• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

硬質クロムメッキ仕上げ と SKD-11の焼入れ…

硬質クロムメッキ仕上げ と SKD-11の焼入れ処理 金属のスピニング加工用ローラー(φ90、巾50、先端R形状)の製作を検討しています。 現在、以下の2点を考えております。 ?S55Cに硬質クロムメッキ仕上げ ?SKD-11でローラー先端に焼入れ処理 どちらもローラ先端硬度はHRC60くらいになりますが、加圧したときに、どちらのほうがワーク表面の剥離を起こしにくいと考えられますか? というのは、当初SKD-11の焼入れ焼き戻し材料の加工ローラーで検討していましたが、同じような用途のローラーを見てみますと、硬質クロムメッキとおもわれる処理がなされていました(?のS55Cは適当なのです)。 硬度が必要ならば、焼入れ処理をすればよさそうですが、表面処理がなされていることから、硬質クロムにはワーク表面を剥離させにくいような効果があるのか?と思ったわけです。 ご教授いただきたく思います。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • メッキ
  • 回答数3
  • 閲覧数2419
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

スピニング加工用ローラーは扱ったことが無いのですが、一般の冷間塑性加工工具と同様と考えます。 「ワーク表面の剥離」の防止に対して効果的なのはどちらか。 ワーク表面の剥離とは、工具と材料の焼付きにより発生するものと考えます。 耐焼付きの観点では、焼入焼戻ままよりもCrめっきの方が優れています。 但しSKD11に多量に含まれている炭化物も効果があり、同じ硬さのS55Cに比べると焼付きしにくくなります。つまり同じ60HRC焼入ままでも、S55C、SK、SKD11の順に耐焼付き性は良くなります。 後はコストと寿命(ワーク材質でも変わる)で選ぶべきと思います。 テスト程度ならS55C焼入材、長寿命ならばSKD11、さらにSK+Crめっき、SKD11+Crめっきの順でしょうか。 なおS55Cでもちゃんと60HRCになっているのか気になります。 焼付や凝着の起こりにくい金属の組合わせとしては、異なる結晶構造、特性が大きく異なる、相溶性が無い、などが言われています。 参考文献「摩耗概論(2)」のp55~57 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jime2001/36/12/36_12_1002/_pdf 但しこの文献ではFe-Crの組み合わせは良くないとされています(表1)。 しかし実用的には、多くの場合、Crめっきは焼入焼戻ままよりも焼付、摩耗に強いとされています。評価条件の違いかもしれません。 参考文献「Me-DLC被膜の開発」図5 https://www.jstage.jst.go.jp/article/sfj1989/53/11/53_11_721/_pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >耐焼付きの観点では、焼入焼戻ままよりもCrめっきの方が優れています。 こうおっしゃられていますが、優れている理由としては、どのようなことが挙げられますか? アドバイスありがとうございます。見積りなどとってどの条件を選択するか検討させて頂きます。 非常に勉強になりました! 文献などご提示頂きありがたいです!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ご存じの通り硬質クロムめっきの特長のひとつに低摩擦係数が 挙げられますので、スピニング加工時にも有利に作用すると 考えられます。 また、再めっきもできるので、ローラのメンテも可能かもしれ ません。 畑違いの話になりますが、切削工具に用いるPVDコーティングにも、 クロムを含有させることが定着しており、作用としてはやはり摩擦 係数の低減に寄与しているとのことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 周辺情報もご提示いただきたすかります。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

?は加工圧が大きいと下地が負けて硬質クロムめっきが浮く状態になり剥離してくる。砂利がぶち当たるような場合もダメ。 低応力に限定すれば耐摩耗性を発揮します。 ?はその心配が少なく、低摩擦の要求から硬質クロムめっきを併用することもあります。 硬質クロムめっきの硬さは普通 Hv800以上=HRC64 なので焼入より硬い。 ?S55Cはナマでしょ? 焼入れならS55Cではサイズが大きいため硬さが不足するのと使用時の耐熱性(接触先端で焼戻温度を超える恐れ)。治工具の材料費をケチってもしれている。 SKS3という中間もあるがやはりSKD11が無難。硬質クロムを追加して試すこともできます(+20~30ミクロンするので寸法は変わる)。 やはりナマでしょ? 特にS45Cではナマで使うことも多いです。 S55Cなど炭素鋼は水に投入して焼入れします。小物なら油でも可。 そうしても大物は芯が冷えず表面も冷えが緩やかとなり焼が充分入らない。更に焼入の歪が大きく極端には割れてしまう。 寸法的には芯まで10を超えるなら止めたほうが良い(板20t、棒φ20、幅長さは一応制限無)。 対してSKD11は液に投入せず空中放置でも焼が入り歪も少ない(HRc60より硬くなら油冷)。 合金工具鋼SKS3は両者の中間。値段も

