• 締切済み
  • 困ってます

焼入れ品の仕上げ加工について!!

業務でおもに、機械加工を担当している者で、プレス金型の製作に、たずさわっています。 最近、SKD-11の総焼き後の加工が、増えてきており、仕上げ加工に時間が、かかり困ってます TiAlN系のコーテイングの超鋼2刃ボールを使用していますが2度がけ、3度がけしないと、取りきれません。 よい刃物(エンドミル)はないでしょうか?? また、加工条件等も参考にしたいので 同じような加工を、されてる方が、あればよろしくお願いします *(生の状態で0.5mm残しまで加工後、研磨にて  基準面の加工をおこなってます) 焼入れ高度は、HRC58-60です 加工種類は、形状加工(3D加工) 取り代(切り込み量)は、0.2mm-0.3mm 形状加工のピックは0.5mmでS6000のF3000前後で行ってます 使用機械は、オークマ製の門型です 説明が、乱雑で、わかりにくいかも、しれませんが、よろしくお願いします

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

こんばんは。 jackalさんと同意見で、仕上げの取りしろが多いのでは。 加工されているような大きさの物は経験したことありませんが、自分だったら仕上げ2回ではなく 中仕上げ?0.1残し+中仕上げ?0.02-5残し、その後に仕上げ加工でいきます。 普通、仕上げより中の方が時間かかりませんからね。 またボールでしたら間違いなく4枚刃使います。 個人的にはコベルコのVC4MBが月並みですがオススメだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返信ありがとう ございます。 コベルコとエポックを試してみようと思います^^ 初歩的な、質問ばかりするかもしれませんが、その時は、よろしくお願いします。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

こんにちわ。 取代が少し多い気がします。SKD焼入れは、仕上げなら0.02程度で良いですし、荒なら0.20.3で良いです。 工具は多刃で、ボールなら4枚エンドミルなら6枚を使用して高速加工を行うと条件が上げられます。 hikaru さんの言われているCBN系も効果があると思います。 門型なので、早送りはあまり期待できないので、CAM側でアプローチやエスケープを極力短くすると効果があります。 MQL(ミスト)で加工すれば、ピカピカします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

jackalさん 返信ありがとうございます。^^ 今行っている、加工手順、方法が 1、生の状態で形状面0.7残し  2、焼入れ後研磨にて取り付け面及び基準面0.2m  mぐらい研磨(ひずみ取り) 3、中引きにて形状面0.2mm残し 4、仕上げ加工(2度かけ) で行っています。やはり中引きの段階でもうすこし取り代を少なくするべきだと思うのですが、焼きひずみが、あるためこのような取り代になっています。自動車部品プレス型のため、仕上げ加工範囲も1500x500mmぐらいあります、この場合でもアドバイスいただいた内容で、いけますでしょうか? 新しくたちあがった部署なので、経験者がいないなか、苦労してます^^;

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

毎度。 この硬さでは超硬では短寿命でしょう。 やはりコストはかかりますがCBNのボールでしょう。これであれば記載されいる条件で使用は可能でしょう。できれば三マテか日立で試すのが良いのでは。 では。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すぐの、回答ありがとうございます 早速CBN工具の見積もりをしてみます^^

関連するQ&A

  • 焼入れ鋼へのリジッドタップ加工できますか?

    SKD61の焼入れ(HRC50)及びSKD11の焼入れ(HRC60)にタップをたてたいのですが、リジッドタップで加工された方がおればタップの種類、条件等を 教えていただけないでしょうか? SKD61は可能と考えておりますが、SKD11は 放電じゃないと無理かなと思っております。 どうぞ公開できる方はよろしくお願いします。 ちなみにミスミのカタログに載っています「超硬ねじ切りカッター」なるものはHRC62まで可能とありますが、加工経験などがある方は実際どうなのか、ご教示ください。

  • φ0.5 長さ50mm テーパ0.2°のピンを加…

    φ0.5 長さ50mm テーパ0.2°のピンを加工したいです。SKD61焼入れ材 SKD61(HRC50位)の焼入れ材を使って、φ0.5 長さ50mm テーパ0.2°のピンを加工したいです、使用機械は3軸のMCです(旋盤を使わず)。 悩んでいる結果は、まずφ11のピンを加工して、そこからφ6R1.0のラジアスエンドミルで一気に仕上げ加工ですが、ピンがボロボロです(ピンの共振は原因と思います)。 かなり難しいと思いますが、加工経験がある方はぜひ教えてください。 宜しくお願い致します。

  • SKD11焼き入れ後断続加工

    いつも拝見勉強させていただいています。 このたび、SKD11焼き入れ鋼の加工以来を受けました。 φ246 L290 端面 外径 ともに削り代 0.5mm 端面 外径 ともにタップ等の加工済み 熱処理後高度 HRC45-47 お勧めの加工チップ 条件 等ご教授願います。

