よろしくお願いします

  • アルミ材加工時の変色について

    フライス等で大型のアルミ加工物の表面をさらう時に、刃物のトレースの境に黒く変色しているものが有ります。恐らく刃具の摩耗や切削油、送り速度によって変わると思うのですが、いったい黒い部分は何でできているのでしょうか?また、このような変色を100%かそれに近いレベルで抑えることは可能なのでしょうか?

  • アルミの深穴加工について

    アルミの自動車部品(鋳造品)でφ5×深さ475の加工穴(止まり穴で流れ/曲がりの規格が0.3以内)があり、現状マシニングセンターでのガンドリル加工をしてますが、バラツキ大きく1ミリを越えるものがでており悩んでおります。 まっすぐ明ける方法はないのでしょうか? (数社ガンドリル加工屋さん問い合わせしましたが、良い回答はもらえませんでした。巣とかが有り流れるとのこと。)

  • アクリル10mm厚に、Φ0.3穴60個貫通をあけ…

    アクリル10mm厚に、Φ0.3穴60個貫通をあける加工 アクリル10mm厚に、工具径がΦ0.3、60個の貫通穴加工をしたいのですが、焼けずにきれいにあく切削条件を教えてください。 かなり悩んだのですが、思うようにあかないので、どなたかわかる方がおられましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

  • アルミ加工のドリル選定で悩んでいます

    私の職場ではアルミの鋳物、削りだし加工をメインで行っています。 これまでドリルはノンコーティングハイスを使用していました。 多品種少量生産のため寿命は問題ありませんが、そのつどセットするのと頻繁に再研磨するのが面倒なためよく使うドリル(M5,M6,M8ネジ下穴、バカ穴用など)のみ機械ごとにセットしたままにしておくことを検討しています。 その際のドリルとしては長寿命かつ高速で加工できるようなものがよいのですがなかなかこれだと思えるものがなく悩んでいます。 条件としては 横型マシニングセンタ(最高回転数6000) 切削油は油性もしくはミストでセンタースルーも可 ワークはA2017,A7075,AC4Bがメイン、稀にADC12 加工穴深さは4D程度 加工穴数は年間2000~3000 最低でも1年間は交換なしで使用したい メーカーは問いませんができれば大手メーカー できればノンステップで加工したい 切削油が水溶性でないのがドリル加工の際のネックですが、以上の条件に合うドリルをご存知の方いらっしゃいましたら教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。