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 小生、材料関係に詳しくないので勉強になります。 初歩的なことで恐縮ですが、S55CやS45Cの加工部品で焼きいれ研磨処理などをよくしてもらいましたが、部品の大きさも十分に考慮しなければならないのですか? ご丁寧な説明ありがとうございます! 小生、S45Cなどは高周波焼入れでお願いしておりました。 非常に勉強になりました!

関連するQ&A

  • SKD-11の加工

    おせわになります。 外径90、厚み20、外周R10形状のスピニングローラーにおいて、材質はSKD-11(調質材)に硬質クロムメッキを施すことを検討しています(先月にも関係する質問をし、おせわになりました)。 しかしながら、SKD-11調質材は硬度HRC60で硬くて削れないようです。 たしかに一般的にHRC60以上は削りにくいとは聞いています。 調質していない材料にすると、加工後に焼き入れできると思いますが、最終的に表面を研磨仕上げになるかと思います。しかし先端のR10形状を研磨仕上げするのが難しいと言われています。 となると、調質していないSKD-11でもHRC50~55くらいあるので、これに硬質クロムメッキを施してしまえばよいか?と考えています。 HRC50~55もあれば、硬質クロムメッキ(HRC60~64)が加圧時に負けてしまうこともないのではないかと。 コーティングなどで表面硬度を上げている工具などがたくさんあると思いますが、コーティングの硬度に対して、下地の硬度がどれくらいあれば良いのかといった知見がないので本当に上記のような考えてよいか判断がつきません。 調質材でなくとも問題ないとみてよいでしょうか? それともその他案があればご教授お願い致します。

  • SUJ2とSKD11の焼入れ歪

    鋼球を使ったクイックジョイント(クイックチェンジ?)のような物を設計しました.(鋼球をテーパ面で押し付けてチャック力を得るような物) この鋼球がテーパ面に当たる部分の材質をSUJ2の焼入れ焼戻しで硬度HRC60~64を狙うように製作を仕掛けました. ところが加工メーカさんよりSKD11を使った方が焼入れ歪が無く研磨工程が減らせて大幅に加工費が低減できると提案を受けました. 調べ方が悪いのかなかなか有益な情報が得られず,なぜSKD11の方が歪が小さくなるのか(できるのか?)が理解できずにメーカさんに回答ができておらず大至急回答しなければなりません. なぜSKD11の方が歪が小さくなるのかを教えて下さい.ここを見れば解るなんてサイトがあると大変助かります. 以下に情報をまとめます. ★SUJ2  【硬度】HRC60~64  【加工工程】   旋盤→焼入れ→研磨→穴あけ(治具研)→仕上げ   ・焼入れ時に歪が出るため,研磨範囲が多くなる(ほぼ全面研磨) ★SKD11に変更  【硬度】HRC60~62と条件を満足  【加工工程】   旋盤(精度仕上げ)→焼入れ→穴あけ→仕上げ   ・焼入れ歪が無い為,旋盤で精度を出すことができ,    研磨の工程が減る.材料価格UPでもトータルコスト下げれる.

  • S45C SKD61

    お世話になります。 例えば、φ600、厚み100のS45CとSKD61があるとします。 S45Cは調質はできますか?焼き入れ性が良くないので、表面しか焼きが入らず、調質自体ができないのか?と思いました。 SKD61は焼き入れ性が良いと思うので、調質ができると思うのですが、焼き入れ焼き戻しが一般的と聞きます。焼入れ焼き戻しでHRC53ほどあるらしいですが、加工は問題なくできるものでしょうか?(SKD11では焼き入れ焼き戻しでHRC60ほどあるから、加工はできないと聞いたことがあります。ですので加工をする際は焼きなましをしてから荒加工し、焼き入れ焼き戻しをしてから表面研磨で仕上げるとのことでした。)