  • 焼入れ品の加工

    焼入れ後硬度 HRA55~75 の商品 をエンドミルで端面切削(たおれの修正)したいです。 高さ4.8mm 長さ20mm 取り代0.02mm ですが、手持ちの超硬エンドミル レノボカット RV4CM (φ4-2D)で加工出るでしょうか? マシニングセンターは ファナック ロボドリルです。 (BT30番を使用) 加工可能であれば切削条件も参考で教えてください。 また、このエンドミルでは難しい場合、可能性のあるエンドミルを教えてください。

  • 硬質クロムメッキ仕上げ と SKD-11の焼入れ…

    硬質クロムメッキ仕上げ と SKD-11の焼入れ処理 金属のスピニング加工用ローラー(φ90、巾50、先端R形状)の製作を検討しています。 現在、以下の2点を考えております。 ?S55Cに硬質クロムメッキ仕上げ ?SKD-11でローラー先端に焼入れ処理 どちらもローラ先端硬度はHRC60くらいになりますが、加圧したときに、どちらのほうがワーク表面の剥離を起こしにくいと考えられますか? というのは、当初SKD-11の焼入れ焼き戻し材料の加工ローラーで検討していましたが、同じような用途のローラーを見てみますと、硬質クロムメッキとおもわれる処理がなされていました(?のS55Cは適当なのです)。 硬度が必要ならば、焼入れ処理をすればよさそうですが、表面処理がなされていることから、硬質クロムにはワーク表面を剥離させにくいような効果があるのか?と思ったわけです。 ご教授いただきたく思います。

  • ポケット加工

    はじめまして。こんにちわ。材料s50c 寸法160x20x18のポケット加工を径10mmの4枚刃のTiAlNの超硬エンドミルでZ切り込み・・・0.4mm xy方向・・・3.5mmの切り込みでS4900 F650の条件で、Z方向にヘリカルでおとして加工しているのですが、工具がかけてしまいます。 この条件はまずいでしょうか? 皆さんはどのように加工されていますか? ご意見をよろしくお願いします。

  • 超硬ボールエンドミルの荒加工、仕上げ加工

    こんにちは、今回始めて私の会社で超硬ボールエンドミルを使いまして荒加工、仕上げ加工をする事になりました。従来は時間の関係でラフィングボールエンドミルを使っていましたが、今回の仕事につきましては小径を使う個所が、多くある為に超硬ボールエンドミルを使いまして、荒加工、仕上げ加工を行う事になりました。 私の機械では最速が6000回転で、本来ですと10000回転ぐらい必要かと思いますが、できましたら6000回転以下からの条件で、切削条件を教えて頂けないでしょうか。 加工物は、深さが約30.0mm 、形状の段曲げ、それを45度曲げ(山形)、それを90度曲げ(2段曲げ)となっています。 使用エンドミルは日進工具MRB230深リブボールエンドミル(3R)を使用します。 (知りたい情報は) 荒加工の切り込みピッチ(xR)+切り込み深さ 回転数、送り速度 仕上げ加工の切り込みピッチ(xR)+切り込み深さ。 回転数、送り速度 その他の超硬ボールエンドミルの条件でも切削条件が御座いましたら、お願い申し上げます。 以上。アドバイスを宜しくお願い申し上げます。  

  • 焼き入れ後の加工について

    現在 SCM420H(クロムモリブデン)を生材で加工後焼き入れし(HRC60-64程度)、焼き入れ後に一部のみCBN工具にて切削して仕上げるということに取り組んでいます。 使用機械は 江黒のNUCLET-10 主軸MAX3000回転です。ワークはΦ8mmの内径を31.5mm奥まで加工します。取代は0.1-0.2 Rz4まで。 現在の加工条件は、3000回転でF0.04 使用バイトはBN250 R0.3 前逃げ角11°前切刃角1°横切刃角20°NL有りに自社で研いで使用しています。それを逆刃で使用(切粉がつまるので)して40-50程度しか刃が持ちません・・・ もっと良い加工条件・バイトなど何でもアドバイス頂けないでしょうか!! 

  • 焼き入れ材の直彫り加工

    こんにちは。私はコネクターなどの金型をメインにやっています。金型は総焼入れなので、現在の加工方法は成形研削、型彫り放電、ワイヤ放電などがメインです。 次期設備で焼き入れ材(SKD-11種、HRC5658)をマシニングで直彫り加工し、コアピンを製作できないかと考えております。私は放電関係が専門であまり切削加工については知識がありません。 どのような刃物で、最小径はどれくらいで、どのくらいの大きさのコアピンを製作できるものなんでしょうか? 抽象的な質問ですが、焼き入れ材の直彫り加工の経験のある方、経験談も交えてお話頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

  • 焼き入れ後の変寸(のび)

    焼き入れの伸びになやまされています。ピッチ精度が悪いのです。 現状(100mmピッチで2/100程度のびる) 材質 SKD11 焼き硬度 HRC5860 サブゼロ 低温戻し3H 現状の対策としては、縮めて加工しています。 焼き入れ屋さんだけの問題ではないと思うのですが、(材料とか) 何か、解決すべくヒントを頂ければと思い、宜しくお願いいたします。