  • 焼き入れは表面のみ?浸炭焼き入れとの違い

    焼き入れ処理について質問があります。 S45CやSKDやSKHに焼き入れがありますが、 その焼入れは表面だけなんですか? 例えば、ビデオテープくらいの大きさのSKDがあるとします。 S45Cは350mlのシュースの缶くらいの大きさの材料があったとします。 これらの焼入れは、完全に中まで焼きいれは出来てないかもしれませんが、 少なくとも半分くらいの深さまで焼入れできていると思っていました。 それに、浸炭焼入れというものがありますよね。 これは、深さをコントロールできますよね。 そしてこの浸炭焼入れは、表面部分の焼入れに使いますよね。 と言うことは、焼き入れは結構深くまで焼き入れ、または完全に全て焼き入れし、表面のみは浸炭焼き入れと解釈していました。 焼入れが表面のみと言うのなら、浸炭焼き入れをかわらないからです。 でも身近な人で、焼入れは表面のみ、と言った人がいました。 それを聞き、え!?そうなの? と思いました。 更にその人は付け加えて、焼入れしてあるものでも、切削できると言いました。 私には???です。 基本的に出来ないと思っています。出来たとしても放電加工などで、 消してフライスや旋盤では無理と思っています。 旋盤にくわえて、ダイヤモンドペーストで長時間かけてというなら、 微妙に寸法はかわりますが・・・・ その人が言うには、焼入れは表面のみだからそこの部分をダイヤモンドペーストを使って剥がしてやり、焼入れしてない部分が出てきたらそこを旋盤やフライス盤で加工できると言っています。 最初の話にもどりますが、 焼入れは、表面のみなんでしょうか? どなたか教えてください。 宜しくお願いします。

  • 光輝焼入焼戻しについて

    FCD600-3  FCD500-7  の素材にHRC45~55の硬度で熱処理 した後にマシニングセンタで加工しようと思うのですが 削った面の硬度は保たれるのでしょうか? SKD素材に真空焼入れなどをしてHRC60程度したものをWCで加工し 加工した面などを硬度測定器で測定しましたが硬度が落ちていることはなかったので 光輝だとどうなのかな?と疑問を持っています。 焼入れ加工に詳しい方よろしくお願いします。

  • 硬質クロムメッキの密着性

    SKD61の材料に硬質クロムメッキを施工していますが、最近表面が剥離しやすく密着性が悪いのではないかと言われています。 メッキ液はHEEF液を使用していますが、考えられる原因と調査方法に関し教えてください。

  • レーザー焼き入れの焼き入れ深さについて

    従来は高周波焼き入れ焼き戻しをすることで金属表面の硬度を硬くしその後に仕上げ加工をしていました。近年レーザー焼き入れが世間で導入されてきているようですが焼き入れ深さは1mm以下とされています。熱処理歪みを抑えつつ焼き入れ深さを高周波並にすることは可能なのでしょうか? (SUS420J2調質材の表面硬度HRC50以上深さ2mm以上) 不可能であるならばその理由もご教授お願いいたします。

  • 変形の少ない焼入れ方法

    SKD11、PD613、HPM38、SKH51等の金型で使用する材質の加工を主にやっています。焼入れしてもほとんど変形しないという方法がありましたら教えていただきたいのですが。もしある場合、どれくらいワークサイズでどの程度の変形なのか等も分かるとなおありがたいです。ちなみに真空焼入れは硬度は落ちるが変形は少ないという話は聞きました。それも合っているのでしょうか。

  • SKD11焼き入れ後断続加工

    いつも拝見勉強させていただいています。 このたび、SKD11焼き入れ鋼の加工以来を受けました。 φ246 L290 端面 外径 ともに削り代 0.5mm 端面 外径 ともにタップ等の加工済み 熱処理後高度 HRC45-47 お勧めの加工チップ 条件 等ご教授願います。

  • A7075ジュラルミンに硬質クロムメッキ

    A7075材に耐磨耗性を付加したく硬質クロム又はカニゼンメッキ+熱処理を検討してます。  メッキ業者さんの意見では、硬質クロムを直接メッキは出来ないことから、下地に アルマイト処理した後硬質クロムが最も安価であると聞きました。 これまでアルミ母材にニッケルメッキに硬質クロムが最も密着性が良いと認識してました(勘違いかもしれません)。最終的に硬質クロムメッキ後にバフ研磨を想定した場合、下地にアルマイト処理とニッケルメッキで優位差(価格・密着性当)をご教授ください。  また、アルミにカニゼンメッキ+熱処理で表面硬度を上げる施策は有効でしょうか? 熱膨張等で不可? メッキ処理後にバフ研磨はカニゼンの場合は通常行われない? 質問がばらばらですが宜しくお願い致します。